上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:BEATRICK Glassy 56
リール:05バイオ1000S
ライン:トラウティス トエリア3lb

「もっと柔らかいロッドが欲しい…」
前回の高萩FA釣行後半から、こんな思いが涌いていました。

7月の鱒レンジャーを使った釣行から、トラウティストエリアという伸びのあるラインを使ったタックルバランスに移行するにつれ、すっかり「しなやかタックル」が肌に合う様になってしまいました。

その結果、グリップを以前より軽く柔らかく握る様になったのですが、それに伴い、ファーストテーパートは言え比較的柔らかいエリアスですら、そのバットの反発が堅く感じてしまうようになったのでした。
むしろ、堅すぎて手が痛いと感じるほど。
ネイティブの練習場とは別に、コンパクト&シンプルなタックルでの管釣りの楽しみを見出し始めた矢先、冗談抜きに釣りに行く気が失せてしまうほどの感覚の変化にと共に、心はグラスロッドのしなやかさに傾く日々。
鱒レンジャーも面白いのですが、メインで使うには物足りません。
そこで目を付けたのが、少し前からキャスティングで展示されていたBEATRICKのグラスチューブのシリーズ。これまでは6f以上の長目の竿ばかりでしたが、取り回しと振り抜きの良さを考えて、あえて5.6fを選択。
正直、リールを買ったばかりで金銭的には厳しいのですが、それほどまでに切迫した状態でした。

で、入魂も兼ねてガーデンへ。

ルアー池は藻が水に溶け込んでいるかの様なねっとりとした水質。
いつもよりもスプーンが速めに浮き上がり、もれなくトロロが付いてきます。

軽量スプーンがどうにも引けないので、フラットフィッシュとフラクラでキャッチ。。
070818_01.jpg

時速2匹

フライ池解禁は、ここ最近の傾向でスタートを出遅れ。
ここのところ、解禁直後はネイティブ用に仕込んだのを応用したピンクアワビ(表面全面貼り)/裏金をテストしているのですが、光量が少ない状況下ではアタルばかりで乗りません。
東山湖でも同様の経験がありましたが、表面にも金のフラッシングを残した方が良いのかも知れません。
市販の赤金のほとんどがその様になっている以上、やはりその方が有効なのでしょう。
ただ、クリアかつ晴天といった状況下では、表全面ピンクなどの方がアピールがある可能性も否定できません。

フライ池ではしぶとく粘りましたが、1時間以上掛けて5匹ほどしか獲れず。
ラスト20分を1号池で過ごそうと移動したところ、ルアー池の流れ出し側にぽっかりとスペースが…

「え?いいの?」

いくつかパターンを試したところ、NOA06自作GROWでの水面直下デッドスローがドはまり。
ラストの7・8分で5キャッチ。
スタッフのお兄さんの終了のアナウンスと同時に駐車場に移動しつつ、通りかかった1号池での一投で上がり鱒をキャッチ。
070818_02.jpg

お兄さんゴメンナサイ。

釣果:12匹かな?(ニジマス:20~30センチ台)

肝心のBEATRICKですが、非常に良好かつ私好みのロッドでした。

短くなったことにより心配した飛距離は、少なくともエリアス(6.3f)と同等かそれ以上。
グラスとはいえチューブのためか、思ったよりはハリもあり、感度もそこそこにあります。
反面、鱒レンジャーを使ったときの、(色々な意味で)ロッドへの負荷を無視した強引な寄せは出来ませんが、十分に寄せやすいロッドだと感じました。

特徴であるソナーグリップは、グラスモデルの為かそれほど恩恵は感じませんでしたが、私の構えにピッタリの形状なので非常に握りやすいです。

その他にも、リングシートの内側にリールフットの傷防止の樹脂リングが入っていたり、締め上げ式ロックの二重リングの間に緩み止めのゴムワッシャーがかましてあるなど、非常に実践的な作りに好感が持てました。

6fでも良かったかな…と思わなくは無いのですが、グラス故のダルさを極力排したかったのでこれで良かったのだと言い聞かせています(笑)

とまれ、乗せ重視のロッドとしては大変お奨めです!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/08/23 00:36】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
ご無沙汰しております。
放置すること一ヶ月強、ようやく落ち着きました。
事の起こりは、桂川釣行の数日後。
キャスティング朝霞店にてグレートマスレンジャー(5f)を発見。
丁度、会社の後輩を管釣りに連れて行こうと計画していた矢先、「これは丁度良い」と一本購入。
せっかくなので、自分でも試してみようと8日(台風直撃前夜)にガーデンナイターに持ち込むと、掛けの釣りは皆無なれど、その寄せやすさに驚愕。
これまで、いわゆる「ガーデンスタイル(グラスのショートロッド)」の方々が良型を(時にはイトウまでも)あっさり寄せているのを見る度に浮かんでいた疑問があっさり氷解。

「これは、新しい管釣りの楽しみ方かもしれん!」と思い、「それなら、思いっきり安いタックルでやってみよう」と某店で二千円以下の格安品を発見し、合計4000円以下のタックルで14日に再びナイターへ。

が、僅か5投目でのバックラッシュを皮切りに、2時間で修復不可能なライントラブルが10回近く発生して半泣き状態。
DSCN2803.jpg

でも、イトウが獲れました(むしろ寄せやすい)。

ライントラブルがリールのせいなのか、それとも自分の釣りが荒くなっている為なのかを確認するために、21・28日にも同じタックルでナイターへ。
ロッドの弾力を活かしてキャストしつつ丁寧にサミングしても、何れも5回以上のライントラブルが発生。

DSCN2808.jpg

でも、こんなのがあっさり寄ってくるから困る。

結論:だがしかしリールが悪い。

いやはや、まさかこれほど違うとは…
今まで、ずいぶんとツイストバスターに助けられてたんだなあ。

とはいえ、この間、軽量ルアーを再び使ったり、乗せの釣りの面白さに目覚めたり、小型リールの取り回しの良さが気に入ったりするなど、今後(フィールドの練習以外で)管釣りとどのようにつき合おうかと考えていた矢先に格好のヒントとなりました。
なおかつ、ルアーのラインナップも更に切り詰めるべく、夜な夜なあーでもないこーでもないと試行錯誤。
考えがまとまらない間は更新も手つかず。

以上、ブログ放置の顛末でした。


追記を閉じる▲

【2007/08/12 21:10】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:TROUTIN'SPIN interBORON X TRBX-73SD
リール: KIX2004
ライン:海平一号

前日の23日は、秋ヶ瀬でサクラマス狙い。
14gスプーンを投げ倒すもノーバイトでした。
ライズで姿は見えたのになあ。
翌日、渓流用に試しに買ったスプーン数種と、懲りずにスイミングフック(今度は、小さめのサイズの1フック)のテスト、更にベスパで実績のあるカラーを他のスプーンに応用したオリカラ等を試しにガーデンへ。
天気が悪いこともあり、最初からカメラは持参せず。

フライ池解禁までは、2号池でスプーンのキャストと泳ぎのテスト。
心配していた水質は元のクリアに戻っていたので、動きも目視できました。
フライ池解禁の10分前に、一応状況を意識して引いていたベスパ32黒の表層引きに初ヒット。

移動すると、小ぽんちさんとお知り合いの方々がいらっしゃったので、並んで解禁を待ちます。
スタートダッシュは出遅れたものの、オリカラチューンのヘブン3gにバイト。
あえて返しを残したスイミングフックは、ナイターらしい強い引きに対してもバレ感ゼロ。これはこれでアリ。

今日の魚達は、引きは強いものの食いが浅く、周りもポツポツといったところ。
しかも、色に対してのスレが早く、1色1匹。
黒だったり蛍光色だったりGROWだったりとまちまち。
強いてパターンといえば、表層やや早巻きだったかも。

結局、フライ池→2号池→フライ池と回り、ナイターでは7キャッチ3バラシ(スイミングフックは、最初の1匹のみ)。

釣果:8匹(ニジマス:20~30センチ台)


追記を閉じる▲

【2007/07/01 01:14】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


小ぽんち
この日は渋かったですよね~
私なんて6時間もいてお粗末なものでした。
たかさんは相変わらず「でかルアー」で朝霞の常識を覆してますね。


たか
■小ぽんちさん
ホントに渋かったですね。
危うくフックテストすら出来ないところでした。

>たかさんは相変わらず「でかルアー」で朝霞の常識を覆してますね。
かろうじて釣れる時期にテストしているという方が正確です(笑)
冬場はまず無理でしょうね。
東山なら何とかなるかも知れません。

コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:KIX2004
ライン:バリバス ゲーム 4lb

ファントムが折れてしまった現在、いわゆるトラウト用ロッドはエリアスのみ。
フィールドで使うにしてもシーバスロッドではライトタックルが扱いづらく、メバルロッドは飛距離が出ません。
無理だとは思いましたが、エリアスで重いスプーンを何処まで飛ばせるかのテストに。
持参したのはベスパ3.2gとマーシャル渓4.8g(実測5g以上)&バス用クランク数種。

天候が芳しくないためか、人はやや少な目。
少しでもロングキャストをするために真っ直ぐ2号池に向い、まずはキャスト。うん、竿が負けてますな。
もちろん投げれなくは無いのですが、竿を気遣いながら投げる感じ。
スプーンの重さのおかげで風は気になりませんが、その重さを活かした遠投が出来るかと言えば微妙…
それでも、引き速度の確認のつもりでグリグリ巻いていると、ガツッと喰ってくれました。
DSCN2753.jpg

まさか釣れるとは。

土手側流れ出し出釣っていたのですが、しばらくすると土手側の辺が完全に無人に。
急いで流れ込み側の角に移動し、岸沿いにフルキャストして飛距離をチェック!

ブランクスを限界までしならせて、行け!マーシャル渓4.8g!















30Mってとこですが何か?

…4lbライン(しかも0.8号)でこれは辛いなあ。
いよいよ、湖&渓流用のロッドを検討しないと。

フライ池解禁では、三度目の正直のスイミングフックを先日手に入れたベスパ5.2gに付けて挑んだものの、今日に限って放流がチビ鱒ばかりだったらしくショートバイトの嵐。
今日も3.2gのシルバーファイヤーテールでキャッチ。
DSCN2754.jpg

もはや定番。

しかし、今日は前回とは一変して全く釣れず。
今回もイトウが喰ってくれましたが、程なくフックアウト。
フライ池では1時間で2キャッチのみ。
終了間際に移動したルアー池で1匹追加して終了。

釣果:4匹(ニジマス:20センチ台)


追記を閉じる▲

【2007/06/16 00:33】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ファントムTR66LRS→TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:バイオマスターMgC3000
ライン:バリバス ゲーム 4lb

新しいラインのテストと、「湖用のルアーだけで何尾釣れるか」を確認に、久しぶりのガーデン6時間。
持参したルアーは、ベスパ3.2gとバス用のクランク数種のみ。
数が釣れるとは思っていないので、放流効果に若干あやかりつつ、ルアーの動きのチェックが出来れば御の字と思っていたのですが…


なんじゃこりゃ。


ここはお寺か東山か?とでも言いたくなるほどの濁り。
1号池は比較的ましでしたが、それでも魚影が目視できるのは水深30センチ程度。
パールホワイトのクランクの姿ですら手前で浮いてきて初めて確認できる程度なので、何の参考にもなりません。
また、この水質悪化の為か魚達にあからさまに元気が無く、ルアーを追う姿すらまばら。
この時点で、「活性の高い連中を引きずり出す&強引にスイッチを入れる」作戦に決定。
まあ、ルアーのラインナップからしても他に方法は無いんですが。

最近のフライ池解禁時に好釣果を上げているベスパのシルバーファイヤーテールでレンジを刻んでいると、突然ひったくられて初キャッチ。

ルアー池はスペースが中途半端だったので、僅かな時間で退散して2号池へ。
土手側流れ出し左脇が空いていたので陣取り。

ベスパをしばらく引いていると、待望のバイトがあったものの乗らず。
ラインの伸びが海平よりも少ないため、ファントムの硬さも相まって弾きやすい印象。

グリフォンゼロのセミパターンに「モゾッ」出るも、バイトするほどの元気は無し。
他のクランクも、相変わらず反応無し。
再びベスパのシルバーファイヤーテールで「やる気のあるヤツ、喰ってこーい!」と、漢引きに徹すると、

070603_01.jpg

やる気ありまーす!

一瞬活性が上がったのか、仕事をしなかった放流魚の群れに当たったか、パタパタと5投で3キャッチ。

その後の反応は得られず、3時間で4匹。
とりあえず満足できたので、上着と食料を取りに車へ戻ろうとしたところで、ルアー池の自販機前にけんたさんを発見。
車から戻って、そのままお隣でお話ししつつ再開しますが、やはり今日ほどひどい水質は初めてとのこと。

17時の放流でも効果は余り無く、周りの常連さん達ですらポツポツ釣れる程度。
10分以上経過して漸くヒットしたものの、お約束のバラシ。
このタックルで近距離戦は辛いかも。

そのまま18時近くまで厳しい時間が過ぎましたが、「あれだけ釣れてないなら、下の方に逃げた放流魚が居るはず」と、ベスパのコーチドッグでボトムを引くと嬉しいヒット。

プチ満足感を味わっていると、けんたさんが「あそこに居る方、小ぽんちさんじゃないですか?」と。
けんたさんによれば、あの白いロッドは小ぽんちさん愛用のSky Swordで間違いないとのこと。
もう一本も陸戦型の様なので、念を入れてお隣に移動してリールもチェック。
KIX2004WとフリームスKIX…

はい、確定!

と言うわけで初めましてのご挨拶。
とても穏やかに釣りをされる方でした。

色々お話ししながら過ごしていると、あと10分ほどでフライ池解禁の時間となり、土手側に移動してけんたさんと3人並んで解禁を待ちます。
今日のフックは、普通のバーブレス。

「ルアーの方どーぞー」

着水直後に巻き出すと、一投目でヒット!そしてバラシ。

けんたさんがイトウを掛けたので、ランディングをお手伝い。
管釣り界の魚紳さんとはワイのことや~(ランディング限定)

その後しばらく悶々としつつ、なんとか2匹キャッチ。

すっかりフィーバーも収まり、ボトムを引いていると強烈な引き。
「(イトウさん)やっちゃったか?」と思っていると、上がってきたのはイワナのスレ掛かり…

暴れまくる相手を「こっちは4lbじゃ~」とドラグを締めて強引に寄せ、最近導入した樹脂+ラバーの『ランディングネット(柄が短い)』に入れた瞬間、






ポキ







070603_02.jpg

あらま。

柄の短いネット(手前に寄せすぎ)+ドラグ締めすぎ(ライン出ず)=ティップが「の」の字に曲がる

そりゃ折れます。
明らかに、釣りそのものが雑になっていたことを痛感。

しばらくは冗談半分に折れたロッドで投げていましたが、さすがに集中出来ずにロッドを交換。

ところが、これが怪我の功名で、低伸度のラインとエリアスのバランスがバッチリ。
終盤はベスパの黒が当たり、表層で3キャッチ。
070603_03.jpg

今日もイトウが釣れました。

上がり鱒が獲れたところで、気分良く終了。

釣果:多分10匹(ニジマス:20センチ台×9・イトウ:50up×1)
ベスパだけでも何とかなるもんです。


追記を閉じる▲

【2007/06/07 22:57】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


小ぽんち
こんにちは 

ロッドは無事でしょうか?
まだ入院中ですか?

先日は見つけていただいてありがとうございました。
とてもうれしかったですよ。
中禅寺湖の記事も楽しみにしてます。


たか
■小ぽんちさん
こちらこそありがとうございました。
ロッドは、元々が1万円程度のものでして、修理代が7千円近く掛かるそうなので諦めます。
でも、代わりになりそうなロッドがなかなか無いんですよね。

中禅寺湖釣行記、しばらくお待ち下さい。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。