上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月2日 朝霞水門 21頃~23時頃
『プレッソ58XULで、重いスプーン投げたらどうなるかテスト』2回目

前回のテストでは、ヘブン5gが十分投げられることが分かりました。
しかし、ベストの飛距離を出すためには少々コツが必要で、しかもその際のキャストフォームもやや無理のあるものでした。
しかも、約45Mだと思われた飛距離は、浅溝スプールの巻き上げ量から換算したものだったため、深溝スプールでの実際の飛距離は40M強。

更なる飛距離と、キャスト時にバットをひん曲げる感触を得るため、無謀にも7g台のスプーンを携えて朝霞水門に赴きました。
ちなみに、ロッドのルアーウェイト表記は、0.4~3g。
ベスパなんて、7.4gと謳いながら、実際は8g近くあります。

ティップが折れたらどうしよう…と、恐る恐るキャスト!



シュピーン




…余裕でした。全く問題なし。

軽く振りかぶるだけでバットまで気持ちよくたわみ、これまた気持ちよくスプーンが吹っ飛びます。
最近気付いたのですが、朝霞水門は土手に囲まれているため、立ち位置では風を感じなくても、上空では意外な方向に風が吹いていることがあります。
無風でも良く飛んだと思ったら、実は追い風だったり。逆もまた然り。

それでも、特にキャストフォームを気にすることもなく45M前後の飛距離が出ます。
恐らくは追い風参考ながら、推定48M飛んだ事もありました。

ただ、やはり手首に掛かる負担は大きく、程なく腕が痛くなってきましたが、しばらくして手首をほとんど使わずに腕を押し出す方法を発見。
少々練習が必要そうですが、何とかなりそうです。

1時間ほど経過した頃、本流の方で釣っていらした方が、帰り際に声を掛けて下さいました。

「シーバスですか?」
「いやー、ただのキャス練なんですよ~」
「ああ(笑)」
「お邪魔してます」
「いえいえ」

竿先を見れば、ミノーらしきシルエット。

そういえば、練習で訪れた際に、水面がベイトの群れで沸き立っていることがよくありました。
ただ、その時は不思議なことにボイルが全くありませんでした。
今思うとベイトの群れは何かに追われているように移動していたので、恐らくは下の方で喰われていたのではないかと。

今日はとても静かな水面でしたが、対岸では時折ボイルが発生。
「意外と、こんな状況の方が水面で喰ったりして…」

投げていたのは、最近お気に入りの、アイビーライン・ブレイドシェル7g
ほぼ表記きっかりのウエイトにもかかわらず、実測値が重い他のスプーンと遜色ない飛距離(むしろ飛ぶこともしばし)。
加えて、フィールドハンターのOEMと思しき(あくまで推測ですが)、綺麗なシェル貼りと強靱なコーティング。
リッジ(山折り)形状から来る飛行姿勢と水噛みの良さ。
ベスパに比べてやや細身のシルエットと、ローリングが加味された動き。
ヘブンに近いシルエットながら、カップは深めのため、よりスローに引けると共に引き抵抗も程よくあります。

以上に加え、何よりも見た目がとても好みな事もあってすっかり気に入ってしまったのですが、58XULがメインロッドになってからは流石に7gには出番はないと思われ、同5gを探そうか悩んでいただけに、今回の結果は嬉しい誤算でした。

ベスパやヘブンに比べて実測値が軽い分だけ、キャストも軽快。
「やっぱ、メインはこれかな~」と悦に入りながら、早めのリーリングで回収していると


パシャン!


「はい?」



バシャバシャ




「オイオイ、何か喰ったよ…鯉か?」




「あれ?なんか銀色なんですけど。」




「大きくはないな、抜けるかな?」

足元から水面はそこそこ距離がありましたが、幸いリーダーに手が届きました。





ワッセ、ワッセ




CA360002_02.jpg
フッコさんでした。

サイズは40少々。
恐らくは、ベイトが居る水面直下の早巻きに対するリアクションバイト。
デジカメは持っていなかったので、携帯の画像でご勘弁を。

まさか居るとは思いませんでしたが、そう言えば既に荒川シーバスの時期だったのですね。
はまる方々のお気持ちが少し分かりましたが、久しぶりに掴んだ指先は臭かったです、ハイ。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/09/03 23:37】 | タックル
トラックバック(0) |


板さん(仮名)
こんばんは。

朝霞の水門、釣れるんですね!

しかし、キャパオーバーの8gもいけちゃうなんて、すごいですね。

エリアロッドって、基本的に柔らかいですけど、
重いスプーンのアワセってどんな感じですか?
自分のメチャでは怖くて投げられないです。
まさにティップ折れそうです。




たか
>板さん(仮名)さん

何でも釣れるとは聞いていましたが、上がってきているものです。>朝霞水門

その後、フルグラスのBEATRIC56と、エリアス63(グラスが22%のカーボンロッド)も試したのですが、どちらも7gは無問題でした。

ただ、不安感はありませんでしたが、柔らかい分だけたわみも大きく、5g以上は飛距離も大差ありませんでした。

アワセは、完全に向こうアワセでした。
早巻きで回収する途中に交通事故的に。
フッキングの際には、特に違和感は感じませんでしたね。

それよりも、高い足場から抜き上げるまでバレなかったことで、鯉スレ12号フックの信頼感が深まりました(笑)

高反発のメチャでは、さすがに重量級は難しいでしょうね。
繋ぎ目が保たなそうです。



まこ@釣庵
ご無沙汰してます。
朝霞を離れてしまいました。(^_^;)
朝霞の魚は任せました(笑)
良いお年を!

Re: タイトルなし
たか
>まこさん。

コメントが承認制なのをすっかり忘れておりまして、失礼いたしました。
ガーデン、ご一緒したかったです…

とはいえ、やはり海が近いとお元気なご様子ですので、なによりですね!


コメントを閉じる▲
4月5日(日)、朝霞ガーデンナイターにて再検討してきました。
先日の本栖湖でのテストでは、比較的硬いライン(海平0.8号)を、スプール一杯まで巻いたのがトラブルの一因ではないかと考え、今回はトラウティストエリア3lb(0.6号)を7割ほどの巻き数に抑えました。

ラインを巻いたのが、実釣当日のお昼過ぎ。
『PEにシュッ!』をラインとガイドに塗布して準備完了。

ロッドは、二年ほど前、チープなタックルに興味が傾きかけていた頃にタックルベリーで2000円で買ったトラウトワン5f。
すっかり存在を忘れていたのですが、テネシーグリップのため、ミッチェルの長いリールフットも問題無く装着。
ロッド自体は張りが少なく、しかもパラボリックなアクションなので正直好みではないのですが、とりあえずリールとの重量バランスは良好。

18時前に到着して釣場に向かうと、ここにも不況の影が…としか思えないような空き具合。
1号池には5人ほどしか居ません。ルアー池もガラガラ。大丈夫かいな。

1号池の水面はライズでお祭り状態。
ここはトップで…という気持ちをグッと抑え、まずは前回の検証。
L・E-ON25オリカラブルーを






キャストー





キャストー





キャストー













あ、喰った。

いきなり40up近い魚体がヒットし、ギリギリとけたたましい音を立てながらドラグがブン回ります。
ドラグには、これまたチープタックルで釣ってみようと、やっぱりタックルベリーで新品1800円だったミッチェルのアボセットC(鱒レンジャーとの組み合わせでイトウをキャッチしたりもしましたが、いじりすぎて壊してしまった)からドラグワッシャーだけ移植したのですが、これが良かったのか、思ったよりもラインがどんどん出て行きます。
かといって、流石に管釣りレベルでの微妙な調整が出来る構造にもなっていないので、やや堅めに締め、ハイギアに任せてゴリ巻き。
この日はデジカメもネットも忘れてきたので、とりあえずやりとりの限界を確かめるべくやや強引に寄せたところ、足元でフックアウト。

とりあえず、慎重にすればやりとりは問題無さそう。
とはいえ、トラブったら意味がないので、とにかく検証!




キャストー






キャストー





キャストー










何も起こらないよママン!

意外にも、バックラッシュどころかピョン吉すら発生しません。
ただ、ティップへの糸がらみは頻繁に起こるので糸ヨレ自体は発生しているようですが、それさえ解けば実に快適。

ちなみに、インスプール&オートリターンでは私の様な右投げ右巻きではサミングが困難なので、ハンドルを早めに回してベールを返すことでサミングの代わりにしました。

暗くなってきた時合で、PAL16とウィーパー09の手塗りGROWで3匹ほどキャッチ。
全てチビ鱒でしたが、ハイギアのためか、アタリの瞬間にタックルバランスからは想像できない程の重みでハンドルが止まり、その瞬間にフッキングすればあっさり乗ります。
ハイギアなので巻きアワセがスパッと決まります。これは楽しい!

但し、これはミッチェル推奨のクラッチフリー状態でリトリーブした場合。
クラッチをオンにすると、ギアのゴリ感も相まって機械的な抵抗でアタリがぼやけます。
結局、この日は全て、フリーでリトリーブ→魚が掛かったらクラッチオンという手順で釣り上げました。

フライ池解禁直前まで投げてもノートラブルだったので、そのまま移動。

フライ池では、私にも周囲にもフィーバーは起こらず。5分で移動。
少しだけ2号池で投げた後、ルアー池へ。

最初は私を含めて3人でしたが、徐々に人が増え始め、後から来た常連さん達がボコスカ釣り始めるといういつものパターン。

私もポツポツと数匹釣れたのですが、パターンはさっぱり分かりません。
30分ほど悶絶した後、ようやく『PAL16オリカラブルーを池奧まで遠投、カウント3でゆっくり』のパターンで連荘開始。

5・6匹追加してツ抜け達成したところで、再びフライ池へ。
今度は、こちらが数人しかいません。
対岸近くまでの遠投で2匹ほど追加した後、またしてもL・E-ON25に1発目と同じ位のサイズが掛かりましたが、全く同じパターンでバラシ。

最後は2号池で2匹追加し、とりあえず全池で釣って終了。


結果としては、「十分に使える」という印象。
今回のロッドではキャスト時のコントロールがどうにも上手くいきませんでしたが、昨年末に定価の半額以下の中古品にリアクションバイトしてしまったプレッソ58ULに改めて装着してみたところ、ロック部分の隙間は少々大きいものの問題なくフィット。

また、この竿に合わせてさんざん悩んで買った07ルビアス2004が、使い勝手は悪くないものの、やっぱりフィーリングが合わなかっただけに、今後はこの組み合わせが管釣りタックルのメインになりそうです。

しかも、実釣時に最大の難点だったギアのゴリ感(それに伴うメインギアの摩耗=真鍮粉の発生)も、後日、メインギアハンドル側のワッシャーを砥石で少し削っただけで、かなり解消されました。
スプールの回転ブレも、カウンターウエイトの右側に板オモリを重ね貼りすることで半減。

こうなってくると、このリールの機械的なノイズがむしろ心地よく、現行リールの滑らかな回転が物足りなく感じるほど。

もちろん、PEメイン&過酷な環境下の湖での使用は少々辛いところですが、単なる釣果以上の楽しみ方に行き詰まっていた管釣りに新たな光明が差してきたのは確か。
今期のナイターがとても楽しみです。

参考サイト
TAKE'S REEL ROOM

以前より、そのリールに対する深い考察や本質的な視点には勉強させて頂いていましたが、まさかメインとなるミッチェルの記事をこれほどむさぼり読む日が来ようとは…
竹中氏の誠実なお仕事に、改めて感謝感謝です。


追記を閉じる▲

【2009/04/08 23:16】 | タックル
トラックバック(0) |
板さん(仮名)さんからリクエストを頂きました、スイミングフックの制作方法です。
IMG_0423.jpg
素材
mat.jpg

オーナーばり 鯉スレ
バーブレスで、管釣りでも実績のあったフックに似た形のものを探して見つけたのがこれ。
太さによってテーパーの掛け方が異なるので、細い番手の方が刺さりが良いとは限らないのがミソ。
試した範囲では、12・15・17番が段差の無い鋭い針先を持っています。

極まれにですが、プレスが失敗したのか、あり得ないくらいワイヤーが凸凹に変形している物が混じっている事があるので注意。
しっかり針の形をしているので、一見すると気付かなかったりします。

よつあみ ザイロンX
ループ部分の素材として選択。現在使用しているサイズは12号。
とりあえず、近場で扱いがあった物の中から選んだのですが、特に不満はありません。
バッハスペシャルの様にスプリットリングのサイズが大きい場合は、リングの隙間に入らない様にもう少し太めが良いかもしれません。

道具類
tool01.jpg

グート ミニバイス
ハンダ付けの部品固定用の道具ですが、針を固定するために流用。

フライタイイング用のボビン
メインとなる道具なので、安すぎない、ある程度の物を購入しました。

カッター オルファ 特選黒刃(中型)
切れ味抜群。
あえてカッター本体には装着せず、刃を直接逆向きに持ち、刃の後側を使って切ると作業が楽です。

作成手順
IMG_0398.jpg
フックをバイスに固定し、折りたたんだザイロン(約3センチ)とタイイングスレッドをまとめて摘み、フックの背中側に一緒に押し当てます。
(2月3日訂正)フックの内側にした方が良いようです。(板さん(仮名)さんのご指摘より)

IMG_0401.jpg
フックの端から少しずつ巻きつつ、ザイロンの形を整えてアイを形成しながら巻いていきます。
スレッドを巻く勢いでザイロンがずれないようになったら、一気に巻き上げます。

このまま最後まで巻いてしまっても、ライトライン使用時には強度的に問題無いとは思いますが、万が一のすっぽ抜けが心配な場合は…

IMG_0405.jpg
ザイロンの端を少し折り返し、終点側から押さえつけるように巻き込みます。
ザイロンの毛羽立ちを無理矢理押さえ込むので、見た目は少々悪くなります。

IMG_0407.jpg
巻き終わったら、スレッドを切る前に瞬間接着剤で固めます。
塗り終わったらすぐにスレッドを切り(この時、カッター刃の逆さ持ちが活きます)、乾燥させて完成です。


追記を閉じる▲

【2009/01/31 02:23】 | タックル
トラックバック(0) |


板さん(仮名)
こんばんは。楽しみにしていました。
リクエストに応えていただき、ありがとうございます。

いろいろな疑問点が、かなり解消されました。
まず、フックですが、コイスレですか。
平打ちもされていて、強度的にも良さそうですね。研究成果も教えていただき、感謝します。
私は、マダイ用で考えていましたが、探してみますね。

それと、すっぽ抜け対策も参考にします。
あとは、瞬間接着剤で止めるんですね。
濡れても大丈夫なんですね。

ここで、一つ質問です。
ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。
(これしか知らないというのもあります。)

自作フックも凝り出すと深そうですね。





たか
>板さん(仮名)さん

ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。

作り始めた頃、両方を試してみて際に、単純にフックの動きが良さそうだったのでこちらにしたままだったのですが、改めて比較してみたところ、明らかに内側の方がフッキングパワーが逃げ難いようです。

ご指摘ありがとうございます。



板さん(仮名)
こんばんは。板橋です。

両方試されたのですね。
やってみる中での発見は多いものですよね。

私もとりあえず材料をゲットして初めて見たいと思います。
しかし、年度末にさしかかり、仕事がやや忙しくなってきたので、
少し先になるかも…です。

きっとやってみるとうまくいかない部分も
あるかと思ってます。
その際は、また教えて下さいね。


コメントを閉じる▲
財布でも、携帯でもなく

リール(イグジスト2500)を

頭の高さから

畳の上に…


見事に、ローターのセンターがずれました(泣)
壁に掛けていた釣行用カバンの中から荷物を片そうとしたところ、どこかに引っ掛かっていたのか転がり落ちてしまいました。

ローター側から落ちたので気にはなっていたのですが、放置すること2日。
前回の釣行時、ライントラブル修復中に水没させてしまったのでオイルを塗ろうかと動かしてみると、スプールが頂点に行く段階で何やら引っ掛かります。

慌ててスプールを外して回してみると、何故か問題なし。
予備スプールを取り付けてもやっぱり引っ掛かります。

仕方がないので、ギヤカバーとローターを外し(本体を開ける度胸は無し)、可能な限りのIOS01&02塗布を行うと、何とか引っ掛かりは無くなりました。

が、今度は明らかに巻きが重くなっています。
購入時から若干のシャー音はありましたが、今回の違和感は明らかに異常。
何より、ローターが、その回転に伴いグワングワン揺れるのが分かります。
こんなとこまで高感度で無くてよいのに…

いよいよかなあ…。

と言う訳で、IOSファクトリーに見積もりのメールを送りました。
幸い、この2週間に使わなくなったルアー類を鬼のようにヤフオクに出品した為、軍資金はあります。
私のタックルスタイルは一点豪華主義で固まりつつあるので、いっそのことそれを極めようかと。

問題は、修理中のサブリール。
一応、KIX2004はあるのですが、お世辞にも調子が良いとは言えません。
ただ、次回釣行にはファイヤーラインの4lbを試そうと思っていたので、サイズ的には丁度良いかなと。

とりあえず、見積もりメールの内容待ちです。ハイ


追記を閉じる▲

【2008/11/20 23:54】 | タックル
トラックバック(0) |


小ぽんち
あ~あ
私はKIXをトランクの縁から2度ほど
朝霞ガーデンのアスファルトに落としました。

ベールも歪み、結局力技で強引に戻して全バラシしたけど当然元には戻らず・・・
しばらく放置していましたが久々にいじったら何故かそれほど違和感は無くなっていました。
リールも寝かせると良いのでしょうか???

イグジストだとショックは計り知れませんね。



たか
>小ぽんちさん
イグジストだとショックは計り知れませんね。

まあ、これも何かの縁と言いますか、踏ん切りがついて良かったかなと。
早速見積もりのお返事が届きましたが、新製品のウッドノブ込みで、ルビアスが新品で買えそうな勢いです(笑)

コメントを閉じる▲
awabi_heaven.jpg


アワビ貼り→ペイント→ラメ付け→ウレタンコーティング(8時間乾燥)×2
この2週間弱でチューンしたスプーン、約30枚


…アホか。

とまれ、なんとか戦力が揃いました。
あとは、スイミングフックを出来るだけ巻いて、土曜日は本栖湖へ耐寒訓練を兼ねて(チェーン規制が掛からない限り)出撃予定です。

【2008/01/24 21:53】 | タックル
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。