上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果:8匹(ニジマス・20~30センチ台)

今日は、1グラム以下のスプーンのキャスト練習が主な目的。
台風通過に伴う強風のため行くのをためらったけれど、考えようによってはキャスティングの練習として最も過酷な環境。これは行くしか!

ただでさえ下手なキャスティングに加え、ルアーが風で流されては周りに大迷惑。
人が多い1号池はパスして、ルアー池の空いているスペースにおじゃまします。
魚の活性は高め。ライズがあちこちで見られます。
ただ、先日の釣行の後に「活性が高くても、ルアーは簡単には釣れない」との情報を得たので、焦らずタダ引きに徹することに。

早速0.9gのマーシャルトーナメントを投げてみると、とりあえず以前よりは飛ぶものの風に盛大に流されます。低い弾道で糸フケを少なく投げる必要がありそう。
来る途中で放流の車とすれ違ったので、とりあえず赤金を投げてみるもチェイス無し。
風があまりにも強いので、1.2gにチェンジ。これなら池の真ん中位までは届くぞ。
隣の方が釣り上げたので見てみると、薄い黄色のスプーンでした。
そこで、似た色のライトイエローがあったので投げてみると見事にヒット!
どうやら今日はナチュラル系に反応が良いみたいです。

その後、0.9gのカラシ色でもヒット。
水面直下よりも、1カウントほど下げてから巻くくらいが、今の自分のルアーコントロールでは丁度良いみたい。トップには反応がありません。

しばらくすると活性が更に上がってきたので早引きでも追うのではないかと考え、一つだけ持っているスピナーを投入。
竿先を水面に突っ込むくらい落として水面直下を早引きしてみると数投目でヒット!スピナーで初めて釣れました。

この勢いの良さなら赤金でも!と、ミュー1.5gを飛ばしたところ突然ラインがあり得ない早さで走り出します。
対岸の人と綱引きでもしてしまったか?と一瞬思うも、やっぱり魚の引きです。でも、ラインは既に対岸まで到達しています。なんなんだこれは…
と、突然大人しくなったのでズルズルと巻いていくと、40センチクラスの魚影。尻尾にスレ掛かりでした。ごめんよ。
結論、綱引きでは勝てない。

しばらく粘りましたが渋くなってきたので2号池へ。
とっても上手そうな方の隣で投げ始めるも、一時間半ほどノーヒット。その間、お隣さんは順調に釣っています。
活性が上がってきたときに釣り上げていたのをのぞいてみると赤金だったので、すぐさまマーシャル2.3赤銀+自作金色水玉シールを噴水付近へ打ち込んだところ即座にヒット!こういうのもハイエナって言うんでしょうか。

その後は当たりがなかなか来ないため、風がおさまってきたこともあり再びキャスティングの練習を再開。1g以下のスプーンをあれこれ投げている内にだんだん飛ぶようになってきました。
0.9gなら噴水の手前2~3m位、1.2gなら噴水のすぐ手前まで届きます。いずれにしろ、釣りができる程度には飛ぶようになりました。
そして、超デッドに引いていたマーシャルトーナメント0.9gパレットベージュにとうとうヒット!ルアーが軽いと出来るという向こう合わせを初めて経験しました。が、針を飲んでいて外すのが大変。針外しを持ってて助かった(魚も)。

フライ池が解禁になったので行ってみたところ、すごい人数。反面、2号池がプチ貸し切り状態です。
これはプレッシャーがすごかろうと早々に退散し、再び2号池へ。でもこちらも手強い。特に、今日は黒に対して全く反応がありません。
「困ったときのピンクさん~」とばかりにミュー1.5gを投げても反応無し。その時、先ほど盗み見たお隣さんのリーリングを思い出しました。
リトリーブの途中で時々巻く手を止める、それはyahoo動画の「エリアの学校」でもみた誘いのテクニックです。
早速実行したところ、ハンドルを止めてフォールした瞬間にヒット!
「tadabikiはレベルが上がった!」「『手を止めてフォール』の呪文を覚えた!」
新しい呪文と共に人が少なくなったフライ池へ。

フライ池はライズも頻繁に見られて活性は悪くなさそうですが、全般に少し沈み気味。0.9gでは魚に届きません。
そこで、1.2gのマーシャルトーナメントをカウント3~4でゆっくりと巻きつつ、ハンドル3回転毎に1秒ストップを繰り返しているとヒット!色はクリーム。
その後も何度かこの方法でバイトを得ました。

もしかしてこのタナはサスペンド向きではないかと思い、マーシャルと同じフォレストのファーストミノー(後ろ半分塗装済み)を投入。
このルアー、良い動きをするし実際何度もバイトされているにもかかわらず、未だに魚を釣り上げたことのない不遇の存在。
着水後3カウントでタダ引き。足元で見切られる。むう、浅いか。
同5カウント。やっぱり見切られる。誘いを入れてみるか。
ゆっくりハンドル5回+チョンを繰り返すと反応あり。
一時左側が無人になったのでとっさに遠投してみると、チョンの直後にヒット!今日一番のいい引き!(スレ除く)
引き寄せてみると30センチ後半サイズとおぼしき魚影。が、取り込もうとした瞬間、余っていたフックがランディングネットのフチに引っかかってしまいどうにもならない事態に(魚の頭とネットがルアーを介してくっついてしまった)。仕方がないので暴れさせてフックアウト。結局、これが本日最後の釣果。

本日の教訓:ナチュラル系は侮れない。黒・赤金が来ない夜もある。

本日のヒットルアー

金色の水玉は、ダイソーで買ったテープをポンチで抜いたものを貼り付けたもの。
ミノーの後ろ半分は、アサヒペンカラーパレットのメキシカンサンド(by中村水産)で着色。
スピナーはシングルフックに交換済み。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2005/09/26 00:27】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
釣果:5匹

ニューロッドを試しに朝霞ガーデンへ。
ナイターも今シーズンは今月一杯だしね。

どの池もお客さんは3・4人の、プチ貸し切り状態。
相性が悪いのでスルーするつもりだった一号池がライズの嵐で思わずキャスト。
ニューロッドは良い感じ。軽く投げてもこれまで以上に飛んでくれる。
タナは明らかに表層。
ライズは激しいものの、早引きでは追ってこない。
クランクベイトやフローティングミノーにも反応薄い。
赤金マーシャル2.3gに反応あり。
竿を立て気味にして表層直下をスローで攻めます。
マーシャルトーナメント1.2gも試してみたけれど、上手く飛ばせない。
もう少し練習が必要みたいだけれど、ライズの嵐を目にしてはそんな悠長なことも言ってられず。2.3gのみで攻めることに。

ダーク系には無反応だったので、活性の高さを信じて赤金のみであちこちにキャスト。
ようやくポイントが掴めてきてバイトするも、4連続でフックアウト。全てバイトの直後。
再び挑戦した右投げ左巻きが裏目に出ました。
ルアーを動かす時はともかく、魚が掛かった途端に左手の巻き上げがカクカクになってしまい、右手(ロッド)の動きが止まった瞬間にバレてしまう。
そこで右投げ右巻きに戻したところ、またしてもバラす。
どうやら、ロッドが短く柔らかくなったため、ラインの張りが緩んでしまいがちだったのも原因だったらしい。同じ理由で、合わせが浅くなっていたことも。

バイトの瞬間にこれまでより小さく鋭く合わせつつ、ロッドのテンションを緩めないように心がけたところ、開始40分ほどでようやくヒット。ウルトラライトのロッドテンションのおかげで引きも楽しめるなーと思ったら、結構良い型。30センチ台半ばかな?


せっかく1号池で釣れたので、全ての池での釣果を狙ってみようとルアー池へ。
こちらも活性高し。でも、反応は1号池よりもややおとなしめ。
しばらく当たりが無かったものの、19時手前でようやくヒット。
ライズした場所に打ち込んだマーシャルトーナメント1.2g赤金に食いつきました。
サイズは20センチくらいのおちびさん。

今日最大のドラマがあったのがフライ池。
時折ライズはあるものの、表層での反応が薄く、足元を見てみると大きな魚体が底の方に張り付いているのが見えます。
これはもしかして?と、昨日買ったレンゲ1.5gマイルドピンクでボトムを攻めてみることに。
3投目、カウント4で巻き始めた瞬間にガツン!出まくるライン。
ドラグを締め直して格闘すること数分、50センチオーバーキター!
ランディングネットぎりぎりのサイズ。

跳ねて陸に揚げてしまったり、写真を撮るのにもたついたせいでリリース時に腹を見せたので焦ったけれど、ゆっくり介抱したら元気になって一安心。旧式のデジカメはいかんのう。
何にせよ、初めて「釣れた」ではなく「釣った」のが嬉しい。

グランドスラムまであと一つ!とばかりに、最近相性が悪い2号池へ。
他の池に比べたら活性は低め。
表層からやや下をマーシャル2.3g赤金・オレンジ・黒/白・ピンクラメと攻めるも反応無し。
少し沈めてみようかとまたもやレンゲ1.5gディープレッドを投げたところ、2カウント巻き初めでヒット。サイズは20センチ台。
このレンゲスプーン、いいかもしれない。

2号池は早々に切り上げて、残り10分をフライ池へ。
さっきの経験からピンクを当たりカラーと予想して攻めると、やはり反応がいい。
ミュー1.5gピンクラメでバラした後、マーシャル2.3gピンクラメでヒット。30センチ位。
釣果は少なかったものの、空いていたおかげで色々と試すことができた充実した2時間でした。

新コーナーw
今日のヒットルアー
マーシャル2.3g赤金・マーシャルトーナメント1.5g赤金・レンゲ1.5gマイルドピンク・レンゲ1.5gディープレッド・マーシャル2.3gピンクラメ



追記を閉じる▲

【2005/09/22 22:34】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


枯渇の釣り師
砂漠化した大地に雨が染み入るが如く、遅れた釣りとの出会いを取り戻すかの如く凄まじい勢いで出会うもの全てを吸収しているのだな・・・。
この世界は長くそして深い。簡単に見えて実は難しい。
長い道を歩いて慣れてきた頃、大きな壁が現れる。
なんとか壁を越えてもまた長い道が現れる。
ゴールを目指すわけではなく、その道のりを楽しむ。
それがこの世界。まさにマゾの世界。究極のマゾはバス釣りが。w
己を苛めて、そして苛められて快感を得るのだ。
トラウトにもスプーン、ミノー、クランク、トップ、スピナー、ジグ・・・
技術にもただ巻きから始まり、トゥイッチ、ジャーク、複合技・・・
これからトラウトシーズン突入なわけだが、ガイドが凍るシーズンでも
ぜひ自分を苛めて楽しんでみてくれ。期待しとるぞ!



tadabiki
教えに従い、今日は台風通過の強風のなか行って参りました。
フツーに皆さん釣ってました。
きっと直撃でも来る人はいるのでしょうね。


コメントを閉じる▲
キャスティングの30周年記念セールは明日からと聞いていたけれど、
ロッドコーナーには既にセール品が並んでいたし、
「更に10%引き!」の札が付いているものもあった。
そこで念のために聞いてみると、「明日からも同じです」とのこと。
ならば、と、またもやめぼしいロッドをひとしきり手に取り、
あーだこーだと悩んだ挙げ句、結局ファントムの5.6fに決定。
さすがに財政が厳しいので、ボーナス一括で。
ついでにスプーンも何枚か。
レンゲは面白そう。今度ボトムを攻めてみよう。
これまでの長いロッドは予備として。
あるいは将来の自然湖か、はたまたバス釣りにでも。

【2005/09/21 22:49】 | タックル
トラックバック(0) |


進化するちょい投げアングラー
いやぁ、これからのブログ大丈夫か?と言いたくなるほど展開早杉。
もう買っちまったのかい?w しかも5.6とは・・・さらに短いロッドを
欲しがる悪寒・・・w まあまあいいではないか!存分に楽しむが宵。



tadabiki
とりあえずは満足してます>ニューロッド
これ以上短いものとなると、個人的にはグラスソリッドのワンピースになりそう。
それならほら、頂いたあれがありますので。


コメントを閉じる▲
自分のロッドでは小型のスプーンが飛ばないとのことを同僚に相談したところ、
キャスティングのフォームの問題ではないかとの指摘。

指摘の通り、自分は腕全体で大きく振りかぶってのキャスティング。
これは、子供の頃の海釣りでの癖。釣キチ三平の影響とも(砂浜での遠投勝負)。
対して、トラウトロッドでのキャストは手首のスナップを効かせるのだとか。
昨日の釣行でも色々とキャストの方法は試したつもりだったけれど、根本的な部分で間違っていたのですね。
と言うわけで、先ほど表で振ってみたところ、なるほど明らかに振りが早い。これなら飛びそう!
とはいえ、同じく指摘された通り、長いロッドだけに腕が疲れやすい。
それに、バランス的にリールが軽い気がする。
そもそも、自分は道具に対しては軽くて取り回しの良いのが好きだし。
(でも、もし最初に細いロッドを買っていたら、ミノーは操れなかったろうし、スレ掛かりの60センチオーバーもどうにもならなかった。)

手元にあるもう一本のロッドは、師範代見習いに貰ったグラスソリッドの130センチ。
管釣りに慣れてきた今の自分には、むしろこちらの方が好ましい気もする。
(万が一大物が掛かったときの不安はあるけれど。)
グラスソリッドも視野に入れてもう少し探してみよう。



追記を閉じる▲

【2005/09/21 00:14】 | もろもろ
トラックバック(0) |
釣果:零匹orz

とうとうデコりました。

水は噂通りひどい濁り様。
パイロットルアーの赤金マーシャルも、水深20センチで全く見えず。
早朝なのにライズは皆無。
(のべ5時間で見たライズは4・5回ほど。それもミニサイズのみ。)
水深が浅いと聞いていたので足元に竿先を突っ込んでみると、わずか50センチほど。
池の中央に2.3gのスプーンを投げても、3カウントを待たずにラインが止まります。

見える魚影と言えば死骸だけ(でも結構大きい)。
足元を見てみると、餌になりそうな稚魚が水面を泳いでいるし、アメンボもいる(食べるのだろうか?)。
まずは暖色系で表層を狙ってみることに。
上・中・下と徐々にタナを下げていっても一向に当たり無し。
中層は駆け上がりに引っかかるし、下層は底をゴリゴリこする感触が伝わります。
色を変え、タナを変え、向きを変えても一向に当たり無し。
当たりどころか、ついばんだりじゃれついたりする感触すら皆無。

8時前に放流あり。
量はポリバケツ一杯のみ。魚の数も目で数えられる位。

開始当初は私を含めて8名ほどのお客さん。
10時頃には12・3人(内、フライの方が3・4人)に増えましたが、誰も釣れていない模様。
既にまったりとした空気が漂っています。
聞こえる音といえば水車の水音と、隣の田んぼのコンバインの音のみ。

その後、池の周りを回るようにポイントを変えながら攻め続けるも、
魚の気配を感じることすらできず。
私以外に10人前後のお客さんが釣っていましたが、
残念ながら釣り上げたシーンは見られませんでした。

唯一の収穫は、気兼ねなくフルキャストできる環境のおかげで自分のロッドの特性がわかったこと。
当初はプラグメインのつもりもあって、8割方フィーリングで決めた今のロッド
(ダイワ ファントム662LRS)では、軽量スプーンがどうしても飛ばない。
特に1.2gの表層用は悲しいくらい飛ばない。
キャスティングの腕もあるとはいえ、2.3gでも、対岸で座りながら投げている少年の2/3以下の飛距離。
見ていると、ロッドが根本からグニャリとしなっている。
自分のロッドのテンションはライトなのでああは行かない。
「やっぱりウルトラライトの方が良いんだろうな」などと思いつつ、戻ってからいつものキャスティングと上州屋をハシゴ。
何本か試してとりあえず保留。いい加減、財政も厳しいので。


追記を閉じる▲

【2005/09/20 03:31】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
結果:4匹 全て20センチ台のリリースサイズ。

2.3gのマーシャルでは超デッドリトリーブが難しいため、
最近1g台のマイクロスプーンを買いだめていました。
今日はそれに救われた結果です(3匹は1.2g使用)。
1号池、ルアー池とボウズ(約2時間)、
開始2時間半、2号池の水車(?)付近で陽が陰った直後に1匹目をようやくゲット。
更に30分後に1匹。
それぞれマーシャルトーナメント1.2gカラシ色と
マーシャル2.3gダーク系。
タナは表層1~2カウント。

17:30ルアー池に戻るも、魚が底に張り付いているので、
シンキングミノーを沈めつつ、
竿先も水中に突っ込んで引いたところデカイ当たり。
が、直前にお祭りした際にラインを出すためにドラグを緩め、
その後始末できつめに締めてしまっていたために瞬時にラインブレイク!
一瞬見えた魚影から、40~50センチクラスか。
ちなみにこのミノー、399円の安物を、
アングリングファンに載っていた中村水産カラーで塗ったもの。
(アサヒペンのカラーパレット「メキシカンサンド」。ドイトで210円)

18:15フライ池へ。
先週の夢よ再び!と挑むも当りなし。
「ルアー池より渋いな~」との声も聞こえる。
30分で2号池へ。

いつものポイントで噴水付近へキャスト。
魚は上ずっているものの、食い気が無い。
当たるのはやはり表層1~2カウント、色はダーク系。
ライズや口を出したりしているくせに、フローティングには反応無し。
サスペンドには2回ほど当たりあり。
スプーンで超デッドに攻めて、約一時間で何とか二匹。
マーシャルトーナメント1.2g。色失念(ダーク系)。

残り10分で空いたフライ池へ。
KEN claftのBEAT1.8g(黒)を遠投すると、ほぼ毎回当たる。
20時ジャストのキャストでついに良い引きが掛かるも、
手応えの割にドラグが出ないので(単に動かない相手だった)、
さっきの悪夢を思い出して慌てて緩めようとしたらバレた。
既に目の前に来てたのに、今晩のおかずが…orz
更にしぶとく3回ほど投げ、1回当たって終了。

今日の教訓:ドラグの確認はマメに。
次回への反省:3時間券でいーや。


追記を閉じる▲

【2005/09/18 17:20】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


火付け役
記念真紀子。すぐさま作るあたりさすがだな!
なかなか発展が楽しみなブログと御見受けした。
しかし、この短期間でいろんな言葉覚えたねw
ガーデンでヤマメ&イトウ釣ったらエリアマスターと呼ぼう!w



taka
ご指導感謝です!
ところで、ヤマメやイトウは狙って釣れるものなのでしょうか?



師範代見習い
逆に普段の釣り方ではなかなか釣れないものですお。
狙わないとなかなか釣れない それがヤマメであり、イトウなのだ。
精進致せぃ。


コメントを閉じる▲
2005年8月9日
社員旅行の道程で高萩ふれあいの里フィッシングエリアにて管理釣場初体験。
もらい物のバス用タックルと、直前に言われるままに買った数個のルアーで挑むも見事にボウズ。
8月10日
同窓会のために田舎に帰ると社内で話したところ、
ニジマスを実家に持って帰ったらどうだと言われ、
今度は家の近所(車で15分)の朝霞ガーデンに連れて行ってもらう。
夕方からということもあってか、2号池でミノーをタダ引きしたところ2匹釣れる。
バス用のロッドは曲がらないし、6lbラインではスプーンも飛ばず、ちょっと物足りなく感じる。

アングリングファンのバックナンバーを貰い、管釣りの情報を集め始める。

8月23日
ラインは細い方が良いと言われたので、ついでにリールを買いに行ったところ、
なぜか竿まで買ってしまう。
ついでに自分でスプーンを選んでみる(後に増殖することになる)。
フォレストのマーシャル2.3gを何色か。

8月24日
新しいタックルを試したくなり、夕方の朝霞ガーデンへ。
ミノーのみで6匹。1号池で初めて1匹釣れる。
ラインの結びが甘かったのか、買ったばかりのミノーを立て続けに2個持って行かれる。
スレで60センチクラスが掛かってしまい大変なことになるも、
後からやってきた同僚に助けられて何とか釣り(?)上げる。

8月28日
厳しいと聞いていた日曜の朝霞ガーデンを体験すべく、
でも日中行く根性はないのでナイターで。
ミノーは当たらず、スプーンのみで4匹。

9月1日
夕方の朝霞ガーデンへ。
20センチ台3匹、30センチ台3匹。
スプーンのみ、約10投毎にカラーローテーションしての釣果。
ミノーの出番が減る。
目の前で2回バラし、数え切れないほど合わし損ねる。
いろいろと課題が見えてくる。

ルアーチェンジがめんどくさい旨をキャスティングの店員さんに相談したところ、
スプリットリングを外してスナップを使う方法を教えてもらい、早速実行。

9月4日
朝マヅメを体験すべく、朝6時から朝霞ガーデンへ。
初の6時間チケットで挑むも、前半2時間はボウズ。
2号池で粘ったところ、ミノーで3匹、スプーンで3匹、
そして、真鍮版を曲げて作った手作りスプーンもどきでなんと3匹。

ヘリーハンセンのクリップオンタイプの偏光グラス購入。

9月10日
昼2時からの6時間チケットで朝霞ガーデンへ。
子供の頃からの癖である右投げ(竿)右巻き(リール)を矯正すべく、
練習して少し自信がついたこともあって右投げ左巻きに挑戦。
ここしばらく釣れていなかった1号池で、
第一投でいきなり釣れたのに気をよくして続けたところ、4時間半でわずか2匹…
(もう1匹は2号池でプラグ使用)。
元のスタイルに戻したところ、すぐに2号池で1匹。
その後、初めてフライ池に挑戦。ピンクで立て続けに3匹。その後更に2匹。
当たり色があることを身をもって知る。



追記を閉じる▲

【2005/09/18 03:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。