上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿田川…は体力的にキツイので(リニューアルされた北池には惹かれますが)、
花園養魚場へ応援に行ってきます。
本日確認したところ、金曜夕方に放流するそうです。

朝イチくらいは癒されるかな?
スポンサーサイト

【2006/06/29 22:36】 | お知らせ
トラックバック(0) |
いやね、以前貰ったキャスティング鶴ヶ島店のリニューアルオープン記念のくじ引き券が1枚あったんですよ。
で、たまたま仕事帰りに寄れたんです。しかも、キャンペーンは今日までだとか。
このくじ引き、最低でも500円の商品券が当たるというもの。
しかも、買い物でも3000円で1枚、それ以上は1万円毎に1枚、くじ引き券が貰えるそうな。もちろんこれも今日まで。

ついでに、現在ダイワのセール中で、リールにはもれなくラインが付いてきます。
更に、ニコスのキャンペーンで、金利手数料無料。

えーと、てことは、この値段ならくじ引き券3枚(+手元には既に1枚)。
ポイントカードがそろそろ貯まるはずなので、これで+500円。
え?一回の支払いは4000円以上?ふーん…









昨日のトーナメントでのk野さん、自分よりもずっと遅い巻き速度で、尚かつコレだったんだよなぁ…










やっぱ、あそこまでしないと獲れないのかなぁ…










今更だけど、周りを見てもコレの使用率高かったよなぁ…




























……



















くじ引きが悪いんです。



唯一の懸念は、今秋頃にリアルフォー搭載でリニューアルされそうな気がしまくる点ですが、その時は同好の皆さんと一緒に枕を濡らすとしましょう。
信じてますよtakadaさん!(逆の意味で)


追記を閉じる▲

【2006/06/25 23:31】 | タックル
トラックバック(0) |


くま
ダイワのリールは、ベアリングを入れるところが高級モデルと同じだけ用意されているそうです。ですからもしリニューアルされてしまったら、ベアリングを追加して、「ふん、新しいのよりベアリングが多くてスムースに回るもんね」と強がりを言ってがまんしましょう。



たか
>くまさん
結構互換性があるみたいですよね。>ダイワ
とりあえず、スプール受けのワッシャーをBBに代えようかと目論んでいます。
でも、互換性が高いということは、コスト面からいってもリニューアルは時間の問題ですよね~


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:GT-R トラウトスーパーリミテッド2.5lb
    スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

ガーデントーナメント(および管釣りトーナメントそのもの)に初挑戦してきました。
(今回も文字ばかりです。)

出発直前にアップした通り、間抜けな理由でほぼNATOワンメイクマッチで臨む形となった今大会。
とりあえず受付の売り場で赤金くらいは確保したいので、4時過ぎに到着。
既にお一人到着されていたのでご挨拶。とても気さくで温和な方で、色々とお話しさせて頂きました。
長野(!)からいらしたというT口さん、どうやら多数の大会に参加されているそうで、ご本人は仰らなかったですが、その後いらした方々の言から察するにかなりの実力者の模様。
関西にお住まいの頃はNATOのテスターもなさっていたとか。
(帰宅後に分かったのですが、どうやらこの方があのStanさんだったようです。無知とは恐ろしいものです。)

その後、今度は静岡からお越しのT下さんをはじめ、ガーデントーナメント1・2戦のそれぞれ優勝者の方々、KEIOSNのテスターの方などが続々と集まり、鬼密度がグングン上昇します。
(これまた後で分かったのですが、T下さんがあの鉄竹さんでした。無知とは…以下略)

皆さんとてもフレンドリーに談笑されているのですが、その合間には「トラキン決勝で…」といった単語がポンポン飛び出します。
私の「ガーデン三時間二桁」なんてレベルは、言うなれば「ナメック星におけるクリリン」の様なもの。確かクリリンはフリーザの尻尾を切った様な記憶がありますが、さて、私は何処まで踏ん張れますでしょうか。

5時半にシャッターが開いたので、急いで受付へ。
探してみると、スミス・ピュアの蛍光オレ金2gがありました!ラス2を買い占め、ついでにisa1.5gの茶色も購入。これで放流直後は何とかなりそうです。

大会で使うルアーは、

たったの、

これだけ。


少し緊張しながら準備を進め、鉄竹さんからアドバイスを頂き、開会式で「イトウ放流したから頑張って」という社長さんの言葉に恐れおののきつつ、いよいよ大会開始。

私のゼッケンは13番。場所は民家側のほぼ中央。ちなみに、左隣の12番は第二戦優勝者のk野さん。こうなりゃどんとこいです。

開始1分前のカウントダウンから遂にスタート!一斉にロッドが曲がります。
私も第一投でヒット!が、すっぽ抜け。

そして、この日最悪のアクシデント。飛んでいったルアーのフックが、右隣の方の瞼に刺さってしまいました。
眼鏡のおかげで奇跡的に皮一枚で済んだため、休憩時間の時には「大丈夫ですよ」と言って頂けましたが、この人口密度で早合わせをすればこうなる可能性は予想できたはず。明らかに私の落ち度でした。

ここで完全にリズムは狂い、完全に乗るまで待たないと獲れない喰いに対して早アワセでバラシを連発。
結果、前半第1クールでは2キャッチ6~7バラシという惨憺たる結果。

今回の放流魚は皆さん口を揃えて「渋かった」と仰っていましたが、それ以上にきつかったのが大会用のビクとランディングネットが一体化したもの。
これはビクの受け口に柄が付いた様なモノなのですが、その間口がとても狭く、普段使っているネットの半分位の面積しか有りません(しかも逆三角形)。
上手い方になると小さい魚は抜き上げてダイレクトにネットインしていましたが、とにかく手元でバレ易いメバルロッドの私にはなかなか厳しいものがあり、実際、寄せてからのバラしは2~3回ありました。

そして、やはりラインが違うことによる影響は大きく、その柔らかさから来る糸フケの多さやエビになり易さ、ロッドでのフッキングの遅れはかなりしんどかったです。

前半第2クールは自販機前、CHEATER0.8gオリーブのスロー引きで2匹キャッチ。

道路側やや自販機寄りの前半第3クールからは、池全体が一気に沈黙。

ここで計量が入り、4匹で1.0kg。

その後もあれこれ試すもののどうにもならず、最後の頼みに投げたCHEATER1.2gオオツカオリカラCCBがひったくられてなんとかボウズ回避。

移動して休憩。私の場所が放流ポイントになるとのこと。ラッキー!…か?
放流は放流車丸々2台分。いつもの4倍です。

後半戦スタートは、またしても一投目でバラシ、何とか1匹獲るもののその後は抜けまくり。
1キャスト4バイト全て抜けという悪夢も発生。
とにかく赤金は一種類だけなので手を尽くすものの、5投目には見切られ始める始末。
結局、後半第1クールは1匹のみ。

後半第2クールは民家側ポンプ左脇(ポンプは停止)。
ここでもCHEATER0.8gのオリーブで1キャッチ。

最大の難所だった後半第3クール。
特にこの時間帯は、釣れる人とそうでない人との差がはっきり出ていたようです。
私の左隣のk野さんはコンスタントに釣果を上げ、ビクの中には10匹以上の魚影。
また、ご本人曰く「全部バラした」そうですが、30センチオーバーが何匹も掛かっていました。
私とは言えば、手持ちのルアーと引き出しを総動員しますが、2バイト1バラシのみで終了。

結果発表を待つ間、皆さんと談笑。どうやら、放流魚が捕れなかったのは私だけでは無かった模様。
これまでの大会と比べても、放流効果が続かなかった様です。

20分程してレストハウスに移動し、いよいよ結果発表。
40位から読み上げられていきます。











ガーデンカップ初挑戦、
















結果、
















40人中26位、ウエイト2.1kg(7匹)。

うん、上出来。
実質赤金とCHEATERだけでの釣果としては、個人的には十分満足。

全体の結果を見ると、上位入賞者者は後半に追い上げた方がほとんど。
特に優勝された方は前半1kg台だったにも関わらず、後半はイトウ2匹を含むぶっちぎりの6kg台でした。

解散後は大会景品の3時間チケットで皆さん思い思いに釣りを開始。
私がラインを巻き直し(失礼、でも~)ている内に放流がありましたが、今日はまったりと楽しむことに。
ルアー池民家側にて、カラーリニューアルで試しに買ってみたマーベル1.5gで1キャッチ。
程なく、久しぶりに復活したファーストミノーSPオリーブ/テールメキシカンサンド塗りで追加。

その後はなかなか釣れず、鉄竹さんと並んで釣っている間にマーシャルトーナメント0.9g黒/裏アワビ張りでキャッチ。

鉄竹さんが明日のドットコムの大会のためにお帰りになった後は、通路側自販機寄りでStanさんやY口さん達と談笑しつつ投げ続けますが、一時オリカラの青に好反応が続いたものの私だけ釣れませんでした。
確かに激渋でしたが、それでもやはり、上位入賞の皆さんはコンスタントに釣果を上げていました。
終了間際の放流でも1匹も獲れず、結果は3匹のみ。

という訳で、
釣果:10匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:739匹


結果云々よりも、多くの方々との出会いがあり、有益なお話を沢山伺えたことが何よりの収穫でした。
参加者の皆さん、大会スタッフの皆さん、ありがとうございました。

今日のヒットルアー

大会

その後


追記を閉じる▲

【2006/06/24 20:28】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


けんた
お疲れさまでした。
楽しめましたか?
ボクはナイターで凹んできました。(笑)



たか
>けんたさん
序盤のアクシデント以外はとても楽しめた大会でした。
8月のNATOカップはかなり前向きに検討中です。
ナイター、大変でしたか?
7時以降、私は自作GROWミノーでしか釣れる気がしません。
先日の釣行でも、中層の超スロー引きを元気なヤツがひったくってくれるのを待つパターンだけでした。



goma
ここでははじめましてgomaです。
そして6.24朝霞T終了後の「まったり釣りタイム♪」でご一緒させて頂きました、Y口です。
私も2回目の参加でしたので今後は一緒に精進致しましょう!
(キリキリではなく、ヘラヘラと楽しみながらお願いします)
ちょっとの時間でしたがかなり考察眼、探究心のある方とお見受け致しました。今度ご一緒に練習行きましょう!(ヘラヘラしてますが宜しくっす!)



t-fuku
全体的に渋かったようですが、大会楽しめましたか?
バラシはいろいろ策がありますので、それを研究するのも面白いですよ。



たか
>goma@Y口さん
お越し頂きありがとうございます。
バディ・オレ金でのサクラマスお見事でした!
こちらこそ、ぜひご一緒させてください。
夏場は朝イチかナイターが中心になると思います。
>t-fukuさん
放流魚がなかなか仕事をしてくれませんでした。
フィーバータイムは5分程度だったと思います。
バラシ対策、まだまだ研究いたします!



Stan
大会前から楽しく時間を過ごさせていただき有難うございました。
改めて朝霞の難しさ=楽しさを実感しました。
また、ルアーの動きと魚の反応が丸見えで、gomaさんの印象と同じく、
”考察眼、探究心のある方”(笑)は、どんどん先に進みそうですね。
朝霞の大会、次回参加は未定ですが、ご一緒出来たときには
宜しくお願いします!!



たか
>Stanさん
当日は色々とアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。
もしもご縁がなかったら、いつも通り独りで過ごしていたところでした。
考察眼・探求心…問題は、判断の結果が当たっているかどうかですね。
今回、鬼の皆さんを目の当たりにして、もっと本能的な『釣り勘』を養わなければいけないと感じました。理屈で考えていると、状況の変化にワンテンポ遅れる気がします。


コメントを閉じる▲
全然寝れませんでしたが、とりあえず出撃します。

実は、昨夜までレギュレーションを勘違いしていまして、
今回はラインのみの縛りだと思い込んでおりました。

ガーデンのサイト上に記されたルールは、トーナメント全体を指していると思っていたんです。
でも、その場合、全ての試合でサンヨーのナイロンを使わなければいけないとも読めます。
先日この点だけ確認したところ、やっぱりそうではないとのこと。

で、改めて大会のページを読んでいて気が付いたんです、"6月24日"という日付に。
つまり今大会のルールは、
「ラインはサンヨーナイロン、ルアーは協賛メーカーのみ」
…ハイ、納得。

納得はしたのですが、問題は既に22時だということ。
まあ、何れにしろ使い慣れていないルアーを半端に買い増しすることはしなかったでしょうし、近場ではイマージュ以外は極端に品薄なので、手持ちのNATO製品で勝負するのは変わりません。
唯一の問題は、赤金が一枚も無いということ…

そんな訳で、本日受付でスプーンを物色している間抜けが居ましたら、ほぼ間違いなく私ですので生暖かい目で見守って下さいな。

【2006/06/24 03:57】 | お知らせ
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:GT-R トラウトスーパーリミテッド2.5lb

釣果:7匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:729匹

ガーデントーナメントに使うラインのプラのために、仕事上がりで出撃。
とにかく魚を掛けて感じを掴みたいので、一路フライ池へ。
開始直後の赤金フィーバーは1キャッチ1バラシで終了。
すぐにスローな展開になったので、19時からはファーストミノーSP自作GROW一本槍。
フライ池で5匹、ルアー池で1匹追加して終了。

で、懸案であるGT-Rといつも使っているトラウトアドバンス3lbとの比較。
・引っ張り強度は2割くらい低い(2.5lbなので当然)
・とてもしなやか。
・細さの割には伸び率もあり、メバルロッドとの相性は悪くない。
・柔らかい分ラインのたるみが出るので、ロッドのアワセだけでは間に合わないことが多く、巻きアワセを併用する必要がある。
・なのになぜか感度はこちらの方が良い(細いからか?)。

強度不足が最大の不安点だったものの、今日のKFSを思わせるルアー池の魚達の引きにも十分耐えていました。
とりあえず、大会で切ない思いはしないで済みそうです。

本日は写真無しにて。


追記を閉じる▲

【2006/06/22 21:55】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

釣果:26匹(ニジマス:20~30センチ台・イワナ30センチ台)
これまでのトータル:722匹

逝ってきました。

前回ゲットした6時間チケットを利用しての平日釣行。
まずは6時間のつもりでスタート。

朝イチはルアー池で3時間チャレンジ。
民家側の流れ出し脇に陣取ると、水面の活性は高くライズも多数。
目の前をグルグルと回っている魚群も居るのですが、勢いが良すぎてルアーには見向きもしません。流れの中に居る連中も同様。

食い気がある魚が居たのは、流れの周辺部分。
開始10分足らずで、マーシャルトーナメント0.9gオリカラ放流赤金モドキでファーストキャッチ。

その後殉職(泣)

更に10分後に、へのじファイターが初仕事。

スプリットリング3連付けです。

続いて5分後、マーシャルトーナメント0.9gの蛍光イエローで3匹目。


「これは、ルアー池3時間二桁も余裕か?」との淡い期待はもろくも崩れ、陽が上がってきた途端に激渋モードに突入。
1時間半以上ノーキャッチの後、流れ出しに打ち込んだマーシャルトーナメント0.9gライトイエローでようやく4匹目。


その後は、20分おきに、

KFSスプーン・メキシカンサンドと

ペレスプ1.6gカニミソで。


結局、3時間では6匹。
いつもなら8時頃にあるはずの放流が、今日は9時になっても気配すら無し。
放流さえあればもしや…という展開だっただけに、残念。

ところで、先日紹介した自作クランクはこんな感じに仕上がりました。

リップ周りについては、触れないのが優しさです。

実際に引いてみたところ、やや右側に流れるものの何とか泳ぎました。
動きはタイトウォブリング。スローで水面を、早めに引くと水面下10センチ位を泳ぎます。
実釣では、結構な勢いで魚が追いかけてくるシーンが何度もあったのですが、バイトには至らず。
今日はトップにはほとんど反応が無かったので、今後に期待です。

10時になっても放流が無く、あまりの釣れなさに1号池に移動。
試しに買ってみたNoaJr0.6gを引いていると、目の前で良型が反転!ドラグ緊急解放!

本日のビッグワン

10:15頃、ようやく放流。
プリズムリーフ1.7g放流赤金モドキで1キャッチ後、魚のミスフッキングが続いたのでPAL1.6g同色で横掛かりさせて3匹追加。

放流量は少ないらしく、仕事を始めるのが遅く、サービスタイムも短め。

2号池へ移動したものの、Pioで1キャッチのみ。
12時になったので、考えた末に1日券へ延長。


一旦帰宅してのナイター再挑戦も考えましたが、割引の無いナイター(1500円)に対して、1日券への追加料金は割引適用で1400円。釣れそうもない日中は、引き出しを増やすための練習のつもりで過ごすことに。

ルアー池でボトムパンピングの練習をし、釣果は無かったものの魚が反応を示すパターンは確認。
ここで、日本戦による寝不足から車内で仮眠。

1時間ほどして目を覚ますと、放流車の姿が。
慌ててタックルを掴んでルアー池へ向かうも(今日は中央の駐車場を利用)、放流車は奧の池へ。とりあえず目の前の池へキャストしても無反応。

2号池へ向かうと、土手側の流れ出し脇が空いていたので陣取り。プリズムリーフ1.7gオリカラ蛍光ピンク(自作GROW)金で1キャッチ。

後が続かないので、足元の壁際にいたイワナの群れの鼻先に、KFSスプーン・メキシカンサンドのフォールにバイト!

ガーデン初イワナ!

あまりに日差しが強いので、休憩を入れつつルアー池でまったり過ごしていると、16時半を過ぎたところで3回目の放流。
今回もそこそこに楽しませてもらいつつ、スプーンにスレたところで「放流魚にはスピナーが効くかも」と試したところ、見事にヒット。

ようやく20匹

その後は釣果無くフライ池の解放を待っていると、5分前には場所取りが始まったので慌てて移動。

フライ池のナイターは、けんたさんに教えて頂いた通りに放流パターンからスタート。
プリズムリーフ1.7g蛍光ピンク(自作GROW)金をキャストすると、正に放流魚のごとき好反応!

けんたさん、ありがとうございます!

その後1匹追加したところで見切られるようになったので、同オレ金にチェンジすると再びバイトの嵐。しかし、魚が反転し、手元にアタリを確認するまで待ったのに3連続で抜けてしましノーキャッチ。
スプーンを追わなくなったので、再びスピナーで1匹追加。

今後の定番の予感。

サービスタイムは10分ほどで終了したので派手系に見切りをつけたものの、その後は白や黒のスプーンやクランクには無反応。

終了時間間際までの1時間以上で、マーシャルトーナメント0.9g自作GROWで何とか1匹拾ったのみ。


残り3分で、頼みの綱のファーストミノー自作GROWをキャスト。
終了間際に1キャッチ。
更に、スタッフの方が終了を知らせに来る迄のロスタイムで1匹。

もっと早く使っていれば…

釣れないと嘆く以前に、試すことはまだまだありそうです。

今日のヒットルアー






追記を閉じる▲

【2006/06/22 21:27】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


けんた
明日へ向けての、良いイメージトレーニングは出来ましたか?
難しいことを考えずに、釣り場側が用意してくれた、釣れる状況を単純に楽しんできてくださいね。
ボクはスーパーリミテッドへの信憑性が薄いんで、参加は見合わせたいと思います。



たか
>けんたさん
ありがとうございます!
とても励みになります。
>難しいことを考えずに、釣り場側が用意してくれた、釣れる状況を単純に楽しんできてくださいね。
あ、肩の力が抜けました。
ぶっちゃけ、手持ちで使えるのはほぼNATOのみという無謀さですので、8月のNATOカップの練習のつもりで気楽に挑みたいと思います。


コメントを閉じる▲
ガーデントーナメント2006「サンヨーナイロンカップ」に参加します。


勇み足でライン(GT-Rの3lb)を買ったところ、支給されることが判明。
しかも、2.5lbオンリー(そういえば売り切れてました)。
メバルロッドとの相性が非常に不安です。

とりあえず、何事も経験と開き直って玉砕して参ります!

ボウズだけは避けたいなあ…

【2006/06/22 03:34】 | お知らせ
トラックバック(0) |


t-fuku
おっ!ガーデントーナメント参加ですね!
普段の朝霞よりは釣れるハズ?ですから、思いっきり楽しんじゃってくださいね。



けんた
スーパーリミテッドの2.5lbが支給なんですか!?
発売直後に早速買って見た結果、3lb以下はボクのタックルセッティングだとブチブチと切れたんですよねぇ。
あ、ネガティブな事を書いてスイマセン。(汗笑)
スタート直後のフィーバータイムを楽しんで来て下さいね。



たか
>t-fukuさん
激励ありがとうございます!
事前の放流量はかなりのものと聞いていますので、とにかく放流直後で稼ぎたいと思います。
>けんたさん
おやじさんに「これじゃなきゃダメなんですか?」と聞いたところ、「ダメだよー、みんなこれ巻いてくるんだから」と言われました。
確かに、引っ張り強度はやや不安なのですが、今日ナイターでプラした限りでは何とかなりそうです。
フィーバータイムに全てを掛けますです。


コメントを閉じる▲
関東を代表する鬼のお一人であるけんたさんの気の向くままに

お人柄が伺える肩の力が抜けた文章の中で、さらっと凄い釣果が書かれていたりします。
ちなみにKFSでのダイドーカップでは、数少ない「二本抜け」の称号を冠されたお方でもあります。

【2006/06/17 23:22】 | リンク
トラックバック(0) |


けんた
身に余る注釈、ありがとうございます。
というか、鬼でも何でもないです。単なる釣り好きな一般平民です。(笑)
>二本抜け」の称号
あれは、柿田郎さんが無敗のボクを早く膝まづかせたい策略ですんで、実力判断ではないんですよ、ハイ。



たか
>けんたさん
いえいえ、柿太郎さんにそこまでさせることこそ、正に実力の証かと。
釣場でその技を拝見する日を楽しみにしてます!


コメントを閉じる▲
一気にここまで。

止め時が掴めません。

仮組み段階では奇跡的に真っ直ぐ泳ぎましたが、バルサボディなので全然沈みません。
さて、どうなることやら。

【2006/06/16 01:58】 | タックル
トラックバック(0) |


平木駅
これは驚きですね!
シンカーで失敗しないように願います。



たか
>平木駅君
とりあえず完成しました。
角度が浅く長過ぎたリップはドライヤーでひん曲げ、結局シャロークランクとなりました。
お腹にはガン玉を2個仕込んだのですが、かなりの高浮力です(笑)
おかしーなー、スローシンキングのつもりだったんだけど…
スイムテストは風呂場で行っているため、実釣では斜めに泳いでいく可能性大です。



くま
ルアー作りに手をだしたのなら、おじゃる子さんが最近始めた
http://bbs10.fc2.com/php/e.php/minnow_mk/
が面白そうですよ。



平木駅
リップにアイをつけたらどうですか!?



たか
>平木駅君
いや、全くその通りなんですが、技術的・強度的に今回は見送りました。
実際に泳がしてみたところ、やっぱりリップにあった方が良さそうでしたね。



たか
>くまさん(即日レスしたはずなのですが、何故か消えてました。)
早速拝見しました。大変参考になります。
ありがとうございました。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

釣果:4匹(ニジマス:20センチ台)
これまでのトータル:696匹

ナイターで4匹…orz

ここ2釣行の良いイメージのままナイターへ挑みましたが、見事に返り討ちに合いました。
まあ、半分はスタンプカードを埋めることが目的だったのですが。
とまれ、休日後半のガーデンに於いては、ナイターだろうが大して関係は無いということを再認識。
夕マズメで魚影は浮いてきているものの、魚はスレまくり。
1号池は早々に退散。
残り時間はルアー池でひたすら粘りました。

表層やや下でアタリが多く得られるものの、全くフッキングせず。
マーシャルトーナメント0.9g1091カラーを目の前で軽くひったくられてようやくキャッチ。


陽が落ちても状況は変わらず。ひたすら喰いが浅く、スローな展開。
マーシャルトーナメント0.9g自作GROWの一投目でヒットした後は、スプーンには全く乗らず。


その後は、

Pioと


プレッソミノーで

それぞれ自作GROWの超スロー引きでようやく拾ったアタリをなんとかモノに出来ただけ。
相変わらず厳しいです。

今日のヒットルアー




追記を閉じる▲

【2006/06/14 21:52】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


けんた
ボクもまだ2回しか行ってないんで、そろそろ行きたいんですが、ナイターの調子は芳しくないですか。。。
18:30のフライ池開放はやらないんですか?
開始から20分ぐらいは確実に赤金スプーンで高反応ですよ。
真っ暗になったルアー池はグローも良いですが、ウィーパー1.5gの九官鳥カラーなんかもGoodですよ。
う~ん、行きたくなってきました。(笑)



たか
>けんたさん
フライ池が良いのは分かっているのですが、今回はあえてルアー池で頑張ってみました(玉砕でした)。
赤金が良いのですか!それは盲点でした。
ウィーパー、実はこの度のリストラ大作戦で手放してしまいました。しかし、丁度プリズムリーフで同じ様なカラーリングを仕込んだ所です。是非試してみます!
今度の月曜にお休みがもらえるのと、6時間券+差額による恐怖の一日釣行(14時間!)なんて無謀な計画が頭をよぎる今日この頃です。
ところで、今更ですがリンクさせて頂いてよろしいでしょうか?



どんぐり仙人
こらこら 14時間釣行?逝ってまうぞオヌシw
そこまでハメるつもりは無かったのだが・・・
これはもうあれかもわからんね・・・w



たか
>どんぐり仙人さん
とりあえず6時間やって2時間仮眠、更に6時間。
うん、イケル!
もうすでにあれかもしれません…



けんた
>フライ池
魚達は丸1日ルアーを見てないんで、放流直後と同じ状態と考えて頂ければよろしいかと思います。
>ウィーパー
え゛ぇ゛~っ!?
手放してしまったのですか!勿体無い。。。
>14時間
ス・スゴイ・・・ボクには朝霞で1日釣りをする精神力はないです。(笑)
>リンク
統一感のまるでない、あのようなBlogでよろしければ、こちらこそお願いします。



たか
>けんたさん
>ルアー池
そんなにスレてないんですね~。
「フライすら見切るんだし…」と小さい地味系のスプーンばっかり投げてました。
>ウィーパー
ああ~言わんといてください…さんざん悩んだ結果の選択なのです。
とりあえず、1g以上のメインはプリズムリーフとBuxに絞りました。
ついでにNoa0.9さえも処分したと言えば、また呆れられますね。
ちなみに、1g未満のメインはマーシャルトーナメントとKFSです。
理由は、ゴリさんと似たようなものです。実際、迷いが減った分釣果も伸びてます。
リンクは、明日にも作業させて頂きます!



くま
う~ん、もったいない。
飛距離は武器なんですよ。縦の釣りを捨てていませんか?



たか
>くまさん
一応、縦の釣りはCHEATERで賄っています。
プリズム、Bux共に飛距離は悪くないですし。
ウィーパーの利点は重々承知しています。
実際、一度はプリズムの1.7を処分してウィーパーとBuxにしたのですが、よりスローに引ける必要性を感じて再び買い戻しました。
とはいえ、もしも「シーズン問わず、1g台のスプーン一種類だけ」と言われたら、高確率でウィーパーを選ぶと思います。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

連休2日目は、KFSへ遠征。
前日までは花園でまったりする予定でしたが、図らずもガーデンでの目標が達成できてしまったので、この勢いで次なる目標である『KFSで3桁』を目指すことに。

という訳で、3号池は最初に3投しただけでパス。後はひたすら数釣りに徹します。
写真もそこそこかつ記憶も要所要所のみなので、文体が非常に事務的なのをご了承下さい。
開始直後の南1号池はスプーンに無反応、Pioでファーストキャッチ。


その後もPioのローテーションで5匹追加。
喰い上げるものの乗らなくなったところでレンジを少し下げ、マーシャルトーナメント0.9gで手前、Bux1.5gで沖を狙い打ち。


8:50、10匹目。

その後も表層パターンが続きます。

10:09、20匹目。

表層に反応が無くなってきた際に、試しに足元に着底させたスプーンに異常な反応。
ここで試しに「甲州リグ」(フロントフック)を試みることに。

2匹だけ釣って止めました。

しかし、ここからスプーンに対する反応がめっきり無くなり、プラグも今ひとつ。
ものの試しにバディダディ3.2gをズル引きしてみると。

パターン発見。

表層からボトムまで、「泳ぐ」スプーンには全く反応が無いのに(クランクのボトムノックも同様)、底の水苔を掻き分けるようなズル引きにのみ無数の反応。
色に対しては全くスレないものの、餌色にしか反応せず。完全にペレットパターンか?
乗りが悪いのが唯一の欠点ながら、とにかくズル引き。


11:14、31匹目。

その後、軽いルアーの方が持ち上げられ易いためにフッキングしやすいことが判明。
ルアーをBux1.5gに変更。

12:39、42匹目。

引き続き反応はあるものの、いよいよ乗らなくなったところで、フラットクラピーMRの中層引きで数匹追加。

13:50、50匹目。

相変わらずボトムにのみ異常な反応を示すため、CHEATERでのボトムパンピングにチャレンジ。
アングリングファン4月号に載っていた、正にKFSでのマシン山崎さんの釣り方の記事を思い出しつつ試行錯誤。
足元でフォールさせるだけでも無数のバイトがあり、その内の1・2割がヒット。


沖はテンションフォールでフォール中のアタリを拾い、手前はフリーフォールさせてサイトで掛けるパターン。

15:02、60匹目。

ここで北池へ移動。

いつも気難しい北4号池でもボトムパンピング、

あっさりキャッチ。

さすがに釣り続かないものの、北4・3・2号池ではボトムパンピングと沖の表層狙いで7・8匹の釣果(北1号は先行者がいたのでパス)。

柿太郎さんご帰宅。今日は放流無しの模様。

「魚は一番多いよ」というスタッフさんのアドバイスから、南5号池へ。
ライズが多数有り、しばらくはスプーンの表層引きに好反応。

16:31、70匹目。

魚影が沈んだところで、フラットクラピーMRのスロー引き+カラーローテーションで数匹追加。


再び南1号池へ移動。自作GROWでキャッチ。

17:42、80匹目。

しかし、今日はGROWへの反応は悪く、蛍光色の方が好反応。

プリズムリーフ1.7gの蛍光オレンジが活躍。

ほとんど光量が無くなったところでボトムパンピングを試すと、やっぱり好反応。

19:06、90匹目。

いよいよ照明が灯り始めたにも関わらず、今日はやたらとスローで喰いの浅いナイター。
いつものナイター部隊のスプーンではなかなかキャッチ出来ず、フラットクラピーMRダークカニミソのスロー引きで8匹ほど連発。


記念すべき三桁はスプーンで達成したかったので、プリズムリーフ1.7gの黒にチェンジ。

19:44、100匹目。

引き続きプリズムリーフ1.7g黒で連発。

プリたろーさんに捧ぐ。

黒にスレたところで、新兵器のオリカラ黒/白+裏テールGROWを投入。

大人気。

スローに引くと丸飲みされまくったので、やや早めに引くことでこれを回避。

ローテーションで白を試したかったものの、1.7gの方がどうしても手に入らなかったため、薄紫を試すと見事にヒット。


そして最後の一匹。


結果報告
釣果:110匹(ニジマス・ホウライマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:692匹


カウンターは114を指していましたが、二度押し疑惑が2・3回あるのと、甲州リグは自分の中では禁じ手なのでマイナス4匹としました。

平日のロープレッシャー下とはいえ、決して高くない活性と放流無しという状況下。自分としては十分満足の三桁達成でした。
もう少し巻きで獲れたら文句なしだったのですが…

今日のヒットルアー

うろ覚えで失礼。




追記を閉じる▲

【2006/06/10 23:20】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

溜まりに溜まった代休の消化のために、急遽2連休を頂きました。

当初は北関東遠征も考えていたのですが、もろもろ片づけている内に準備が間に合わず。仮眠のつもりが、目覚めたのは6時過ぎでした。
「久しぶりに、平日の朝イチをやってみようかな…」

開始30分過ぎのガーデンに到着。既に車は10台以上あります。
いつも通り受付を済ませると、カードのスタンプも遂に29個目。
「いい加減、3時間二桁達成したいなあ」と思ったものの、ここ最近の釣果を考えるとまだまだ先と思えます。

不安は的中し、1号池、ルアー池共に空振り。1時間ノーヒット。
ライズは多数有るものの、開始直後にアタリが2回あっただけ。

「今日は2号池の方が良いかも知れない」とふと思えたので、早めに見切りを付けて移動します。

前回釣果のあった奧の流れ出しには既に先行者が。ビクを固定している様子から、動く気配は有りません。比較的空いていた自販機の前に入ります。

水は良く回っている様子。魚影は少し下の方に見えたので、Bux1.5g蛍光オレンジを通すと「コツッ」という強めのアタリが2連発。しかし乗らず。このパターンは、先ほどの1号池と同じです。
「これは、喰いが浅いんじゃなくて、アワセが早すぎるだけかも知れない。」と思い、ロッドの握り方を変えて「待ち(乗せ)」の姿勢にシフト。色をカラシ色に変えて再度挑戦。

「クンッ」

…待ち

よっと


獲った!

後が続かないので、ポイントを少し右に移動すると、足元にチビ鱒の群れが居ました。
再びBux、色は黒にチェンジ。沖から流したものの、結局は足元のヤツが反転!

今日はBuxの日?

と期待したものの、その後は続かず。
8時前に放流がありましたが、足元放流にも関わらず釣果が上がりません。
「せめて、一匹くらいは拾いたいなあ」と、プリズムリーフ1.7g自作GROW(蛍光ピンク)をひたすら引いていると、

5分間の粘り勝ち。

ここで2号池は見切り、再びルアー池へ。

自販機側の角に魚影が見えたので、まずはここから再スタート。
マーシャルトーナメント0.9g1091カラーをゆっくり引くと、

いきなり2連発。


スレたところで移動し、通路側の中央寄りへ。

相変わらず水面下に見える連中はやる気が無さそう。スプーンで中層やボトムを攻めても反応無し。
「今日は合わない気がするんだけれど…」と思いつつ、ディープクラピーのクリア(サウザンペレット)をテコテコ引いてみると、

良型キャッチ!

で、やっぱり後は続きません。
残り時間は約40分、釣果は6匹。今日も二桁はしんどそうです。

ライズは多数あるものの、ボチャンとした期待できないタイプ。
ところが、太陽が雲に隠れた途端に低いライズが出てきました。それも、何かを狙っているかのような動きです。
そこで水面をよく見てみると、小さな羽虫が無数に舞っています!ハッチパターンキター!

ここは動きの小さなKFSスプーン、色は手塗りのメキシカンサンド。
この色を知ったのは、中村水産のユキさんの記事ですが、その効果を実証してくださったのは、柿田川でご一緒したカーディフさんでした。そして、水面直下をデッドスローすると

ユキさん&カーディフさんありがとうございます!

その後、ポイントを3M程左右に移動しながらのKFSスプーンとマーシャルトーナメント0.9g1091カラーのローテーションにより、平均3投以内にキャッチする状態が続きます。

8匹目

9匹目




苦節29回、





ついに







やっと









ガーデン3時間以内10匹目!

パターンは更に続き、この場所では12匹目までをキャッチ。

後半はマーシャルトーナメントに好反応。

とうとう見向きもされなくなったところで対岸に移動すると、一投目でキャッチ。
「よーし、まだまだ!」と意気込んだところで風が吹き始め、羽虫達は吹き飛ばされてしまいました。同時に反応も皆無になり、そのままタイムアップ。

と言う訳で、

釣果:13匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:582匹


ラスト25分で7キャッチという怒濤の展開でした。

今日のヒットルアー

あざーす!


さ~て、次の目標は、あそこでの三桁だ。


追記を閉じる▲

【2006/06/07 17:32】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


けんた
目標達成おめでとうございます。
それにしても25分で7尾とは凄いですね。
撮影の時間を入れれば、20分で7尾というところでしょうか。
朝霞は難しいけど、必ず反応する泳層があります。
ただ、その反応する範囲が狭いから、難しいんですよね。
柿田での3桁の前に、朝霞のルアー池のみで2桁に挑戦してみてください。
やり甲斐ありますよぉ~!(笑)



たか
>けんたさん
ありがとうございます!やっと達成できました。
もしも6時から始めていたらあの状況にはぶつからなかったわけでして、分からないものです。
ルアー池のみで二桁…加えて休日ならかなりしんどいです。
次なる目標として精進します!
柿田には、実は次の日に行ってしましまして、現在ヘロヘロなため報告は後ほど。


コメントを閉じる▲
釣果:5匹(ニジマス:20センチ台)
これまでのトータル:569匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

花園へ再び行くことも考えたのですが、ちょっと体調がそぐわず。かといって、ガーデンは先週の釣行でマナーの悪い人が目立ったので(例:2Mも無い間隔に突然割り込んで斜めキャスト。)ためらわれたのですが、朝イチならばそういった人も少なかろうとタカを括って早起きしてみました(体調云々はこの点ではスルー)。
朝五時半過ぎに到着。



既に手前の駐車場が満車寸前ですが何か?
レストハウスの入り口には、10人程度の行列も出来ています。話には聞いていましたが、皆さん、殺気が半端ないですよ~

で、案の定、水面は沈黙。
もちろん、前日にさんざん叩かれたせいもあるのでしょうが、魚がプレッシャーに負けまくっている気がします。
開始したルアー池では皆さんなかなかロッドが曲がらず。45分ほど経過した時点では、私の右隣の方と対岸の方が2匹釣ったのを確認できただけでした。

これまでの私の悪い癖は、「一匹目はスプーンで!」というこだわりを捨て切れなかったこと。この点を反省して早い段階からクランクやミノーも試したのですが、追ってくるパターンすら掴めずに退散です。

2号池へ向かうと、奧の流れ出し付近が開いています。急いで陣取り。
池中央の噴水型の流れ出しと手前の水流を同時に狙いますが、相変わらず反応が得られません。
魚影はやや沈み気味なのですが、魚が居るレンジを通しても無反応。

そこで、Pioで水面をスロー引きしてみると、突然数匹が後を追いかけて来るではありませんか!
何度か通していると「ポコッ」と出るものの乗らず。ならばと、止めてみることにしました。

クルクル

ピタ

クルクル

ピタ

クルクル

「モヮア」

ピタ

「ックンッ!」

やっとキャッチ。

しかし、これでようやく喰うと言うことは、「もはや巻きでは獲れない」と言われているようなもの。しかも、一匹釣れただけで先ほどの反応は皆無になってしまいました。

そのまま苦しんでいると、8時過ぎに放流車が到着。しかし、放流直後は対岸のフライの方のロッドが1回曲がっただけ。

「逆に言えば、いずれこちらにおこぼれが回ってくるはず。」と考えて、プリズムリーフ1.7gの蛍光色をローテーションしながら巻いていると、

手前の水流で反転バイト。

続けて同じパターンで通すと、やはり目の前の水流の中の魚が反応を示します(でも追いつけず)。
「これは、放流魚が流れに付いたのかも」と考え、一歩下がってマーシャルトーナメント0.9gの蛍光ピンクを流れに乗せると。

読み通り!

その後、同赤金とのローテーションで2匹追加し、5分足らずで3キャッチ。まさに放流魚の反応でした。

手前に反応が無くなったので、再びPioを中央の流れ出しに打ち込んだところ、いきなりヒット!が、バラシ。
そのままタイムアウト。
最後に連発が味わえたので、気分が良いまま終了としました。

今日のヒットルアー





追記を閉じる▲

【2006/06/07 16:18】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
釣果:17匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:564匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

先週末が仮オープンだったという花園養魚場へ。
なんでも初日の5月27日には、けんたさんt-fukuさん、eiichiさん、みいらさんランダーさんマー君さんという鬼の皆さんが連れ立って出撃したそうで、ランダーさんに至っては200匹釣られたとか。
更にその翌日はくまさんとさちこさんが絨毯爆撃。さて、私なんぞが入り込む余地は残ってますかね。

でも、さすがに平日4日も経過すれば少しは魚たちもルアーの事を忘れてくれたかと思いまして、少なくとも朝イチ位は美味しい思いが出来ればいいなと、期待で寝不足のままに一路花園へ。

何とか迷わずに到着したものの、7時になっても釣場には人影が無し。駐車場も開かないので用を足しにコンビニへ引き返し、「ヒレピン!」誌に載っていた電話番号に掛けても「現在使われておりません…」。仕方ないので再び戻ると、おじさんの姿が。声を掛けると中に入れてもらえました。オーナーさんはまだ来ていないとのことで、とりあえず釣りを開始。

池は前情報通り満水にはほど遠く、水深は1Mあるかどうか。プリズムリーフ1.7gがカウント3を待たずに着底します。
ライズが全く見られないのが気になりましたが、まずはプリズムリーフ1.7g自作蛍光ピンク金で第一投!











ウブな魚達よ、喰ってこーい!
























一投目から見切られましたが何か?



流れ出しに集中しているとはいえ、確かに魚影は多数見えます。
群れを横切る様に水面直下をスローに引いてくると、そこからワラワラと追っては来るもののすぐに反転。
プリズムリーフ1.7gとマーシャルトーナメント0.9gの派手系と餌色を試しても全て空振り。
それならペレットパターンだ!と、Pioのカラシ色を投げ込むと、

着水と同時にヒット!

よし、これだ!と喜んだのも束の間、再び沈黙。
時計回りに移動しながら投げるも反応が得られません。
池を見て気になったのは、死魚の多さ。熊谷は前日まで2日連続で30°を越えていたとのことで、浅い池はその影響をもろに受けたはず。しかも、大物が入ってるはずの奧の池には生命反応が全く見られません。

ほぼ一周したところで、ちゃんと人影に反応する魚達に対してプリズムリーフ1.7gのオリーブを対岸までキャスト。

池の中央でヒット!

ここまで30分が経過。これはなかなか厳しい戦いになるなと覚悟を決めたのですが、その後は更に厳しく、1時間以上ノーヒット。

9時頃になって私以外では初のお客さんがご来場。流れ出しを挟んだ対岸で釣り始めました。
私の目の前には水流がある流れ出しがあるのですが、そこに付いている魚の活性が少し上がった気がしたのでマーシャルトーナメント0.9gを通したものの見切られます。そこで、KFSスプーン0.8gのオリカラ・ライトイエローに変えると追っては来るものの口は使わず。更に、より喰わせの色のオリカラ・チョコレートに変えると、

ようやくキャッチ。

やはり餌色に反応が良いみたいなので地味系の色をいくつか試すと、マーシャルトーナメント0.9g1091(イレグイ)カラーで

ようやくパターンか?

しかし、再びスレてしまいました。先ほどと同じ様にポイントを移動していると、対岸にいた方と入れ替わる形になりました。今度は噴水型の流れ出しが前方に見えます。こちらにも魚影が集まっているので、マーシャルトーナメント0.9gのライトブラウンを打ち込むと、

2連発!

カラシ色系に反応が良さそうなので、再びPioで水面をテロテロ。

良い子です。

ここまでは水面直下の反応が良かったのですが、一気に無くなりました。ここでクランクにチェンジ。ディープクラピーサウザンクラックのデッドスロー(レンジはルアー任せ)にアタリがあったので、しつこく攻めてみると、

粘り勝ち!

が、またしても後は続かず。更に陽が上がって来たので、今度はシルエットで見せようと、プリズムリーフ1.7g黒で表層やや下を引くと

いきなりヒット!

この時点で約四時間半が経過し、釣果は9匹。

先ほどのお客さんは正午にはお帰りになり、池には再び私独り。
それでも魚の活性は低いまま。水流のある流れ出しからは魚影が消え、噴水型の方にしか見られなくなってしまいました。酸素を求めて噴水の根本に頭を突っ込んでいる連中は振り向きもしないので、少し外側を通すと1時間半で2・3回のアタリが得られたもののすべてショートバイトでバラシ。何とか二桁は釣りたいところですが、疲れと空腹と寝不足が同時に襲ってきたので車内で仮眠をとることに。

車の音で目が覚めると、オーナーさんがいらっしゃいました(缶コーヒーごちそうさまでした!)。
一緒にいるのはご家族でしょうか、皆さん総出で釣場の整備に取り掛かり始めます。

私は再び噴水型の流れ出し周辺を攻めますが、相変わらずの無反応。
「でも、魚はここにしか居ないしなぁ」と半ば諦めつつキャストしていると、作業をしていたオーナーさんが突然ペレットを蒔いて下さいました。しかし、水面は泡立つもののルアーには喰わず。

再び苦しんでいると、またしてもペレット爆撃。そしてやっぱりルアーには喰わず。
「お気持ちはありがたいんだけど、かえってルアーには…」と思ったのですが、二回の爆撃のおかげか活性は上がり、目の前に魚が回遊するようになりました。

ここで再びペレットパターン。マーシャルトーナメント0.9gの1091カラーで

やっと二桁

更に同ブラウンで

連発!

餌色にスレたところで、蛍光イエローにリアクションバイト。


続いて派手色に反応が有るものの喰いが更に浅くなったので、スプーンを立ち泳ぎ気味にしてロールを強くすると、同蛍光オレンジでキャッチ。


魚の活性が落ちてきたところで、三度ペレットが蒔かれ、同じ1091カラーで再びキャッチ。
しかし、前ほどは活性が上がらず、陽が傾いたためかアワビ張りに追いがあったところでヴァーサス2gにヒット。


最後はフラットクラピーが活躍。MRのカニミソイエロータイガーとイクラで1匹ずつキャッチして終了。


オーナーさんに代金を支払おうとすると、「こんな状態なんで…」と三千円におまけしてくださいました。
その後しばらく談笑。今週末からは本格オープンで、朝7時からちゃんと(笑)いらっしゃるとのこと。その他、お聞きした内容を箇条書きすると。

・水は地下水。

・池の水流はまだ改造中。とりあえず、池の真ん中にパイプを通して水が回るようにする予定。

・奧の池は水質が悪くなったため、急遽全ての魚(恐らく鯉以外)を手前の池に移した(それでも、キロオーバーが100匹以上死んでしまったそうです。)。

・受付前と桟橋からのキャストは禁止し、少なくとも手前の池は対面キャストのみ。

・池の底はコンクリートに砂利を敷いてあるので、根掛かりしても外し易いはず。

・夏場の営業は、もっと終了時間を遅くしたいと考えている。

・真夏(8月頃?)に1ヶ月ほど休業し、掛け上がりにコンクリートを打ち直すなどの大規模な改修を行い、秋には再オープンする予定。

・今回間に合わなかったイトウは、秋には導入予定。メートルオーバーが手に入りそう。

まだお若いオーナーさんはとても温和で誠実な方で、思わず応援してあげたくなりました。
秋の完全オープンがとても楽しみです。

今日は足場に砂利が入りました。

直前の細い道は凹凸が多く、通学路でもあるのでご注意を。
また、駐車場の出口は少し落差があるため、出る際にノーマルのワゴンRでもマフラーが擦りました。
更に詳しい情報や行き方は、冒頭の皆さんのブログに詳しく載っていますのでご参照下さい。

最後に、今回の釣行記の内容は、あくまで現段階のものです。
同エリアが今後どのようになっていくのかはまだまだ未知数です。
内容はあくまでご参考までに。そして、興味を持たれた方は是非足を運んでみてください。

今日のヒットルアー








追記を閉じる▲

【2006/06/04 15:12】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


くま
詳細なレポートありがとうございます。
う~ん、やっぱりやってしまいましたか。魚が多すぎたので心配はしていたのですが、入れてしまった以上、エサを控えるくらいしかオーナーのできる事はなかったかと思います。とても残念です。
すばらしい魚だったのですが、載せていただいているお写真を見ると、魚にストレスがかかっているのがわかります。
オープン当初は釣り堀にとって試練の時ですが、なんとかのりきってくれる事を期待しています。とても熱心なオーナーさんなので、応援したい気持ちでいっぱいです。



たか
>くまさん
期待が大きかっただけに、ちょっと残念な状態でした。
魚体の傷は皆さんが叩いたせいとして(笑)、ヒレが丸くなっているものが多かったです。
中にはなかなか強い引きで楽しませてくれた魚もいたのですが、リリース時に腹を見せてしまうものも少なからず居ました。暑さと流れの少なさが活性を下げているようでしたね(オーナーさんもこの点は気にされていました)。
私は出来るだけ通いたいとは思っているのですが、早く水量が増えないと夏場は本当に心配です。



t-fuku
たかさん、はじめまして!・・・ですよね。
アクセス解析から来ました。t-fukuです。
記事でリンクを張っていただきましたおかげでアクセスが増えております。感謝します!
>花園
これから高温期がひとつの正念場だと思いますが、埼玉県内の釣り場ですし、なんとか順調にいってくれることを願っています。
Blogをみていますと、たかさんはガーデンにも行かれるみたいですね。
私も1年くらい前まではそれなりに出没していたのですが、最近は子供が小さいので、釣り自体に行ける日数が激減しています。
どこかでお会いできるといいですね。



たか
>t-fukuさん
コメントありがとうございます!まさかお返事頂けるとは…
『ツリキチページ』の方は、それはもうバイブルのごとく読み込ませて頂きいております(進行形)。
花園の健やかな進展を、私も心から望んでいます。
お子さん、可愛らしいですね~
仕事で幼稚園児を相手にしているので、パパさんとなった方のデレデレぶりは目に映るようです(笑)
実は、2月12日にKFSでニアミスしているかと存じます。
私が午後の2号池で全く釣れずにヒーヒー言っていた時に、スラッと入られてフラクラでボコボコ釣られていませんでしたでしょうか?
いらっしゃることは知っていたので「もしかして?」と思ったのですが、あまりの彼我の差に声を掛けることすら出来ませんでした。
今度こそ、是非ご教授願いたいです。その時はよろしくお願いいたします。


コメントを閉じる▲
本日行って来ました。
今晩か明日の朝に放流があるそうです。

場所:埼玉県大里郡寄居町赤浜2538
※『穴沢製作所』の看板がある角を曲がった先の畑の中にあります。

この角を右です。

連絡先:090‐2167‐5579(オーナーさんの携帯です)

現在、魚は全て受付側の池に移されています。
水深が浅いので根掛りは頻発しますが、底はコンクリートと砂利なので移動すれば簡単に外れます。
営業時間は7時~17時。
仮営業ということで、一日三千円でした。

オーナーさん、とても頑張っていました。興味のある方、是非!


【2006/06/02 18:15】 | お知らせ
トラックバック(0) |
釣果:10匹
これまでのトータル:547匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

運動会の撮影が2日連続で流れてしまい、空いた時間でガーデンへ。
ナイターでも良かったのですが、放流の魅力に負けました。
が、今日の混み具合は過去最高。
今日はジュネスでドットコムの大会があるはずなのに、やはり春ですね。
ルアー池は大入り満員だったので、何とか入れた1号池からスタート。
プレッシャーと急な気温の上昇のためか、真夏を思わせる渋さです。
魚影は水面下に多数見えます。そして、足元付近にもやってきています。
少ない過去の経験から言えば、この状況は最も釣れないパターン。
実際、池全体がほぼ沈黙。

魚影は見えるもののトップには無反応。水面下50センチ位に何とか反応があるものの、藻が絡んでしまうために1g以下のスプーンは泳ぎません。
ならばと、プリズムリーフ1.7gでスローに攻めると、オレンジイエローの表をメキシカンサンドで塗ったオリカラにヒット!

すっごく軽いアタリでした。

しかし、後は全く続かず。
同じレンジでカラーローテーションしても無反応。
Bux1.5gにチェンジすると反応があったものの、追いつけず。
それならクランクだ!とクラピーとフラクラを引いても避けられます。
手持ちの駒は全て出してみましたが、アタリすら無し。
そんな中で、近くの方に大物がヒット!突然40センチはあろうかというサクラマスです。ルアーは…?

10センチはあろう大型ミノーでした。

この方は、その後も時速1・2匹ペースながら良型のサクラマスを掛けていました。
早速真似してトラウトチューンを投げ込むも、こちらにはチェイスすら無し。

13時を回ってようやく放流車が到着。しかも私の真横です!
プリズムリーフ2.3gオレ金+マンティスフックで10投5キャッチ。
私と右隣の方にしか釣れないという状況に心でゴメンナサイしながら黙々と釣り上げました(よって写真無し)。
放流6匹目をバラシたところでサービスタイムは終了。

ここでルアー池に移動してみましたが、あまりの混み具合に即退散。無理すぎです。
2号池も遠目に見ただけで行く気が失せたので、再び1号池へ。
相変わらずどうにも釣れない状況が続きますが、ここで可愛いお客さんが登場。

小学4・5年生くらいの男の子と女の子、そして二人を連れてきた男性の一団が右隣に入ってきました。会話から察するに、まだ誰も釣れていない模様。
男の子の方はあまりの釣れ無さにややふてくされ気味でしたが、女の子は初めて(?)の釣りにキャスト自体が楽しいらしく、嬉々としてロッドを振っています。

「とりゃ~!」
「あ、変な方向行った!」
「釣れな~い!でもたのし~!」


終止こんな具合にセルフコメントが入るのですが、それが何とも可愛らしくて和みます。
まあ、場所が天下のガーデン1号池なので不快に思った方もいたのかも知れませんが、なにせ根っからの子供好き(が高じて今の仕事)の私としては、むしろ心地よいBGMでした。
時折子供達と話をしながら和やかに時間は過ぎますが、子供達の竿に付いているのは、恐らく投げやすさを考慮してであろう3gはありそうな渓流用のスプーン。これは放流時にしか…と思っていたら、15時を回ってやっと2回目の放流。場所は私の左側。

ドボドボドボ

(女の子)「これ、お魚?」
(私)「うん、今なら釣れるよ。」
(女の子)「やった~!」

さて、釣れると良いけれど…と、とりあえずさっきと同じプリズムリーフで1匹キャッチ。

しかし、その後が続きません。動きが遅すぎます。
結局、私の方はこの1匹だけ。反応も無くなってきたと思ったその矢先、

「釣れた~!」

なんと、女の子がファーストキャッチ!

本当に嬉しそうで良かった良かった。

で、またしても渋々タイム。
もう半ば達観しながら投げ続けますが、気になるのはレストハウス前の放流車。何であそこに停めてあるんだろう…まさかねぇ?
と思っていたら、何と、17時目前に3回目の放流です!

3度オレ金を投入しますが、今度は全く釣れません。追いかけては来るのですが手前で急ブレーキ。
そこで、最近思い付いた「放流魚には、赤/金よりも蛍光色/金の方が効くのでは?」との考えから仕込んでみた、MIU2.2g自作GROW(蛍光ピンク)/有頂天つや消し金を投入すると、

サクッと3キャッチ。

どうやら、光量が減ってきていたのが関係していたみたいです。実際、こんな遅い時間での放流は初めてでしたし。
ただ、この回の放流魚は10分ほど経過してからも喰って来たので、単に放流直後の反応が悪かった可能性も有ります。

この放流では、女の子、男の子共に1・2匹の釣果を上げていました。

釣果は渋いながらも楽しい出会いがある、こんな日もあるということで。

今日のヒットルアー



追記を閉じる▲

【2006/06/01 23:36】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。