上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:KIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス 4lb
    
という訳で、すそパのナイターに癒されに来ました。
とりあえずクリアポンドに挑戦しますが、相変わらず明るい内は手強く、ノーバイト。
早々に切り上げ、渓流ポンドへ。
上の池ではミノーにバシバシ反応するものの食い付けないので、ウィーパー0.9gブラウンクリケットに替えると連発。

くまさん、けんたさん、返す返すも私が間違(略)

下の池では、ファーストミノーSPヤマメクリアで数匹キャッチ。

マッディーポンドでは、再びウィーパー0.9gブラウンクリケットでキャッチ。

表層パターンは続き、KFSスプーン0.8gメキシカンサンドでも追加。

ペレスプ1.6gカニミソで10匹目をキャッチ。


その後、バジング寸前の超水面直下のパターンになるも、4lbラインでスプーンが沈み気味なのに気付かず、午前中に開成FSで見かけたカップル(さちこさんの釣り日誌にKFSでのシンクロ表層引きで登場するお二人)が次々と釣り上げるのを横目に四苦八苦。

ようやく着水直後に竿先を煽ってルアーを持ち上げる必要性に気付き、4キャスト4バイト。
しかし、これがことごとく強烈な引きで全然寄せきれず、3フックアウト1ラインブレイク(底の岩か何かに擦られて、ラインがボロボロになってました)。

渓流ポンドにてKFSスプーン0.8gうすだいだいで1匹追加し、6時半にはクリアポンドへ。
何となく池のほぼ中央に入ってしまい、奧の美味しい場所を逃したことを後悔しつつ、そのまま同じスプーンで1キャッチ。

プリズムリーフ1.7g蛍光オレンジでも追加。


陽が落ちてきたので、真っ黒チューンを投入。
Pioのホットケにイワナがバイト!

警戒心は何処に?


池の奧が空いたのですかさず滑り込み、照明が当たらない場所でマーシャルトーナメント0.9gつや消し黒の水面直下引きにて4キャスト4キャッチ。


フックを交換している内に何故か照明が追加され、先刻まで暗かった場所にも照明が。
ならばと、マーシャルトーナメント0.9g1091カラーパールホワイトにポンチで抜いた夜光テープを貼ったものを投入。
蓄光無しでは無反応、蓄光後に即ヒット!


とりあえずGROWのパターンと判断し、市販GROWで連発。
あとはもう、手を替え品を替え。


ブルック?

MIUのオレンジGROWでも連発(明るすぎるのか2匹でスレました)


フラットクラピーMRダークカニミソにイワナが


シャロークラピークリア+夜光テープチューン


同真っ黒チューン、


最後はマーシャルトーナメント0.9gのつや消し黒で〆


平日のすそのナイターを堪能し、すっかり癒されました。

釣果:29匹(ニジマス25:20~40センチ台・イワナ3:30センチ台・ブルック(?)1:30センチ台)※多分、ホウライも混ざってました。
これまでのトータル:846匹


今日のヒットルアー



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/07/31 16:18】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


けんた
午前中にお腹を減らして、夜食で超満腹って感じですね。(笑)
>ウィーパー
ね?(大笑)



くま
> ね?(大笑)
いぢめちゃかわいそうだよ... と言いながら、  ね?



たか
>けんたさん・くまさん
はい、です。
しかも、業界的にはオフシーズンで、なかなか出物がありませ~ん…



くま
スプーンはメーカーも塗るだけなので、店の在庫にとらわれずに注文を出しておけばそのうち来ます。
それから、わくわくのお二人(やすさん、masa㌧)は、カップルだと思います。確か苗字が違ったような。



たか
>くまさん
それが、以前キャスティングで聞いたところ「メーカーから出荷予定のファックスが来るので、それに応じて発注するんですよ。」とのことでして、だったらお店を探し回った方が早いかなと。
夏休みに北関東遠征予定なので、あちこち回ってみるつもりです。
軽率でした>お二人
早速訂正致しました。
いや~、ナイターでも対岸でとても仲良く釣られていたので…



masa㌧
どもども・・・たかさん、初めましてです♪
何だか噂されてるみたいだったんで書き込みさせて頂きます(笑)
こちらは以前からけんたさんのリンクから飛んで来て拝見してました
裾野で下池で釣られていた方ですよね?
帽子を被っていた??
開成にも来られるって書いてあったんで当日は居るのかな?って
思っていましたが、何せ・・あの人数だし・・・
お顔もわからないんで帰宅してからブログ読んで
たかさんの事がわかりました!
朝霞でももしかしたら今までもニアミスしてるかもしれませんね?
>早速訂正致しました
夫婦でもカップルでも腹違いの兄弟でも何とでも書いてください(笑)
ナイターではうるさくてゴメンなさいです・・・
そんな訳にて・・・最後に私も便乗して・・・
>ウィーパー
ね?(笑)



たか
> masa㌧さん
あわわ、ご覧頂いてましたか。
下の池で釣っていた帽子を被っていた者です、ハイ。
ナイターでも真向かいに居ました。
こちらこそ、ジロジロ見てて失礼致しました。
渓流ポンドの魚達がやけにスレていた理由がよく分かりました(笑)
開成は午前券で正解でしたね。
私も午前の放流で見切りを付けていれば…勿体無いことしました。
それにしても、あの魚相手に2.5lbですか~
私の隣の方は、3lb+グランドマックスでも切られまくってましたよ。
今週末から夏休みでして、土日のどちらかでKFSに行く予定です。
朝霞も含め、お会いできたら是非表層引きのコツをご教授下さい。
>ウィーパー
ね?(笑)
当分言われそう…



くま
> それが、以前キャスティングで聞いたところ「メーカーから出荷予定のファックスが来るので、それに応じて発注するんですよ。」とのことでして、
普通はそう。でも、サンスイでもトラウトアイランドでも取ってと頼むと問屋経由でとってくれますよ。後は通販。http://www.troutshop.jp/index.php?a=115&b=915
とか、http://www.troutisland.com/onlineshop/marukyu/weeper/09g/weeper_09g.htm
とか
masaさん、夫婦と腹違いの兄弟は両立しない。みんなが勝手に書いたら世間の目がもっと○○くなりますよ。(大笑)



たか
>くまさん
そうですか、取ってもらえるのですね、
通販、トラウトアイランドさんは送料が高いので…
オオツカさんは2回利用しているのですが、今回のクラピー補充は同川越店さんで行ったため、通販で補充するのをためらっている内にズルズルと…です。
とりあえず、補充したいのは1.5gの方なので、のんびり行こうかなと。
ところで、masa㌧さん達のブログを見ていて気付いたのですが、ウィーパーの半月ってナイターに効くのですか?
ちなみに、旧「わくわく」はずいぶん前に拝見していました。釣果もさることながら、「下道で行くのか~!」と驚嘆した覚えが…



masa㌧
>半月
ナイター効きますよ~
まぁ・・毎回、効くって訳でもないけど・・・
うちらはナイターはグローってほとんど投げないんですよ~
特に柿田のナイターは半月だけで終わる事も多々あります
ナイター以外でも、もちろん釣れますし♪
もう手放せない・・・・


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:KIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス 4lb
    
プレオープンの情報を前々日に掴んだ開成水辺フォレストスプリングスへ、オープン当日の爆釣を夢見て駆けつけました。

環八が工事や事故で予想外に混み合い、着いたのは会場30分前。整理券を受け取れば52番…完全に甘く見ていました。
オープン直前の行列を見る限り、既に70名ほどの釣り人の姿。
会場と同時に多くの方が1号池へ流れ込みますが、私は人が少ない3号池へ。チケットを買う際に目星を付けておいた、流れを狙える場所へ。

はやる気持ちを抑えながらドーナ2g放流赤金モドキをキャストすると、一投目でヒット!
が、すそパを思わせる強烈な引きにフックアウト。
2投目でもヒットし、初キャッチ。


早くもフックが伸ばされたのと、いまいち食いが浅い気がしたので、プリズムリーフ2.3gオレ金に替えると連発。


入れ食いモードは15分程で終了。
やや落ち着いたたところで、

ドーナ2gオリカラ蛍光イエロー金や、


プリズムリーフ2.3gミントグリーン(正確なカラー名不明)で追加。


最初の1時間での釣果は10匹。
ほとんどが40センチ前後の良型で、引きも強烈。4lbラインで大正解。

その後は、シャロークラピーのサウザンアイランドによるスロー引きや、Bux1.5gのサイズダウンなどでポツポツと追加。


本日のビッグワンはこの子


しばらく釣果が無かった後、開始2時間直前にフラットクラピーMRクリアーブルーイワナで15匹目をキャッチ。

そして、ここからが修行タイム。
周りを見回してもほとんど釣れません。

2号池に移動しましたが、とても小さな池なのに魚影はほとんど見えず。
よく見ると、1号池側にある流れ出しに大多数の魚が着いてしまっていました。

10時半頃に放流車が到着。
2号池にはどうやって放流するんだろう…と見ていると、3号池の狭い通路を釣り人が避難しながら放流車が通り、2号池ギリギリまで近付いた後、スタッフさんが魚をネットで掬ってダッシュ!&投げ込むようにリリース!(え~!!)
魚達はヨタヨタと泳いでいき、当然ながら誰も釣れず。

3号池には相当な数が放流されましたが(「ドボドボ」が10秒は続いた)、見事に誰の竿も曲がりません。

午後からは1号池に移動しましたが、これまた魚影が見えません。チビ岩魚の群れが回遊しているだけで、ニジマスの姿すら極まれに目にする程度。フライの方がポツポツと釣っていましたが、ルアーの方が釣れた日にはそれこそ大注目です。

私と言えば、疲れて座りながらシャロークラピーをローテしながらノタノタ引いていると、ピーチシャーベットに「ドバァ!」と出たものの乗せられず。

13時半頃に午後の放流がありましたが、数人しか釣れず。すぐに3号池へ移動。
先ほどとは違う場所での放流が偶然足元放流になりましたが、その恩恵は無し。5人ほどの竿が曲がった後に沖でようやく1匹キャッチ。

オレ金ありがとう。

その後しばらく粘った後、休憩がてら車に戻った際に撤退を決意。心はすそパのナイターへと向かいました。

釣果:16匹(ニジマス:20~40センチ台)
これまでのトータル:817匹


今日のヒットルアー



追記を閉じる▲

【2006/07/31 15:25】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
アクセスは、東名大井松田出口を松田方面へ。一旦線路を越えるまで直進し、日産がある交差点を右折。細い道を進むと看板が見えます。
途中にコンビニ数件あり。
魚のアベレージは大きく、引きも強烈。すそパ並です。4ポンドラインかリーダーが吉。
朝イチが勝負。放流は期待しない方が良いです。
本日、開始二時間以降の釣果は午後の放流での1匹のみ。
五分おきかそれ以上の頻度で電車が通過し、遮断機が鳴ります。
仮設レストハウス内に飲み物・ビール・カップ麺あり。

という訳で、これからすそパのナイターに癒されて来ます!

【2006/07/28 15:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
六時半現在、整理券番号52で~す。
甘く見てました…

【2006/07/28 06:45】 | お知らせ
トラックバック(0) |
TugUp910_N(タグアップキューテン)ですが、飛距離が2・3割伸びました
使う価値大いにアリです。

MIUのGROWは…次回に持ち越しです。

急遽、28日プレオープンの某所に出撃可能となりました!
オープンの爆釣、初体験なるか?

【2006/07/27 00:21】 | お知らせ
トラックバック(0) |


goma
>910
実は私も以前に使用してみたのですが?な感じでした。結構高かったのにお蔵入りです^^;
結構面倒臭いんですよね~、ガイド近辺とか。でも私も気合を入れて再度使用してみます!
>28日
羨ましい~。私は何とか29に行けるかも?って感じです。
しかもメインロッドの2本がガイド破損で修理中という状態...
家の柱と化している"ロッドの束"から何を使うか分別中です。
結果報告楽しみにしてま~す♪



たか
>gomaさん
910のポイントは、汚れをしっかり落とすことと、ガイドの奧(ラインとの接触面)まで塗り込むことだと思います。
メバルロッドはガイドが小さいので、爪楊枝+無印のメガネふきでメンテしました。このメガネふきは、薄手で破れにくいのでオススメです。ファミマで80円です。
開成FS、いよいよ明日です(寝れないかも…)
KIXに4lbラインを巻いて準備万端です!


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb
    
連休を貰っていたので、前日の不完全燃焼を払拭すべくガーデンナイターへ。
明らかに前日と行く時間帯が逆だろと言われそうですが、私もそう思います。
今にも降り出しそうな雲行きだけにお客さんは少なく、1号池は4・5人だけ。
それでも派手色のスプーンには見向きもせず。
しばらくすると水車が止まり、それまで流れの中にいた魚達がグルグルと動き回り始めました。
試しにクラピーや動きの大きなスプーンを通すと、見には来るもののやっぱり見切ります。

ここで一転、ウィーパー0.9gビターチョコでローアピールすると、

5キャスト2キャッチ

くまさん、けんたさん、私が間違っておりました。

その後は大人しくなってしまったので、降り出した雨にカッパを準備しつつルアー池へ。
さて、今度こそ癒されるぞ!とキャスト








あれ?






あれれ?








お~い











追っても来ない…



他の方の竿もほとんど曲がりません。
結局、出来るだけ上の方を引いた時に1キャッチできただけ。その他はアタリすら無く、20分ほどでルアー池へ移動。


ルアー池はほぼ独占状態。
完全に陽が落ちる前でしたが、マーシャルトーナメント0.9gのオリカラつや消し黒の水面直下引きでまずは一匹。

いつものパターンか?

このパターン対策として仕込んだ、ペレスプ1.6g真っ黒塗りで追加。

真っ黒チューン成功!

同様に真っ黒チューンを施したシャロクラとPioは残念ながら不発。

いよいよ陽が落ちたところで黒に反応が無くなったので、同1091カラーのパールホワイトを試すとポツポツながら連続ヒット。


しかし、そのどれもが超ショートバイト。たとえスゥイープに行っても、ロッドでのアワセでは全てバレてしまいます。
バイトがあってもそのままゆっくりと巻き続け、魚の喰いに合わせる様に段階的に巻きアワセをすることで乗るようになりました。

ここで一考。
(前日に比しての)低水温と土日に叩かれたせいで食いは浅い。
でも、ナイター+プレッシャーが低いため、黒よりも白に反応が良い。
ならば、GROWはどうか?

自作GROWには反応が無かったので、より輝度の高い市販GROWをキャストすると、

パターン発見。

6匹ほど追加したところで「そろそろスレてきたかな~?」と考え事をしたせいかリリースポイントを誤り、キャスト切れ+ライントラブル。

市販GROWの予備がないので、先ほどのヒットカラーのパールホワイトに結び替えて1キャッチ。
すぐに反応が無くなったので、今度は自作GROWを試すと再び1キャッチ。
だんだんパターンが掴めなくなってきたので、「今更黒は無いよねえ…」と一か八かで試したら、

ありでした。

しかし、これ以上釣果は伸びずタイムアップ。

釣果:18匹(ニジマス:20センチ台)
これまでのトータル:801匹

ナイター新記録ながら、まだまだ一筋縄では行かないと感じました。

今日のヒットルアー



追記を閉じる▲

【2006/07/27 00:03】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb
    
前日まで二泊三日で長野へ出張撮影に行っていてフラフラなはずなのに、早起きしてしまったので朝イチガーデンに。
それもこれも、主張中に尾瀬フィッシングライブの前を何度も通過していたせいです。
(去年までは何とも思わなかったんですが…)
天気が怪しいせいか、いつもよりはずっと人が少ないガーデン。
ルアー池の民家側ポンプ前には先客がいたので、道路側から。それでも扇形に投げられます。

マーシャルトーナメント0.9gで探っていると、中間色に好反応。薄ピンクには喰わなかったので、実績カラーのライトイエローに変えると、

一投目でキャッチ

開始10分ほどでのファーストキャッチに気をよくしたものの、その後はいつもの渋々ガーデン。池全体でもほとんど釣れません。

そんな中、一人大活躍だったのがメガバスのプラグオンリーで釣っていた方。ドカッと置かれたアルミのタックルボックスには、大きくて派手なバス用(?)プラグがずらり。池をぐるっと釣り歩きながら、イトウを何匹も抜き上げていらっしゃいました。

この日はイトウの活性が高く、泳ぎ回る姿がよく見られたのですが、その反面ニジマス達はおびえてしまったのかルアーを追いません。
ポイントを民家側に移動しましたが反応は相変わらず。ウィーパー0.9gにも出なかったので、タフコン対策部隊筆頭のNoa0.6g青銀の第一投、

何故か良型を連れてきます。

喰いは悪いものの、最近のガーデンの魚達は掛かればとても元気。何度も何度も突っ込まれながらランディング。プレッソのスプール受けベアリングを交換した効果が発揮されました。

その後もなかなか続かず、ディープクラピーのマットオレンジにようやく来たヒットを強引に寄せすぎてバラシ。
その直後に待望の放流。場所は結構近く。
よーし、癒されるぞ!とドーナをキャスト!!







ライントラブル~orz

なんでじゃ~!と周囲の竿が曲がるのを横目に修復し、出遅れながらも5キャスト4バイト3キャッチ。
放流魚の仕事が遅くて助かりました。

放流の後は活性が若干上がり、周囲では派手目のプラグでポツポツと釣果が出てきました。
そこで私も再びディープクラピーで挑戦。先ほどのリベンジを、

達成!

更に、有頂天ピンクゴマフレーク(うろ覚え)で1匹追加。
その後も同コパーに数回のバイトがあったものの、ティップが曲がるまで待ってもことごとく乗らず。

ここで時間切れとなったのですが、もう少しクラピーのパターンを練習したくて延長。
しかし、ここからは再び修行の時間が続きます。
一時間ほど経過したところでマーシャルトーナメント0.9gを順次ローテーションしていると、フラッシュブルーでヒット!が、隣の人の足元まで走られたのを強引に寄せたところで身切れでフックアウト…これは仕方ないか?

2時間経過したところでノーヒットのまま、ベンチで休憩したところそのまま爆睡してしまい終了となりました。

釣果:7匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:783匹

今日のヒットルアー




追記を閉じる▲

【2006/07/26 23:18】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
その一
POPAY練馬店(のトイレ)に行く度に(おっちゃんのポスターが)気になっていたTugUp910_N(タグアップキューテン)

とりあえず、ガイドと、リールのライン接触面に塗布してみました。さて、飛距離が変わるかな?

その二
MIU2.2gニュースタンダードカラーのGROW


オレンジGROWです。

面白いのはこのスプーンに使われている蓄光塗料、UVライトではあまり蓄光しません。その代わり、蛍光灯やLEDライトの光りであっという間に輝きます。


追記を閉じる▲

【2006/07/23 00:52】 | タックル
トラックバック(0) |


TATU
MIUのオレンジGLOW凄いですね!!
釣れそうな気配ムンムンなのですが
塗料でしょうか??
硫黄の臭いがするんですよね・・・
光で誘うのか?
それとも・・
臭いで誘うのか??



たか
>TATUさん
確かに臭いますね>硫黄臭
試しに舐めてみましたが、何も刺激はありませんでした(笑)
早くこのGROWがマーシャルトーナメントにも採用されて欲しいです。
それにしてもMIUの新色、良い感じですね。
特にコパーは、リアクション狙いに良いかもです。



けんた
この発光ヤバイ・・ヤバ過ぎる。
朝霞のナイター行かなきゃ。(笑)
同じフォレストだから、マーシャルトーナメントに採用されるのも時間の問題ですね。



たか
>けんたさん
ええ、かなりヤバイです(笑)
個人的には、すそののナイターでフルキャストするところを想像してワクワクしてしまいます。
MIUには黒も出ましたし、新たなナイター部隊の一員になりそうです。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ダイワ ファントムTR662LRS    
リール:ダイワ カルディアKIX2004
ライン:マシンガンキャスト6lb

相変わらず良く釣れました。

池のコンディションは更なる減水。
特に手前の池は、水質がクリアになっていたこともあり底まで丸見え。
足元の水深は50~60センチ位しかありませんでした。

今回は、ワーム封印の、ほぼ全てトラウト用ルアーのみでの釣行。
ラインだけは、余っていたマシンガンキャストを巻き直し、ファントムをフルベンドさせながら小バス達の引きを楽しみました。
今回の目的の一つは、「小学生の頃に買ったルアーで釣る」。
恐らく初めて自分で買ったルアーのスプーンと、既に素材が変質してしまって逆さまに沈んでしまうフロッグを持ち込みました。

で、

あっさり

釣れます。

とにかく、駆け上がり周辺の魚が溜まっている場所に投げれば相変わらずの好反応。
先週よりは学習した個体もいて、特に池中央に漂っている連中は見切ることもしばし。それでも全般にはまだまだ高活性でした。
ただ、ナマズだけはスレまくり。底に固まっているのが見えるものの、ルアーを通すと散り散りになって逃げていました。

開始2時間ほどしたところで、釣りの師匠である同僚のKさんと、先日の慰安旅行でご一緒したK沢さんも来訪。二人はバリバリの経験者なので容赦ありません。

着いて早々のコーヒーマッチに興じる二人

二人が釣場に慣れたところで、私も含めてのコーヒーマッチ開催。
急に魚影が薄くなった手前の池の中央を舞台に二人はワームで攻めあぐねる中、プリズムリーフ2.3g蛍光イエローで青魚を初キャッチ!

スプーンでワームに勝利!

ネット使用禁止のルールだったのでフックタッチのまま写真を撮っていたところ、暴れられて桟橋の隙間にドボン。そのままラインブレイク。

あとはもう、ひたすら釣れました。

セミでも、

バッタでも、

イモムシでも、

草でも、

素針でも、

いや、kさんが「釣れるよ」って言うから試したんですが、まさかホントに…

特に、素針を試したのは終了間際。
既に5時間叩かれた後にも関わらず、ステイしている連中の鼻先に垂らすと8キャスト8バイト6キャッチ。
もう何でもありでした。

最終釣果は70匹位、
途中からカウンターを押すのを忘れたり、わざと釣れにくそうな所を狙いつつのまったり釣行でもこれだけ釣れました。
ワームで狙い打ちを続ければ、時速50匹も不可能では無い状況でした。


追記を閉じる▲

【2006/07/18 23:14】 | バス
トラックバック(0) |


ボウズマン
こんばんは!バスもやるんですね。しかし釣果がすごいですね!私は静岡へ帰ってカイサク予定でしたが、地元の野池バスを狙いたくなりそこへ出撃しました。開始後いろいろとさぐりつつやっていると、ラバジに雷魚がかかってしまいました。引きはつよくブッコ抜きしたらロッドが折れてしまいました。



たか
ボウズマンさん
これがバス釣りと言えるのか疑問ですが、引きは楽しめますね。
でもやっぱり、釣りビジョンで見るような「オラ出た~!」というシチュエーションに憧れます。
雷魚は大変でしたね。専用のロッドを見ても、もの凄い頑丈さですものね。


コメントを閉じる▲
参照地図
※赤い+印は無関係です。

関越道花園インターで下車の後、花園方面へ

最初の交差点(花園橋北)を左折し、花園大橋を渡ります

橋を渡ってすぐに、セブンイレブン(最寄り唯一のコンビニ)が右手にある交差点にぶつかるので、ここを左折

そのまま道なりに進むと、左手にアイリスオーヤマの工場(の看板)が見えます(分かりにくいです)。
看板が見えるのとほぼ同時に、右手斜めに入る脇道があるので、そこへ右折。
ここを曲がれなくても、関越を越える手前で右折し、次の交差点を左折すればOKです。

いずれにしても、この道を通って関越を越えます。


後は道なりに進み、穴沢製作所の看板が見えたらそこを右折。

畑の中を進むとすぐに釣場が見えてきます。

明日、午前のみで出撃予定です。

【2006/07/15 23:10】 | お知らせ
トラックバック(0) |


すす
どうも始めまして
花園さんの管釣の情報を探していて
こちらにたどり着きました
あまり花園さんの情報が無いので助かります
現在はバスとナマズになっているんですね~
またチョクチョクこちらにうかがわせて頂きたいと思います
失礼しました。



たか
>すすさん
初めまして!参考になって何よりです。
現在の「はなぞの」は小バスがめちゃくちゃ釣れますので、バス経験者の方には物足りないかも知れませんね。アメキャがサイトで狙えるメリットはありますが。
ブログ拝見しましたが、もの凄く濃い方々が…羨ましいです。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb
    
仕事疲れと風邪気味のくせに、何も釣らずに休日を終われないのは釣り馬鹿の性でしょうか。
重いアタマを引きずりながらガーデンへ。
天候が不安定なせいか、普段の6割程度の人出。
それでも1号池では2チェイスのみのノーヒット。

フライ池解禁では、1投目からヒットしたもののランディングのイメージが掴めず、2連続で足元バラシ。
その後何とか2匹キャッチしたものの、サービスタイムはこれで終わり。

19時まではフライ池で粘ろうと決めていたので、未だにパターンが掴めない夕マズメを克服すべく色々試している内に、マーシャルトーナメント0.9g1091カラーのパールホワイトでキャッチ。

白単色では初釣果

19時からはルアー池へ。
釣り人は10人程度で、土曜とは思えないとても釣りやすい状況。

日が沈むまでは黒に反応が悪く、マーシャルトーナメント0.9g自作GROWで1匹、
プリズムリーフ1.7g自作GROWで3連発、

同オリカラパールホワイトで1匹。


日が沈んでからは、前回同様マーシャルトーナメント0.9gオリカラつや消し黒での水面直下引きで連発。


とにかくレンジにシビアで、少しでもルアーが沈むと無反応。実際、同じ黒でもBux1.5gやプリズムリーフ1.7gにはノーバイト。
真っ暗なので、ルアーの動きを想像しながら丁寧にトレースすることで釣果を繋ぎ、反応が悪くなったところで同ブラックで数匹追加。

最後に、こっそり復活したウィーパー0.9g九官鳥にてバイトを得るも、結び換えを忘れていてラインブレイク。買ったばかりのヤツに限って殉職するの法則…

釣果:16匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:776匹

今日のヒットルアー

まさにナイター定番部隊


追記を閉じる▲

【2006/07/15 22:43】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ダイワ ファントムTR662LRS
リール:ダイワ カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+マシンガンキャスト6lb

会社の慰安旅行で訪れた犬吠埼。
恒例の「道中の釣り」では、社長・同僚共に3人そろってボウズを喰らった(注意!音が出ます)ため、二次会もそこそこに宿舎前の磯へ出撃しました。
と言っても、今回は私と別の事務所のK沢さんとの2人での釣行。
そもそもが旅行ついでのお気楽釣行なので、足元は革靴です(注:かなり危険でした)。
一応ロックフィッシュ狙いですが、ルアーは管釣りスプーンがメイン。
まずはPAL1.6gの市販GROWで岩場の隙間や淵を狙っていきます。

3番目のポイントで、足元に小さな岩が出っ張っていました。
波に揉まれたスプーンが良い具合に寄ってきたので、少しカウントダウンして丁寧に岩肌をトレースすると













ビビビビ!

「うお!」

反射的に抜き上げた竿先に食い付いていたのは



















カサゴ!黒ソイでしたorz(byゴリさん)

やった~!釣れた~!!と一人大はしゃぎ。
一匹でこんなにテンションが上がったのは初シーバス以来です。

その後、別のポイントで又してもバイトがあったもののラインブレイク。
このルアー以外での蓄光スプーンは自作GROWしかなく、アピールが少ないのかその後は無反応。
何より、途中から根掛かりでリーダーごと無くしてしまい(リーダーの予備を持ってきていなかった)、ライン直結では次々とロスト。切りの良いところで納竿としました。

釣果
カサゴ黒ソイ:1匹(20センチ位)

初ロックフィッシュがスプーンというのも、私らしくて良いのではと。
真っ暗闇の中でアタリを探る緊張感と、突然引き絞られるロッド。はまる人が多いのもうなずけます。



追記を閉じる▲

【2006/07/15 21:55】 | ソルト
トラックバック(0) |


ゴリ
たかさーん、それソイー!黒ソイー!



たか
>ゴリさん
ご指摘ありがとうございます~!
鱒類に続き、いかに魚種に疎いか分かりますね。反省。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:アルファタックル SS-60L(バスロッド)
    ダイワ ファントムTR662LRS
リール:ダイワ カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+マシンガンキャスト6lb

トラウトが全滅した「はなぞの養魚場」へ、バスとナマズ狙いに行ってきました。

正式名称?
前日に電話で確認した際には、「今週になって手前の池にもバスを入れ、しかもここ2日間人が入っていない」とのこと。
「てことは、バスの管釣りとしては解禁同様じゃないか!」そんな釣場のウブなバス達を独り占めレポートをお届けするべく、誰にも邪魔されないために告知もせずまずは人柱として出撃です。    

タックルは可能な限り管釣りスタイルで…と思いつつも、せっかくなので埃をかぶっていたバスロッドも復活。ラインはナイロン3lb直結(これが後に悲劇を生みます)。

バス釣り自体は、小・中学生の頃にツリキチ三平の影響で近所の野池で闇雲にルアーをキャストしたのが最初(当然ボウズ)。その後は完全にブランクがあり、今の会社の社員旅行の道中で年に一度のペースで何度か経験しただけ。釣果は自然湖のボートで1匹、バスの管釣りで1匹。どちらもダウンショットでの釣果。
そんな訳で、当時買ったワームやらフックやらが入ったキャスティングの袋が眠っていたので、それをそのままバックに放り込んで出発。

オーナーさんによると、手前の池(笹濁り)にはバスと青魚(どちらもサイズはあまり大きくない)とナマズ、奧の池(マッディー)にはバスとナマズが入り、魚の数は奧の池の方が多いとのこと。
水量は先週よりも減ってしまい、半分あるかどうか。
(水位の痕が残る駆け上がりのブルーシートに引っ掛かっていたシケイダー(黒+テール蛍光グリーン)を回収しました。オーナーさんに預けてあります。)

早速奧の池からスタート。トップの反応が良いと聞いたので、まずはポッパーから。タックルベリーで買った53円の派手色ポッパーを駆け上がり沿いに打ち込むと

いきなり出ます。

というか、もう1キャスト数バイト。
ミスフッキングも多いのですが、飛んでいったルアーをそのまま引けば再びバイト。再度ミスフッキングで足元に着水しても、今度はそれに食い付いてきます。

正にボコボコに出るのですが、どうにも乗らないのでPioにチェンジすると入れ食いモードに突入し、開始30分足らずで10キャッチ。

途中、ラインブレイクで蛍光イエローをロスト(悲劇の始まり)。

早くもトップの釣りに飽きてしまったので、ここは一つ子供の頃の夢「スプーンとスピナーでバスを釣る」を実現することに。
プリズムリーフの銀(表アワビ張り)でいきなりヒット!が、又してもラインブレイク(泣)、もう一枚作ってあったので再度キャストすると、

念願成就!

続いてスピナーでもキャッチ


自作クランクでも初キャッチに成功し、1時間で20匹。

ラッキークラフトのアイを貼りました。

その後も表層に好反応。
Pioが4連続で丸飲みされたり、マーシャル2.3g金/銀で2連発したり(2発目でラインブレイク)。


陽が上がって少し魚影が沈んでからは、アルフ2.7g黒(表アワビ張り)の早巻きで連発。2時間で40匹。

6連発ほどした後、マッディーポンドに移動しつつ「その前に結び替えないとね…」と思った瞬間、偶然竿先が下がって水面に落ちたルアーにヒットしてしまい、これまたラインブレイク。
同じカラーリングのバーサス2gで引き続き追加。


更に日差しが強くなってきたので、ワームを投入。
最初はスプリットショットをつけて遊びましたが、ノーシンカーのタダ巻きがヒットパターン。ワームメインで1時間半で30匹追加し、計70匹。


桟橋の近くに居る群れが何を投げても釣れるので、再びスプーンを…と思ったら、この時点ではワレットを車に置いてきてしまっていたので、サイドポケットに入っている「放流対策用赤金ケース」からウィーパー1.5g(唯一残した)放流赤金を打ち込むとあっさりキャッチ。


何匹か追加した後に今度はプリズムリーフ1.7gオレ金を通すと、やけに大きい魚影がひったくりました。巻いても巻いても寄ってきません。
「こいつはもしかして…」

ナマズでした。

バスロッドながら、ラインはナイロン3lb直結。ヒヤヒヤしながら巻いては送り、巻いては送り、何度目かの顔を出した瞬間にようやくランディング成功。


ほら、スプーンでしょ。

この頃から三桁を意識し始めたものの、残り時間は30分弱。ワームの表層引きで半入れ食いでしたが、最終的に5時間で90匹。

終わるつもりでオーナーさんと談笑している内にテンションが復活し、とりあえず三桁目指して延長。

さすがに真夏日の晴天下ではワームでもなかなか釣果が上がらず、1時間程掛けてようやく100匹目。

自作クランクも再び活躍し、3キャッチ。


ラストの二時間はスプーンメイン。ロッドをファントムに替え、ラインにはマシンガンキャストの6lbをリーダーに結んで強気に攻めます。

マーシャルトーナメント0.9gの表層引きや、

Buxでも釣れました。


手前の池の反応が悪いので、奧の池でサテライトスピナーの黒を遠投早巻きするとバイトが連発。駆け上がりのシートに根掛かりするまで10数連発。

その後は、Bux2.5gグリーン+裏アワビ張りの早巻きで再び連発。こちらも10数匹追加して終了。


釣果
バス:133匹(20~30センチ台)
アメリカンキャットフィッシュ:1匹(50センチ位)

帰り道に立ち寄ったキャスティングにて、マシン山崎さんと遭遇
雑誌やDVDで拝見するまんまの雰囲気の方でした。








追記を閉じる▲

【2006/07/15 11:21】 | バス
トラックバック(0) |
これまで、カテゴリ別に分けていた釣行回数を、統一したのものに変更しました。
管釣りもバスもシーバスも、全て一貫した釣行数の表記となります。

【2006/07/15 09:30】 | お知らせ
トラックバック(0) |
タックルベリー埼大通り店にて、シャロークラピーのシャーベットシリーズが数色×数個ずつ、有頂天カラーのディープクラピーもいくつかありました。

【2006/07/12 23:09】 | お知らせ
トラックバック(0) |
全池にバスとナマズが入りました。

アワビ張りのアルフ2.7gでキャッチ

手前の池には青魚も居るそうです(釣れませんでしたが)。
魚のサイズは、奧の池の方がやや大きめです。

朝イチの1時間は、トップ系プラグでの駆け上がりトレースで入れ食い。
スプーンやスピナーでも良く釣れました。
スプーンは、銀系やアワビ+黒or緑がヒットカラー
3lbラインでは切れまくり、途中から6lbラインをリーダーに結んで回避しました。

陽が高くなってからはワーム(OKです)に好反応。
ノーシンカーの表層引きでのサイトで半入れ食い。
中央の桟橋の下にルアーを放り込んでもポコポコ出ました。

結局一日(7:00~17:00)やってしまいましたが、
最初の5時間でバスが90匹釣れました。
(ちなみに、私のまともなバス釣り経験は2回だけ。2年ぶりです。)

シングルバーブレスならば、ラバージグやスピナベもOK
バスのサイズは30センチ台止まりなので、トラウトタックルの方が楽しめます。
ただ、ナマズが掛かるととんでも無いことになります(よく獲れたなあ…)

料金はこれまで通りです(2時間:二千円・5時間:三千円・1日:四千円)
自販機(もちろんダイドー)が設置されたので、コーヒーマッチも可能です(笑)


【2006/07/09 00:07】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


ゴリ
たかさんに対抗して私が釣った10cmのバスの画像をリンクに貼り付けておきますね。
にしても5時間で90匹ですか~。
多分私の所属するサークル全体の過去4年間のバスの撃墜数より多いっす。
関西はバスの管理釣り場なんてないから羨ましいこと山の如しです(笑)



たか
>ゴリさん
いやいや、私、野池では釣ったことありませんので。
「こんなのがバス釣りだと思うなよ~!」という声が琵琶湖や霞あたりから聞こえてきそうですが、ともかく楽しかったです。
次回は、8lbライン巻いてスプーンを投げ倒す予定です(笑)


コメントを閉じる▲
魚達は残念な事になってしまっていましたが、釣り場そのものは順調に仕上がっていました。


水位もだいぶ上がり、6~7割程度はあるようでした。
足場には全面に砂利が入り、雨が降っても不安はありません。
池中央に流れ出しが3本追加されていました。
奧の池には、試験的にバスとナマズが入ったそうです。

今後も可能な限り、この場で情報をお伝えしていく予定です。
連絡先:090‐2167‐5579(オーナーさんの携帯です)


【2006/07/05 00:05】 | お知らせ
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソリール
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb
    
釣果:15匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:760匹

久しぶりにのんびり過ごした日曜でしたが、「もっとプレッソリールで魚を掛けたい」という欲求を抑えられず、ガーデンのナイターへ出撃。近いって素晴らしいですね(車で10分弱)。
ルアー池は混んでいたので、フライ池解禁までは1号池で粘ることに。
前回のスナップがそのまま付いていたBux1.5g蛍光イエローを引いてみると、魚影の見える水面やや下のレンジで軽いアタリ。
いくつかスプーンを試すも反応が悪いので、けんたさん(とeiichiさん)の影響でプチ大人買いしたフラットクラピーSRのクロレラを投入。ミディアムリトリーブでレンジがピッタリだったのでそのまま手前まで引いていくと、

一投目でキャッチ!

その後、計5色でローテーションしてみましたが後が続かず。
お次はようやく手に入れたフラットフィッシュF4(黒→メキシカンサンド塗り)を試すことに。
これまた普通に引くだけで今日のタナにピッタリ。そして再び足元付近でガシン!

凄い勢いでひったくられました。

ゴリさんによると、フックの位置をテールに移さないとフッキングが悪い(ヒートンでねじ込んであるだけだそうです)との事でしたが、とりあえず釣れました。

ところが、その後もゴツゴツとアタリがあるものの全く乗りません。
最後にはまたもや横からひったくられましたが、当然掛からず。やっぱり、フックの位置を変えた方が良いのでしょうか?
そういえば、Stanさんが「へのじファイター」に関するエントリーで、フラットフィッシュを引き合いに出して同じようなことを仰っていました。でも、改造ルアーは大会では使えないんですよね…。
ところで、フックのスナップリングの数を必要以上に増やす(3連付けなど)のも、やっぱり改造に当たるんでしょうか?
最終手段はココニョロですね。

その後は釣果が得られず、気が付けば解禁5分前。急いでフライ池へ。

ここ2回は中央噴水近くの土手側に入っていましたが、今日は同道路側に。
そして今回使用するのは、あちこちで「放流最強伝説」を築きつつあるドーナ2gです。
「ルアーの方どうぞー」の声と共にキャストするといきなりヒット!が、あまりに引きが強くて押さえきれず、足元でフックアウト(飛んできたルアーのフックは帽子の後頭部に刺さりました)。
その後は毎回バイトがあるものの、モグモグしたバイトになかなか乗りません。

モグモグ!→フッキング→バラシ

モグモグモグ!→巻きアワセ→乗らず

モグモグモグモグ!
 →少し早巻き程度に巻きアワセ+ロッドを下に押さえ込み


最後のパターンでようやくヒット!
凄いぞドーナ2gの
















オリカラ放流赤金モドキ

…いやまあ、私が素直に赤金買う訳無いじゃないですか!(単に近場で売ってなかった)。

その後は半入れ食い状態になり、10分ほどで6キャッチ。バラシや乗せ損ないも同じくらい。噂通り、反応の良さと時合の長さは他を圧倒しています。
Bux譲りのウォブロールが、補食下手の放流魚に対する程よい喰い易さと掛かりの良さを両立している気がします。

サービスタイムが終わった後は、Bux2.5g自作アワビ張りで1キャッチ。これで9匹。
二桁も目前になったのですが、ここからが厳しく30分ノ-キャッチ。プリズムリーフ1.7g蛍光オレンジへの1バラシのみ。最近好調だったGROWミノーは完全に空振り。

なんだかフライ池と縁が無くなった気がしたので、19:30からはルアー池へ。

かろうじて空いていた場所に入れて頂きましたが、水面はボコボコと沸き立っているものの反応が得られません。
しばらくすると右隣の方が入れ食い状態になりましたが、真横の私は沈黙が続きます。
周りを見る限りどうやらGROWはダメのようなので、黒と白を順次使い分けて探る内に、マーシャルトーナメント0.9g黒(ラメを塗りつぶし)での水面直下気持ち早巻きでパターン発見。
その後は私も連発モードへ突入し、これまた10分程で6キャッチ。


まだまだ釣れそうな雰囲気でしたが、残念ながらタイムアップ。
初めてガーデンのナイターで癒されました。

陽が落ちてからも気温がさほど下がらない時期になったためでしょうか、数週間前と比べて非常に美味しい(ナイターらしい)ナイターでした。

今日のヒットルアー

SRはガン玉でウエイトチューン


追記を閉じる▲

【2006/07/04 23:21】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


けんた
ナイター楽しめたようですね!
日中とは違った魚が動くのか、日中の朝霞とは別世界になりますよね。



たか
>けんたさん
当日放流された魚達が騒ぎ出すのか、日中のタフコンが嘘のようになりますね>ナイター
とりわけ、ルアー池は照明が少ないのでその傾向が顕著です。
片面だけとはいえ、ほぼ日中と同じ間隔で並んでいても釣れますから。


コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソリール
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb
    
釣果:6匹(ニジマス:20センチ台)
これまでのトータル:745匹

という訳で花園が空振りとなった土曜日。前日の夜に夕方からの仕事が入ってしまったため、どこかで釣りをするにも正午には切り上げなければなりません。
「今からガーデンに行ってもなあ…」
となると、水上公園が終わってしまった今、唯一立ち寄れるF.F川越へ向いました。

とはいえ、前回ボウズを食らったこのエリア。まして連日の真夏日ともなれば相当に厳しい戦いを強いられると覚悟はしてましたが。









「本当に釣れね~…」







10人居る釣り人の中、1時間経過してフライの方が1匹釣っただけ。
ちなみに、私が入る直前に午前の放流があったばかりだそうです。

たまらずポイントを大きく移動し、池の角の小さな流れ出しへ。
水面を見ると、緩やかな流れ出しの波の中にベイトになりそうな稚魚がたゆたっています。
しばらく観察していると、

ポチャン

「お、何か飛び出した!」

その稚魚を喰い揚げる様に小さなが魚影が見えました。
そこで、マーシャルトーナメント0.9gブルーシルバーをチョンチョンと漂わせると反応があるものの食い付きはせず。
ピンクシルバーには無反応だったので、キャスティング鶴ヶ島店オリカラのつや消し銀/金に替えると再び反応するもののやっぱり喰わず。

「は~、ダメか…」と、周囲の釣り人の様子を眺めていると、

ビビビッ

「は?」

また、ほったらかしですか。
どうやら、ボケーとしている間にルアーが水面下10センチほどを漂っていたみたいです。

どうにかボウズは免れたものの、2時間経過して釣果はこれだけ。周囲を見ても、やっぱり誰も釣れていません。
ふと後を向くと、不思議な光景が目に入りました。

「あれ?餌池でルアー投げてる…

急いで釣場の方に聞くと、「あまりに釣れない日に限り、奥さんの許可が下りる」そうです。

早速私もキャスト。ほら~、赤金だよ~

…当たるけど乗りません。
通りがかった釣場のおじさんが「魚が小さいからフッキングをしっかりやらないとダメだよ~」と仰っていた通り、じゃれつくようなビビッとしたアタリが頻発するものの掛かりもしません。
場所を移動し、Buxの蛍光イエローを駆け上がり沿いに流してみると、

やっとキャッチ!

その後、比較的釣果の上がっていた流れ出し前が空いたのですかさず入ると、水流にオチビサン達が群れています。
ここからはBuxの独壇場。
水流は足元の壁の水面下にあるパイプから出ているため、立ち位置を3歩下げ、水面やや下を浮き上がらない様に流れをトレースすることでバイトの嵐。

オリカラ放流赤金モドキや、

自作アワビ張りでも釣れました。

いかんせん魚の自重がないので、反転するのを待っても抜けまくり。なんとか5匹キャッチしたところで、さすがにルアーを見ただけで逃げるようになりました。
ポイントを移動してもその後はさっぱり。束の間のフィーバーでした。

今日のヒットルアー

オリカラが活躍




追記を閉じる▲

【2006/07/03 23:27】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


ボウズマン
こんにちは、たかさんのブログをいつも拝見させて頂いていますが、短期間でどんどんスキルアップされているのがわかりますね!素晴らしいです。そして釣行仲間がふえてうらやましいかぎりです。私は用事があり静岡に帰省するよていですが、ジュネスは休業ということもあり、カイサクへの出撃を画策しております。



たか
>ボウズマンさん
お久しぶりです!
技術は…どうでしょうか、ようやく「どうして良いか分からず、時間だけが過ぎる」ということは減ってきました。
お知り合いの方が増えたのは本当にありがたい限りです。調子に乗らずに精進したいと思います。
カイサク、イシグロさんのサイトに情報がありました。
http://www.ishiguro-gr.com/fishing/kanri_kaisaku.html
小さな柿田川という感じでしょうか?水も良く回っていそうですね。
ご報告お待ちしています!


コメントを閉じる▲
花園養魚場、急な水質悪化により放流魚も含めほぼ全滅とのこと。
残念です…



【2006/07/01 07:10】 | 未分類
トラックバック(0) |


ランダー
初めまして?、ランダーです。以前の記事に私が出ているのにはビックリしました^^花園>やはり水質悪化ですか。仮(狩り)オープン以来行っていませんが、なんとか頑張って貰いたいですね。たかさん、お疲れ様でした。



goma
お疲れ様でした。花園>期待してるんですけどね...。
社長と話しをした時も暑い時期の水質に関しては懸念されておりました。
ふと思い付いたのですがプリズムデザインさんのHPに記載されている、「★管理釣り場のオーナー様へ
水質悪化にお困りの管理釣り場様、是非ご相談ください」
何か秘策があるのですかね?気になります。



たか
>ランダーさん
コメントありがとうございます!
勝手にリンクさせて頂いておきながらご挨拶にも伺わず、失礼致しました。
ランダーさんの200匹とはいかないまでも、無垢な放流魚の歓迎を期待していたのですが…
>gomaさん
ドットコム入賞おめでとうございます!(ですよね?)
水質ですが、以前は少し濁っていた水色が、鉛色に澄んでしまっていました。これもターンオーバーの一種でしょうか?
プリズムデザインの記載>
私も、正に同じ事を思い出しながら帰路につきました。
たとえばガーデンの場合は、最初に浄化槽を通していますよね。
こればかりは素人考えなので何とも言えませんが、やっぱり夏場は厳しいのでしょうか。
ちなみに、奧の池にはバスとナマズが入ったそうです。



t-fuku
>花園
そうなんですか?!
残念ですね。。。 
夏季は埼玉北部でも平地ですから、無理があるのでしょうか。
一度、リセットして、問題点を抽出し、対応できるところから対応してもらえればいいですね。



たか
>t-fukuさん
オーナーさん曰く、「朝来てみたら、かなりの数が腹を見せていた」そうです。水の臭いも少し異臭がしていました。
いっそのこと、この機会に早めの改修工事を行うのも手なのかも知れませんね。
応援がてらに、バスとナマズを管釣りタックルで狙ってみようかと少し本気で考えています。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。