上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

ようやく7割方固まったルアーのラインナップを携え、冷たい雨の降るガーデンへ。
予想通り、翌週のトーナメントのプラでルアー池は満員。1号池でスタート。
風で水面が波立っているので、まずは沈み込み系のMIU15で様子見。
HERO'sカラーの黒+茶色で上から探っていくと、カウント3でヒット。
061119_01.jpg


続いて、同じレンジを色を変えて探るも不発。
ウィーパー15で速度を落としても同様。

ティアロ09→ウィーパー09→NOA06と、サイズと速度を落としていくも反応が無く、CHEATER12(CCBモドキ)を投入。
タダ巻きでは相変わらず反応が無いので、軽くフォールさせたところでひったくるようなヒット。
061119_02.jpg

チビサクラ

その後、CHEATERとウィーパーのフォールで1回ずつ反応があったものの、フッキングには至らず。

そうこうしている内に放流車が到着し、図らずも足元放流に。
ドーナ2(ピンク金)にガシガシアタックしてくるも、口先でぶつかるばかり。
フックがマンティスの6番だったので、8番を付けた方に変えるか悩んだ挙げ句、ウィーパー15放流赤金へチェンジ。
061119_03.jpg

ようやくキャッチ。

秋の成熟対策なのか、放流魚は軒並みミニマムサイズ。そりゃあ6番じゃ喰えません。

2キャッチしたところで反応が薄れ、同半月にもチェイス無し。
地味色に変えようかと思ったところで、「水に馴染んできた個体がいるかも知れない」と再びドーナを投入。今度はマンティスの8番。
061119_04.jpg

2匹追加。

オチビさん達は掛かれば元気に跳ね回るため、マンティスではバラシも多発。ハイパー装着バージョンも準備しなくては。

その後は一気に冷え込み、他のスプーンやクランクにも反応が無かったので、空いてきたルアー池へ移動。
雨脚が強くなってきたためか、めっきり人は減りキャストしやすい状況。
民家側の流れ出し付近で探ると、ウィーパー09でカウント3のレンジにチェイスがあり、程なくヒット。
061119_05.jpg

やっぱり釣れる、ビターチョコ。

しつこく同じレンジを通すと、きちんとトレースできた時は必ず反応があるものの追いつかず。
ティアロ09でも同様。KFS08やNOA06は動きが小さすぎるのか振り向かれず。
最後の手段でティアロ07で限界まで遅く引くと、スパーンとひったくられました。
061119_06.jpg


見つけたレンジを何とか釣果には結びつけたものの、その後は反応無し。
冷たい雨に手先がかじかみ、震えながらの釣りになってきました。

ここでスプーンは諦め、フラクラMRマットオレンジをさっきまで反応があった層に通すと、一投目の足元1Mでバイト→すっぽ抜け。

2号池に移ろうかと移動しつつ、自販機側(前ではなく)に空きがあったのでもう一投。すると、又しても目の前でバイト→すっぽ抜け。

思わず天を仰ぐと、すっかり暗くなっていました。
ここで、新兵器の10倍自作GROWの登場。
「従来の夜光塗料の10倍以上(当社比)の輝度と発行時間を有します」という新製品の蓄光塗料を塗ったウィーパー。さてどうだ!
061119_07.jpg

入れ喰いです。

さっきまでの修行タイムは何処へやら、5キャスト6バイトという祭り状態に突入しますが、キャッチ出来たのは最初の2匹。
掛かれば元気なくせに、食いはとても小さく、かじかんだ手では反応が遅れまくり。
加えて指先に伝わる食い方の情報すらおぼろげなため、合わせ方の目安が分かりません。
とりあえず、巻き合わせのタイミングを変える事にしてみましたが、

グッ→巻き→抜け

ググッ→巻き→抜け

ググググッ→巻き→抜け

ロッド合わせだね、こりゃ。

一旦自販機で暖を取り、何とか手の感覚を取り戻して再びチャレンジ。
「アタリがあったらゆっくりと巻き続けてラインテンションを維持しつつ、バレやしないかと心配になるくらい十分に待ち、その後にロッドでスゥイープに合わせる」という3段構えのフッキングのパターンを掴み、最終的に30分で10キャッチ。
061119_08.jpg

ラスト1投で出た上がり鱒。

新作GROW、良いかも知れません。

釣果:18匹
これまでのトータル:1580匹

今日のヒットルアー
061119hit.jpg



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2006/11/26 22:49】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |

お疲れ様です
ゴリ
おお、最近はコンスタントに二桁越えですね。
>「従来の夜光塗料の10倍以上(当社比)の輝度と発行時間を有します」
これまた心をくすぐるものっすね。(笑)
うるしとかにも即バイトです。

フックの番手もこれまで㌧と無頓着だったんで、試してみます!



居着きの魚は…
たか
■ゴリさん
放流&ナイター以外の釣果は4匹という、まさに数字のマジック!

自作GROW、これまでの物は10数秒照らしては2・3投で再蓄光が必要だったのですが、今回の物は10投は軽く行けるので手返しも楽です。

フックサイズはかなり重要かと。
今思えば、ガーデントーナメントの後半のスタートダッシュでことごとく乗らなかったのも、フックが大きかったせいではないかと。
魚がルアーに頭突きしまっくたら疑った方がよいです、ハイ。

コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

釣れませんでした。以上!
朝イチ逃し。
翌週末が放流(=最もスレた状態)
急な冷え込み。

以上、悪条件が揃いまくったとはいえ、フラクラMRイクラへの1バイトのみでした。
情けなや。

エリアの状況報告。
水質は全てのプールでマッディ。
「渓流並みになりました」と喧伝されていた流れるプールですが、少なくとも現時点では昨年よりも遙かに穏やかでした。

尚、「金網で作られた堰」は、こんな感じ。
061112seki.jpg

半分ほどを塞いでいます。

どうにもならないので、カップ麺をすすりながらまったり過ごし。
061112sky.jpg

空が高いなあ…

早々に切り上げ、オオツカ川越店でドーナピンク金を鷲掴みして帰ってきました。

釣果:0匹
これまでのトータル:1562匹

今日のヒットルアー
無し

今日の反省
やっぱり行くなら放流翌日。


追記を閉じる▲

【2006/11/12 22:00】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |

去年の方が...
goma
自信の新レイアウトは何だか評判良くありませんね。
来週の放流にあわせて覗いてみようっかなー
でもたかさんで0(ゼロ)って恐ろしい釣り場へと変貌してますな、川水。

せめて…
たか
■gomaさん
ポイントの偏りが解消されていればと期待したのですが、それ以前に魚影が薄すぎる気がしました。

釣れていたのはフライの方と、スピニングで投げられるフライもどき(+集魚板)の『水上公園スタイル』(笑)だけ。
まっとうなルアーで釣れていたのは、本当に僅かでした。
良場所を確保できなければ、8割方諦めなければならない様な状況でした。


masa㌧
ブログ上ではお久しぶりです
大変、遅くなりましたが先日の柿田はお疲れさんでした♪

日曜日、川越だったんですね・・・
う~ん・・同じ水上公園でも違う水上公園だったら
takadaさん居たのに・・・
まぁ・・・釣果的には大差は無いですが(笑)

目的の半分が
たか
■masaさん
オオツカ川越店での補充だったので、川水にしたのですが、takadaさんいらしてたのですか…しかも、しらこばとに。遠征お疲れ様です!
ガーデン、活性高かったみたいですね。
強風と混み合いで釣りにならんのでは?とパスしてました。

コメントを閉じる▲
よーこちんさんからバトンが回って参りました。
バトンと言えば、ゴリさんからのカバンバトンがほったらかしのまま既に2ヶ月以上…不義理をしております。
こちらの方は何れ必ずアップ致しますので、もうしばらくお待ち下さい。

さて、本題です。
Q1.今シーズンの思い出深い釣行は?
ゴリさんと行った柿田川と、けんたさんと行った東山湖。
どちらも、自分とは異なった釣りスタイルを目の当たりにすることで、大いに刺激を受けました。

Q2.最近のお気に入りの道具は?
ロッド:購入したばかりですが、『TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)』。
グリップが少し細いのが気になりますが、全般に良好です。

ライン:色々試している最中ですが、これまでの実績で言えば『スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb』。
強度とライントラブルの少なさ(太さ)のバランスが、これまで使った中では一番良いです。

ルアー:ドーナ2g赤金・フラクラMRダークカニミソ&手塗りの蛍光ピンク。
ドーナは、放流時での強さを見せつけられました(主に受動形)。
フラクラMRは、今や最も信頼できるクランクです。

Q3.自分をひとことで言うなら、どんな人?
『考えすぎて自滅。』
もっと、実践を先立たせなくてはなりません。
その点、釣りは良いですね。結果は行動でしか出ません。

Q4.これから先、行ってみたい場所、釣ってみたい魚種は?
管釣りなら自然渓流タイプ。ヤマメを釣ってみたいです。
優先順で言えば、荒川のシーバス。

Q5.一人でも複数でもイイので、Batonを渡すブロガーを紹介してください。
ここは一つ、リハビリも兼ねてgomaさんよろしくお願いします!


追記を閉じる▲

【2006/11/12 21:36】 | もろもろ
トラックバック(0) |


よーこちん
たかさん、バトンを受け取って頂いてありがとうございました(^^)

やっぱり私よりも遥かに経験なされている分、説得力があって参考になります!
ラインとフラクラ、実はすごく気になっているものでした。
たかさんのお気に入りという事ですので試してみたいと思います(^^)

ありがとうございました♪

参考になれば幸いです。
たか
■よーこちんさん
フラクラはオススメです。
クラピーと違って限定カラーが少ないので、迷いが出にくい点も(笑)
ラインに関しては、なにげにアマゾンが安いですよ。
1500円以上で送料無料です。
色々含めて1万円以上なら、トラウトアイランドも無料になります。
などと言いながら、私はもっぱらオオツカとキャスティングのお世話になってますが。

コメントを閉じる▲
この8月から管釣りを始めたという「よーこちん」さんの、よーこちん 釣行記

旦那さんに教えられてメキメキとレベルアップしていく内容に、すぐにガーデンでまくられやしないかと本気で焦っています。ハイ

【2006/11/07 23:34】 | リンク
トラックバック(0) |


よーこちん
こんにちは~(^o^)/
こちらでははじめましてですね♪
リンク、ありがとうございましたm(o・ω・o)m
まだまだ自分のスタイルもできてないし
分からない事も山ほどあるへたっぴですので
焦らないで下さい (^^)
たかさんの域に達するにはまだまだまだまだです。
どうぞ宜しくお願いします(≧∇≦)b♪


たか
■よーこちんさん
いらっしゃいませ。
私もまだまだ試行錯誤の段階ですので、参考にするのはほどほどの方がよろしいかと。
とまれ、釣場で見掛けたらお気軽にお声を掛けて下さいね。

コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:海平0.8号+PEにシュッ!

「まだルアーが絞りきれない…もっと、色々なパターンで試したいなあ。」
と悶々としていた平日、けんたさんからのKFSラストナイターへのお誘いに即バイト。
朝イチは一路北3号へ。
「まずは、2g台で10匹!」と目標を立てましたが、今日の魚達はかなりの気難し屋。

反応する層はカウント3の、水面下80センチくらいの層のみ。
そこを丁寧にトレース出来た時だけ反応があり、放流の5匹を含めて2時間近く掛けて漸く10匹。

釣果は少ないながら、時折混じる最近北池に放流された40センチ前後のクイーントラウトはトルクフルな引きで遊んでくれました。
また、その引きを受け止めてくれるAREASの使用感も良好。バットが曲がるって素晴らしい~(何を今更)。
061103_01.jpg

良く引きます。

その後も「放流はノーカウント」と意気込みますが、2匹追加したところでギブアップ。サイズダウンです。
061103_02.jpg

魚もサイズダウン。

さて、けんたさんの方は…見ないことにします。
彼我の差は分かってます、分かってますが…くぅ~

とうとう釣れなくなってきたので、南池に移動してなんとか数匹キャッチ。
更に、諸事情でいつもの3倍放流があったという3号池にもチャレンジしますが撃沈。

人がいなくなった南2号池でファーストミノーSPブラウンヤマメを泳がせると好反応。元気に遊んでくれた魚達を3匹追加。
反応が薄れたところで、けんたさんからお昼のお誘い。

わくわくのお二人と向かうのかと思いきや、プレッソtakadaさんの車で一路『丸天』へ。
海の幸をつつきながら色々なお話を伺いました。
巷では「偏光グラスを掛けた顔が怖い」と噂されるtakadaさんですが、実はとっても気さくで話し好きな方でした。
061103takada.jpg

犬にも優しいtakadaさん。

KFSに戻ってからもまったりムードは続き、わくわくのお二人のおこぼれでtakadaさんからスペシャルなブツを頂きました。
で、「まだ粘れば釣れるよ~」という柿太郎さんの言葉を信じて3号池で投げていると、本当にヒット。
「釣れた!釣れたよtakadaさん!」
061003_3gou.jpg

(撮影:柿太郎さん)
こいつはいい報告が出来る!と胸躍りました。この時は。
が、痛恨のラインブレイク。結び直すの忘れてました。

その後、5号池で1時間ほど粘るも5・6バイト全バラシ。
南2号で癒されようとすればスレ掛かりに苦しみ、その最中に「やるよ~」と言いながらやってきた柿太郎さん、けんたさん、わくわくのお二人にtakadaさん達(「お~デカイ」とか言いながら、誰も手伝ってくれない)に無理矢理ダイドーカップに巻き込まれて一匹も掛けずに敗退。

今日は数釣りを求めていないとはいえ、本当に釣れませんでした。
ちなみに、16時の時点での釣果が20匹です。20て。

とはいえ、試行錯誤中の現時点ではこれで良し。
これまでの、「闇雲なルアーローテによる偶発的な釣果」ではなく、「能動的なルアー操作による必然的なバイトの積み重ね」が、これからの私には必要なのです。

そうは言っても…と、せめてもの癒しを求めたナイターもこれまた不発。
喰いも動きも非常にスローで、一匹一匹を拾うような釣り。
061103_03.jpg


もっと色々やり方があった気もするのですが、前日までの仕事疲れで体力が追い付きませんでした。

ラインチェックも非常にずさんで、40にも満たない釣果でラインブレイクが4回。海平の強度は十分でしたので、本当に単なるチェックミスでした。

ところで、この海平というライン、みいらさんが使われているということでけんたさんから教えて頂いたのですが、なんと500Mで800円ちょっとという安さ。
少し太い(0.148mm)のが難点ですが、このコストパフォーマンスは魅力です。

そんなこんなでタイムアップ。最後までショボイ釣果でしたが、スタンプカードも貯まったことだし(11回!)リベンジはそう遠くない気がします。多分。

釣果:38匹(ニジマス・クイーントラウト・イワナ・ホウライ:20~40センチ台)
これまでのトータル:1562匹

今日のヒットルアー
次回こそは!

今日の反省
もう少し肩の力を抜こう。


追記を閉じる▲

【2006/11/07 23:07】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


けんた
お疲れ様でした。
ホントに微妙に渋かったですね。
でもアレはアレで楽しい釣りですよね。

さ、東山と柿田のリベンジですね。(笑)

>海平
使用されてるのは、ますねこさんぢゃなくてみいらさんですよぉ~。

修正いたしました!
たか
■けんたさん
ご指摘ありがとうございます。すっかり記憶が混同しておりました。
申し訳ありませんでした>ますねこさん、みいらさん。

東山と柿田のリベンジ、是非是非です。
が、先程みいらさんのブログを覗いたところ、花園がトラウト復活だとか。
おかしいなあ、オーナーさん、教えてくれるって言ってたんですが。そしてこっそり解禁爆釣を独占する予定だったのに。

コメントを閉じる▲
使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:海平0.8号+PEにシュッ!

久しぶりのトラウトロッドと新しいライン、そして何より、今後の方向性を固めるためのルアーの選別試験のためにガーデンへ。
人が少ない時間帯を狙ったつもりでしたが、見事に満員。駐車スペースの確保に苦労するほど。

かろうじて入れた1号池で、ルアーの動きをチェックしつつ、狙った層へルアーを通す練習も。

そんな訳で、釣れる釣れないは二の次。ひたすらメイン候補のルアーをとっかえひっかえ。

そんな中、釣れたのは全てウィーパーでした。
061029_01.jpg

既に一軍入り確定。

問題は2g台のパイロットルアー。
え?既にあいつらがいるだろって?いや、まあ、色々と思うところありまして…

釣果:3匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:1524匹

今日のヒットルアー
今回も割愛。

今日の反省
今は、内容云々の段階ではなく。


追記を閉じる▲

【2006/11/07 21:42】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
539-2[2].jpg

(撮影:柿太郎さん)
入ったばかりの南2号で全く釣れないままスレ掛かり(しかも良型)で苦しんでいるところにみんなでドヤドヤやってきてやっと針がはずせた瞬間にスタートして最後はtakadaさんに本気出されて一匹も掛けずに負けました。

あ、バーニーズは可愛かったです。ハイ
baanee.jpg


【2006/11/04 00:52】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
使用タックル
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンスVEP2.5lb+PEにシュッ!

けんたさんのお誘いを受けて、東山湖へ初釣行。
当初は、KFS北1・2号池のリニューアルへ向かう予定でしたが、放流魚が全てパーシモンと聞いて前日に予定変更。
061022_01.jpg

桟橋迄で、まだ池の中央です。
6時過ぎに到着すると、次週のドットコムのプラのためか、駐車場には既に多数の車。
お知り合いの方々に挨拶されていくけんたさんの後を着いていくと、ガーデントーナメントでお会いした鉄竹さんにお会いできました。

6時半頃から実釣開始。
周囲のメンターの方々は口々に「ボトム」と仰っていましたが、私のポイントでは中層に反応があり、開始10分ほどでファーストキャッチ。
061022_02.jpg

ニャー

手持ちの中ではアピール力が大きめなプリズムリーフ2.3gのストロベリーシェイクなどで4キャッチ。
途中、わくわくのお二人やtakadaさんもいらっしゃり、まるでKFSの様な面々でしばし。

反応が悪くなったので、切れ目へ移動。
いきなりリーフの蛍光オレンジのボトムトレースで2連発したもののその後は沈黙。
けんたさんは膨張色のディークラで連発。
「そこに魚が溜まっていますよ」と教えて下さるのですが、私にはアタリすらありません。
1時間で何とか1匹追加して再び移動。けんたさんはここだけで二桁はいったでしょうか。

放流ポイントからやや離れた場所が空いていたので、放流があるという11時頃まで粘ることに。
ここでもけんたさんはコンスタントに釣り続けるのですが、私は相変わらず。
同じルアーとは行かないまでも、色やカウント、着底後のフリップから巻き速度まで真似しているつもりなのですが、釣果は3倍。
061022_04.jpg

「たかとは違うのだよ、たかとは!」と言ったとか言わないとか(言ってません)。

「放流まで2時間粘りますか」と入ったこのポイントでしたが、放流車が到着したのは4時間後の13時過ぎ。
噂の2トン放流を見せてくれ!

ドボドボドボドボドボドボドボドボ~(以下数分

お~流石に長かったなあ。

が、しばし間をおいて再び

ドボドボドボドボドボドボドボドボ~(同)

何だ、まだ残ってたのね。

ドボドボドボドボドボドボドボドボ~(略)

え?え?

…結局、15分以上は何かしか流してました。2トン、恐るべし。

とりあえず二人してドーナを投げるのですが、全く放流効果がありません。
けんたさんによると時間が掛かることが多いそうなのですが、果たして、効果が現れたのは30分後でした。もちろん、主にけんたさんの方にです。ええ。
ちなみに、私の方が放流ポイントに近いにも関わらず、です。

けんたさんが使っていたのは某ショップ限定の某氏オリジナルカラーなのですが、正に凄まじい釣れっぷり。
一方、片側の全面を赤に塗り潰した私のドーナには全く当たらず、「フラッシングか!?」とチェンジしたMIU2.2gピンク金でようやくヒット。
『ボトムトレースハンドル数回→着底→フリップ一発で再びハンドル数回』のパターンで3キャッチ。
続いて2バラシしたのでドーナにしたところやっぱり反応が無く、再びMIUに戻して駆け上がりを意識してトレースしていると、









ゴシン








「ヤバイ、タフマンだ…」



ギリギリギリギリギリギリギリギリギリ~

ゆっくりながら洒落にならない重さで、まずは左右に10メートル。

「イトウですか?」
「みたいです!喰い方がもう…」

まだ、この時は余裕がありました。

2往復目。約15メートル。巻いても巻いても戻ってきません。
ヤバイ、ヤバすぎる…

「takadaさんは、1ポンドで90cmを揚げたみたいですよ」と、けんたさんが激励(?)してくれますが、「いや、もう、そんなんじゃなくて~」
ドラグが悲鳴を上げるのを初めて聞きました。

3往復目、とうとう見えなくなりました…
ようやく戻ってきたと思ったら誰かのラインを巻き込んでいます。
しかも、遙か遠くで「鉄竹さんのルアーが…」と言う声が。え?鉄竹さん??釣り座は20メートル以上離れていたはずでは?

やっと目の前に戻ってきた時には、更に2名様のラインがご一緒に。
「ダメだ、もう人としてこれ以上は…」
反対側で更に1名様のラインを巻き込み、更に沖に流れたところでジャンプ一発ラインブレイク。
ほっとしたような申し訳ないような、せめて姿だけでも見たかったところでした。
とりあえず、ジャンプの際の水しぶきと音はとんでもない大きさでした。

東山湖は、そのイトウの放流量とサイズからシーバスタックルで狙うアングラーも多いとは聞いていましたが、納得の引き。
5分ほどのやりとりでしたが、腕は吊る寸前。しばらくはキャストも出来ませんでした。

その後相変わらず釣り続けるけんたさんを横目に、クラピーなどを投入して何とか19匹目。
061022_05.jpg


一気に反応が無くなったので、「魚が移動したらしい」という情報を元に切れ目へ移動。
ペレスプ2.3gの遠投表層引きで何とか1キャッチして終了。

釣果:20匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:1521匹

けんたさんの釣果は、推定で私の三倍強。
しかし、今日の最大の収穫は帰りの車中で教えて頂いたその理論。
出来ない人間が何を語っても誤解を招くだけなので詳細は省きますが、今後の方向性が明確になり、ルアーの選定にも一つの基準が持てたことは大きな発見でした。

今日のヒットルアー
諸事情により割愛。

今日の反省
収穫に埋もれて、無し。


追記を閉じる▲

【2006/11/02 22:50】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


けんた
遅くなりましたが、お疲れさまでした。

>1.5lbで60センチ
定かではないですが、1ポンドで90cmだったような・・・。

>理論
理論という程ではないですよ。(汗)
ボクが教わったり、体験した基礎的な事です。
基本は大事ですよ~。(笑)



返す返すも、
たか
申し訳ありません。>けんたさん
速攻修正致しました。
今後はしっかり確認してから記事にします。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。