上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックル
ロッド:BUNSUIRAY BSL-80M
    TROUTIN'SPIN interBORON X TRBX-73SD
リール:EXIST 2500(RCS2506スプール)
ライン:ゲーム5lb

結果から言えば、ボウズでした。
しかし、新たな発見もあったのでした。
高速を下りてからの下道は、道路脇に雪は積もっているものの路面はドライ。
ただ、湖畔の駐車場には、雪や凍結部分も多々残っていました。

駐車スペースとなる空き地に積もった雪は2WD&スタッドレスで問題は無いのですが、注意しなければならないのは道路脇に寄せられて積み上げられた雪。
積み上げられた後で再度凍ってしまっているので、勢いよく突っ込んで崩さないと出入りが出来ません。
実際、試しに脱出口を確保してみようと雪が全く崩されていない場所に挑戦してみましたが、軽自動車の馬力ではどうにも突破出来ずにスタックする始末。
結局、既に出来ていた轍を利用して出入りできる場所に移動しました。
湖畔の道路は、場所によっては結構交通量があるので(しかもトラックが多い)、駐車スペースへの出入りの際には注意が必要です。

今日のスタートは、初めてのレイクサイドキャンプ場。
駐車スペースでご挨拶した地元の方に貴重なお話を色々と伺いつつ準備。
先日、別の場所で80センチのイワナの死体が打ち上げられたとか。
放流されたニジマスの稚魚に時々イワナが混ざるためだそうですが、それにしても80センチ…

急な斜面を下りて行けば、そこは広々としたワンド。
景色は最高ですが、開始時点で気温-4℃、水温4℃。
DSCN3091.jpg

人もガイドも凍ります。

とりあえずはBUNSUIRAYで重めのスプーンを投げつつランガン。
やや向かい風という好条件ながらもライズは無く、ガイドの氷と戦いながらのキャストが続きます。
ラインにはさほど氷は付かないのですが、困ったのがダブルラインの寄り合わせ部分。
トップガイドの凍結で、巻き上げた際にキュ~と寄り集められてしまいます。
仕方がないので、途中からパロマーノットのみに変更。特に問題はありませんでした。

今回は手持ちのウェア類での耐寒テストも兼ねていたのですが、足はともかく、手の指だけはどうにも我慢できませんでした。
特に、8時過ぎから強く吹き始めた風がロッドを持つ左側だったこともあり、指先が痛くて行動不能に陥る有様。
イグジスト様初の大バックラッシュを起こした事もあり、8時半頃に移動。

戻った駐車スペースで監察員の方とお会いし、しばし談笑。
遊漁券は、「少し安いから浩庵荘で買って下さい」と言われました。

浩庵荘で遊漁券を買い、いつもの給水塔ワンドに向かいましたが、ちょっと一休みのつもりが爆睡。気が付けばお昼を回っていました。

DSCN3094.jpg

無人。

足元から急深のクリアな水質を利用して、ここではルアーの動きをテスト。
一通りの飛距離と、引き速度、フォール時間を確認。
むぅ、ヘブンは、7・9・13g全て、引き速度とフォール時間がほぼ同じか…
これは使いやすい。

いかんげんにBUNSUIRAYの硬さに疲れてきたので、休憩を挟んでインターボロンに変更。
諦め悪く遠投性能の確認をしますが、何度投げても7gで40m強が限界。
スプーンを9gや13gにすると、かえって飛距離が落ちてしまいます。

どうにも腑に落ちないままひたすら投げていると、早くも終了10分前。
ふと、キャスト時の親指の位置を変えてみると、

「あれ?」

「スゲ~飛んでないかい?」


これまでの私は、キャストの際、右手の親指をグリップの背の斜め左側に添えるように握っていました。
この親指を、グリップの中央(背中側)にしっかりと乗せて押し込むようにしただけだったのですが、この変更によりこれまでいかにバットを活かしていなかったかが判明。
親指の押さえ方加減で、スプーンの重さを自在にバットへ乗せることが出来ます。
テイクバック時のルアーの重みも、初めて確認できました。

当然飛距離も伸び、7gで約50m、9gや13gではそれ以上の飛距離を数回の練習で達成。
終了時間が迫ってきたので、急いで車に戻ってBUNSUIRAYで組み直してラスト数分、13gで60mを確認(それまでは50m強が限界)。
ややフライ気味のキャストで、いきなり2割前後の飛距離アップです。
特に、インターボロンの『曲げて飛ばす』キャストフィールがとても楽しく、「もっと投げたかった~」と後ろ髪引かれながらの撤収。
誰かの足跡

ヒトではないよね。

やれやれ、最後にこんなギフトがあるとは、釣りの神様も粋な計らいをしてくれるものです(釣果はさておき)。

まあ、要するにキャストフォームの基本が出来ていなかったということで、これが独学我流の恐ろしいところです。

帰り道は、都留市内の葭之池温泉へ。
何ともローカルな雰囲気の中、念願の富士吉田うどんを食べつつまったり。

速攻で眠気が襲ってきたので、談合坂SAで撃沈。
起きた後、名物(?)のゆず塩ラーメン(美味しかったです)を食べて帰宅。

今後の釣りは、月2回程度の遠征がメインになりそうな予感。
そこで、せっかく来たのだから地元の温泉や美味しい物を開拓しつつ、皆さんにご紹介できればと思います。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2008/01/29 23:01】 | 自然湖
トラックバック(0) |
awabi_heaven.jpg


アワビ貼り→ペイント→ラメ付け→ウレタンコーティング(8時間乾燥)×2
この2週間弱でチューンしたスプーン、約30枚


…アホか。

とまれ、なんとか戦力が揃いました。
あとは、スイミングフックを出来るだけ巻いて、土曜日は本栖湖へ耐寒訓練を兼ねて(チェーン規制が掛からない限り)出撃予定です。

【2008/01/24 21:53】 | タックル
トラックバック(0) |
タックル
ロッド:BUNSUIRAY BSL-80M
    TROUTIN'SPIN interBORON X TRBX-73SD
リール:EXIST 2500
ライン:ゲーム5lb

本来は、本栖湖に行く予定でした。

が、またもやSAでの仮眠を寝過ごし、半覚醒状態で運転していると、

(ナビ)「左方向です」

「何が?」

大月ジャンクションをスルーorz
こりゃ困ったとリルートを見ると、甲府で下りて山を越えろとの指示。

…却下。小菅→本栖湖で懲りてます。

さてどうしようかと思案した結果、一度は行ってみたかった竜華池へ行ってみることに。
東山よりは少し小さいみたいですが、キャスト場所がコの字型に限定されているので、中央に入れればレイクタックルでも気兼ねなくフルキャストできるはず。

少し迷いつつ何とか到着。日の出から釣りが可能なので、既に十台以上の車が入っています。
券売機で釣り券を購入し、少し離れた場所にある池へ移動。
先行の皆さんは、奧から手前にかけてのL字の岸辺に集中。
手前側の中央寄りに何とか空きがあったの陣取ります。
DSCN3053.jpg


今日の目的は、5lbライン+ラインシステムと、(魚が掛かれば)新しい番手のスイミングフックのテスト。

これまでほとんどラインシステムを組まなかった私ですが、比較的細いラインで重いスプーンをキャストするとキャスト切れが多発。
これまでの釣行でも貴重な戦力が随分飛んでいきました。

今回考えたラインシステムは、
①スナップ+パロマーノット&ダブルライン
②スナップ+フロロリーダー2号(キャスティング店長さん直伝のオリジナルノット)


管釣りでもスナップを使っていた私ですが、ネイティブに移行した直後にロストが多発し、スナップの残弾が乏しくなるという事態に直面して以来、管釣りも含めて直結に戻していました。

結果として、結束強度に気を配ることも増えたのですが、ラインシステムを組む以上スナップは必須。管釣りでも使っていたヤリエのグッドスナップの、今回は#2を準備。
ちなみに、ルアーのスプリットリングはそのまま残し、更にローリングスイベルを付けてあります。スナップは、スイベルに通して使用。

まずは②のシステムをインターボロンで。
リーダーは3ヒロほどとり、リールまで巻き込んで安心してキャストできるようにします。

池の状況を見る限り、あまり釣れていない様子。ただ、沖の表層では頻繁にライズがあります。
しかも、その場所までは誰も届いていないみたい。
ヘブン9gオリカラ黒金アワビをフルキャスト!

ビビビッ!

「あ~、やっぱり結び目がガイドに当たるなあ…」

店長さんに教えて頂いたノットは比較的簡単で強度も強く、結び目も極小なのですが、それでもガイドにぶつかる音は防げませんでした。
ただ、後で比較してみても飛距離そのものはほとんど妨げられていないようなのですが、いかんせん気になります。
とりあえずそのままテストを続行。

ハンドル1回転1秒程度のリトリーブで表層を引いていると、時折バイトがあります。
結構な勢いでティップが持って行かれたりもするのですが、なかなか乗りません、

ルアーをベスパ7.4gブルーバックピンクヤマメにチェンジ。
さっきよりも気持ちゆっくり巻き始めた数投目、



コン!




おっ!





グモン グモン






おお?


DSCN3057.jpg

サクラマス?

サイズの割に引きはかなり強烈なのですが、ジャンプはせず、ひたすらグネグネとローリングする動き。
ネットインしてもグネグネとてこずらせます。

とりあえずボウズは免れたので、お次はBUNSUIRAYへチェンジ。
幸いにも足場は広い土手なので、ロッドケースごと持ち込んで組み直します。

インターボロンとのキャストフィールや飛距離・対応ルアーウェイトの違いを確認しながら投げていると、飽きない程度に反応があります。
ハンドルが止まるくらいのガッツリとしたバイトも少なくないのですが、やっぱり乗りません。
せっかく掛かってもバラしまくり。
「ルアーの振り幅が広いのと、フックが太いせいかなあ」などと思っていると

クンッ!

DSCN3058.jpg

またサクラマス

さて、思いもかけずに進路変更となった今回の釣行ですが、実は、出発前から、今回は本栖湖に縁がない予感がしていました。
きっと、釣れない予感なんだろうと思っていたのですが、ここで思いがけないトラブルが発生。

DSCN3059.jpg

何故切れる…

幸いにも地面に落ちていたのを見つけられましたが、本栖湖の岩場だったら悲しい結末になっていたでしょう。

少し反応が無くなったので、これまでバイトのみだったフラットフィッシュX4をキャスト。
さすがに飛距離は出ませんが、とりあえず超スローにリトリーブ。
「今日もダメかなぁ…」と思いつつ、気まぐれに少し沈めてみたピックアップ直前で引き重り。

DSCN3061.jpg

今度はコーホー

Clutch等のバスクランクも投げてみましたが、こちらは無反応。
ここで、改めてラインシステムを検証。

リーダーとの結び目が干渉する音は、やっぱり気になります。
また、キャスト時にリールまで巻き込んでいるためか、足元まで寄せた際にバラしやすくなります(特にBUNSUIRAY使用時)。

そこで、リーダーを一気に50センチほどに短縮。
結束強度を確認し、とりあえず軽くキャストっと


ブチ


結び目からあえなくブレイク。
飛んでった、ヘブン13gが飛んでった。
まだろくにテストもしてないのに~

ま、これも何かの縁でしょうと、そのままダブルラインに変更。
指に掛かる5ポンドラインの細さが相変わらす心細いですが、意外にも全く問題ありません。
サクラマススプーン14gまでフルキャストしてみましたが、これ以降のラインブレイクは皆無でした。

釣果の方は、向かい風が吹くと表層の活性が上がるのか好反応。
ただ、一度アタリやバイトがあった後は、カラーorルアーチェンジしない限り続きません。

この日複数のキャッチがあったのは、
DSCN3064.jpg

ベスパ7.4gと

DSCN3065.jpg

ルアーマンシェル701 10g

共に殉職者多数のために残り1色のみでしたが、良い仕事をしてくれました。

ヘブン9gにも反応はあったのですが、バラシと乗せ損ないのみ。

途中、サクラマススプーン14gで2・3投毎にバイトという状況があり、8色のローテで4回掛けるも全て足元バラシ。
ロッドはBUNSUIRAYだったとはいえ、フックが外れたというより身切れした感触でした。
サクラマススプーンでサクラマス、獲りたかった…

管理人さんが左隣に入られてからの13時以降は、それまでの表層の反応がぱったり。
管理人さんやそのお隣の常連さんはボトムトレースで順調にキャッチしています。

私も耐えきれず、遂にベスパ3.2gのオリーブ何ぞを取り出したりしましたが、今度は飛距離が足りません。

中途半端は諦めて、本日初のカウントダウン&リトリーブ(笑)
結んだのはヘブン7gアワビ青銀。

カウント3…無反応
カウント5…同じく
カウント7、いや、もう少し沈めて、更にゆっくり…





グモン





「やった~!やっと掛かった~~~!」



「そりゃ最高だね」という管理人さんのお言葉を受けながら無事にランディング。

DSCN3067.jpg

本日初ニジ

今日はゆっくり帰りたかったので、早めに撤収。
管理人さんと常連さんに釣具屋さんの場所を教えて頂き、戦力補充をしつつのんびりと帰りました。

トータルのキャッチ数は7匹。
ラストの1匹以外は、全て表層でのサクラマス&コーホー。
どうやら、前日の放流魚が仕事をしてくれたようです。
バラシも同じ位あり、バイトも含めれば相当数の反応が得られ、十分に楽しめ、且つ、良い練習となりました。

初めて訪れた竜華池でしたが、静かなロケーションでのんびりと釣りが楽しめる場所。
東山の桟橋が気になるロングキャスターにもお奨めです!


追記を閉じる▲

【2008/01/19 23:29】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
遅ればせながら謹賀新年、あけましておめでとうございます。
相も変わらずのスローペースですが、今年もおつきあい頂ければ幸いです。
12月30日 柿田川フィッシュストーリー 9:30~19:00

タックル
(湖用テスト)
ロッド:BUNSUIRAY BSL-80M
リール:EXIST 2500
ライン:ゲーム6lb

(管釣りお気楽仕様)
ロッド:Sweetwater SWR-562UL
リール:バイオマスター 1000S
ライン:トラウティストエリア3lb

8月以来のKFS。
今回の主目的は、『BUNSUIRAYで掛ける。』
残念ながら未だ魚を掛けていない新たな相棒に入魂しつつ、ネイティブ並みの引きを見せる柿田の魚達の相手をすることでやりとりの練習をするのが主眼。

のんびりと出発したために到着は遅くなり、着いた頃には既に駐車場が一杯。
高田さんの指示で、半ば通路になっている場所にねじ込みます。
既に最初の放流作業が始まっていたため、最初に入った北3号池で残り鱒狙い。

とにかく、活性が高い内にBUNSUIRAYで獲りたかったので、まずはL・E-ON25赤金で第一投。
すると、いきなりのバイトがありましたが弾いてしまいました。
「おっ、いいかも。」と期待したのですがその後は悲しいくらい無反応。
色を地味系に変えても状況は変わりません。

一時間ほど経過したところで、遂にPAL16が登場。

でも釣れません…

ところが、突然残り鱒の活性が上がったのか、それまで無反応だったPAL16ブラウンに4連続のバイト。
1・2回目共に弾いてしまいましたが、ドラグを調整し直しての3度目の正直でようやくキャッチ。
DSCN3043.jpg

長かった~

もう一匹追加して、瞬間のお祭りは終了。

流石にこのままではしんどいので、ここで管釣りタックルにチェンジ。
そう言えば、釣場にロッドを二本持ち込んだなんて初めてです。新鮮。

すっかり心はネイティブ(湖)へと向かっている最近ですが、それでもやるからには管釣りにこだわりが無いわけではなく、特に気になっていたのはロッド。

最近使っているBEATRICKはグラスチューブ特有の柔らかさが面白いのですが、いかんせん感度がありません。
また、イグジストを使うようになってから、バランスも含めた軽さが気になるようになってしまいました。

それらを含めて分かってきた、自分の管釣り用ロッドの好みは、

・振り抜けが良く、振り重りしない長さと重さ(5.6fで80g前後)。
・やや張りのある、6:4程度の先調子。


リールに関しては、理想を言えばやっぱりイグジストになってしまいます。
とはいえ、出来るだけあるもので済ませたいので、バイオで現状維持。
里子から帰ってきたプレッソ(改造手術済み)の感度も魅力でしたが、巻いた感触でバイオに軍配。
釣果に結びつく巻きの感度ならばダイワが有利ですが、これからの管釣りはお気楽スタイルなので、これでよいのです。

と言う訳で、プレッソの嫁ぎ先募集中です。
傷は多いが巻きは軽いで~

残りはロッドですが、手頃な値段で上記の条件を満たす物がなかなかありませんでした。
中古屋さんも含めて探し回った挙げ句、偶然年末セールで出ていたのがジャクソンのSweetwater SWR-562UL
振った感触とグリップのなじみの良さに惚れ込んでしまいましたとさ。

そんなわけで、BEATRICK Glassy 56も嫁ぎ先大募集です。乗せ竿いらんかえ~

そんな経緯で新たな相棒となった甘水ですが、唯一の懸念はそのパワー。
「こんなに細くて大丈夫かなあ…」と心配でしたが、全くの杞憂。
この日のナイターでは40upも余裕で寄せて来れたので、実用域としては何の問題も無いでしょう。

問題の釣果ですが、相変わらず厳しい状態。
柿太郎さんが仰るところの「気分は鮭」状態なのか、とにかく食いが悪く、喰っても超ショートバイト。

南1・2号を回ってみましたが、フラクラ・フラットフィッシュで単発。ウィーパー09でも時々。
一番活躍したのが、ファーストミノーSPブラウンヤマメでした。
DSCN3048.jpg


午後からは再び北池へ。
人の少ない2号池の端で(何しろ振り回しているタックルが邪魔なので)もがいていると、待望の放流。
BUNSUIRAYにベスパ32ピンクアワビ金+スイミングフックを結んで投げ込むと、直後から連発。
DSCN3049.jpg

柿田ニテ八足之図

2割ほどバラしつつ6匹目が掛かったところで、「少し沖まで泳がせてやりとりの練習を…」とアホなことを考えてラインをわざと出したところ、あえなくラインブレイク。

同ハーフFLグリーン/スーパーイエローゴールド(フックはノーマル)に変えると、変わらず連発。
ただ、こちらはバラシの方が多く、針先も3尾目で甘くなっていました。

ともあれ、これぞ柿田!と言わんばかりの引きを十分に堪能し、且つ、やりとりの練習もたっぷり。
ウエーディングを想定して座りながら釣っていたのと、バットが堅いために魚の引きがダイレクトに伝わるので腕がパンパン。
折良くひょっこり現れた、小学生3兄弟に場所を譲って休憩。

しばらく休んだ後は、管釣りタックルでぼちぼちと。
ナイターなり始めに自作GROWで入れ喰いになった以外は、冷え込むに釣れて活性はがた落ち。
上がり鱒も獲れずに終了となってしまいました。

その後、海沿いを移動しつつ、メバルが狙えそうな場所を探しますが、結局焼津港まで見つからず。
焼津港でも強風にやられ、30分程度の初メバリング(の真似事)をしただけで終了。
ただ、軽量ワームのノー感じは、どうにも性に合いません。
次回海に来た暁には、間違いなくスプーンをぶん投げていると思います。ハイ

お正月は、強風と体調不良が重なり、ジュネスにも行かず。
戻り途中の4日に、すそパにて初釣り(13:30~18:00)。
が、これまた大入り満員の中、余りの激渋に為す術無し。
「一匹でもいいから、柿田を上回る引きでタックルをテストしたい。」という願いはもろくも崩れ、夕マズメのウィーパー09自作GROWによる一匹のみ。
DSCN3052.jpg

ボウズ寸前。

「すそパは平日に限る」という格言を噛みしめながらの帰路となりました。

ただ、帰路の車中で考えたのは「ああすれば良かったかも」でも「アレを持って来てれば釣れたかも」でもなく、「今日の釣り代を(湖用の)ラインやルアー代に回せば良かった」。

我ながら心境の変化に呆れますが、いかんせん一つのことにしか集中できない質なので仕方ありません。
今後はネイティブ馬鹿ぶりに拍車が掛かると思いますが、変わらずご笑覧頂ければ幸いです。

DSCN3070.jpg

その一端(笑)













追記を閉じる▲

【2008/01/15 01:48】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。