上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:KIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス 4lb
    
プレオープンの情報を前々日に掴んだ開成水辺フォレストスプリングスへ、オープン当日の爆釣を夢見て駆けつけました。

環八が工事や事故で予想外に混み合い、着いたのは会場30分前。整理券を受け取れば52番…完全に甘く見ていました。
オープン直前の行列を見る限り、既に70名ほどの釣り人の姿。
会場と同時に多くの方が1号池へ流れ込みますが、私は人が少ない3号池へ。チケットを買う際に目星を付けておいた、流れを狙える場所へ。

はやる気持ちを抑えながらドーナ2g放流赤金モドキをキャストすると、一投目でヒット!
が、すそパを思わせる強烈な引きにフックアウト。
2投目でもヒットし、初キャッチ。


早くもフックが伸ばされたのと、いまいち食いが浅い気がしたので、プリズムリーフ2.3gオレ金に替えると連発。


入れ食いモードは15分程で終了。
やや落ち着いたたところで、

ドーナ2gオリカラ蛍光イエロー金や、


プリズムリーフ2.3gミントグリーン(正確なカラー名不明)で追加。


最初の1時間での釣果は10匹。
ほとんどが40センチ前後の良型で、引きも強烈。4lbラインで大正解。

その後は、シャロークラピーのサウザンアイランドによるスロー引きや、Bux1.5gのサイズダウンなどでポツポツと追加。


本日のビッグワンはこの子


しばらく釣果が無かった後、開始2時間直前にフラットクラピーMRクリアーブルーイワナで15匹目をキャッチ。

そして、ここからが修行タイム。
周りを見回してもほとんど釣れません。

2号池に移動しましたが、とても小さな池なのに魚影はほとんど見えず。
よく見ると、1号池側にある流れ出しに大多数の魚が着いてしまっていました。

10時半頃に放流車が到着。
2号池にはどうやって放流するんだろう…と見ていると、3号池の狭い通路を釣り人が避難しながら放流車が通り、2号池ギリギリまで近付いた後、スタッフさんが魚をネットで掬ってダッシュ!&投げ込むようにリリース!(え~!!)
魚達はヨタヨタと泳いでいき、当然ながら誰も釣れず。

3号池には相当な数が放流されましたが(「ドボドボ」が10秒は続いた)、見事に誰の竿も曲がりません。

午後からは1号池に移動しましたが、これまた魚影が見えません。チビ岩魚の群れが回遊しているだけで、ニジマスの姿すら極まれに目にする程度。フライの方がポツポツと釣っていましたが、ルアーの方が釣れた日にはそれこそ大注目です。

私と言えば、疲れて座りながらシャロークラピーをローテしながらノタノタ引いていると、ピーチシャーベットに「ドバァ!」と出たものの乗せられず。

13時半頃に午後の放流がありましたが、数人しか釣れず。すぐに3号池へ移動。
先ほどとは違う場所での放流が偶然足元放流になりましたが、その恩恵は無し。5人ほどの竿が曲がった後に沖でようやく1匹キャッチ。

オレ金ありがとう。

その後しばらく粘った後、休憩がてら車に戻った際に撤退を決意。心はすそパのナイターへと向かいました。

釣果:16匹(ニジマス:20~40センチ台)
これまでのトータル:817匹


今日のヒットルアー

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
会場と同時に多くの方が1号池へ流れ込みますが、私は人が少ない3号池へ。チケットを買う際に目星を付けておいた、流れを狙える場所へ。

はやる気持ちを抑えながらドーナ2g放流赤金モドキをキャストすると、一投目でヒット!
が、すそパを思わせる強烈な引きにフックアウト。
2投目でもヒットし、初キャッチ。


早くもフックが伸ばされたのと、いまいち食いが浅い気がしたので、プリズムリーフ2.3gオレ金に替えると連発。


入れ食いモードは15分程で終了。
やや落ち着いたたところで、

ドーナ2gオリカラ蛍光イエロー金や、


プリズムリーフ2.3gミントグリーン(正確なカラー名不明)で追加。


最初の1時間での釣果は10匹。
ほとんどが40センチ前後の良型で、引きも強烈。4lbラインで大正解。

その後は、シャロークラピーのサウザンアイランドによるスロー引きや、Bux1.5gのサイズダウンなどでポツポツと追加。


本日のビッグワンはこの子


しばらく釣果が無かった後、開始2時間直前にフラットクラピーMRクリアーブルーイワナで15匹目をキャッチ。

そして、ここからが修行タイム。
周りを見回してもほとんど釣れません。

2号池に移動しましたが、とても小さな池なのに魚影はほとんど見えず。
よく見ると、1号池側にある流れ出しに大多数の魚が着いてしまっていました。

10時半頃に放流車が到着。
2号池にはどうやって放流するんだろう…と見ていると、3号池の狭い通路を釣り人が避難しながら放流車が通り、2号池ギリギリまで近付いた後、スタッフさんが魚をネットで掬ってダッシュ!&投げ込むようにリリース!(え~!!)
魚達はヨタヨタと泳いでいき、当然ながら誰も釣れず。

3号池には相当な数が放流されましたが(「ドボドボ」が10秒は続いた)、見事に誰の竿も曲がりません。

午後からは1号池に移動しましたが、これまた魚影が見えません。チビ岩魚の群れが回遊しているだけで、ニジマスの姿すら極まれに目にする程度。フライの方がポツポツと釣っていましたが、ルアーの方が釣れた日にはそれこそ大注目です。

私と言えば、疲れて座りながらシャロークラピーをローテしながらノタノタ引いていると、ピーチシャーベットに「ドバァ!」と出たものの乗せられず。

13時半頃に午後の放流がありましたが、数人しか釣れず。すぐに3号池へ移動。
先ほどとは違う場所での放流が偶然足元放流になりましたが、その恩恵は無し。5人ほどの竿が曲がった後に沖でようやく1匹キャッチ。

オレ金ありがとう。

その後しばらく粘った後、休憩がてら車に戻った際に撤退を決意。心はすそパのナイターへと向かいました。

釣果:16匹(ニジマス:20~40センチ台)
これまでのトータル:817匹


今日のヒットルアー

スポンサーサイト

【2006/07/31 15:25】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。