上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果:9匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:67匹

川越水上公園が大会開催だったので、次に近場のしらこばと水上公園へ。
何しろ1日(7時間)で2100円。キャスティングの練習場だと思えば十分です。

水質はステイン。
魚量は豊富とは言えませんが、先週21日解禁という事実が期待させます。
ただ、昨日叩かれたのか活性は見るからに低そう。
また、園内放送や周囲をサイクリングで走る子供達の声が絶えないせいか、魚影は沈み気味。
そもそもプールなので、一番深い中央部でも1.2Mしかありません。

中央には水深1.2Mの文字
一番奥が空いていたので陣取ると、足元は膝丈程度の深さしかないらしく魚がほとんどいません。どうやら中央部の看板付近にいるようです。
周辺の情報を考慮して、餌色中心で攻めることにしました。

MIU1.5gライトオリーブで探りを入れると、開始5分でヒット!

しかもなかなかの良型

いきなりボウズが免れたので、傭兵部隊(とりあえず買ってみた1.5g前後の定番ルアー群。これまで全て釣果無し。)を試すことにしました。

左から TIPSY 丸湖 L・E-ON レイヴ エリアピクシー 巧

まずは餌色に近いL・E-ONをキャスト。
おー、よく飛ぶ!と思ったら数投目でヒット!

L・E-ON初仕事!

そのまま投げ続けると、更に数投目でヒット!
でも、立て続けにチビ鱒です。なんだか嫌な予感がします。
その後、丸湖・レイブ・エリアピクシーと投げましたがチェイスすら無し。
やっぱり今日は餌色が良いみたいです。
巧も不発。激しい動きはダメなのか、明るめの中間色が合わないのか。

3匹目以降、1時間ほど渋い時間が続く間に、両隣に家族連れが入ってきました。
バスロッドで男の子がわいわいとフルスイングしたり、朝霞ガーデンとは違うほのぼのとした雰囲気です。
そういえば、偏光グラス着用率も3割位しかいません。フライが少なめなのも新鮮。
ふと、試しに光り物をと考えてマーシャル2.3gシルバー+グリーンテープチューンをキャストすると即座にヒット!シルバーで初めて釣れました。

チューンしたルアーで釣れるとチビ鱒でも嬉しいものです

なぜチビ鱒ばかり釣れるのか?どうやら繁殖期前なのが原因の様です。
30センチ前後の楽しませてくれそうな魚体の多くが、追いかけっこをしてぐるぐると回っています。これでは餌どころではありません。

魚が少し動き始めたので、マーシャルトーナメント1.2gで近場をゆっくりと攻めるとヒット。
色はやっぱり餌色のパレットオレンジ。そしてやっぱりチビ鱒。
左隣の男の子に見せてあげてリリース。

その様子を見て、先ほど右隣に入ってきた大学生カップルとその友人の男の子と思しき3人組の彼氏さんが声を掛けてきました。
聞けば、管釣りは始めてで、普段はバスをやっているとのこと。
彼女さんとお友達は釣り自体初心者で「今日はとりあえず一匹」ということでした。
ロッドはトラウト用ですが、リールは少し大きめでラインも太め。
スプーンは少なく、バス用のプラグ類がメインの様です。
「でも今日は渋そうだし、良いのが釣れたらあげよう。」と、彼らが持ってきていた公園の名前の入ったバケツを見ながら思いました。

しかし、相変わらずタフな状況が続きます。あれから30分アタリすらありません。

今日はプラグが大不振ですが、最初からずっと表層やや下がタナだったので、適性を信じてファーストミノーを投入。
今日は誘いを入れるとかえって反応が悪いので、ひたすらデッドに引いていると待望の強い引き!

食べ頃サーイズ!

「いりますかー?」と聞くと、喜んでもらえました。よかった。

昼近くになると、急激に渋い状態になってきました。
タフな状況で威力を発揮すると言えば外人部隊最古参のTIPSYですが、前評判とは裏腹に朝霞ガーデンでは(自分の場合は)全く釣果が無く、個人的にも「あんなにヒラヒラ動いて魚が食えるんかいな」と思っていたのでこれまで投げませんでした。
が、もはや我慢しきれず、ついにTIPSYを投入。
すると、あっさりとヒット。

TIPSYも初仕事!

これまでは色が合わなかったのか、それとも初期の頃はリトリーブが不安定で本来の動きを発揮できなかったのか、そして初期の不信感から最近ほとんど使っていなかったせいなのか。
おそらく全部でしょう。
TIPSYゴメン!千鳥足サイコー!

これで午前中は7匹。なかなかのペースです。初の二桁も夢じゃない!
と思った矢先、ポイントを移動してのリーリング中に突然ロッドがグラグラと揺れます。
「ん?リールシートが緩んだかな?」と手元を見ると、

なんじゃこりゃー!!
ジーパンを持っていない自分でもそう叫びたくなる悲劇。
つーか、なぜにスナップリングが外れるのか?!
すぐさま足元からこれまでのポイントまで探しますが見つからず。
先ほどの彼氏さんも探してくれました。
すると、少し大きめのスプリットリングが落ちているのを発見。
彼氏さんにプライヤーを借りて(今日に限って忘れた)格闘すること10分。

ふっかーつ!(ピンぼけでした)
撮り直そうと帰宅時に見てみたら外れていたので、まさにギリギリの応急処置でしたが、残り4時間を乗り切りました。

対岸が空いたので移動してみると、こちらの方が足元の水深が深く、魚が回ってきています。
これは期待できるかも!と、あれこれ試してみますが、なんと3時間ノーヒット。
(この間、TIPSYの存在を忘れていたのが悔やまれます。)
ファーストミノーで何とか1匹を釣り上げ、対岸の彼氏さんとアイコンタクト。
ガーデンではこういうの無いよなあ。


残り20分、彼氏さん御一行は未だノーヒット。
バス用のクランクに反応があったみたいです。
せめて彼女さんに魚の引きだけでも体験させてあげたいと思いますが、こちらも反応無し。
ついに4時のタイムアップとなるも、勝手にロスタイムを作って(すいません)思い出したようにTIPSYを投げるとまたもやあっさりとヒット!
「彼女さん!持って!」
「どうすればいいんですか?」
「とりあえず巻いてください」
「釣った~」(一同)
そんなこんなで終了。
なんだかほんわかした気分で、帰りの2時間も苦にならず。

今日のヒットルアー

ファーストミノーはスプーン用シングルフック1本にしてウエイト調整。
マーシャル2.3gは、ダイソーのシールをポンチで抜いて貼り付け。

追記
リールは、ホームセンターでスナップリングE型(内径3ミリ)を購入して無事直りました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
一番奥が空いていたので陣取ると、足元は膝丈程度の深さしかないらしく魚がほとんどいません。どうやら中央部の看板付近にいるようです。
周辺の情報を考慮して、餌色中心で攻めることにしました。

MIU1.5gライトオリーブで探りを入れると、開始5分でヒット!

しかもなかなかの良型

いきなりボウズが免れたので、傭兵部隊(とりあえず買ってみた1.5g前後の定番ルアー群。これまで全て釣果無し。)を試すことにしました。

左から TIPSY 丸湖 L・E-ON レイヴ エリアピクシー 巧

まずは餌色に近いL・E-ONをキャスト。
おー、よく飛ぶ!と思ったら数投目でヒット!

L・E-ON初仕事!

そのまま投げ続けると、更に数投目でヒット!
でも、立て続けにチビ鱒です。なんだか嫌な予感がします。
その後、丸湖・レイブ・エリアピクシーと投げましたがチェイスすら無し。
やっぱり今日は餌色が良いみたいです。
巧も不発。激しい動きはダメなのか、明るめの中間色が合わないのか。

3匹目以降、1時間ほど渋い時間が続く間に、両隣に家族連れが入ってきました。
バスロッドで男の子がわいわいとフルスイングしたり、朝霞ガーデンとは違うほのぼのとした雰囲気です。
そういえば、偏光グラス着用率も3割位しかいません。フライが少なめなのも新鮮。
ふと、試しに光り物をと考えてマーシャル2.3gシルバー+グリーンテープチューンをキャストすると即座にヒット!シルバーで初めて釣れました。

チューンしたルアーで釣れるとチビ鱒でも嬉しいものです

なぜチビ鱒ばかり釣れるのか?どうやら繁殖期前なのが原因の様です。
30センチ前後の楽しませてくれそうな魚体の多くが、追いかけっこをしてぐるぐると回っています。これでは餌どころではありません。

魚が少し動き始めたので、マーシャルトーナメント1.2gで近場をゆっくりと攻めるとヒット。
色はやっぱり餌色のパレットオレンジ。そしてやっぱりチビ鱒。
左隣の男の子に見せてあげてリリース。

その様子を見て、先ほど右隣に入ってきた大学生カップルとその友人の男の子と思しき3人組の彼氏さんが声を掛けてきました。
聞けば、管釣りは始めてで、普段はバスをやっているとのこと。
彼女さんとお友達は釣り自体初心者で「今日はとりあえず一匹」ということでした。
ロッドはトラウト用ですが、リールは少し大きめでラインも太め。
スプーンは少なく、バス用のプラグ類がメインの様です。
「でも今日は渋そうだし、良いのが釣れたらあげよう。」と、彼らが持ってきていた公園の名前の入ったバケツを見ながら思いました。

しかし、相変わらずタフな状況が続きます。あれから30分アタリすらありません。

今日はプラグが大不振ですが、最初からずっと表層やや下がタナだったので、適性を信じてファーストミノーを投入。
今日は誘いを入れるとかえって反応が悪いので、ひたすらデッドに引いていると待望の強い引き!

食べ頃サーイズ!

「いりますかー?」と聞くと、喜んでもらえました。よかった。

昼近くになると、急激に渋い状態になってきました。
タフな状況で威力を発揮すると言えば外人部隊最古参のTIPSYですが、前評判とは裏腹に朝霞ガーデンでは(自分の場合は)全く釣果が無く、個人的にも「あんなにヒラヒラ動いて魚が食えるんかいな」と思っていたのでこれまで投げませんでした。
が、もはや我慢しきれず、ついにTIPSYを投入。
すると、あっさりとヒット。

TIPSYも初仕事!

これまでは色が合わなかったのか、それとも初期の頃はリトリーブが不安定で本来の動きを発揮できなかったのか、そして初期の不信感から最近ほとんど使っていなかったせいなのか。
おそらく全部でしょう。
TIPSYゴメン!千鳥足サイコー!

これで午前中は7匹。なかなかのペースです。初の二桁も夢じゃない!
と思った矢先、ポイントを移動してのリーリング中に突然ロッドがグラグラと揺れます。
「ん?リールシートが緩んだかな?」と手元を見ると、

なんじゃこりゃー!!
ジーパンを持っていない自分でもそう叫びたくなる悲劇。
つーか、なぜにスナップリングが外れるのか?!
すぐさま足元からこれまでのポイントまで探しますが見つからず。
先ほどの彼氏さんも探してくれました。
すると、少し大きめのスプリットリングが落ちているのを発見。
彼氏さんにプライヤーを借りて(今日に限って忘れた)格闘すること10分。

ふっかーつ!(ピンぼけでした)
撮り直そうと帰宅時に見てみたら外れていたので、まさにギリギリの応急処置でしたが、残り4時間を乗り切りました。

対岸が空いたので移動してみると、こちらの方が足元の水深が深く、魚が回ってきています。
これは期待できるかも!と、あれこれ試してみますが、なんと3時間ノーヒット。
(この間、TIPSYの存在を忘れていたのが悔やまれます。)
ファーストミノーで何とか1匹を釣り上げ、対岸の彼氏さんとアイコンタクト。
ガーデンではこういうの無いよなあ。


残り20分、彼氏さん御一行は未だノーヒット。
バス用のクランクに反応があったみたいです。
せめて彼女さんに魚の引きだけでも体験させてあげたいと思いますが、こちらも反応無し。
ついに4時のタイムアップとなるも、勝手にロスタイムを作って(すいません)思い出したようにTIPSYを投げるとまたもやあっさりとヒット!
「彼女さん!持って!」
「どうすればいいんですか?」
「とりあえず巻いてください」
「釣った~」(一同)
そんなこんなで終了。
なんだかほんわかした気分で、帰りの2時間も苦にならず。

今日のヒットルアー

ファーストミノーはスプーン用シングルフック1本にしてウエイト調整。
マーシャル2.3gは、ダイソーのシールをポンチで抜いて貼り付け。

追記
リールは、ホームセンターでスナップリングE型(内径3ミリ)を購入して無事直りました。
スポンサーサイト

【2005/10/30 23:12】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。