上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

前日に休みが決定し、来週のガーデントーナメント(NATOカップ)のプラも兼ねて久しぶりに朝霞ガーデンへ。
ちょっと喉が痛くて風邪気味なのが気になりますが、20日までに受付を済まさなければキャンセル扱いになってしまうので(言い訳)。
時間帯のせいかいつもの6割程度の人出のガーデン。
まずは仕込んだルアーのテストから。
1号池で自作GROWに仕込んだフラットフィッシュを試すとなかなかの好反応。
ルアー池でも同様ながら、ついばむようなバイトばかりで乗らず。

フラクラMRも含め、蛍光色クランクの日中での好反応を確認した後、民家側流れ出しの近くが空いたので移動。
ここからようやく本気モードで。

先ほどから、流れ出し前に陣取っていた男性2人女性1人のグループが好釣果。
明らかに初心者の女性が、10分ほどで2キャッチするほど。

そこで、ちょとおじゃまして流れの端にNOA0.6gを漂わせると、

いきなり2キャッチ。

4投で3バイト2キャッチという高活性。
更に同黒で追加。

しばらくアタリが遠のいた後、やはりNOA0.6gのブルーシルバーにヒット。


この間、クラピーをはじめプラグ類には無反応。
15時に予想外の放流があったものの、誰の竿も曲がらず。

暑さのためか、魚影は流れの有る場所に集中。
しばらくすると釣り人も増え、キャストも集中。
おまけに藻も集中していて尚かつ風が強くなってきたので、耐えきれなくなって2号池へ移動。

2号池では、土手側の流れ出し寄りで回遊する群れを狙っていると、ウィーパー0.9g手塗りメキシカンサンドに交通事故的なバイト。


藻が少ない釣り易さに後ろ髪引かれながらも2号池に見切りを付け、再びルアー池へ。

流れ出しにもの凄い数が固まっているので、NOA0.6gを藻の隙間を縫うように通すといきなりヒット。


その後も数度のバイトがあるもバラしたり乗らなかったり。
やっぱり藻に耐えきれず、今度は1号池へ。
それにしても、今度のトーナメントの最大の敵は藻のような気がしてきました。
前日に掃除されるのかなあ…

1号池は釣り人も少ないものの、隣の人が風に流されるままにキャストするのでやりにくくて仕方がありません。こちらがバックハンドで正面に投げても、あわやラインクロス。

悶々としながら投げ続けていると、まさかの17時の放流!
ドーナを結ぼうとしましたが、風を考慮して

Bux2.5g手塗り放流赤金で2匹。

反応が薄れたら、

ウィーパー1.5g半月で1匹(バイトは多数)。

レンジが下がったところで、

Bux1.5gピンクで追加。

ここで10匹。

開始時間からは3時間を10分ほどオーバー。
本腰入れた頃から数えれば丁度3時間といったところ。
まあ、この時間の放流自体初めての事なので、どちらでも良いのですが。

その後、マーシャルトーナメント0.9gブラウンで2匹キャッチ。
18時を回り、少し疲れも出てきたので、フライ池解放まで車で休もうかとドーナを結んで移動しようとしましたが、「せっかく結んだんだし」と数投だけ試すことに。

一投目でチェイスがあったので、期待を込めて二投・三投、


ゴン



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~(ドラグ音)



「あ~あ、やっちゃった。」



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~



「スレか~」



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~




「なにもこんな時に…」




チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~




「にしても、全然寄ってこないぞ。」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「あ、反転した。」


「ごめんなさ~い(隣の人に)」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「ん?」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「今、口に掛かってなかったか?」


チリリリリリリリリリリリリリリ~


「うん、掛かってるね。」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「まさか、あいつか?」


チリリリリリリリリリリリリリリ~

「やっと、寄って…」





























よっこらしょっ、と。

まさかのイトウ50UP。
しかし、ここで釣り運を根こそぎ持って行かれたのか、恐らくは5回放流で期待した本日のナイターは絶不調。

フライ池は流れ出しが良いのは分かっていますが、人も密集するのでいつもの中央寄りへ。
しかし、流れ出し側では人が多いにも関わらず釣果が続くものの、私のポイントでは2キャッチのみ。
10分程して早々に移動しようとしましたが、途中、角に空きがあったのでNOA0.9g蛍光ピンクを打ち込むと、ほぼ毎投のバイト。程なく1キャッチ。何だ?この偏った高活性。

それでもやっぱりお邪魔っぽかったので、すぐにルアー池へ。
Bux1.5gG市販GROWで2キャッチ。


ウィーパー0.9g半月で1匹。


その後あれこれ試しても全く獲れず。
左右に居る方々が次々と掛けていく中、数回のアタリもフッキングすらしない有様。

「棚は少し下がり目、色はGROW、食いが浅いのでスロー引き。」
ここまでパターンは絞れている(はず)のですが、何をやっても釣れません。
今思うと、風が強かったとはいえ、マーシャルトーナメント0.9gのGROWでじっくり攻めれば何とかなった気がするのですが…

そういえば、前回のKFS釣行で絶不調に陥ったやすさん「3号池で釣れてから全てが狂った」とつぶやいていましたが、正にそんな感じ。

恐らく、「まさか釣れるとは思わなかった魚」が釣れたことにより、修正が効かない深さで緊張の糸が切れてしまったのだと思います。
追い打ちを掛けるように体調も急速に悪化。

結局50分近くノーキャッチの後、再びBuxで何とか上がり鱒。

陽が落ちてからの釣果がわずか4匹という、最悪のナイターでした。

釣果:22匹(ニジマス21:20~30センチ台・イトウ1:50センチ台)
これまでのトータル:1170匹

今日のヒットルアー


え?トーナメントのプラですか?引き速度の確認で終わりました。藻が、藻が~
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
時間帯のせいかいつもの6割程度の人出のガーデン。
まずは仕込んだルアーのテストから。
1号池で自作GROWに仕込んだフラットフィッシュを試すとなかなかの好反応。
ルアー池でも同様ながら、ついばむようなバイトばかりで乗らず。

フラクラMRも含め、蛍光色クランクの日中での好反応を確認した後、民家側流れ出しの近くが空いたので移動。
ここからようやく本気モードで。

先ほどから、流れ出し前に陣取っていた男性2人女性1人のグループが好釣果。
明らかに初心者の女性が、10分ほどで2キャッチするほど。

そこで、ちょとおじゃまして流れの端にNOA0.6gを漂わせると、

いきなり2キャッチ。

4投で3バイト2キャッチという高活性。
更に同黒で追加。

しばらくアタリが遠のいた後、やはりNOA0.6gのブルーシルバーにヒット。


この間、クラピーをはじめプラグ類には無反応。
15時に予想外の放流があったものの、誰の竿も曲がらず。

暑さのためか、魚影は流れの有る場所に集中。
しばらくすると釣り人も増え、キャストも集中。
おまけに藻も集中していて尚かつ風が強くなってきたので、耐えきれなくなって2号池へ移動。

2号池では、土手側の流れ出し寄りで回遊する群れを狙っていると、ウィーパー0.9g手塗りメキシカンサンドに交通事故的なバイト。


藻が少ない釣り易さに後ろ髪引かれながらも2号池に見切りを付け、再びルアー池へ。

流れ出しにもの凄い数が固まっているので、NOA0.6gを藻の隙間を縫うように通すといきなりヒット。


その後も数度のバイトがあるもバラしたり乗らなかったり。
やっぱり藻に耐えきれず、今度は1号池へ。
それにしても、今度のトーナメントの最大の敵は藻のような気がしてきました。
前日に掃除されるのかなあ…

1号池は釣り人も少ないものの、隣の人が風に流されるままにキャストするのでやりにくくて仕方がありません。こちらがバックハンドで正面に投げても、あわやラインクロス。

悶々としながら投げ続けていると、まさかの17時の放流!
ドーナを結ぼうとしましたが、風を考慮して

Bux2.5g手塗り放流赤金で2匹。

反応が薄れたら、

ウィーパー1.5g半月で1匹(バイトは多数)。

レンジが下がったところで、

Bux1.5gピンクで追加。

ここで10匹。

開始時間からは3時間を10分ほどオーバー。
本腰入れた頃から数えれば丁度3時間といったところ。
まあ、この時間の放流自体初めての事なので、どちらでも良いのですが。

その後、マーシャルトーナメント0.9gブラウンで2匹キャッチ。
18時を回り、少し疲れも出てきたので、フライ池解放まで車で休もうかとドーナを結んで移動しようとしましたが、「せっかく結んだんだし」と数投だけ試すことに。

一投目でチェイスがあったので、期待を込めて二投・三投、


ゴン



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~(ドラグ音)



「あ~あ、やっちゃった。」



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~



「スレか~」



チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~




「なにもこんな時に…」




チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~




「にしても、全然寄ってこないぞ。」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「あ、反転した。」


「ごめんなさ~い(隣の人に)」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「ん?」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「今、口に掛かってなかったか?」


チリリリリリリリリリリリリリリ~


「うん、掛かってるね。」


チリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ~


「まさか、あいつか?」


チリリリリリリリリリリリリリリ~

「やっと、寄って…」





























よっこらしょっ、と。

まさかのイトウ50UP。
しかし、ここで釣り運を根こそぎ持って行かれたのか、恐らくは5回放流で期待した本日のナイターは絶不調。

フライ池は流れ出しが良いのは分かっていますが、人も密集するのでいつもの中央寄りへ。
しかし、流れ出し側では人が多いにも関わらず釣果が続くものの、私のポイントでは2キャッチのみ。
10分程して早々に移動しようとしましたが、途中、角に空きがあったのでNOA0.9g蛍光ピンクを打ち込むと、ほぼ毎投のバイト。程なく1キャッチ。何だ?この偏った高活性。

それでもやっぱりお邪魔っぽかったので、すぐにルアー池へ。
Bux1.5gG市販GROWで2キャッチ。


ウィーパー0.9g半月で1匹。


その後あれこれ試しても全く獲れず。
左右に居る方々が次々と掛けていく中、数回のアタリもフッキングすらしない有様。

「棚は少し下がり目、色はGROW、食いが浅いのでスロー引き。」
ここまでパターンは絞れている(はず)のですが、何をやっても釣れません。
今思うと、風が強かったとはいえ、マーシャルトーナメント0.9gのGROWでじっくり攻めれば何とかなった気がするのですが…

そういえば、前回のKFS釣行で絶不調に陥ったやすさん「3号池で釣れてから全てが狂った」とつぶやいていましたが、正にそんな感じ。

恐らく、「まさか釣れるとは思わなかった魚」が釣れたことにより、修正が効かない深さで緊張の糸が切れてしまったのだと思います。
追い打ちを掛けるように体調も急速に悪化。

結局50分近くノーキャッチの後、再びBuxで何とか上がり鱒。

陽が落ちてからの釣果がわずか4匹という、最悪のナイターでした。

釣果:22匹(ニジマス21:20~30センチ台・イトウ1:50センチ台)
これまでのトータル:1170匹

今日のヒットルアー


え?トーナメントのプラですか?引き速度の確認で終わりました。藻が、藻が~
スポンサーサイト

【2006/08/21 00:40】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。