上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

チョイ投げセット
TIGA SOLID KILLER140+KIX2004(ライン同上)

下道で行ってきました。

自分の未熟さを思い知った先日のガーデントーナメント。
少しでも多くのアタリを得るべく、PEラインを試すことに。
そのためには少しでも多く魚を掛けなければ…ということで、又してもKFSへ。
新しいラインへの期待と、可能ならば相模川河口でシーバスも!という無謀な計画に興奮して寝付けず、それならと夜中に移動開始。
更に、「せっかく時間があるんだし」と下道で行くことにしました

結果的には実質3時間半の運転。道が変化に富んでいるので眠くもならず、悪くないと思いました。
しかし、途中で休み休みのドライブとはいえ満足に仮眠も取れず、半徹夜状態で到着。フラフラしてます。

さすがに夏休み直後のためか人は少なめ。
一番乗りで南1号池へ行き、PEライン第一投!



な、投げづらい!


伸度ゼロとはこういう事か!と今更ながら。
ロッドのしなりも変わってしまうため、タダでさえシビアなロッドのリリースポイントが更に狭くなります。

何とか投げられるようになったものの、ルアーのウォブリングと大量の魚体にルアーがぶつかる振動が全て手元に感じられて、もう何がなにやら。
アタリの様な感触があっても、一瞬で弾かれます。
加えて今日は風があるため糸が流されまくり、サミングをやっていてもライントラブルが発生。

結局、一匹も掛けないまま開始10分もしない間にバックラッシュ2連発となり、あえなくリタイヤ。
(ちなみに、その後巻き直してすぐに使ったいつものラインでは、実質7時間弱の釣行でライントラブルはゼロでした。)
決してPEラインそのものが悪いというわけではなく、ロッドとのバランスの問題だと思います。

気を取り直し、いつものスタイルにて釣りを再開。
ウィーパー0.9gカキノタネでまずは一匹。

自作GROWのフラットフィッシュでもキャッチ。

その後は、フックの無いテールをつつかれまくりで乗らず。

今日は涼しくて過ごしやすいのですが、急に冷え込んだためか魚の動きはスロー。
早くもスナッキーSなどを投入する始末。

今日の密かな目標は、「明るい内に南3号池で釣る」だったのですが、釣ったのは高田さん。
60UPと思しきホウライと50センチはあろうかというニジマスを、10分ほどの間に連発されていました。

流石です。

その後、南1号池にて最初の放流。しかし3匹ほどしか釣れず。
しばらく粘ってM2の餌色で数匹追加した後、南池に見切りを付けて北池へ。

朝イチは南池が貸し切り状態でしたが、今度は北池がプチ貸し切り状態。
北3号池には3名ほど先行者が居ましたが、しばらくすると私とフライの方のみ。

引き続きM2で数匹。NOA0.6gの餌色でも連発。

NOA0.9gメタリックグリーンでは9キャスト9バイト3キャッチ3バラシ3乗らず。

これだけで10匹ほどキャッチ。

同黒で追加した後、あまりに活性が高いので同蛍光イエローにしたところ更に釣れ、ならばと鱒玄人2.9gプレッシャーインパクトを投げれば即バイト。

ついには同放流赤金でもキャッチ。
サイズ、色共に完全に順番が反対です。う~む、攻め方間違えたか…

その後も順調に釣り続き、北3号池での一時間半(場所移動無し)だけで35匹をキャッチ。
もう数釣りはお腹一杯。

お昼前に南1号にて、ファーストミノーブラウンヤマメと自作GROWで数匹釣れた後、プリズムリーフ2.3g自作GROWにイワナがバイト。

お昼の後はチョイ投げセットに持ち替え。

南→北と移動しながら、出番の少ないプラグの動きのチェックをメインに、時速5匹ペースでまったり過ごしました。

それでも、自作GROWのフラクラは、北池で15分5キャッチ。


このフラクラ、全身に厚化粧した夜光塗料による(ウエイトは付けていないにも関わらずの)スローシンキングと不規則なシルエットのためか、他のフラクラでは不可能なデッドスローでのふらつきアクションが可能となっています。まさに偶然の産物。

15時過ぎになると睡魔に勝てず、かといって駐車場は暑いので、北4号池脇のベンチで轟沈。目が覚めたのは17時過ぎでした。

再び北3号池で蛍光色のスプーンやGROWフラクラで遊び、暗くなってからは北2号池で、自作GROWのディープクラピーやMIU2.2gGROWでプチ連発。

完全に陽が落ちたところで、南3号池に挑戦するも空振り。30分で退散し、再び北2号池へ。

以前より仕込んでいたものの釣果がなかったフラクラSRマットホワイト+お腹夜光テープで待望のキャッチ。

しばらくは表層で釣れた後、一気に棚が下がり、ボトムパターンへ。
色は黒。マーシャルトーナメント0.9gやBux1.5g、ウィーパー0.9gでも釣れましたが、最高のパターンはNOA0.9gでのフォール→ボトムトレース→巻きに抵抗があったところでの巻きアワセ。
ほぼ入れ食い状態で10数匹キャッチ。

最後は魚の姿を見て釣りたかったので、北3号池にてディープクラピーで上がり鱒。


釣果:93匹(ニジマス・ホウライ多数:20~30センチ台・イワナ1:30センチ台)
これまでのトータル:1268匹

今日のヒットルアー


夕飯にラーメンを食べた後、移動する気力も起きないまま駐車場にて再び轟沈しました…

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
新しいラインへの期待と、可能ならば相模川河口でシーバスも!という無謀な計画に興奮して寝付けず、それならと夜中に移動開始。
更に、「せっかく時間があるんだし」と下道で行くことにしました

結果的には実質3時間半の運転。道が変化に富んでいるので眠くもならず、悪くないと思いました。
しかし、途中で休み休みのドライブとはいえ満足に仮眠も取れず、半徹夜状態で到着。フラフラしてます。

さすがに夏休み直後のためか人は少なめ。
一番乗りで南1号池へ行き、PEライン第一投!



な、投げづらい!


伸度ゼロとはこういう事か!と今更ながら。
ロッドのしなりも変わってしまうため、タダでさえシビアなロッドのリリースポイントが更に狭くなります。

何とか投げられるようになったものの、ルアーのウォブリングと大量の魚体にルアーがぶつかる振動が全て手元に感じられて、もう何がなにやら。
アタリの様な感触があっても、一瞬で弾かれます。
加えて今日は風があるため糸が流されまくり、サミングをやっていてもライントラブルが発生。

結局、一匹も掛けないまま開始10分もしない間にバックラッシュ2連発となり、あえなくリタイヤ。
(ちなみに、その後巻き直してすぐに使ったいつものラインでは、実質7時間弱の釣行でライントラブルはゼロでした。)
決してPEラインそのものが悪いというわけではなく、ロッドとのバランスの問題だと思います。

気を取り直し、いつものスタイルにて釣りを再開。
ウィーパー0.9gカキノタネでまずは一匹。

自作GROWのフラットフィッシュでもキャッチ。

その後は、フックの無いテールをつつかれまくりで乗らず。

今日は涼しくて過ごしやすいのですが、急に冷え込んだためか魚の動きはスロー。
早くもスナッキーSなどを投入する始末。

今日の密かな目標は、「明るい内に南3号池で釣る」だったのですが、釣ったのは高田さん。
60UPと思しきホウライと50センチはあろうかというニジマスを、10分ほどの間に連発されていました。

流石です。

その後、南1号池にて最初の放流。しかし3匹ほどしか釣れず。
しばらく粘ってM2の餌色で数匹追加した後、南池に見切りを付けて北池へ。

朝イチは南池が貸し切り状態でしたが、今度は北池がプチ貸し切り状態。
北3号池には3名ほど先行者が居ましたが、しばらくすると私とフライの方のみ。

引き続きM2で数匹。NOA0.6gの餌色でも連発。

NOA0.9gメタリックグリーンでは9キャスト9バイト3キャッチ3バラシ3乗らず。

これだけで10匹ほどキャッチ。

同黒で追加した後、あまりに活性が高いので同蛍光イエローにしたところ更に釣れ、ならばと鱒玄人2.9gプレッシャーインパクトを投げれば即バイト。

ついには同放流赤金でもキャッチ。
サイズ、色共に完全に順番が反対です。う~む、攻め方間違えたか…

その後も順調に釣り続き、北3号池での一時間半(場所移動無し)だけで35匹をキャッチ。
もう数釣りはお腹一杯。

お昼前に南1号にて、ファーストミノーブラウンヤマメと自作GROWで数匹釣れた後、プリズムリーフ2.3g自作GROWにイワナがバイト。

お昼の後はチョイ投げセットに持ち替え。

南→北と移動しながら、出番の少ないプラグの動きのチェックをメインに、時速5匹ペースでまったり過ごしました。

それでも、自作GROWのフラクラは、北池で15分5キャッチ。


このフラクラ、全身に厚化粧した夜光塗料による(ウエイトは付けていないにも関わらずの)スローシンキングと不規則なシルエットのためか、他のフラクラでは不可能なデッドスローでのふらつきアクションが可能となっています。まさに偶然の産物。

15時過ぎになると睡魔に勝てず、かといって駐車場は暑いので、北4号池脇のベンチで轟沈。目が覚めたのは17時過ぎでした。

再び北3号池で蛍光色のスプーンやGROWフラクラで遊び、暗くなってからは北2号池で、自作GROWのディープクラピーやMIU2.2gGROWでプチ連発。

完全に陽が落ちたところで、南3号池に挑戦するも空振り。30分で退散し、再び北2号池へ。

以前より仕込んでいたものの釣果がなかったフラクラSRマットホワイト+お腹夜光テープで待望のキャッチ。

しばらくは表層で釣れた後、一気に棚が下がり、ボトムパターンへ。
色は黒。マーシャルトーナメント0.9gやBux1.5g、ウィーパー0.9gでも釣れましたが、最高のパターンはNOA0.9gでのフォール→ボトムトレース→巻きに抵抗があったところでの巻きアワセ。
ほぼ入れ食い状態で10数匹キャッチ。

最後は魚の姿を見て釣りたかったので、北3号池にてディープクラピーで上がり鱒。


釣果:93匹(ニジマス・ホウライ多数:20~30センチ台・イワナ1:30センチ台)
これまでのトータル:1268匹

今日のヒットルアー


夕飯にラーメンを食べた後、移動する気力も起きないまま駐車場にて再び轟沈しました…

スポンサーサイト

【2006/09/07 01:03】 | その他の管理釣り場
トラックバック(1) |


まにゃぱぱ
凄いハードですね。
PEは私もトラウトに使っています。渋谷サンスイのお勧めでチタニウムブレードを使用しています。
ロッドが違うせいでしょうか、ライントラブルは経験がありません。
お試しになっても良いかもしれませんよ。
ちなみに、ナイロンでラインシステムを組んでいます(汗)。



たか
>まにゃぱぱさん
当初は低伸縮の月下美人ナイロンを試そうかと思ったのですが、全く目に出来ず、ならばいっそのことと伸度ゼロに挑戦してみたのですが…
ナイロンラインのショックリーダーも試そうとしたのですが、どういう訳か抜けまくってしまい、直結になりました。
シーバスでは問題無かったのですが、我流のFGノット故、ブランクでどこかで間違えている可能性が大です。
チタニウムブレード!
釣具屋さんで見掛けた瞬間、その値段に固まった覚えがあります。ハイ
なにぶん、私の竿はバットがほとんど曲がらないので、やっぱりある程度の伸縮性があった方が良いみたいです。
イトウも60upホウライも揚げてくれた信頼ラインなので、当面は変えない予定です。アドバイスありがとうございました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
凄いハードですね。
PEは私もトラウトに使っています。渋谷サンスイのお勧めでチタニウムブレードを使用しています。
ロッドが違うせいでしょうか、ライントラブルは経験がありません。
お試しになっても良いかもしれませんよ。
ちなみに、ナイロンでラインシステムを組んでいます(汗)。
2006/09/07(Thu) 23:52 | URL  | まにゃぱぱ #79D/WHSg[ 編集]
>まにゃぱぱさん
当初は低伸縮の月下美人ナイロンを試そうかと思ったのですが、全く目に出来ず、ならばいっそのことと伸度ゼロに挑戦してみたのですが…
ナイロンラインのショックリーダーも試そうとしたのですが、どういう訳か抜けまくってしまい、直結になりました。
シーバスでは問題無かったのですが、我流のFGノット故、ブランクでどこかで間違えている可能性が大です。
チタニウムブレード!
釣具屋さんで見掛けた瞬間、その値段に固まった覚えがあります。ハイ
なにぶん、私の竿はバットがほとんど曲がらないので、やっぱりある程度の伸縮性があった方が良いみたいです。
イトウも60upホウライも揚げてくれた信頼ラインなので、当面は変えない予定です。アドバイスありがとうございました。
2006/09/09(Sat) 01:55 | URL  | たか #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TB失礼します。これから釣りを趣味にする人に必要な情報を集めました。海釣りから渓流釣りまで釣りのポイント情報もあります。他には・・・...
2006/09/07(Thu) 02:16:00 |  釣りを趣味にする情報(海..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。