上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

今日は王禅寺の2号池解禁日。

私も環八の途中まで行ったのですが、思ったより道が混んでいて半端な時間に着きそうなのと、前回の静岡遠征での車中泊で体を冷やして以来の風邪が未だ回復しない(そのくせ遠征とかしている始末なので尚更)ため、王禅寺&運動会効果で人が少ないであろうガーデンへ転進。
思った通り人は少なめ。ルアー池ですら20人も居ません。
3時間券を買い、民家側流れ出し右に陣取ってスタート。

魚の活性は高く、動きは活発。しかも、大きいヤツらがやたらと「ボチャボチャッ」「ビビビッ」と跳ねまくっています。
「でも、これくらい動きが激しいと、かえってルアーは追わないんだよなあ…」との心配通り、魚が動いている上の方では反応がありません。
徐々に棚を下げつつ、サイズと色を小さく地味にしていったところ、マーシャルトーナメント0.9g1091カラーでようやくキャッチ。


このまま続けようとしましたが、私の立ち位置は朝日がもろに真正面で水面がギラギラ。眩しくてしょうがないので対岸に移動。
土曜の朝イチ30分経過でも、今日は移動出来るんです。

表面水温が上がってきたのか魚が浮いてきたので、マーシャルトーナメント0.9g、NOA0.6&0.9g、ウィーパー0.9gをローテーションしますが、追う気配すらなし。
「これは、シルエットが大きい方が良いのか?」と、プリズムリーフ1.7gオリカラ・メキシカンサンド/オレンジをキャスト。水面直下をトレースすると、

ビンゴ!

この後、しばらくはプリズムリーフ1.7gに好反応。色に関しては1バイトでスレるので、マメにカラーチェンジして計5バイト2キャッチ。

3匹目はカーキで。

他に反応があった色は、フレッシュ(肌色)とオレンジ。茶色やオリーブ、白などには無反応。
引き方は、ロッドを高く上げて水面直下をキープし、イレギュラーにふらつきつつ泳ぐギリギリの速度を維持した時だけバイトがあり。

プリズム祭りも終了し、陽が上がってきてからはめっきり厳しくなりました。
再び対岸に移動し、中央付近で仕切直してみたものの全く釣れません。
私の左にいる方は、月末のイマージュカップのプラでしょうか、イマージュのスプーンだけでかなりのハイペースで釣っています。

また、右側にはTOMさんご一行がいらっしゃったのですが、何しろ(私が)釣れないので話し掛けるどころではなく、とうとうタイミングを逃してしまいました。dekoponさん、やたらとジロジロ見ていて失礼致しました。TOMさんは大物をバシバシ掛けてらっしゃいました。

8時過ぎに放流があり、ドーナ2gオリカラ・放流赤金モドキで3匹。

落ち着いた後は、マーシャルトーナメント0.9gフラッシュグリーンで1匹追加。


計7匹で最初の3時間は終了。

このままでは終われないので、6時間券に延長。
しかし、相変わらず(私の)スプーンには反応が無く、どっと疲れが出てきたのでディープクラピーのクリア(サウザンペレット)を座ってデロデロと引いていると40分ぶりのヒット。


しばらくクラピーをローテーションしながら半分寝ている内に気力が回復したので、1号池に移動。

1号池の釣り人は10人以下。魚もルアー池に比べて浮いています。
その期待通り、NOA0.6gで10分2キャッチ。



10時半頃に放流があり、誰もいなかったので放流ポイント脇に移動して4キャッチ。
落ち着いた後のフォローに、仕込んだばかりのプリズムリーフ1.7g半月モドキを投入すると、追いは抜群にあったものの乗らず。
しばらく時間が経ってから、KFSスプーン0.8gうすだいだいと、マーシャルトーナメント0.9gブラウンで1匹ずつ追加。

その後は何を投げても反応が無く、最後の手段と対岸際に打ち込んだCHEATER1.2gCCB(オオツカオリカラ)モドキに着水バイト。

カラーCを、カラーパレットのダークオリーブで塗りました。

ラスト30分はノーバイトのまま終了。

釣果:17匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:1349匹

終わってみれば、後半3時間は何とか二桁。
それでも「釣れなかった…」とぼやいたのは、多少なりとも成長したからでしょうか。

今日のヒットルアー


今日の反省
前半は、プリズムリーフで粘れば良かったかも。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
思った通り人は少なめ。ルアー池ですら20人も居ません。
3時間券を買い、民家側流れ出し右に陣取ってスタート。

魚の活性は高く、動きは活発。しかも、大きいヤツらがやたらと「ボチャボチャッ」「ビビビッ」と跳ねまくっています。
「でも、これくらい動きが激しいと、かえってルアーは追わないんだよなあ…」との心配通り、魚が動いている上の方では反応がありません。
徐々に棚を下げつつ、サイズと色を小さく地味にしていったところ、マーシャルトーナメント0.9g1091カラーでようやくキャッチ。


このまま続けようとしましたが、私の立ち位置は朝日がもろに真正面で水面がギラギラ。眩しくてしょうがないので対岸に移動。
土曜の朝イチ30分経過でも、今日は移動出来るんです。

表面水温が上がってきたのか魚が浮いてきたので、マーシャルトーナメント0.9g、NOA0.6&0.9g、ウィーパー0.9gをローテーションしますが、追う気配すらなし。
「これは、シルエットが大きい方が良いのか?」と、プリズムリーフ1.7gオリカラ・メキシカンサンド/オレンジをキャスト。水面直下をトレースすると、

ビンゴ!

この後、しばらくはプリズムリーフ1.7gに好反応。色に関しては1バイトでスレるので、マメにカラーチェンジして計5バイト2キャッチ。

3匹目はカーキで。

他に反応があった色は、フレッシュ(肌色)とオレンジ。茶色やオリーブ、白などには無反応。
引き方は、ロッドを高く上げて水面直下をキープし、イレギュラーにふらつきつつ泳ぐギリギリの速度を維持した時だけバイトがあり。

プリズム祭りも終了し、陽が上がってきてからはめっきり厳しくなりました。
再び対岸に移動し、中央付近で仕切直してみたものの全く釣れません。
私の左にいる方は、月末のイマージュカップのプラでしょうか、イマージュのスプーンだけでかなりのハイペースで釣っています。

また、右側にはTOMさんご一行がいらっしゃったのですが、何しろ(私が)釣れないので話し掛けるどころではなく、とうとうタイミングを逃してしまいました。dekoponさん、やたらとジロジロ見ていて失礼致しました。TOMさんは大物をバシバシ掛けてらっしゃいました。

8時過ぎに放流があり、ドーナ2gオリカラ・放流赤金モドキで3匹。

落ち着いた後は、マーシャルトーナメント0.9gフラッシュグリーンで1匹追加。


計7匹で最初の3時間は終了。

このままでは終われないので、6時間券に延長。
しかし、相変わらず(私の)スプーンには反応が無く、どっと疲れが出てきたのでディープクラピーのクリア(サウザンペレット)を座ってデロデロと引いていると40分ぶりのヒット。


しばらくクラピーをローテーションしながら半分寝ている内に気力が回復したので、1号池に移動。

1号池の釣り人は10人以下。魚もルアー池に比べて浮いています。
その期待通り、NOA0.6gで10分2キャッチ。



10時半頃に放流があり、誰もいなかったので放流ポイント脇に移動して4キャッチ。
落ち着いた後のフォローに、仕込んだばかりのプリズムリーフ1.7g半月モドキを投入すると、追いは抜群にあったものの乗らず。
しばらく時間が経ってから、KFSスプーン0.8gうすだいだいと、マーシャルトーナメント0.9gブラウンで1匹ずつ追加。

その後は何を投げても反応が無く、最後の手段と対岸際に打ち込んだCHEATER1.2gCCB(オオツカオリカラ)モドキに着水バイト。

カラーCを、カラーパレットのダークオリーブで塗りました。

ラスト30分はノーバイトのまま終了。

釣果:17匹(ニジマス:20~30センチ台)
これまでのトータル:1349匹

終わってみれば、後半3時間は何とか二桁。
それでも「釣れなかった…」とぼやいたのは、多少なりとも成長したからでしょうか。

今日のヒットルアー


今日の反省
前半は、プリズムリーフで粘れば良かったかも。

スポンサーサイト

【2006/09/17 22:06】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。