上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

♪昨日は運動会で釣りが出来るぞ~
 釣りが出来る出来るぞ~釣りが出来るぞ~

♪今日は雨のナイターで釣りが出来るぞー
 釣りが出来る出来るぞ~釣りが出来るぞ~


古来より、酒飲みは何かと理由を付けて飲むと言いますが、釣バカは何かと理由を付けて釣りに行くわけです。
雨のナイターとあって、先日に続いて人は少なめ。といっても、全体では車は30台位はありますけれど。

いつも通り最初は1号池で。揃えたばかりのNOA2.6g蛍光ピンクを試しに投げてみると一投目でヒット。
やはり低水温+低プレッシャーで活性が高いのか、あまりに元気で暴れまくったので写真は撮れずにリリース。

すぐに反応は無くなったので、同1.8g黒で追加。カウントは3。

棚は下がり目か?

1号池はここまでで、フライ池へ移動。土手側流れ出し付近へ。
解放直後のプリズムリーフ1.7g自作GROWにはやっぱり無反応。
う~ん、夏の頃のあのお祭り状態は何処に行ってしまったのでしょうか?

黒でやや下の棚を探ってもアタリすら無し。
中央寄りに移動し、「もしかして浮いてるのか?」と、マーシャルトーナメント0.9gオリカラ・つや消し黒で水面直下をスローに探るとビンゴ。


池の中央より向こう側までキャストし、ロッドをやや立て気味のスロー引きがパターン。プチ入れ食い状態で15分で6キャッチ。
バイトは浅く、ラインで合わせるとことごとくバラシ。
ラインに変化が出てもグッと我慢してから巻き合わせるとヒット。

その後は棚が下がり、プリズムリーフ1.7g自作GROWのカウント3で1匹。

NOA01.8g黒の同じくカウント3で10匹目。


先行者が3人しかいないルアー池に移動し、付けたままのNOA1.8g黒の一投目でキャッチ。


しかし、その後は僅かにアタリがあるだけ。
回りの人達も連れていない様子だったので15分足らずで見切って再びフライ池へ。

今度は通路側の中央寄り。
棚は下がっているし、動きはスローと予想して、再びマーシャルトーナメント0.9gオリカラ・つや消し黒でカウント5からのスロー引きで3匹連荘。


反応が薄れたところで波動のローテーション。
ティアロ0.9g黒(黄色縁取り)でも2匹追加。


その後、とりわけ強烈なファイトの末に上がってきたのは良型のサクラマス。

しかし、

微妙~

確か、多くの大会のルールではスレ掛かりはエラがその境目だったと記憶していますが、これはどうでしょうか?
とりあえず、自分的にはノーカウントで。

またスレたので、今度はNOA0.9g黒にすると3キャスト3キャッチ。


ここまで全て、カウントは5。実際に引いたレンジは、水面下50センチ位でしょうか。
ロッドを寝かしてウォブリングを強くしてのスロー引きにのみ反応がありました。
アタリは小さく、ラインで取らないと乗らない状況。

いよいよ当たらなくなったので、リアクション狙いでマーシャルトーナメント0.9g市販GROWで1キャッチ。

しばらく止んでいた雨が再び降り出したので、アピールの強いティアロで前回のナイターのラストで釣果のあった流れ出しへ打ち込むと2連発。強い、強いよティアロ。

終了時間ギリギリのキャストでなかなかの良型がヒット、お、重いぞ!

イトウ君でした。

これまで釣ったイトウは単に左右へユラーと泳ぐだけでしたが、おそらく放流されたばかりのこの若いイトウはニジマスの様にグイグイと引き、時にはジャンプまでして楽しませてくれました。

これを上がり鱒(イトウだけど)として、気分良く終了。

釣果:22匹(ニジマス20:20~30センチ台・イトウ1:45センチ位)
半スレ掛かり:サクラマス1:30センチ台後半
これまでのトータル:1371匹

今日のヒットルアー

ティアロ、裾野ナイターで試したい…

今日の反省
上から丁寧に攻めるべき。


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
雨のナイターとあって、先日に続いて人は少なめ。といっても、全体では車は30台位はありますけれど。

いつも通り最初は1号池で。揃えたばかりのNOA2.6g蛍光ピンクを試しに投げてみると一投目でヒット。
やはり低水温+低プレッシャーで活性が高いのか、あまりに元気で暴れまくったので写真は撮れずにリリース。

すぐに反応は無くなったので、同1.8g黒で追加。カウントは3。

棚は下がり目か?

1号池はここまでで、フライ池へ移動。土手側流れ出し付近へ。
解放直後のプリズムリーフ1.7g自作GROWにはやっぱり無反応。
う~ん、夏の頃のあのお祭り状態は何処に行ってしまったのでしょうか?

黒でやや下の棚を探ってもアタリすら無し。
中央寄りに移動し、「もしかして浮いてるのか?」と、マーシャルトーナメント0.9gオリカラ・つや消し黒で水面直下をスローに探るとビンゴ。


池の中央より向こう側までキャストし、ロッドをやや立て気味のスロー引きがパターン。プチ入れ食い状態で15分で6キャッチ。
バイトは浅く、ラインで合わせるとことごとくバラシ。
ラインに変化が出てもグッと我慢してから巻き合わせるとヒット。

その後は棚が下がり、プリズムリーフ1.7g自作GROWのカウント3で1匹。

NOA01.8g黒の同じくカウント3で10匹目。


先行者が3人しかいないルアー池に移動し、付けたままのNOA1.8g黒の一投目でキャッチ。


しかし、その後は僅かにアタリがあるだけ。
回りの人達も連れていない様子だったので15分足らずで見切って再びフライ池へ。

今度は通路側の中央寄り。
棚は下がっているし、動きはスローと予想して、再びマーシャルトーナメント0.9gオリカラ・つや消し黒でカウント5からのスロー引きで3匹連荘。


反応が薄れたところで波動のローテーション。
ティアロ0.9g黒(黄色縁取り)でも2匹追加。


その後、とりわけ強烈なファイトの末に上がってきたのは良型のサクラマス。

しかし、

微妙~

確か、多くの大会のルールではスレ掛かりはエラがその境目だったと記憶していますが、これはどうでしょうか?
とりあえず、自分的にはノーカウントで。

またスレたので、今度はNOA0.9g黒にすると3キャスト3キャッチ。


ここまで全て、カウントは5。実際に引いたレンジは、水面下50センチ位でしょうか。
ロッドを寝かしてウォブリングを強くしてのスロー引きにのみ反応がありました。
アタリは小さく、ラインで取らないと乗らない状況。

いよいよ当たらなくなったので、リアクション狙いでマーシャルトーナメント0.9g市販GROWで1キャッチ。

しばらく止んでいた雨が再び降り出したので、アピールの強いティアロで前回のナイターのラストで釣果のあった流れ出しへ打ち込むと2連発。強い、強いよティアロ。

終了時間ギリギリのキャストでなかなかの良型がヒット、お、重いぞ!

イトウ君でした。

これまで釣ったイトウは単に左右へユラーと泳ぐだけでしたが、おそらく放流されたばかりのこの若いイトウはニジマスの様にグイグイと引き、時にはジャンプまでして楽しませてくれました。

これを上がり鱒(イトウだけど)として、気分良く終了。

釣果:22匹(ニジマス20:20~30センチ台・イトウ1:45センチ位)
半スレ掛かり:サクラマス1:30センチ台後半
これまでのトータル:1371匹

今日のヒットルアー

ティアロ、裾野ナイターで試したい…

今日の反省
上から丁寧に攻めるべき。


スポンサーサイト

【2006/09/18 21:16】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。