上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月頃からほぼ毎日の様に繰り返されてきた(主に湯船での)幾度のテストを経て、漸く使用ルアーが決まりました。
結果としては、1引き速度1アイテムにバッサリと絞り込みました。
ルアーの使い分けについては、様々な見解があると思います。

私自身、色・動き・レンジ・重さ・サイズなどによる釣果の変化は多少なりとも経験してきました。
その結果、状況に応じたルアーの使い分けにこだわる様になり、ルアーの(主にスプーンの)数はどんどん増えていってしまいました。
もちろん、それは釣果を揚げるための一つの答えと言えます。
むしろ、これまでの私の釣果はほぼ全てそのおかげです。

しかし私の場合、それは同時に迷いの元凶になってしまいました。それに、経済的にもやっぱり大変。

反面、「キャスト→リトリーブ→ピックアップ」の一連の過程における自分自身の意図的かつ能動的な部分が多いほど、「釣った」満足感は多くなります。
例えばルアーのイレギュラーなアクションや色・動きのローテーションによる偶発的なヒットでは、「狙って釣った」という満足感は得にくいですよね(意図的なローテーションの場合は、別の満足感があると思います)。

誤解しないで頂きたいのは、そういった釣り方や動きのルアーが悪いと言っている訳ではないということです。
ここで善し悪しを論じるつもりはありませんし、それ以前に、釣りに善し悪しなんてあるとは思っていません(マナーの善し悪しはあるでしょうが)。

ただ、最近特に意識する様になった「管理釣り場を楽しむ」(By takadaさん)という命題を念頭に置いた時に、ワレットやケースから溢れんばかりのルアーが重荷に感じる様になってきました。
つまりは、楽しめない。

もちろん「管釣りの楽しみ方」の定義は人それぞれですが、少なくとも私の場合、「満足感」がその要素の一つとして挙げられます。
すなわち「釣った」という実感。

以上の様なことを悶々と考え続けた結果、ルアーを思い切り絞り込むことにしました。
動きのローテーションが大事なのは分かっているのですが、例えば2種類の動きを使い分けようとしても、結局3種類・4種類と妄想が膨らんでしまうので却下。
動きはロッドワークやリーリングで試行錯誤します(=満足感への布石)。
その代り、色には垣根無し。特に手塗りやアワビ張りチューンなどのオリカラで遊びの要素を取り入れたいと考えています(=楽しむための布石)。

肝心のルアー(スプーン)選定の要素ですが
○安定して動く(イレギュラーアクションやスライドフォールをしない)。
○釣果の実績がある。
○好みの色が揃っている。
○比較的入手しやすい。

以上を踏まえて実釣を重ねつつあーだこーだした結果、以下の様になりました。

1g以下
ウィーパー0.9g
実績抜群。迷いませんでした。
誰ですか?以前手放したのは。

1g台
PAL1.6g
このサイズが最も選定に悩みましたが、動きの素直さと引き速度&ウォブ→ロールの調整幅の広さで決定。

2g台
L・E-ON2.5g
けんたさんが「試しにどうぞ」と下さった7枚がきっかけ(その節はありがとうございました)。
2g台では抜群の安定感。超優等生(By gomaさん)です。
よりゆっくり引ける2.1gと迷いましたが、飛距離と対応幅の広さで決定。

3g台
ベスパ3.2g
これまで全く出番はありませんでしたが、実は密かに使ってみたかった一品。
ややイレギュラーアクションが入りますが、遠投ではそれほど気にならないかと。

以上が基本ラインナップ。

以下、特殊部隊。

放流対策部隊(ここは、魚を飽きさせない様にあえてイレギュラーアクション中心です)
放流直後の赤金・ピンク金など。
ドーナ2g
MIU2.2g
スピナー
NOABOSS4.4


放流効果が治まり始めた頃の、光りモノ・蛍光色等。
ベスパ2.2g
ヴァーサス2g
プリズムリーフ1.7g&2.3g
マーシャルトーナメント0.9g

プリズムリーフは、手塗りのGROWも仕込んであります。

超遅引き部隊
ペレスプ1.6g
コテコテとした引き心地が何だかお気に入り。
ボトムの超スローを試してみたいです。
全面塗りチューンもぼちぼちと。

超表層スロー引き部隊
NOA0.6g&KFS0.8g
主に餌色とナイター用の仕込みが中心。

黄金虫部隊
NOA0.9g・1.4gのメタリックグリーン
早戸での爆発力が忘れられずに残留。

大遠投遅引き部隊
ペレスプ2.3g
とにかく気持ちの良い飛距離。
釣れるかどうかよりも、「かっ飛ばす」爽快感の為に残留。

ここで一匹!部隊
TIPSY1.8g&CHEATER0.6g・1.2g
何やっても釣れん!という窮地を何度も救ってくれた精鋭達。
精鋭過ぎて全部で3色しかありません。

以上を1列6面のワレットに(放流部隊は、フックケースも兼ねたミニワレットに)押し込んで完了。

ちなみにプラグですが、メインであるクランクはフラクラMRに一本化。
あとはファーストミノーSP、Pio、クリックホッパー、トラウトチューンなど。
他にもいくつか細々とありますが、フラクラ以外は色もかなり絞り込んであります。
ケースも、ワレットとさほど変わらない大きさのものが一つだけ。

色々とご意見もあるかと思いますし、「管釣りを攻略する」という観点からすれば隙間だらけなラインナップなのは百も承知。
それでも、今現在のすっきりした気分は何ものにも代え難いと実感しています。
そして、明らかに弾不足な装備で戦場(釣場)に向かう緊張感を想像すると、今からとても楽しみなのです。

そんなこんなですっかりスカスカになったワンサイドショットを肩に掛け、今後は身軽に釣行予定。
まずは29日、前日550k放流の川水へ!
061227.jpg

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ルアーの使い分けについては、様々な見解があると思います。

私自身、色・動き・レンジ・重さ・サイズなどによる釣果の変化は多少なりとも経験してきました。
その結果、状況に応じたルアーの使い分けにこだわる様になり、ルアーの(主にスプーンの)数はどんどん増えていってしまいました。
もちろん、それは釣果を揚げるための一つの答えと言えます。
むしろ、これまでの私の釣果はほぼ全てそのおかげです。

しかし私の場合、それは同時に迷いの元凶になってしまいました。それに、経済的にもやっぱり大変。

反面、「キャスト→リトリーブ→ピックアップ」の一連の過程における自分自身の意図的かつ能動的な部分が多いほど、「釣った」満足感は多くなります。
例えばルアーのイレギュラーなアクションや色・動きのローテーションによる偶発的なヒットでは、「狙って釣った」という満足感は得にくいですよね(意図的なローテーションの場合は、別の満足感があると思います)。

誤解しないで頂きたいのは、そういった釣り方や動きのルアーが悪いと言っている訳ではないということです。
ここで善し悪しを論じるつもりはありませんし、それ以前に、釣りに善し悪しなんてあるとは思っていません(マナーの善し悪しはあるでしょうが)。

ただ、最近特に意識する様になった「管理釣り場を楽しむ」(By takadaさん)という命題を念頭に置いた時に、ワレットやケースから溢れんばかりのルアーが重荷に感じる様になってきました。
つまりは、楽しめない。

もちろん「管釣りの楽しみ方」の定義は人それぞれですが、少なくとも私の場合、「満足感」がその要素の一つとして挙げられます。
すなわち「釣った」という実感。

以上の様なことを悶々と考え続けた結果、ルアーを思い切り絞り込むことにしました。
動きのローテーションが大事なのは分かっているのですが、例えば2種類の動きを使い分けようとしても、結局3種類・4種類と妄想が膨らんでしまうので却下。
動きはロッドワークやリーリングで試行錯誤します(=満足感への布石)。
その代り、色には垣根無し。特に手塗りやアワビ張りチューンなどのオリカラで遊びの要素を取り入れたいと考えています(=楽しむための布石)。

肝心のルアー(スプーン)選定の要素ですが
○安定して動く(イレギュラーアクションやスライドフォールをしない)。
○釣果の実績がある。
○好みの色が揃っている。
○比較的入手しやすい。

以上を踏まえて実釣を重ねつつあーだこーだした結果、以下の様になりました。

1g以下
ウィーパー0.9g
実績抜群。迷いませんでした。
誰ですか?以前手放したのは。

1g台
PAL1.6g
このサイズが最も選定に悩みましたが、動きの素直さと引き速度&ウォブ→ロールの調整幅の広さで決定。

2g台
L・E-ON2.5g
けんたさんが「試しにどうぞ」と下さった7枚がきっかけ(その節はありがとうございました)。
2g台では抜群の安定感。超優等生(By gomaさん)です。
よりゆっくり引ける2.1gと迷いましたが、飛距離と対応幅の広さで決定。

3g台
ベスパ3.2g
これまで全く出番はありませんでしたが、実は密かに使ってみたかった一品。
ややイレギュラーアクションが入りますが、遠投ではそれほど気にならないかと。

以上が基本ラインナップ。

以下、特殊部隊。

放流対策部隊(ここは、魚を飽きさせない様にあえてイレギュラーアクション中心です)
放流直後の赤金・ピンク金など。
ドーナ2g
MIU2.2g
スピナー
NOABOSS4.4


放流効果が治まり始めた頃の、光りモノ・蛍光色等。
ベスパ2.2g
ヴァーサス2g
プリズムリーフ1.7g&2.3g
マーシャルトーナメント0.9g

プリズムリーフは、手塗りのGROWも仕込んであります。

超遅引き部隊
ペレスプ1.6g
コテコテとした引き心地が何だかお気に入り。
ボトムの超スローを試してみたいです。
全面塗りチューンもぼちぼちと。

超表層スロー引き部隊
NOA0.6g&KFS0.8g
主に餌色とナイター用の仕込みが中心。

黄金虫部隊
NOA0.9g・1.4gのメタリックグリーン
早戸での爆発力が忘れられずに残留。

大遠投遅引き部隊
ペレスプ2.3g
とにかく気持ちの良い飛距離。
釣れるかどうかよりも、「かっ飛ばす」爽快感の為に残留。

ここで一匹!部隊
TIPSY1.8g&CHEATER0.6g・1.2g
何やっても釣れん!という窮地を何度も救ってくれた精鋭達。
精鋭過ぎて全部で3色しかありません。

以上を1列6面のワレットに(放流部隊は、フックケースも兼ねたミニワレットに)押し込んで完了。

ちなみにプラグですが、メインであるクランクはフラクラMRに一本化。
あとはファーストミノーSP、Pio、クリックホッパー、トラウトチューンなど。
他にもいくつか細々とありますが、フラクラ以外は色もかなり絞り込んであります。
ケースも、ワレットとさほど変わらない大きさのものが一つだけ。

色々とご意見もあるかと思いますし、「管釣りを攻略する」という観点からすれば隙間だらけなラインナップなのは百も承知。
それでも、今現在のすっきりした気分は何ものにも代え難いと実感しています。
そして、明らかに弾不足な装備で戦場(釣場)に向かう緊張感を想像すると、今からとても楽しみなのです。

そんなこんなですっかりスカスカになったワンサイドショットを肩に掛け、今後は身軽に釣行予定。
まずは29日、前日550k放流の川水へ!
061227.jpg

スポンサーサイト

【2006/12/27 22:44】 | もろもろ
トラックバック(0) |


goma
どんどんデブになっていく私のバッグですが、何か?

私は感覚でしか釣りが出来ないアングラーだと最近気づきました。
私のルアーチェンジ←何となくです(笑)

そんな私で宜しければ遊んでやって下さい♪

>550Kg
400Kgは予約したい心境です。


たか
■gomaさん
私はこだわりすぎて自滅するアングラーだと再確認しました(笑)
あの膨大なラインナップからきっちり正解を探し出す直感(?)は、私には全く真似できません!

川水、こちらこそよろしくお願いします。
gomaさんにイトウが掛かった暁には、腰へのダメージを最小限に留めるべく魚紳さん並のランディングサポートで臨む心境です(タオルを右手に巻きながら)。


t-fuku
大分、整理できたようで、すごい進歩に感じます。

もちろん、考え方や楽しみかたは人それぞれ。

私からひとつアドバイスをさせていただければ、
後足りないのは・・・

「気を抜くルアー」が必要かな~と思います。
「魚を釣るのではなく魚のバイトを楽しむルアー」とでもいいましょうか・・・

つまり「トップ」です(笑)

1個でいいです。BOXの片隅に入れておいてください。
次回お会いしたときにはこれで勝負しましょう!(笑)


ゴリ
おお、遂にセレクション完了ですね!
最初から他の選択肢を無視して一つに絞っている私には、あれこれと目移りしてとても絞り込めそうにありません。
こだわり満載の精鋭の選考過程や思い入れ、次お会いできるときが楽しみです。(笑)
明日の釣行、頑張ってくださいね!


たか
■t-fukuさん
>すごい進歩に感じます。
ありがとうございます!
っといっても、漸く新たなスタートラインに立てたという所でしょうか。

トップウォーター、遊びの要素として是非追加します。
「あっかんべ~」なんて面白そうですね。

■ゴリさん
事の始まりはゴリさんの記事でした。
何だかんだでだいぶ遠回りを(しかも2周ほど)してしまった感がありますが、これも必要な時間だったのだと言い聞かせています。

春休み遠征、柿田なんていかがですか?

新しい門出のようじゃのう。。
元釣りバカ師匠
うむぅ。ルアー選定にはこんな理由があったのじゃのう。
オヌシに釣りを教えた時はまさかここまでハマるとは夢にも思わなかった。今じゃトラウトに関してはワシ以上の知識を有し、すでに越えておる。素晴らしい成長ぶりじゃ。
釣りは一期一会。魚はトラウトだけではない。
道具も一期一会。ワシの道具がなんの脈絡もこだわりもなく、不完全なのもこれが理由。全ての出会いを楽しむのだ。
オヌシには更なる釣りの幅を広げて欲しいと思っておる。
新たなステージへ踏み出すがよい。期待しておるぞ。




TOPPO
大阪からでございます。
スプーンの選定大変でしたね。そりゃ、たかさん程数を持っていれば迷いますわ!(笑)
ボクはMIU1.5・2.2gをお店に置いてある分は全て揃えました。
基本的には管釣り行ってもMIUしか投げないです(^^♪
MIUに決めたのは「なんとなく良く釣れるから」ですかね!
そんなこんなで大阪では適当に管釣りで遊んでおります。
新年は新調したシーバスロッド(ラグゼソルテージチータ)を振り回しに、大阪湾に出撃してきます。




けんた
増やす事は簡単でも、厳選するのは難しいですよね。(苦笑)

ボクの今年後半は、一つのスプーンで出来る事を多く見付けるられるようにし、カラーローテはしてもルアーチェンジをしない楽しみ方をやってました。

>魚を釣るのではなく魚のバイトを楽しむルアー
漁や大会などでは要らないのかもしれませんが、楽しさを求める事も必要ですね。
勝負に混ぜてください!!(笑)

では良いお年を!!


たか
■元釣りバカ師匠さん
去年の8月にMIU5枚とプレッソミノー1個から始まったタックルが、紆余曲折を経てこんな事になりました。
いくらつぎ込んだかの計算は無用です。無用なのです。

■TOPPOさん
大阪湾は今日も釣れてますか?いいなあ…海が近くて。
荒川には先月末に1回だけ行ったのですが、明らかに時期を逸していたので無人の川辺でキャストの練習となりました(よって、釣行記も無し)。
MIU一本という選択肢も、迷いが無くて良いですね。
あれ?ガーデンで70up釣ったのはアルフだと聞いた覚えが…

■けんたさん
その節はありがとうございました!
>カラーローテはしてもルアーチェンジをしない楽しみ方をやってました。
はい、東山でまざまざと見せつけれられました。
あれが決定打(致命傷?)だったと言っても過言ではありません。

>勝負に混ぜてください!!(笑)
トップ勝負、是非是非柿田で!

こんばんは
ボウズマン
30日に浜名湖フィッシング。31日にジュネスに行ってきました。ともに
家族を待たせないように朝2時間の短時間で!浜名湖は強風で大変でした。人も多くキャストに気を使い・・・釣果も伸びず4匹です。アワビんい反応よかったです。ジュネスは、暗いうちはスルーのグロウで、日が出てからは反応悪く、ミノーにもあまり反応せず・・・楽に考えていましたが4匹・・・中層がよかったですね。


たか
■ボウズマンさん
あけましておめでとうございます。

状況もさることながら、2時間縛りは大変でしたね。
ジュネスの情報ありがとうございます。
リベンジの参考にさせて頂きます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どんどんデブになっていく私のバッグですが、何か?

私は感覚でしか釣りが出来ないアングラーだと最近気づきました。
私のルアーチェンジ←何となくです(笑)

そんな私で宜しければ遊んでやって下さい♪

>550Kg
400Kgは予約したい心境です。
2006/12/27(Wed) 23:22 | URL  | goma #-[ 編集]
■gomaさん
私はこだわりすぎて自滅するアングラーだと再確認しました(笑)
あの膨大なラインナップからきっちり正解を探し出す直感(?)は、私には全く真似できません!

川水、こちらこそよろしくお願いします。
gomaさんにイトウが掛かった暁には、腰へのダメージを最小限に留めるべく魚紳さん並のランディングサポートで臨む心境です(タオルを右手に巻きながら)。
2006/12/27(Wed) 23:32 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
大分、整理できたようで、すごい進歩に感じます。

もちろん、考え方や楽しみかたは人それぞれ。

私からひとつアドバイスをさせていただければ、
後足りないのは・・・

「気を抜くルアー」が必要かな~と思います。
「魚を釣るのではなく魚のバイトを楽しむルアー」とでもいいましょうか・・・

つまり「トップ」です(笑)

1個でいいです。BOXの片隅に入れておいてください。
次回お会いしたときにはこれで勝負しましょう!(笑)
2006/12/28(Thu) 12:41 | URL  | t-fuku #KGAhWzec[ 編集]
おお、遂にセレクション完了ですね!
最初から他の選択肢を無視して一つに絞っている私には、あれこれと目移りしてとても絞り込めそうにありません。
こだわり満載の精鋭の選考過程や思い入れ、次お会いできるときが楽しみです。(笑)
明日の釣行、頑張ってくださいね!
2006/12/28(Thu) 20:03 | URL  | ゴリ #aivYOXA.[ 編集]
■t-fukuさん
>すごい進歩に感じます。
ありがとうございます!
っといっても、漸く新たなスタートラインに立てたという所でしょうか。

トップウォーター、遊びの要素として是非追加します。
「あっかんべ~」なんて面白そうですね。

■ゴリさん
事の始まりはゴリさんの記事でした。
何だかんだでだいぶ遠回りを(しかも2周ほど)してしまった感がありますが、これも必要な時間だったのだと言い聞かせています。

春休み遠征、柿田なんていかがですか?
2006/12/28(Thu) 20:23 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
新しい門出のようじゃのう。。
うむぅ。ルアー選定にはこんな理由があったのじゃのう。
オヌシに釣りを教えた時はまさかここまでハマるとは夢にも思わなかった。今じゃトラウトに関してはワシ以上の知識を有し、すでに越えておる。素晴らしい成長ぶりじゃ。
釣りは一期一会。魚はトラウトだけではない。
道具も一期一会。ワシの道具がなんの脈絡もこだわりもなく、不完全なのもこれが理由。全ての出会いを楽しむのだ。
オヌシには更なる釣りの幅を広げて欲しいと思っておる。
新たなステージへ踏み出すがよい。期待しておるぞ。

2006/12/29(Fri) 02:25 | URL  | 元釣りバカ師匠 #aAuxo48E[ 編集]
大阪からでございます。
スプーンの選定大変でしたね。そりゃ、たかさん程数を持っていれば迷いますわ!(笑)
ボクはMIU1.5・2.2gをお店に置いてある分は全て揃えました。
基本的には管釣り行ってもMIUしか投げないです(^^♪
MIUに決めたのは「なんとなく良く釣れるから」ですかね!
そんなこんなで大阪では適当に管釣りで遊んでおります。
新年は新調したシーバスロッド(ラグゼソルテージチータ)を振り回しに、大阪湾に出撃してきます。

2006/12/29(Fri) 09:59 | URL  | TOPPO #-[ 編集]
増やす事は簡単でも、厳選するのは難しいですよね。(苦笑)

ボクの今年後半は、一つのスプーンで出来る事を多く見付けるられるようにし、カラーローテはしてもルアーチェンジをしない楽しみ方をやってました。

>魚を釣るのではなく魚のバイトを楽しむルアー
漁や大会などでは要らないのかもしれませんが、楽しさを求める事も必要ですね。
勝負に混ぜてください!!(笑)

では良いお年を!!
2006/12/29(Fri) 15:20 | URL  | けんた #5Np4cc7I[ 編集]
■元釣りバカ師匠さん
去年の8月にMIU5枚とプレッソミノー1個から始まったタックルが、紆余曲折を経てこんな事になりました。
いくらつぎ込んだかの計算は無用です。無用なのです。

■TOPPOさん
大阪湾は今日も釣れてますか?いいなあ…海が近くて。
荒川には先月末に1回だけ行ったのですが、明らかに時期を逸していたので無人の川辺でキャストの練習となりました(よって、釣行記も無し)。
MIU一本という選択肢も、迷いが無くて良いですね。
あれ?ガーデンで70up釣ったのはアルフだと聞いた覚えが…

■けんたさん
その節はありがとうございました!
>カラーローテはしてもルアーチェンジをしない楽しみ方をやってました。
はい、東山でまざまざと見せつけれられました。
あれが決定打(致命傷?)だったと言っても過言ではありません。

>勝負に混ぜてください!!(笑)
トップ勝負、是非是非柿田で!
2006/12/29(Fri) 22:12 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
こんばんは
30日に浜名湖フィッシング。31日にジュネスに行ってきました。ともに
家族を待たせないように朝2時間の短時間で!浜名湖は強風で大変でした。人も多くキャストに気を使い・・・釣果も伸びず4匹です。アワビんい反応よかったです。ジュネスは、暗いうちはスルーのグロウで、日が出てからは反応悪く、ミノーにもあまり反応せず・・・楽に考えていましたが4匹・・・中層がよかったですね。
2006/12/31(Sun) 23:13 | URL  | ボウズマン #-[ 編集]
■ボウズマンさん
あけましておめでとうございます。

状況もさることながら、2時間縛りは大変でしたね。
ジュネスの情報ありがとうございます。
リベンジの参考にさせて頂きます。
2007/01/01(Mon) 16:18 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。