上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb+PEにシュッ!

待ちに待ったお寺参り。
今回は、t-fukuさんけんたさんgomaさん・ピコピコハンマーさん達との釣行です。
gomaさんの運転で(ありがとうございました!)、私とピコピコさんが合流。t-fukuさん&けんたさんとは現地にて。

開場30分前に着けば、道路にはみ出るほどの車の列。
ゲートをくぐれば、受付もそこそこに場所取りの嵐。
我々一行はクラブハウス前に陣取り。
心配していた天気も持ち堪え、朝イチとは思えない暖かさにt-fukuさんはご機嫌です。

少し遅れて着岸すると、お隣のピコピコさんが黒で好調な滑り出し。
とりあえずドーナピンク金を投げると、数投目でヒット。

しばらくすると、けんたさんがあっかんべぇーで連発!
私とt-fukuさんも投げると、毎回の様にバイトがあります。
けんたさんの様な入れ喰いとは行かないまでも、入れバイトで4キャッチ。
070210_02.jpg


まだまだ好反応!と少々無理に遠投すると

ブチッ

「あ、嫌な音が」

ハイ、飛んでいきましたorz

が、gomaさんがその鷹の眼で発見して下さり、対岸へ探索の旅へ。
しかし、ボコボコにライズしているせいで水面が泡立ち、私にはあっかんべ~との見分けがつきません。

見かねたgomaさんがヘルプに来て下さり、15Mほどの沖に発見。
ただ浮いているだけなのにボコボコに喰われまくり、水中に引き込まれる→ワープの繰り返し。

半ば諦めかけたのですが、「あれが気になる」と呟いたgomaさんが、直径2㎝の球体(あっかんべぇー)に長さ4センチ程度のセミ(シケイダー)をぶつけるというゴッドハンドキャストで見事にフッキング。
070210_04.jpg

サルベージ成功!

朝イチの美味しい時合に20分以上もつき合って下さったgomaさん、ありがとうございました!
御殿場で待つ兄弟は、謹んで嫁がせて頂きます。

元の場所に戻ってからもしばらくは表層が好反応。
特に沖の水面少し下の反応が良く、反対に手前の駆け上がりはボトムやや上が高活性。
L・E-ON25のやや早めのリトリーブや、PAL16での駆け上がりトレースでポツポツと。

王禅寺の水深は思ったよりも深く、PAL16では(私の数え方で)カウント24で着底。
この時は、カウント21辺りで反応が良かったです。

L・E-ON25に反応しなくなったので、表層もPAL16で攻めてみるとオリカラ・チョコサンドに40upのイワナがヒット!
070210_05.jpg


右のgomaさん、左のピコピコさんは1g以下でパターンを掴んで連荘していますが、私はサイズを下げたく無かったのでそのまま我慢。













釣れなくなりました…







我慢できずにちょっとだけウィーパー09も試しましたが、どうも上手く行きません。
恐らくは、これまで「何となく」で釣れていた為に、一連の動作が雑になっていたのだと思います。
こういう時の(特にパターンを見つけ出すまでの)丁寧さと集中力、今後の課題です。

それでも、すぐ隣のgomaさんは「(今は)色は関係ない」と言いながらバシャバシャ。
何故釣れる…



(た)「色関係ないって本当ですか?」
(g)「じゃ、この中で『コレはないだろ』って色は?」
(た)「んじゃ、コレで。」











バシャバシャ







な~ぜ~だ~




30分以上悶々とした後に、PAL16で駆け上がりを丁寧に攻めて2連発。
やっと釣れたよ。

ちょっと溜飲が下がったところで「そろそろやりますか!」の声。
t-fukuさん主催、変則コーヒーマッチです。

(ルール)
・制限時間15分。
・長寸勝負。
・入れ替え無し。
・意図的なバラシは不可(良識の範囲内)
・ビリまたはノーキープで負け。


一斉にキャストすると、コーヒーマッチの鉄則通り5分経過しても誰も釣れません。
最初は勝負を楽しんでいた皆さんも、徐々に本気モードへ。
私も、オリカラPAL16で勝負を賭けるとヒット!

よっしゃ~!

「あまり大きくないけれど、とりあえずキープするか。」

「あれ、待てよ(ルールを回想)」

「これって、ネットインした時点で強制終了?(そうです)」

ふとよぎった疑問を確認すべく、t-fukuさんの方を振り返った瞬間にバラシorz





程なく、gomaさんとt-fukuさんがヒット&キャッチ。ほぼ同寸の模様。
コレはまずい!と、フラクラMRオリカラ・チョコレートで再び勝負!

またきた!
しかも、ネタの神降臨の10㎝台!

「どうしよう…」と、又してもネットイン目前で躊躇した瞬間








バレマシタ







その直後に、今度はピコピコさんがキャッチ。
残るは私とけんたさんだけです。
しかし、ここまで2キャッチの私、残り3分上等!

















仲良くノーキャッチで終了ですが何か?
最近、負けがこんでるなぁ…

勝負が終わると殺気も消えるのか、再び釣れ始めました。
10時半を過ぎると晴れ間が覗き、朝よりも冷え込んでいた気温がやや回復。魚も浮いてきた気がします。

夢よもう一度!のあっかんべぇーには出ませんでしたが、クリックホッパーのやっぱりチョコレート色に40upのニジマスがヒット!
皆さんのご協力もあって何とか寄せようと頑張りましたが、残念ながらフックアウト。
良い引き味也。

11時頃(うろ覚え)に放流。
gomaさんによると王禅寺の放流は釣れないのだそうな。

放流ポイントは我々のすぐ近く。
放出時の水流で濁ってしまうために釣れないらしいのですが、gomaさんは自己記録の5キャッチ。その後も順調に掛けていきます。
ちなみに、放流ポイントには私の方が近いです。ええ。

30分ほど経過した時点で、他の皆さんも1匹づつヒット。
で、私は零匹。0です、ゼロ。
反応があったのは、放流直後の3バイトのみ。
gomaさんによれば「上で釣れてる」らしいのですが、文字通りのさっぱりです。

1時間以上経過して、又しても駆け上がりトレースでキャッチ。
その後は、NOA06・ウィーパー09の餌色を底まで沈めてのボトム引きやフォール途中のヒットなどでポツポツと釣りましたが、非常に消化不良です。
070210_07.jpg


そこで、gomaさん・ピコピコさんと共に1時間延長し、13時の放流も楽しむことに。
今度こそ!カモン!ウブ鱒!!

t-fukuさん&けんたさんは定時でご帰宅。我々は残業です。



作業(放流)車が来たぞ~



今度はドーナ2オレ金で2キャッチ。
表層のかなり早巻きが効きました。

3匹目のヒットが嫌な予感。いくら巻いても左右へ強制的に走ります。

イトウ?
でも、重くはない。

スレ?
でも、頭の向きにフッキングしてる手応え。

何者?



070210_08.jpg

こんなんでした。

胸びれの根本にスレ掛かり。
大会ルールでは、ギリギリOKでしょうか。
にしても、今日は大イワナ(アメマス?)にご縁があります。

一段落ついたところで、第2回コーヒーマッチが開催。
今回は早掛け1本勝負。
今度は、放流直後に不調だったピコピコさんが一抜け。
その後も連荘。タナは下だとか。

私とgomaさんは、表層で交互に掛けてはバラシ。
L・E-ON25の遠投&水面直下引きに喰い上げるものの、そのまま上にすっぽ抜け。
で、gomaさんが三度目の正直でキャッチ。



マタマケタ



その直後にタナを少し下げると、あっけなく2連荘。
喰い上げた時点で気付くべきでした。
070210_09.jpg


ラスト15分は、池中央の表層が熱く、ベスパ32をフルキャスト&ロッドを頭上に上げての表層引きに好反応。今日はペレスプ23も外してきたので、知恵と工夫で乗り切るのです。
アタリが遠いのでフッキングが悪く、2回バラシてやっとキャッチ。070210_10.jpg

餌色仕込んでおいて良かった。

更にカラーチェンジで数回バイトしますが、1キャッチのみ。
ラスト2投は黒に賭けると、最後の一投でヒット!
いよっしゃ~!と寄せてくる途中で、やっぱりバラシ。
今日は潔く納竿としました。

釣果
30匹と少し:ニジマス・サクラマス・イワナ(20~40センチ台)

今日のヒーローインタビュー
beee.jpg

「ま、本気出せばこんなもんっす」
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
gomaさんの運転で(ありがとうございました!)、私とピコピコさんが合流。t-fukuさん&けんたさんとは現地にて。

開場30分前に着けば、道路にはみ出るほどの車の列。
ゲートをくぐれば、受付もそこそこに場所取りの嵐。
我々一行はクラブハウス前に陣取り。
心配していた天気も持ち堪え、朝イチとは思えない暖かさにt-fukuさんはご機嫌です。

少し遅れて着岸すると、お隣のピコピコさんが黒で好調な滑り出し。
とりあえずドーナピンク金を投げると、数投目でヒット。

しばらくすると、けんたさんがあっかんべぇーで連発!
私とt-fukuさんも投げると、毎回の様にバイトがあります。
けんたさんの様な入れ喰いとは行かないまでも、入れバイトで4キャッチ。
070210_02.jpg


まだまだ好反応!と少々無理に遠投すると

ブチッ

「あ、嫌な音が」

ハイ、飛んでいきましたorz

が、gomaさんがその鷹の眼で発見して下さり、対岸へ探索の旅へ。
しかし、ボコボコにライズしているせいで水面が泡立ち、私にはあっかんべ~との見分けがつきません。

見かねたgomaさんがヘルプに来て下さり、15Mほどの沖に発見。
ただ浮いているだけなのにボコボコに喰われまくり、水中に引き込まれる→ワープの繰り返し。

半ば諦めかけたのですが、「あれが気になる」と呟いたgomaさんが、直径2㎝の球体(あっかんべぇー)に長さ4センチ程度のセミ(シケイダー)をぶつけるというゴッドハンドキャストで見事にフッキング。
070210_04.jpg

サルベージ成功!

朝イチの美味しい時合に20分以上もつき合って下さったgomaさん、ありがとうございました!
御殿場で待つ兄弟は、謹んで嫁がせて頂きます。

元の場所に戻ってからもしばらくは表層が好反応。
特に沖の水面少し下の反応が良く、反対に手前の駆け上がりはボトムやや上が高活性。
L・E-ON25のやや早めのリトリーブや、PAL16での駆け上がりトレースでポツポツと。

王禅寺の水深は思ったよりも深く、PAL16では(私の数え方で)カウント24で着底。
この時は、カウント21辺りで反応が良かったです。

L・E-ON25に反応しなくなったので、表層もPAL16で攻めてみるとオリカラ・チョコサンドに40upのイワナがヒット!
070210_05.jpg


右のgomaさん、左のピコピコさんは1g以下でパターンを掴んで連荘していますが、私はサイズを下げたく無かったのでそのまま我慢。













釣れなくなりました…







我慢できずにちょっとだけウィーパー09も試しましたが、どうも上手く行きません。
恐らくは、これまで「何となく」で釣れていた為に、一連の動作が雑になっていたのだと思います。
こういう時の(特にパターンを見つけ出すまでの)丁寧さと集中力、今後の課題です。

それでも、すぐ隣のgomaさんは「(今は)色は関係ない」と言いながらバシャバシャ。
何故釣れる…



(た)「色関係ないって本当ですか?」
(g)「じゃ、この中で『コレはないだろ』って色は?」
(た)「んじゃ、コレで。」











バシャバシャ







な~ぜ~だ~




30分以上悶々とした後に、PAL16で駆け上がりを丁寧に攻めて2連発。
やっと釣れたよ。

ちょっと溜飲が下がったところで「そろそろやりますか!」の声。
t-fukuさん主催、変則コーヒーマッチです。

(ルール)
・制限時間15分。
・長寸勝負。
・入れ替え無し。
・意図的なバラシは不可(良識の範囲内)
・ビリまたはノーキープで負け。


一斉にキャストすると、コーヒーマッチの鉄則通り5分経過しても誰も釣れません。
最初は勝負を楽しんでいた皆さんも、徐々に本気モードへ。
私も、オリカラPAL16で勝負を賭けるとヒット!

よっしゃ~!

「あまり大きくないけれど、とりあえずキープするか。」

「あれ、待てよ(ルールを回想)」

「これって、ネットインした時点で強制終了?(そうです)」

ふとよぎった疑問を確認すべく、t-fukuさんの方を振り返った瞬間にバラシorz





程なく、gomaさんとt-fukuさんがヒット&キャッチ。ほぼ同寸の模様。
コレはまずい!と、フラクラMRオリカラ・チョコレートで再び勝負!

またきた!
しかも、ネタの神降臨の10㎝台!

「どうしよう…」と、又してもネットイン目前で躊躇した瞬間








バレマシタ







その直後に、今度はピコピコさんがキャッチ。
残るは私とけんたさんだけです。
しかし、ここまで2キャッチの私、残り3分上等!

















仲良くノーキャッチで終了ですが何か?
最近、負けがこんでるなぁ…

勝負が終わると殺気も消えるのか、再び釣れ始めました。
10時半を過ぎると晴れ間が覗き、朝よりも冷え込んでいた気温がやや回復。魚も浮いてきた気がします。

夢よもう一度!のあっかんべぇーには出ませんでしたが、クリックホッパーのやっぱりチョコレート色に40upのニジマスがヒット!
皆さんのご協力もあって何とか寄せようと頑張りましたが、残念ながらフックアウト。
良い引き味也。

11時頃(うろ覚え)に放流。
gomaさんによると王禅寺の放流は釣れないのだそうな。

放流ポイントは我々のすぐ近く。
放出時の水流で濁ってしまうために釣れないらしいのですが、gomaさんは自己記録の5キャッチ。その後も順調に掛けていきます。
ちなみに、放流ポイントには私の方が近いです。ええ。

30分ほど経過した時点で、他の皆さんも1匹づつヒット。
で、私は零匹。0です、ゼロ。
反応があったのは、放流直後の3バイトのみ。
gomaさんによれば「上で釣れてる」らしいのですが、文字通りのさっぱりです。

1時間以上経過して、又しても駆け上がりトレースでキャッチ。
その後は、NOA06・ウィーパー09の餌色を底まで沈めてのボトム引きやフォール途中のヒットなどでポツポツと釣りましたが、非常に消化不良です。
070210_07.jpg


そこで、gomaさん・ピコピコさんと共に1時間延長し、13時の放流も楽しむことに。
今度こそ!カモン!ウブ鱒!!

t-fukuさん&けんたさんは定時でご帰宅。我々は残業です。



作業(放流)車が来たぞ~



今度はドーナ2オレ金で2キャッチ。
表層のかなり早巻きが効きました。

3匹目のヒットが嫌な予感。いくら巻いても左右へ強制的に走ります。

イトウ?
でも、重くはない。

スレ?
でも、頭の向きにフッキングしてる手応え。

何者?



070210_08.jpg

こんなんでした。

胸びれの根本にスレ掛かり。
大会ルールでは、ギリギリOKでしょうか。
にしても、今日は大イワナ(アメマス?)にご縁があります。

一段落ついたところで、第2回コーヒーマッチが開催。
今回は早掛け1本勝負。
今度は、放流直後に不調だったピコピコさんが一抜け。
その後も連荘。タナは下だとか。

私とgomaさんは、表層で交互に掛けてはバラシ。
L・E-ON25の遠投&水面直下引きに喰い上げるものの、そのまま上にすっぽ抜け。
で、gomaさんが三度目の正直でキャッチ。



マタマケタ



その直後にタナを少し下げると、あっけなく2連荘。
喰い上げた時点で気付くべきでした。
070210_09.jpg


ラスト15分は、池中央の表層が熱く、ベスパ32をフルキャスト&ロッドを頭上に上げての表層引きに好反応。今日はペレスプ23も外してきたので、知恵と工夫で乗り切るのです。
アタリが遠いのでフッキングが悪く、2回バラシてやっとキャッチ。070210_10.jpg

餌色仕込んでおいて良かった。

更にカラーチェンジで数回バイトしますが、1キャッチのみ。
ラスト2投は黒に賭けると、最後の一投でヒット!
いよっしゃ~!と寄せてくる途中で、やっぱりバラシ。
今日は潔く納竿としました。

釣果
30匹と少し:ニジマス・サクラマス・イワナ(20~40センチ台)

今日のヒーローインタビュー
beee.jpg

「ま、本気出せばこんなもんっす」
スポンサーサイト

【2007/02/14 00:34】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


ピコピコハンマー
いやあ、後半はきつかったですね。
「放流後にナゼ釣れない!?」と悩みました。
結果まじめにボトムをさぐっていればコンスタントに取れていたかもですね。
え?ボトチョン?でけません。巻くんですよボトムでも!(笑)
『あのロッド』で『バベル』を投げて『ボトムで巻いて』とる!
バベルでもピリカでも丸湖でもいつでもどこでも巻いてますっ。
。。。だから精度が低いんでしょうねぇ。

>ネタの神降臨の10㎝台!
変則コーヒーマッチ、楽しませていただきました。
チビマスくん取っておけばよかったですね~。
あの渋い状況でオートリリース×2は厳しかったのではないかと(笑)
ごちそうさまでございました。



t-fuku
お疲れ様でした!

>爆釣体験
できて良かったですね~
ああいう爆発力のあるルアーなんですよ。
だから廃盤なんて・・・(悲)

またどこかの釣り場で体験したいですね。
ボックスには真冬でも入れておいてくださいね。

水面に浮く物体...
goma
どうも、お疲れ様でした。

>鷹の眼
はい、獲物ですから(笑)
コーヒーマッチ中に私の目の前を通過していったクラピー(多分)を捕獲出来なかったのが心残りです、、、w

>「(今は)色は関係ない」
強い色は存在しましたけど取敢えず色変えれば1匹はいける(笑)みたいな状況でしたね。

思い返せば私の目の前はかなりの魚がストックされていたのだと思います。でなきゃあんないい加減が釣りで釣れませんもんね^^;



けんた
お疲れさまでした!

>あっかんべぇ~
柿田で状況が嵌れば、今回以上の1キャスト1ヒットになりますよ。
あ、もちろん朝霞でも爆釣出来ます。(笑)










たか
■ピコピコハンマーさん
ガーデンロッドの矜持、しかと見させて頂きました!
あのレングスであの飛距離、お見事です。
6fオーバーなら、ピリカ07でガーデン1号池の布団を釣れそうです。

コーヒーマッチ、決断力の無さが露呈しました。

■t-fukuさん
あっかんべぇー、噂以上の実力でした。
いままでスルーしていたのが悔やまれます。
柿田やガーデンも試したいですが、開成で思い切り投げてみたいです。

■gomaさん
相変わらずの釣りっぷり、お見事でした。
あっかんべぇーを救出した際のキャストの見事さ、忘れられません。

■けんたさん
本当の入れ喰いを、久しぶりに見ました(笑)
あれは病みつきになりますね。
ガーデンで爆釣…春先の平日なら?でしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いやあ、後半はきつかったですね。
「放流後にナゼ釣れない!?」と悩みました。
結果まじめにボトムをさぐっていればコンスタントに取れていたかもですね。
え?ボトチョン?でけません。巻くんですよボトムでも!(笑)
『あのロッド』で『バベル』を投げて『ボトムで巻いて』とる!
バベルでもピリカでも丸湖でもいつでもどこでも巻いてますっ。
。。。だから精度が低いんでしょうねぇ。

>ネタの神降臨の10㎝台!
変則コーヒーマッチ、楽しませていただきました。
チビマスくん取っておけばよかったですね~。
あの渋い状況でオートリリース×2は厳しかったのではないかと(笑)
ごちそうさまでございました。
2007/02/14(Wed) 02:27 | URL  | ピコピコハンマー #-[ 編集]
お疲れ様でした!

>爆釣体験
できて良かったですね~
ああいう爆発力のあるルアーなんですよ。
だから廃盤なんて・・・(悲)

またどこかの釣り場で体験したいですね。
ボックスには真冬でも入れておいてくださいね。
2007/02/14(Wed) 12:14 | URL  | t-fuku #KGAhWzec[ 編集]
水面に浮く物体...
どうも、お疲れ様でした。

>鷹の眼
はい、獲物ですから(笑)
コーヒーマッチ中に私の目の前を通過していったクラピー(多分)を捕獲出来なかったのが心残りです、、、w

>「(今は)色は関係ない」
強い色は存在しましたけど取敢えず色変えれば1匹はいける(笑)みたいな状況でしたね。

思い返せば私の目の前はかなりの魚がストックされていたのだと思います。でなきゃあんないい加減が釣りで釣れませんもんね^^;
2007/02/14(Wed) 12:21 | URL  | goma #-[ 編集]
お疲れさまでした!

>あっかんべぇ~
柿田で状況が嵌れば、今回以上の1キャスト1ヒットになりますよ。
あ、もちろん朝霞でも爆釣出来ます。(笑)







2007/02/14(Wed) 12:37 | URL  | けんた #-[ 編集]
■ピコピコハンマーさん
ガーデンロッドの矜持、しかと見させて頂きました!
あのレングスであの飛距離、お見事です。
6fオーバーなら、ピリカ07でガーデン1号池の布団を釣れそうです。

コーヒーマッチ、決断力の無さが露呈しました。

■t-fukuさん
あっかんべぇー、噂以上の実力でした。
いままでスルーしていたのが悔やまれます。
柿田やガーデンも試したいですが、開成で思い切り投げてみたいです。

■gomaさん
相変わらずの釣りっぷり、お見事でした。
あっかんべぇーを救出した際のキャストの見事さ、忘れられません。

■けんたさん
本当の入れ喰いを、久しぶりに見ました(笑)
あれは病みつきになりますね。
ガーデンで爆釣…春先の平日なら?でしょうか。
2007/02/14(Wed) 22:47 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。