上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAVASの『RVR 632ULMS』というモデル。
ソリッドティップ&オールSicガイド仕様で、セール特価の¥5,999-也。
細部の仕上げはそれなりだけれど、「道具は実用性第一」主義なので気にしません。
ただ、ファーストガイドが少し小さめなのが、特に遠投性において気に掛かりますが。
値段もさることながら決め手になったのは、お店にあったメバルロッドの中で最もバキバキだったため(比較的短いというのも関係しているのだろうけれど)。
どうせやるなら、とことん高感度の竿を選んでおこうという意図です。

これまでのトラウトロッドよりも手元に来るアタリは2・3割増えると仮定して、問題は掛けてからのやりとり。
特にスレ掛かりの時は細心の注意を払わないと、あっさりラインブレイク(またはティップがポッキリ)となるでしょう。

閑話休題
ロッドを買いに行ったキャスティングにて、カルディアKIXのダブルハンドルを発見。聞いてないよ~…しかも片側45mmのショートハンドル(この点で05バイオとさんざん悩んだのに)。値段も約1000円しか違わない。クルクルクル、あぁ巻きやすい…ハンドルだけでも別売りしてくれないかなあ(店員さんに聞いたら「無いですね~」とのこと)。
にしても、ダイワのサイトに全く情報が無いのは何故でしょうか?

次回釣行は、今月23日・放流翌日の川越水上公園の予定です。
スポンサーサイト

【2005/12/18 22:17】 | タックル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。