上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
最初だけ
ロッド:スミス ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:KIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンスVEP3lb+PEにシュッ!

メイン
ロッド:ファントムTR66LRS
リール:バイオマスターMgC3000
ライン:海平1号

ピコピコハンマーさんのお誘いで、小菅村に。
C&R区間には3時頃到着して一眠り。5時過ぎにgomaさんとピコピコさんが合流。
C&R区間は思いの外渋く、山女が1匹釣れただけ。
070331_01.jpg


早々に切り上げ、メインイベントである小菅トラウトガーデンのオープンへ。
070331_02.jpg


開始時間は7時なので、現地合流のt-fukuさんを交えて色々観察。
池はさほど大きくなく、朝霞ガーデン2号池の7割程度の面積(予定ではもう少し大きくできるはずが、土壇場で土地が借りられなくなったのだとか)。

レストハウスはとても立派で、内装も綺麗。サイズは小ぶりながら、王禅寺やフォレストスプリングスにもひけを取らないと思います。
070331_03.jpg


池の深さは1.5M位。
奧に流れ出しの水車、中央に沈み岩があり、水流は池全体を綺麗に回っています。
070331_07.jpg


開始時間10分前には、全員で流れ出し近くへ移動。
流れ出しに近い側から、t-fukuさん・ピコピコさん・gomaさん・私の順。これが、良くも悪くも明暗を分けました。

開始直前に、誰とも無しにオープニング5匹掛け勝負の提案。
各自思い思いの赤金をぶら下げます。
私は、最初にドーナ2を結んだのですが、「普段は川に放流している養魚場の管理だし、魚が小さいのでは?」と判断し、リーフ23にチェンジ。これが大誤算。

午前7時、スタート!
一投目から次々とヒット!私以外は…

いえ、もの凄い来るんですよ、魚は。
ただ、やたらとデカイ連中が群れで突っ込んでくるので、ルアーが口に触れる前に水圧で吹き飛ばされてしまいます。

後に分かったのですが、流れ出しの水流の近くはアベレージ20センチ台なのに対し、私が入った池中央近くは35センチ位が標準。
しかも、その全てが裾パやフォレストスプリングスの魚を彷彿とさせる暴力的な引き。ありえん。

手前の惨状から逃げ出した沖目へのキャストで漸くヒットしたものの、瞬時にラインブレイク。VEPの3lbだぞ~

ドーナ2に替えて漸く1匹目を獲ったところで勝負終了…
他のお三方が5匹ずつ獲るのに、僅か数分です。
070331_04.jpg

こんなんばっかし

その後も1キャスト数バイトで次々当たりますが、ラインもブチブチ切られます。メバルロッドの堅いバットも災いしている模様。

4個目をロストしたところで、翌日の本栖湖用のつもりだったタックルにチェンジ。

さすがに4lb+ライトクラス、ビクともしません。
序盤に1回だけ切られましたが(イトウだったのかも?)、それ以降のラインブレイクはゼロ。20匹釣ってもだいじょ~ぶ!
070331_05.jpg

イワナ45up

しかし、勝負に負けたままでは!と思っていたところで、NOA06勝負開催。よ~し、今度こそ!

あれ?

0.6g?

ライン1号なんですが何か?






またしても敗退。






3回戦目は、フラクラMR勝負。これは負けられません!







無事に2抜け


しかし、この勝負はクランク1年生で尚かつフラクラを一個しか持っていないピコピコさんが明らかに不利。
使い慣れたカミオンに結び尚したピコピコさんを迎え、第4回戦、お好きなクランク勝負!







まさかの敗退orz

しかも、途中で流れ出し近くに場所を変えてでの負け。



「『お願いします』って言うなら、やってあげてもい~よ~」という、gomaさんの(どこかの正月番組で聞いたような)助け船で5回戦目。
ルールは同じ。先ほど好反応だったのにフックを持って行かれてしまったオオツカ・ハダイロで一本勝負!







070331_09.jpg

1抜け~!






…流れ出し間近でしたが何か?


さて、何を投げても釣れるこの日、唯一誰も釣れなかったのは、あっかんべぇ~勝負。
開始と同時に全員がニーリングをするという暴挙に出ましたが、2~30センチ沈めた位ではバイトすらありませんでした。

とはいえ少し沈めれば、お昼近くになっても2g台の赤金で普通に釣れる状況。
冗談でレイク用に準備したマーシャル渓4.8gやフロントレイク6.8gでボトムを引き倒すと、ワラワらと寄ってきます。
070331_11.jpg

そして釣れます(バーブレスです)。

お昼はレストハウスで。美味しかったです。
070331_12.jpg

カレーセット600円也。

午後は各自思い思いに釣りまくり。
gomaさん&ピコピコさんのピリカーのお二方が『ピリカ07勝負!』をやっている隣で、私はベスパ32で普通に釣れます。
070331_10.jpg

山女も釣れました。

盛り上がったのは、t-fukuさんが始めた「何連発できるか」勝負。
ご自身が打ち立てた「5」の壁は厚く、一足先にお帰りになった後も我々は挑戦し続けましたが「4」がやっと。

しかし、申告せずにこっそり釣ってみたところ奇跡的に5匹を達成。
さすがに申告しての6匹目が見事にバレたのは、お二方のオーラのせいです。ハイ
ちなみに、gomaさんも5匹、ピコピコさんが4匹。

終り際は場所を変え、レストハウス側から沈み岩を狙えば良型が連発。

100円で買ったメタルジグでも釣れました。
070331_14.jpg


070331_15.jpg

本日の伸ばされフック達。

070331_06.jpg

ハイパーの6番なんですが…


そんなこんなで最後まで2キャスト以内に1キャッチという信じられない高活性のまま終了。
推定釣果は、t-fukuさんとgomaさんが軽く300オーバー、私とピコピコさんも200はいっているのではないかと。

責任者である漁協の組合長さんのお話では、各地のエリアを研究してかなり作り込んだとのこと。魚のコンディションが落ちてくれば、車で5分の養魚場からいつでも放流すると仰っていました。
「我々魚のプロが作る以上、中途半端なものはやれませんから。」とも。

ともあれ、恐らく一生に一度であろう爆釣の一日は終了。
腕が痛いどころか、握力も含めて感覚が無くなるほどの釣れっぷり。

さすがにこれほどの高活性が今後も続くとは思えませんが、一日を通じての活性の維持を見る限り、その日の放流効果は比較的長く続くと考えて良いのではないでしょうか。
池の規模が小さめなので、お客さんが増えた場合の釣りやすさがどうなるのか、そこだけがちょっと心配です。

釣果:一生に一度(ニジマス・イワナ・山女:20~40センチ台)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
C&R区間は思いの外渋く、山女が1匹釣れただけ。
070331_01.jpg


早々に切り上げ、メインイベントである小菅トラウトガーデンのオープンへ。
070331_02.jpg


開始時間は7時なので、現地合流のt-fukuさんを交えて色々観察。
池はさほど大きくなく、朝霞ガーデン2号池の7割程度の面積(予定ではもう少し大きくできるはずが、土壇場で土地が借りられなくなったのだとか)。

レストハウスはとても立派で、内装も綺麗。サイズは小ぶりながら、王禅寺やフォレストスプリングスにもひけを取らないと思います。
070331_03.jpg


池の深さは1.5M位。
奧に流れ出しの水車、中央に沈み岩があり、水流は池全体を綺麗に回っています。
070331_07.jpg


開始時間10分前には、全員で流れ出し近くへ移動。
流れ出しに近い側から、t-fukuさん・ピコピコさん・gomaさん・私の順。これが、良くも悪くも明暗を分けました。

開始直前に、誰とも無しにオープニング5匹掛け勝負の提案。
各自思い思いの赤金をぶら下げます。
私は、最初にドーナ2を結んだのですが、「普段は川に放流している養魚場の管理だし、魚が小さいのでは?」と判断し、リーフ23にチェンジ。これが大誤算。

午前7時、スタート!
一投目から次々とヒット!私以外は…

いえ、もの凄い来るんですよ、魚は。
ただ、やたらとデカイ連中が群れで突っ込んでくるので、ルアーが口に触れる前に水圧で吹き飛ばされてしまいます。

後に分かったのですが、流れ出しの水流の近くはアベレージ20センチ台なのに対し、私が入った池中央近くは35センチ位が標準。
しかも、その全てが裾パやフォレストスプリングスの魚を彷彿とさせる暴力的な引き。ありえん。

手前の惨状から逃げ出した沖目へのキャストで漸くヒットしたものの、瞬時にラインブレイク。VEPの3lbだぞ~

ドーナ2に替えて漸く1匹目を獲ったところで勝負終了…
他のお三方が5匹ずつ獲るのに、僅か数分です。
070331_04.jpg

こんなんばっかし

その後も1キャスト数バイトで次々当たりますが、ラインもブチブチ切られます。メバルロッドの堅いバットも災いしている模様。

4個目をロストしたところで、翌日の本栖湖用のつもりだったタックルにチェンジ。

さすがに4lb+ライトクラス、ビクともしません。
序盤に1回だけ切られましたが(イトウだったのかも?)、それ以降のラインブレイクはゼロ。20匹釣ってもだいじょ~ぶ!
070331_05.jpg

イワナ45up

しかし、勝負に負けたままでは!と思っていたところで、NOA06勝負開催。よ~し、今度こそ!

あれ?

0.6g?

ライン1号なんですが何か?






またしても敗退。






3回戦目は、フラクラMR勝負。これは負けられません!







無事に2抜け


しかし、この勝負はクランク1年生で尚かつフラクラを一個しか持っていないピコピコさんが明らかに不利。
使い慣れたカミオンに結び尚したピコピコさんを迎え、第4回戦、お好きなクランク勝負!







まさかの敗退orz

しかも、途中で流れ出し近くに場所を変えてでの負け。



「『お願いします』って言うなら、やってあげてもい~よ~」という、gomaさんの(どこかの正月番組で聞いたような)助け船で5回戦目。
ルールは同じ。先ほど好反応だったのにフックを持って行かれてしまったオオツカ・ハダイロで一本勝負!







070331_09.jpg

1抜け~!






…流れ出し間近でしたが何か?


さて、何を投げても釣れるこの日、唯一誰も釣れなかったのは、あっかんべぇ~勝負。
開始と同時に全員がニーリングをするという暴挙に出ましたが、2~30センチ沈めた位ではバイトすらありませんでした。

とはいえ少し沈めれば、お昼近くになっても2g台の赤金で普通に釣れる状況。
冗談でレイク用に準備したマーシャル渓4.8gやフロントレイク6.8gでボトムを引き倒すと、ワラワらと寄ってきます。
070331_11.jpg

そして釣れます(バーブレスです)。

お昼はレストハウスで。美味しかったです。
070331_12.jpg

カレーセット600円也。

午後は各自思い思いに釣りまくり。
gomaさん&ピコピコさんのピリカーのお二方が『ピリカ07勝負!』をやっている隣で、私はベスパ32で普通に釣れます。
070331_10.jpg

山女も釣れました。

盛り上がったのは、t-fukuさんが始めた「何連発できるか」勝負。
ご自身が打ち立てた「5」の壁は厚く、一足先にお帰りになった後も我々は挑戦し続けましたが「4」がやっと。

しかし、申告せずにこっそり釣ってみたところ奇跡的に5匹を達成。
さすがに申告しての6匹目が見事にバレたのは、お二方のオーラのせいです。ハイ
ちなみに、gomaさんも5匹、ピコピコさんが4匹。

終り際は場所を変え、レストハウス側から沈み岩を狙えば良型が連発。

100円で買ったメタルジグでも釣れました。
070331_14.jpg


070331_15.jpg

本日の伸ばされフック達。

070331_06.jpg

ハイパーの6番なんですが…


そんなこんなで最後まで2キャスト以内に1キャッチという信じられない高活性のまま終了。
推定釣果は、t-fukuさんとgomaさんが軽く300オーバー、私とピコピコさんも200はいっているのではないかと。

責任者である漁協の組合長さんのお話では、各地のエリアを研究してかなり作り込んだとのこと。魚のコンディションが落ちてくれば、車で5分の養魚場からいつでも放流すると仰っていました。
「我々魚のプロが作る以上、中途半端なものはやれませんから。」とも。

ともあれ、恐らく一生に一度であろう爆釣の一日は終了。
腕が痛いどころか、握力も含めて感覚が無くなるほどの釣れっぷり。

さすがにこれほどの高活性が今後も続くとは思えませんが、一日を通じての活性の維持を見る限り、その日の放流効果は比較的長く続くと考えて良いのではないでしょうか。
池の規模が小さめなので、お客さんが増えた場合の釣りやすさがどうなるのか、そこだけがちょっと心配です。

釣果:一生に一度(ニジマス・イワナ・山女:20~40センチ台)
スポンサーサイト

【2007/04/08 22:02】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


goma
お疲れ様でした、本当に(笑)

>「何連発できるか」勝負
私は"4"止まりなんです^^;
"5"の壁に"5"回挑みながら敗退、、、orz
相変わらずの勝負弱さですね。

>申告せずにこっそり
大人の戦略ですね(爆)

また、ご一緒しましょう♪




t-fuku
先日はお疲れ様でした!
それにしてもたかさん、タフですよね・・・(笑)

今回の釣行では、本当にいい練習ができましたね。
適度な緊張感もありましたし・・・

例え爆釣でも、目的を持ってやると、やらないでは、残るものが違うように思います。


たか
コメントも寄せない不義理者に、ありがとうございます!
■gomaさん
あれ?確かに悶絶したお姿は何度も拝見しましたが、最後に「t-fukuさん越え~」とオーラを送った記憶が…「5」の解釈違いでしたか?

>大人の戦略
そのつもりでなく投げ続け、上手く行ったら勝負に切り替える。いつからこんな汚れた大人に…

■t-fukuさん
遠征中は元気だったのですが、帰宅『2日目』(笑)に背中が全く曲がらなくなって仕事を休みました。情けなや。
まあ、4日間で40時間弱ロッドを振り続けたので自業自得ですが。

今回の爆釣劇は、数釣りと管釣りに対する一つの転機になりました。
フィールド(自然湖)に傾倒する可能性が非常に濃厚です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした、本当に(笑)

>「何連発できるか」勝負
私は"4"止まりなんです^^;
"5"の壁に"5"回挑みながら敗退、、、orz
相変わらずの勝負弱さですね。

>申告せずにこっそり
大人の戦略ですね(爆)

また、ご一緒しましょう♪

2007/04/09(Mon) 15:16 | URL  | goma #-[ 編集]
先日はお疲れ様でした!
それにしてもたかさん、タフですよね・・・(笑)

今回の釣行では、本当にいい練習ができましたね。
適度な緊張感もありましたし・・・

例え爆釣でも、目的を持ってやると、やらないでは、残るものが違うように思います。
2007/04/10(Tue) 08:42 | URL  | t-fuku #KGAhWzec[ 編集]
コメントも寄せない不義理者に、ありがとうございます!
■gomaさん
あれ?確かに悶絶したお姿は何度も拝見しましたが、最後に「t-fukuさん越え~」とオーラを送った記憶が…「5」の解釈違いでしたか?

>大人の戦略
そのつもりでなく投げ続け、上手く行ったら勝負に切り替える。いつからこんな汚れた大人に…

■t-fukuさん
遠征中は元気だったのですが、帰宅『2日目』(笑)に背中が全く曲がらなくなって仕事を休みました。情けなや。
まあ、4日間で40時間弱ロッドを振り続けたので自業自得ですが。

今回の爆釣劇は、数釣りと管釣りに対する一つの転機になりました。
フィールド(自然湖)に傾倒する可能性が非常に濃厚です。
2007/04/10(Tue) 22:50 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。