上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
タックル1
ロッド:ファントムTR66LRS
リール:バイオマスターMgC3000
ライン:海平1号

タックル2
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:プレッソ
ライン:サンライン トラウティストエリア4lb

「管釣りは、ネイティブを獲るための練習という位置づけにしよう。」
とりあえず、そう決めました。

自然湖の釣りで痛感したのは、状況判断力と、その判断したポイントにルアーを送り込む操作技術の必要性。
正に今の私に決定的に足りていない部分であり、逆に足りているのは『ルアーの数』。

転じて、ルアーの数を減らす=状況判断と操作技術で対応せざるを得ない環境に自分を追い込む。とも言えます。

そこで、ルアーの数を更に切り詰め。
スプーンは、ウィーパー09・PAL16・L・E-ON25を各10枚前後のみ。
プラグも、フラクラ以外は2・3個ずつに絞りました。
タックルについては、芦ノ湖などで使う予定のものをそのまま使うか、それともエリア用は別に用意するかを検討中。
エリアス+トラウティストエリアという乗せ重視の組み合わせを、タックル2として持ち込み。

平日とはいえ、週末叩かれたガーデン。しかも、いきなりの冷え込みです。
ある意味、これまでこだわってきた管釣りへの卒業試験のつもりで臨みます。

1号池で数投すると、いきなりスレ掛かり。
縁がない気がしたので、ルアー池で仕切直し。

釣り人5人ほどのルアー池。
ファーストキャッチは一投目。ウィーパー09カキノタネ。
DSCN2670.jpg


開始しばらくは、水面直下のスロー引きがパターン。
バイオC3000でそれはどうよ?との声が聞こえそうですが、むしろプレッソよりもやりやすいと感じる自分が居ます。
どうやら、これまでの私はスプーンをゆっくり引きすぎていたみたいです。
KIX2004が復活するかもしれません。

可能な限りキビキビ泳ぐ速度で、丁寧にトレースすることを心掛けると順調にヒットします。
ショートバイトも多いのですが、乗る魚はガッツリと喰ってきます。
それでもタックル1では弾くことも多いので、ドラグはユルユルにし、掛かってから締め直す戦略で対応。
どう考えてもタックル2の方が良さそうなのですが、「これも修行」と押し通します。

タナは、水面直下から水面下30センチ位まで。
色は、カキノタネ・放流赤金・ビターチョコ・手塗りオリーブサンド・コンクリートオアシス・手塗りブルー。

この日持ち込んだウィーパー09は9枚だけでしたが、それのみ使用して1時間40分で二桁達成。
DSCN2673.jpg


ホッと一息ついてプラグ解禁。
しかし、期待したフラットフィッシュやクリックホッパーには無反応。
フラクラMRで水面下50センチ位がビンゴで、3時間終了時で計16匹。
DSCN2675.jpg


雨が降ってきて寒かったのですが、タックル2を試すために延長。
ルアー池で再開しましたが、流石に渋くなってきたので2号池へ。

フラクラに好反応で数匹キャッチできますが、ラインの伸びのせいかフッキングパワーが伝わらず。
「これは獲れないアタリなんだ」と割り切れなくもないのですが、バイトして首を振っている最中にアワセを叩き込んでも乗らないとなると話は別。
フックは問題ない以上、やっぱりタックルバランスでしょうか。

湖用に導入予定のクランクでもキャッチ
DSCN2677.jpg

バス用です。

最後はルアー池で、フラクラとフラットフィッシュで遊んで終了。
DSCN2679.jpg


釣果25匹位(ニジマス20~30センチ台)

絞り込んだルアーで色々工夫しての釣果に、満足度の高い釣行となりました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
タックルについては、芦ノ湖などで使う予定のものをそのまま使うか、それともエリア用は別に用意するかを検討中。
エリアス+トラウティストエリアという乗せ重視の組み合わせを、タックル2として持ち込み。

平日とはいえ、週末叩かれたガーデン。しかも、いきなりの冷え込みです。
ある意味、これまでこだわってきた管釣りへの卒業試験のつもりで臨みます。

1号池で数投すると、いきなりスレ掛かり。
縁がない気がしたので、ルアー池で仕切直し。

釣り人5人ほどのルアー池。
ファーストキャッチは一投目。ウィーパー09カキノタネ。
DSCN2670.jpg


開始しばらくは、水面直下のスロー引きがパターン。
バイオC3000でそれはどうよ?との声が聞こえそうですが、むしろプレッソよりもやりやすいと感じる自分が居ます。
どうやら、これまでの私はスプーンをゆっくり引きすぎていたみたいです。
KIX2004が復活するかもしれません。

可能な限りキビキビ泳ぐ速度で、丁寧にトレースすることを心掛けると順調にヒットします。
ショートバイトも多いのですが、乗る魚はガッツリと喰ってきます。
それでもタックル1では弾くことも多いので、ドラグはユルユルにし、掛かってから締め直す戦略で対応。
どう考えてもタックル2の方が良さそうなのですが、「これも修行」と押し通します。

タナは、水面直下から水面下30センチ位まで。
色は、カキノタネ・放流赤金・ビターチョコ・手塗りオリーブサンド・コンクリートオアシス・手塗りブルー。

この日持ち込んだウィーパー09は9枚だけでしたが、それのみ使用して1時間40分で二桁達成。
DSCN2673.jpg


ホッと一息ついてプラグ解禁。
しかし、期待したフラットフィッシュやクリックホッパーには無反応。
フラクラMRで水面下50センチ位がビンゴで、3時間終了時で計16匹。
DSCN2675.jpg


雨が降ってきて寒かったのですが、タックル2を試すために延長。
ルアー池で再開しましたが、流石に渋くなってきたので2号池へ。

フラクラに好反応で数匹キャッチできますが、ラインの伸びのせいかフッキングパワーが伝わらず。
「これは獲れないアタリなんだ」と割り切れなくもないのですが、バイトして首を振っている最中にアワセを叩き込んでも乗らないとなると話は別。
フックは問題ない以上、やっぱりタックルバランスでしょうか。

湖用に導入予定のクランクでもキャッチ
DSCN2677.jpg

バス用です。

最後はルアー池で、フラクラとフラットフィッシュで遊んで終了。
DSCN2679.jpg


釣果25匹位(ニジマス20~30センチ台)

絞り込んだルアーで色々工夫しての釣果に、満足度の高い釣行となりました。
スポンサーサイト

【2007/04/22 21:58】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |


ゴリ
卒業試験、好釣果で良い形で終えられて何よりです。
選択肢を狭めての釣りって、腹括ったら苦にもならないし色々考えるので楽しいですよね。
私自身、今後手持ちのスプーンの種類が増えることはなさそうです。
まぁ最近はカラーはいくらあっても良いかなぁと思いますが。

自然湖のたかさんの活躍、待ってます。(笑)


たか
■ゴリさん
私も、当初は「種類は絞って色は無制限!」の方向で行ったのですが、やっぱり迷いました(笑)
現在、更なる絞り込みを行っているのですが、つい「管釣りで釣る」方向性に意識が傾くと、未だに判断がぶれます。

「ルアーにこだわる」のではなく、「釣りに集中する」事を主軸に、今後のスタイルを組み上げる予定です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
卒業試験、好釣果で良い形で終えられて何よりです。
選択肢を狭めての釣りって、腹括ったら苦にもならないし色々考えるので楽しいですよね。
私自身、今後手持ちのスプーンの種類が増えることはなさそうです。
まぁ最近はカラーはいくらあっても良いかなぁと思いますが。

自然湖のたかさんの活躍、待ってます。(笑)
2007/04/25(Wed) 00:29 | URL  | ゴリ #aivYOXA.[ 編集]
■ゴリさん
私も、当初は「種類は絞って色は無制限!」の方向で行ったのですが、やっぱり迷いました(笑)
現在、更なる絞り込みを行っているのですが、つい「管釣りで釣る」方向性に意識が傾くと、未だに判断がぶれます。

「ルアーにこだわる」のではなく、「釣りに集中する」事を主軸に、今後のスタイルを組み上げる予定です。
2007/04/25(Wed) 22:52 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。