上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:ファントムTR66LRS
リール:KIX2004
ライン:海平1号

今回の釣行の目的は二つ。
・KIX2004を久しぶりに使ってみる。
・チヌ針を使った自作スイミングフックのテスト。

日中の雨のせいか、GW初日のためか、ガラガラのガーデン。
ルアー池も5名ほどです。
前回の釣行から色の絞り込みを行いつつ、「信頼できる餌色」を求めて試行錯誤。
鱒玄人のビターチョコと似た色が出来ないかと、ミスターカラーを調合しても上手く行かず。
そんな折り、ある塗料とミスターカラーのある色を混ぜたところ、かなり近い色が出現。
小さなアルミ皿で作ってしまったので、大急ぎで片っ端から塗りまくり。
更に、予備のウィーパー09のビターチョコは(基準とした使用中のものと比べて)色が変わっている事に気付き、それらも塗装。

結果、餌色は全てオリカラ(モドキ含む)という事態に相成りました。
DSCN2688.jpg

本物は一つ。

そんなこんなで出来上がった、ウィーパー09ビターチョコモドキ(ああややこしい)を1号池でキャストすると、水面直下でいきなりバイト。
その後も連続でバイトしますが、ことごとく弾いてしまいます。
KIXのドラグなら問題ないはずなので、やはりロッドのティップが堅い模様。
しかし、これもタックルを使いこなすための修行です。

合わせ損ないが偶然向こう合わせになり、何とか1匹キャッチしてフライ池へ。

ルアー池の自販機前でガーデン5週連続のけんたさんに偶然(笑)お会いして一緒に移動。

今日のナイター解禁は、冒頭にもある通りのスイミングフックをテスト。
強度の「チヌ」か、刺さりの「丸セイゴ」か迷ったのですが、とりあえず今回はチヌ針で作ってみました。
日頃はプラグでも何でも「シングルバーブレス一本主義」なのですが、思わぬところでガーデンの緩いフックレギュレーションに助けられました。
DSCN2690.jpg

中途半端な天国バリ仕様。

土手側到着早々に「ルアーの方どうぞ~」の声。
最近のパターンから中層を引いてくると




ガッ


ゴッ


コツッ




うわ~…乗らね~~~~


10キャストで5回ほどアタリがあったのですが、悲しいほど乗りません。
一度なんて、目の前の駆け上がりでイトウさんが二回も大口を開けて喰ってくれたのにかすりもせず。

ちなみに、今日はイトウの活性が高いらしく、対岸のとっても上手そうな女性(masaさんかと思った)が続けざまに2匹掛け、けんたさんも掛けたのですが惜しくもラインブレイク。

あまりに釣れないとKIXのテストが出来ないので、L・E-ON25オレ金に替えてやっと1匹キャッチ。
その後は渋々になり、軽いアタリはあるもののバイトには至らず。

けんたさんはルアー池へ移動されましたが、ルアーの絞り込みに伴ってショルダーからポーチに切り替えた私は、荷物を移し忘れてヘッドライトを持ってこなかったので残留。
真っ暗ではお手上げっす。

フラクラMRのビターチョコモドキでチビ鱒を抜き揚げた後、2号池へ移動。
こちらは更に人が少なく、私を含めて4名ほど。
自販機前から扇形に投げ放題。

「一発大物狙い!」と、L・E-ON25自作GROWをカウントダウン。
フライ池側流れ込みへ打ち込んでボトムまで落とすつもりが、対岸の方の着水点が近かったので少し早めに巻き初め。
その直後、




グン




「ん?お祭りか?」

以前、やけに生命勘感のある引きだと思ったら絡んだ相手のトゥイッチだったことがあったので、慎重に探ります。


「いや、対岸の方は釣り上げてるし…」




グイングイン




そんなに重くはないけれど…




上がってこね~~


何だかんだでロッドをブン曲げて右へ左へ動き回るそいつは、激しく走るわけでもないのですがなかなか姿が見えません。

ラインに頼って時折強引にリフトしつつ、格闘数分。







おっ!久しぶり!







DSCN2682.jpg

イトウ50up

フックはほとんど刺さっておらず、歯茎に引っ掛かっていただけ。よく外れなかったもんです。
その後、同じルアーでチビ鱒を1匹追加し、気分的にはお腹一杯。

戻ったフライ池の通路側で、フラクラとウィーパーで2匹キャッチ。
すっごいスローなパターン。


ルアー付けっぱなしなら…と、ラストはルアー池で。
右端が空いていたので投げてみると、やっぱりショートバイト。
ドラグを緩めても乗らないので、ロッドを握る左手の親指を外し、バイトと同時にロッドがお辞儀する様にして1匹キャッチ。引き出しが増えたぞ。

釣果:ニジマス7匹(20センチ台)・イトウ1匹(約50センチ)

感想:やっぱり、本番に使うタックルで釣ろう。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
前回の釣行から色の絞り込みを行いつつ、「信頼できる餌色」を求めて試行錯誤。
鱒玄人のビターチョコと似た色が出来ないかと、ミスターカラーを調合しても上手く行かず。
そんな折り、ある塗料とミスターカラーのある色を混ぜたところ、かなり近い色が出現。
小さなアルミ皿で作ってしまったので、大急ぎで片っ端から塗りまくり。
更に、予備のウィーパー09のビターチョコは(基準とした使用中のものと比べて)色が変わっている事に気付き、それらも塗装。

結果、餌色は全てオリカラ(モドキ含む)という事態に相成りました。
DSCN2688.jpg

本物は一つ。

そんなこんなで出来上がった、ウィーパー09ビターチョコモドキ(ああややこしい)を1号池でキャストすると、水面直下でいきなりバイト。
その後も連続でバイトしますが、ことごとく弾いてしまいます。
KIXのドラグなら問題ないはずなので、やはりロッドのティップが堅い模様。
しかし、これもタックルを使いこなすための修行です。

合わせ損ないが偶然向こう合わせになり、何とか1匹キャッチしてフライ池へ。

ルアー池の自販機前でガーデン5週連続のけんたさんに偶然(笑)お会いして一緒に移動。

今日のナイター解禁は、冒頭にもある通りのスイミングフックをテスト。
強度の「チヌ」か、刺さりの「丸セイゴ」か迷ったのですが、とりあえず今回はチヌ針で作ってみました。
日頃はプラグでも何でも「シングルバーブレス一本主義」なのですが、思わぬところでガーデンの緩いフックレギュレーションに助けられました。
DSCN2690.jpg

中途半端な天国バリ仕様。

土手側到着早々に「ルアーの方どうぞ~」の声。
最近のパターンから中層を引いてくると




ガッ


ゴッ


コツッ




うわ~…乗らね~~~~


10キャストで5回ほどアタリがあったのですが、悲しいほど乗りません。
一度なんて、目の前の駆け上がりでイトウさんが二回も大口を開けて喰ってくれたのにかすりもせず。

ちなみに、今日はイトウの活性が高いらしく、対岸のとっても上手そうな女性(masaさんかと思った)が続けざまに2匹掛け、けんたさんも掛けたのですが惜しくもラインブレイク。

あまりに釣れないとKIXのテストが出来ないので、L・E-ON25オレ金に替えてやっと1匹キャッチ。
その後は渋々になり、軽いアタリはあるもののバイトには至らず。

けんたさんはルアー池へ移動されましたが、ルアーの絞り込みに伴ってショルダーからポーチに切り替えた私は、荷物を移し忘れてヘッドライトを持ってこなかったので残留。
真っ暗ではお手上げっす。

フラクラMRのビターチョコモドキでチビ鱒を抜き揚げた後、2号池へ移動。
こちらは更に人が少なく、私を含めて4名ほど。
自販機前から扇形に投げ放題。

「一発大物狙い!」と、L・E-ON25自作GROWをカウントダウン。
フライ池側流れ込みへ打ち込んでボトムまで落とすつもりが、対岸の方の着水点が近かったので少し早めに巻き初め。
その直後、




グン




「ん?お祭りか?」

以前、やけに生命勘感のある引きだと思ったら絡んだ相手のトゥイッチだったことがあったので、慎重に探ります。


「いや、対岸の方は釣り上げてるし…」




グイングイン




そんなに重くはないけれど…




上がってこね~~


何だかんだでロッドをブン曲げて右へ左へ動き回るそいつは、激しく走るわけでもないのですがなかなか姿が見えません。

ラインに頼って時折強引にリフトしつつ、格闘数分。







おっ!久しぶり!







DSCN2682.jpg

イトウ50up

フックはほとんど刺さっておらず、歯茎に引っ掛かっていただけ。よく外れなかったもんです。
その後、同じルアーでチビ鱒を1匹追加し、気分的にはお腹一杯。

戻ったフライ池の通路側で、フラクラとウィーパーで2匹キャッチ。
すっごいスローなパターン。


ルアー付けっぱなしなら…と、ラストはルアー池で。
右端が空いていたので投げてみると、やっぱりショートバイト。
ドラグを緩めても乗らないので、ロッドを握る左手の親指を外し、バイトと同時にロッドがお辞儀する様にして1匹キャッチ。引き出しが増えたぞ。

釣果:ニジマス7匹(20センチ台)・イトウ1匹(約50センチ)

感想:やっぱり、本番に使うタックルで釣ろう。
スポンサーサイト

【2007/05/01 23:43】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。