上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月20日は、ベスパ3.2gのみでガーデンナイターへ。
今度はチヌ針で作成した自作スイミングフックを、再びフライ池解禁時にテスト。
結果、やっぱり乗らず。
ノーマルフックに戻すも、コーチドック(蛍光イエロー+オレンジ/金)は反応悪く、シルバーファイヤーテールに好反応。
070520_01.jpg


自作GROWでもキャッチし、3匹で終了。
070520_02.jpg



5月27日は、購入したてのウェーダーを携えて秩父の浦山川へ渓流初挑戦。
が、思いっきり出遅れたため(現着7:30)最上流部しか入れず、500Mほど遡行して終了。
それでも2時間ほど掛かりました。
魚影はほとんど無く、チビヤマメの逃げる姿を二回見ただけ。
070527.jpg


豊かな自然に癒されるも、自分は広い場所でルアーをぶん投げる方が性に合っていると痛感。

帰り道で花園養魚場へ。
一時期とは異なり、受付側がバスエリア、奧の池がトラウトエリアになっていました。
070527_01.jpg


水量は大幅に増え、足元近くまで。
しかし、かつては底まで見えていたクリアな水質は見る影もなく、完全な泥濁り。
放流があったということで(時間は不明)序盤のみ反応があったものの、最初の一時間の3匹のみで5時間終了。
070527_02.jpg


釣り人は、私を含めて4名。釣っていた人でも時速2・3匹。
初夏並みの暑さだったとはいえ、かなり厳しい状況でした。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ノーマルフックに戻すも、コーチドック(蛍光イエロー+オレンジ/金)は反応悪く、シルバーファイヤーテールに好反応。
070520_01.jpg


自作GROWでもキャッチし、3匹で終了。
070520_02.jpg



5月27日は、購入したてのウェーダーを携えて秩父の浦山川へ渓流初挑戦。
が、思いっきり出遅れたため(現着7:30)最上流部しか入れず、500Mほど遡行して終了。
それでも2時間ほど掛かりました。
魚影はほとんど無く、チビヤマメの逃げる姿を二回見ただけ。
070527.jpg


豊かな自然に癒されるも、自分は広い場所でルアーをぶん投げる方が性に合っていると痛感。

帰り道で花園養魚場へ。
一時期とは異なり、受付側がバスエリア、奧の池がトラウトエリアになっていました。
070527_01.jpg


水量は大幅に増え、足元近くまで。
しかし、かつては底まで見えていたクリアな水質は見る影もなく、完全な泥濁り。
放流があったということで(時間は不明)序盤のみ反応があったものの、最初の一時間の3匹のみで5時間終了。
070527_02.jpg


釣り人は、私を含めて4名。釣っていた人でも時速2・3匹。
初夏並みの暑さだったとはいえ、かなり厳しい状況でした。
スポンサーサイト

【2007/06/05 01:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。