上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:05バイオ1000S
ライン:トラウティス トエリア3lb

妹が4日に式を挙げるため、帰省の前後にお立ち寄り。

KIXがフィールド専用になるので、ガイド経とのバランスも考えて1000番台のリールを新調。
糸ヨレの心配が少ない物を考えた結果、05バイオの1000Sとなりました。
ラインは、海平やバリバスVEPよりも伸びのあるものということで、ゲームの3lbも考えましたが、偶然残っていたトラウティストエリアを試しに。
結果的には、とても良好でした。
以前使った際には「あわせられん!」と即却下だったはずですが、変われば変わるもの。

数ヶ月前の東山で、「高感度マンセー!」とか叫んでいたのはきっと別人です。ハイ
行きの3日は、すそパで2時間だけ。
上池はフラットフィッシュの超表層にしか反応せず、4-2。
下池は、奧の林側でウィーパー09のテロテロ引きに好反応。
「そう言えば、去年の今頃、開成のプレオープンの後に寄った時にもmasaさんが爆釣してたっけ…」と思い出しつつ、3投以内にキャッチが8連発ほど。
お土産に、最後の3匹を無理矢理ネットにキープして終了。
DSCN2812.jpg

釣果:15匹ほど。


式が無事に終わった帰りの5日は、KFSで15時半からの5時間券。
とりあえず3号池であっかんべぇ~を投げるも無反応。
柿太郎さんとお話ししつつしばらく粘りましたが、諦めて南1号へ。

が、ここも渋く、悶々としていると程なく放流。
ベスパ3.2&スイミングフックVer.2.0(鯉スレ仕様)で6連発。フッキング良好、バラシも皆無。

反応が無くなってきたところで

「やるよ~」

「ハーイ」

総勢11名のダイドーカップ開催(2人負け)
takadaさんとeiichiさんは5匹宣言。漢です。

開始数分は誰も釣れず、5分ほどしてやっとイチ抜けが出るほどの激渋状態。
3名ほど抜けたところで、私のフラットフィッシュにヒット!
が、こんな時に限ってプチ3号池サイズが掛かり、手前まで寄せたところでバラシ。
次のキャストでもヒットしたものの、さっきのファイトでフックが少し伸ばされていたのか即バラシ。

その後は、あれこれ手を尽くしますが反応すら得られず。
5つほどルアーを変え、再びフラットフィッシュに戻すもショートバイトのみ。

恐らく30分近くが経過し、気付けば残りは私とtakadaさんとeiichiさんの3人。
程なくeiichiさんがヒット!
「終わった…」と思いきや。「4匹目」とのこと。
takadaさんはこの時点で3匹。
実質、私は既に死に体です。

ココニョロですら苦戦していた状況にプラグをあきらめ、ここ一番のPAL16オリカラチョコサンド。
沖目にキャストしてからのド表層スローリトリーブ&リーリングストップのアクションにバイトがあったものの乗らず。思わず悶絶。

落ち着いて再び同じパターンをトレースするとヒット!
「やった~!」と寄せていると再び良型orz
慎重にいくか?それとも…と迷った矢先、eiichiさんにもヒット!
さながらトーナメントのサドンデスの如き鬼の寄せに、強引に魚をリフト&ネット突っ込み!



うおりゃ、こっちゃこーい!



※ここからは、柿太郎さんご提供の連続写真にてお楽しみ下さい。
(わざわざCD-Rに焼いて頂き、ありがとうございました!)






070805_02.jpg

入った~!











070805_03.jpg

天を仰ぐeiichiさん。



本当にタッチの差でした。恐らく、ネット一個分も無かったはず。





070805_04.jpg

くどいようですが、総匹数比1:7です。

その後は北3号でまったり過ごしましたが、変わらず渋い状況。

070805_06.jpg

青フラ、釣れました。

ナイターでの南5号で入れ喰い10連発を味わった後、南1号でポツポツ。
最後の最後に上がり鱒が掛かったものの、土管の後を走られてラインブレイクで終了。

釣果:30匹位。

さて、静岡遠征は済ませたし、今年の休みこそあそこへリベンジに行きましょうかね(遠いけど)。




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
行きの3日は、すそパで2時間だけ。
上池はフラットフィッシュの超表層にしか反応せず、4-2。
下池は、奧の林側でウィーパー09のテロテロ引きに好反応。
「そう言えば、去年の今頃、開成のプレオープンの後に寄った時にもmasaさんが爆釣してたっけ…」と思い出しつつ、3投以内にキャッチが8連発ほど。
お土産に、最後の3匹を無理矢理ネットにキープして終了。
DSCN2812.jpg

釣果:15匹ほど。


式が無事に終わった帰りの5日は、KFSで15時半からの5時間券。
とりあえず3号池であっかんべぇ~を投げるも無反応。
柿太郎さんとお話ししつつしばらく粘りましたが、諦めて南1号へ。

が、ここも渋く、悶々としていると程なく放流。
ベスパ3.2&スイミングフックVer.2.0(鯉スレ仕様)で6連発。フッキング良好、バラシも皆無。

反応が無くなってきたところで

「やるよ~」

「ハーイ」

総勢11名のダイドーカップ開催(2人負け)
takadaさんとeiichiさんは5匹宣言。漢です。

開始数分は誰も釣れず、5分ほどしてやっとイチ抜けが出るほどの激渋状態。
3名ほど抜けたところで、私のフラットフィッシュにヒット!
が、こんな時に限ってプチ3号池サイズが掛かり、手前まで寄せたところでバラシ。
次のキャストでもヒットしたものの、さっきのファイトでフックが少し伸ばされていたのか即バラシ。

その後は、あれこれ手を尽くしますが反応すら得られず。
5つほどルアーを変え、再びフラットフィッシュに戻すもショートバイトのみ。

恐らく30分近くが経過し、気付けば残りは私とtakadaさんとeiichiさんの3人。
程なくeiichiさんがヒット!
「終わった…」と思いきや。「4匹目」とのこと。
takadaさんはこの時点で3匹。
実質、私は既に死に体です。

ココニョロですら苦戦していた状況にプラグをあきらめ、ここ一番のPAL16オリカラチョコサンド。
沖目にキャストしてからのド表層スローリトリーブ&リーリングストップのアクションにバイトがあったものの乗らず。思わず悶絶。

落ち着いて再び同じパターンをトレースするとヒット!
「やった~!」と寄せていると再び良型orz
慎重にいくか?それとも…と迷った矢先、eiichiさんにもヒット!
さながらトーナメントのサドンデスの如き鬼の寄せに、強引に魚をリフト&ネット突っ込み!



うおりゃ、こっちゃこーい!



※ここからは、柿太郎さんご提供の連続写真にてお楽しみ下さい。
(わざわざCD-Rに焼いて頂き、ありがとうございました!)






070805_02.jpg

入った~!











070805_03.jpg

天を仰ぐeiichiさん。



本当にタッチの差でした。恐らく、ネット一個分も無かったはず。





070805_04.jpg

くどいようですが、総匹数比1:7です。

その後は北3号でまったり過ごしましたが、変わらず渋い状況。

070805_06.jpg

青フラ、釣れました。

ナイターでの南5号で入れ喰い10連発を味わった後、南1号でポツポツ。
最後の最後に上がり鱒が掛かったものの、土管の後を走られてラインブレイクで終了。

釣果:30匹位。

さて、静岡遠征は済ませたし、今年の休みこそあそこへリベンジに行きましょうかね(遠いけど)。




スポンサーサイト

【2007/08/12 22:42】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。