上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用タックル
ロッド:TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)
リール:05バイオ1000S
ライン:トラウティス トエリア3lb

「喉に引っ掛かった骨」、それが高萩ふれあいの里フィッシングエリア(以下、高萩FA)。
丁度二年前の社員旅行の折りに訪れ、管釣りを初体験したこの場所。
3時間券(当時)で挑戦しましたが、雷雨により1時間半ほどで撤退。結果はマルボウズ。
2年越しのリベンジです。
070817_01.jpg

少し前のエリアフィッシングニュースで、最近人気に陰りが見えてきた同エリアを村田基氏がリニューアルしたという特集がありました。
それによれば、数よりも、一匹のサイズと引きを楽しむ釣場に変貌したとのこと。
前回が釣れていないので比較は出来ませんが、コンディションの良い魚に期待したいところです。

ETCの夜間早朝割引を利用するため、和光ICから入って那珂ICで下車(軽自動車で、外環含めて片道1300円也!)。

那珂ICから高萩FAまでは1時間半ほど。
のんびりとした田舎道を、時折川の様子をチェックしながら進みました。
川幅は小さいなれど、綺麗な渓相があちこちに。いつか訪れてみたいものです。

高速で長目の仮眠を取ったこともあり、開始は7:30。
1日券は9時間限定ですが、千円追加で(残り時間に関わらず)ラストの18時まで延長可能。
オーナーさんによると、「夕方は表層でボコボコ出ますよ」とのこと。

まずは、前回の因縁の場所、1号池へ。
070817_02.jpg

他の釣り人が全く居ませんが、気にしない。

流れ出し側に陣取り、まずはご当地ルアーのL・E-ON25オリカラ・ピンクアワビ/金で第一投!
そしていきなりバイト!が、ジャンプ一発バラシ。
数投後に再びバイトがありますが、これまた乗らず。食いが浅いのかな?

しばらく粘りましたがチェイスすら見えなくなったので、奧の日陰側に移動。

比較的高活性時に実績のある、L・E-ON25オリカラ・オレンジサンドに変更した数投目。
070817_03.jpg

リベンジ達成!

カウント3からのロッド立て気味スロー引きがパターンらしく、その後も数投毎にバイトが続き、6キャッチ。
070817_04.jpg

よい引きでした。

サイズは決して大きいとは言えませんが、20センチ台でも元気な引きで楽しませてくれます。

流石に反応が無くなったところで、今度はオリカラ・ブルーアワビ/消し銀でリアクション狙い。
少しずつタナを下げますが、反応無し。
「光り物はダメかな…」と思い始めた頃







ゴッ ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





「おお!デカッ…くないな、あれ?」







070817_05.jpg

細長君でした。

長目のファイトだったためか反応が途切れたので移動。
小さいスプーンやクランクを使えばまだ釣れたかも知れませんが、早い内に他の池でも釣っておきたかったので。




で、2号池。



激渋です。



何をやっても反応が無く、ウィーパー09やフラットフィッシュすら見切る始末。
唯一、池奧に打ち込んだ際にウィードの上に乗っかったフラクラMRオリカラ・ブルーがポチャンと落ちた瞬間にバイト。
070817_06.jpg


こんなん交通事故じゃないか!と、横の立ち位置からオバハン下を狙いますがことごとく無視。
諦めかけた頃に、1・2号池放流のアナウンス。
放流で釣っても意味がない!と意地を張り、1号池へ舞い戻ります。

ちゃっかり池の中央を確保し、放流が来るまでウィーパー09のオリカラ・ブルーを投げていると2キャッチ。
特に、よそ見した瞬間に喰った2匹目は、本日のビッグワンでした。
070817_07.jpg


アナウンスから10分ほどして行われた放流では、放流魚達の素直な反応を楽しみ、半入れ食いで十数匹キャッチ。

反応が落ち着いたところで再び2号池に挑戦しますが、相変わらずの無反応。
やむなく3号池へ移動。

3号池は、最も奥行きのある池。
ベスパ32フルキャストでも、奧の壁には届きません。
奥の方に魚が居るのは確実。でも、届いても釣れません。
スプーンでは釣れそうも無かったので、謎の球体を投入。行け!あっかんべぇ~!!
070817_08.jpg

入れ喰い(バイト)でした。

5連続ほどでバイトがありましたが、残念ながらキャッチできたのは1匹だけ。
食いが浅いのか、どんなにフッキングを我慢しても寄せてくる途中でバレまくり。

それでも満足できたので、お次は4号池へ。
4号池は、7月からトラウトの放流を止め、代わりに青魚とナマズが入っているとか。
流れ込み側は反応イマイチ。
一番奥の岩の近くにチビ鱒達が固まっており、スプーンの着水点にワッと群がってきますが掛かりません。
流れに沿ってリトリーブすることで2匹キャッチ。

再び流れ込み側で、フラットフィッシュのメキシカンサンドを投入。
先ほどの2号池では、何故か蛍光色しか使いませんでした。
すると、これが好反応。
相変わらずショートバイトが多いのですが、それでも時折ガッツリ喰ってくれる個体が遊んでくれます。

お腹が空いてきたのでお昼にしようかと思っていると、11時半から13時半まで食堂が開きますとのアナウンス。更に、100円で持ち込んだ魚を塩焼きにしてくれるとのこと。

というわけで、塩焼きサイズが確保できるまでお昼はお預け。
3号池、2号池と良いテンポで掛かるのですが、ことごとくリリースサイズ。
「塩焼きサイズ来いや~」と念を込めてフラットフィッシュを引き倒していると、
070817_09.jpg

やっと来た~


お昼は食堂のカレー。
副菜がたっぷり3皿も付いて700円。それだけでもお腹一杯でしたが、

「おまちどおさま~」

















070817_10.jpg

デカすぎたかも…


もちろん完食。


しばらくまったりした後、もう一度各池をさらってみますが、1号池以外はフラットフィッシュ以外で釣れる気がしません。
余りの暑さに手足が痛くなってきたので、車内でしばし仮眠。
幸い風は涼しいので、窓を開けていれば何とかなります。

1時間ほど過ぎた頃に、午後の放流(2・3号池)のアナウンス。
しばらくウダウダした後、思うところあって赤金のスピナーを付けて3号池へ。
放流直後の筈なのに、誰も釣れていません…

午前中からいらっしゃる、プラノにロッドを3本立てたトーナメンター風の方(どの時間でもコンスタントに釣っていらっしゃいました)が掛けた直後に、私のスピナーにもヒット!
070817_11.jpg

久しぶりの良い引き。

しかし、その後はアタリすら無し。
件の方は5分おき位にヒットを続けて5・6匹はキャッチされていましたが、私を含め他の方々も全然釣れません。

一日券での終了時間は16時半。
とりあえずスプーンで釣りたくて頑張っていると、16時を過ぎた辺りから急に涼しくなり、表層での反応が良くなってきました。
そこで延長の手続きを行い、3号池で最後まで粘ってみたのですが、反応が良かったのは序盤だけ。
魚は一斉に浮いてきているのですが、トップにも水面直下にも希にしか反応しません。

070817_12.jpg

この時は、気持ちよく喰ってくれたのに…

結局、ラスト40分はノーバイトのまま終了。う~ん悔しい。

釣果:35匹位(ニジマス:20~40センチ台)

とりあえず、リベンジは完了。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
少し前のエリアフィッシングニュースで、最近人気に陰りが見えてきた同エリアを村田基氏がリニューアルしたという特集がありました。
それによれば、数よりも、一匹のサイズと引きを楽しむ釣場に変貌したとのこと。
前回が釣れていないので比較は出来ませんが、コンディションの良い魚に期待したいところです。

ETCの夜間早朝割引を利用するため、和光ICから入って那珂ICで下車(軽自動車で、外環含めて片道1300円也!)。

那珂ICから高萩FAまでは1時間半ほど。
のんびりとした田舎道を、時折川の様子をチェックしながら進みました。
川幅は小さいなれど、綺麗な渓相があちこちに。いつか訪れてみたいものです。

高速で長目の仮眠を取ったこともあり、開始は7:30。
1日券は9時間限定ですが、千円追加で(残り時間に関わらず)ラストの18時まで延長可能。
オーナーさんによると、「夕方は表層でボコボコ出ますよ」とのこと。

まずは、前回の因縁の場所、1号池へ。
070817_02.jpg

他の釣り人が全く居ませんが、気にしない。

流れ出し側に陣取り、まずはご当地ルアーのL・E-ON25オリカラ・ピンクアワビ/金で第一投!
そしていきなりバイト!が、ジャンプ一発バラシ。
数投後に再びバイトがありますが、これまた乗らず。食いが浅いのかな?

しばらく粘りましたがチェイスすら見えなくなったので、奧の日陰側に移動。

比較的高活性時に実績のある、L・E-ON25オリカラ・オレンジサンドに変更した数投目。
070817_03.jpg

リベンジ達成!

カウント3からのロッド立て気味スロー引きがパターンらしく、その後も数投毎にバイトが続き、6キャッチ。
070817_04.jpg

よい引きでした。

サイズは決して大きいとは言えませんが、20センチ台でも元気な引きで楽しませてくれます。

流石に反応が無くなったところで、今度はオリカラ・ブルーアワビ/消し銀でリアクション狙い。
少しずつタナを下げますが、反応無し。
「光り物はダメかな…」と思い始めた頃







ゴッ ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





「おお!デカッ…くないな、あれ?」







070817_05.jpg

細長君でした。

長目のファイトだったためか反応が途切れたので移動。
小さいスプーンやクランクを使えばまだ釣れたかも知れませんが、早い内に他の池でも釣っておきたかったので。




で、2号池。



激渋です。



何をやっても反応が無く、ウィーパー09やフラットフィッシュすら見切る始末。
唯一、池奧に打ち込んだ際にウィードの上に乗っかったフラクラMRオリカラ・ブルーがポチャンと落ちた瞬間にバイト。
070817_06.jpg


こんなん交通事故じゃないか!と、横の立ち位置からオバハン下を狙いますがことごとく無視。
諦めかけた頃に、1・2号池放流のアナウンス。
放流で釣っても意味がない!と意地を張り、1号池へ舞い戻ります。

ちゃっかり池の中央を確保し、放流が来るまでウィーパー09のオリカラ・ブルーを投げていると2キャッチ。
特に、よそ見した瞬間に喰った2匹目は、本日のビッグワンでした。
070817_07.jpg


アナウンスから10分ほどして行われた放流では、放流魚達の素直な反応を楽しみ、半入れ食いで十数匹キャッチ。

反応が落ち着いたところで再び2号池に挑戦しますが、相変わらずの無反応。
やむなく3号池へ移動。

3号池は、最も奥行きのある池。
ベスパ32フルキャストでも、奧の壁には届きません。
奥の方に魚が居るのは確実。でも、届いても釣れません。
スプーンでは釣れそうも無かったので、謎の球体を投入。行け!あっかんべぇ~!!
070817_08.jpg

入れ喰い(バイト)でした。

5連続ほどでバイトがありましたが、残念ながらキャッチできたのは1匹だけ。
食いが浅いのか、どんなにフッキングを我慢しても寄せてくる途中でバレまくり。

それでも満足できたので、お次は4号池へ。
4号池は、7月からトラウトの放流を止め、代わりに青魚とナマズが入っているとか。
流れ込み側は反応イマイチ。
一番奥の岩の近くにチビ鱒達が固まっており、スプーンの着水点にワッと群がってきますが掛かりません。
流れに沿ってリトリーブすることで2匹キャッチ。

再び流れ込み側で、フラットフィッシュのメキシカンサンドを投入。
先ほどの2号池では、何故か蛍光色しか使いませんでした。
すると、これが好反応。
相変わらずショートバイトが多いのですが、それでも時折ガッツリ喰ってくれる個体が遊んでくれます。

お腹が空いてきたのでお昼にしようかと思っていると、11時半から13時半まで食堂が開きますとのアナウンス。更に、100円で持ち込んだ魚を塩焼きにしてくれるとのこと。

というわけで、塩焼きサイズが確保できるまでお昼はお預け。
3号池、2号池と良いテンポで掛かるのですが、ことごとくリリースサイズ。
「塩焼きサイズ来いや~」と念を込めてフラットフィッシュを引き倒していると、
070817_09.jpg

やっと来た~


お昼は食堂のカレー。
副菜がたっぷり3皿も付いて700円。それだけでもお腹一杯でしたが、

「おまちどおさま~」

















070817_10.jpg

デカすぎたかも…


もちろん完食。


しばらくまったりした後、もう一度各池をさらってみますが、1号池以外はフラットフィッシュ以外で釣れる気がしません。
余りの暑さに手足が痛くなってきたので、車内でしばし仮眠。
幸い風は涼しいので、窓を開けていれば何とかなります。

1時間ほど過ぎた頃に、午後の放流(2・3号池)のアナウンス。
しばらくウダウダした後、思うところあって赤金のスピナーを付けて3号池へ。
放流直後の筈なのに、誰も釣れていません…

午前中からいらっしゃる、プラノにロッドを3本立てたトーナメンター風の方(どの時間でもコンスタントに釣っていらっしゃいました)が掛けた直後に、私のスピナーにもヒット!
070817_11.jpg

久しぶりの良い引き。

しかし、その後はアタリすら無し。
件の方は5分おき位にヒットを続けて5・6匹はキャッチされていましたが、私を含め他の方々も全然釣れません。

一日券での終了時間は16時半。
とりあえずスプーンで釣りたくて頑張っていると、16時を過ぎた辺りから急に涼しくなり、表層での反応が良くなってきました。
そこで延長の手続きを行い、3号池で最後まで粘ってみたのですが、反応が良かったのは序盤だけ。
魚は一斉に浮いてきているのですが、トップにも水面直下にも希にしか反応しません。

070817_12.jpg

この時は、気持ちよく喰ってくれたのに…

結局、ラスト40分はノーバイトのまま終了。う~ん悔しい。

釣果:35匹位(ニジマス:20~40センチ台)

とりあえず、リベンジは完了。

スポンサーサイト

【2007/08/18 16:39】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |


小ぽんち
な~んだ~
4号池には面白い魚が入ってたんですね。
知ってたら狙うんだったな~

記事を拝見する限りでは翌日もあまり変わらない状況でしたね。
私はマッタリムードで釣りしてましたがやはりコンスタントに釣ってる方もいらっしゃいましたよ。
残念ながら私にはまだその腕はありません(^^;)


たか
■小ぽんちさん
4号池、どちらも「はなぞの」で偶然釣ったことはあるのですが、狙い方が分かりませんでした(笑)

私も基本まったりだったのですが、不思議なくらいコンスタントに掛けている方はいるものですよね。
渋いときとりも、放流直後の差の方がショックでした。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
な~んだ~
4号池には面白い魚が入ってたんですね。
知ってたら狙うんだったな~

記事を拝見する限りでは翌日もあまり変わらない状況でしたね。
私はマッタリムードで釣りしてましたがやはりコンスタントに釣ってる方もいらっしゃいましたよ。
残念ながら私にはまだその腕はありません(^^;)
2007/08/19(Sun) 16:16 | URL  | 小ぽんち #-[ 編集]
■小ぽんちさん
4号池、どちらも「はなぞの」で偶然釣ったことはあるのですが、狙い方が分かりませんでした(笑)

私も基本まったりだったのですが、不思議なくらいコンスタントに掛けている方はいるものですよね。
渋いときとりも、放流直後の差の方がショックでした。
2007/08/19(Sun) 23:45 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。