上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて、すっかり放置の釣行記を、今更ですがお届けします。
年末年始の暇つぶしにご笑覧下さい。
10月某日
平日休みを貰って、埼玉水上公園へ(写真が無くなってしまったので、日付失念)

朝イチはインターボロンでベスパ32を投げ、すそパを彷彿とさせる体高のあるメタボな30upをキャッチ。
午前中後半からは管釣りタックルで挑むも、アタリは多々あるもなかなか乗らず。2キャッチのみ。午後はアタリすら無し。
トータル3キャッチで終了。
この時、インターボロンで思ったより飛距離が出ないのが気になっていました。


10月27日 東山湖
けんたさんと、.comが行われる東山湖へ「プレッシャーで逃げたサカナで桟橋はウハウハ」を目論んで出撃。

大会開始前は、レストラン前から切れ目までをランガン。
ベスパ7.4gで色々とアクションを工夫して捻り出す様に1キャッチ。
DSCN2992.jpg


大会中は狙い通り桟橋付近はかなりの高活性で、ヘブン7gの早めのリトリーブのみで10匹程キャッチ。
ベスパ32も含め、アワビ張りのオリカラ全てでキャッチ出来、トータル18匹で終了。
DSCN2995.jpg


台風直撃で15時に撤退。
帰りの車中でも、けんたさんより飛距離についてのご指摘。キャストフォームの見直しに着手。


11月3日 寄居YGL
初の解禁YGL
が、行楽渋滞にはまり、見事に15分出遅れ。
既に駐車場には10台以上の車。
駐車場側がボコボコとのことで、実際、中央付近は昼まで半入れ喰い状態でした。

私は、ロッジ前の大きな立木の真横に陣取り。
この日もインターボロン+ヘブン5gというタックルだったので、唯一入れた&近くに他の人が入らない場所からロングキャスト。
結果、開始3時間で9キャッチ。
DSCN3002.jpg

2匹目に掛かった、年越しイワナ。

オリカラのブルーアワビ/銀と、芦ノ湖は黒金が最強という情報から仕込んだ黒/裏メキシコアワビ/サイド金が好反応。
DSCN3004.jpg

ベスパ32で1匹追加して、11時には納竿。

川水のイベントに行こうと思っていましたが、疲れから釣場の駐車場で爆睡していまいリタイヤ。


11月11日 芦ノ湖
ネオプレンウェーダーを購入し、芦ノ湖へ。
とりあえず、箱根湾方面のポイント開拓が目的。
某所一帯をランガンし、最後に良場所を発見。
ポイントの状況のみ把握し、この日は撤退。

6~8lbラインを巻けるリールを真剣に検討した結果、イグジスト2500を購入。
ラインも、これまで使っていた海平一号から、厳寒期でのトラブルを考えてバリバス・ゲーム6lbへ変更。


以上、エピローグです(笑)


11月25日 芦ノ湖
前回確認したポイントの近くに車を停め、開始時間まで仮眠。
準備を始めると、別の車が近くに停車。
ベテランの風格漂う、鯉狙いの御大。
とても穏やかな話し合いの結果、岩を挟んで左右にポイントを分け合うことになりました。
DSCN3025.jpg

コンナツリビトニワタシモナリタヒ

「こっちはまだ時合じゃないから」という御大のお言葉に甘えて、さほど領域を気にすることなくキャストしますが反応はありません。
投げているのは、ヘブン7g黒/裏メキシコアワビ/サイド金。
イグジストの感度の良さに「こりゃ反則だわ」と感服しつつひたすら投げます。

日が昇りはじめ、プライムタイム突入。
「ここで出ないと辛いなあ」と思いつつ、それまでのカウントダウンから、表層水温の上昇を信じて着水直後の数巻き目


コパン!


「おおお!」


沖でやたらとはね回る小ぶりな魚体。だがしかし、貴重な一匹!

「やったー!」とにやけながら、御大の方を振り返った直後









フッ









あ…







ナンデフリムイタカナ








ソレイゼンニ ナンデ ハネテルノニ ロッドタテテマイタノカナ




放心する間も惜しいので、直ぐにキャスト再開。
しかし、30分以上無反応。
途中、数投だけピンク銀にカラーチェンジしましたが、明らかに気持ちがぶれて丁寧さが無くなったのが分かったので直ぐに元に戻します。

「もうダメかなあ…」

明るくなってボートが動き始め、何台目かが通過したその引き波と、駆け上がりが交差する場所へ「居てくれ!」と打ち込んだ、またもや着水直後数巻き目






ゴン!





またもや沖で跳ね回る魚体は、明らかにさっきよりも大きい!

「いよっしゃ!絶対獲ったる!!」

ティップを水面に突っ込みながら、強引に追いアワセを2・3回叩き込みます。

「ドラグ触るな、過信するな、ロッド上げるな、テンション維持しろ、無理にせずいなせ、寄せても油断するな(2秒)」

心構えを完了してやりとり開始。今度は獲るまで振り向かん!

手前に思い切り跳ねられてテンションが抜けたときは「またか…」と覚悟しましたが、幸いにも魚は下に突っ込んで健在。

目視できる範囲に寄せてからも何度か潜られましたが、動きが止まった後は素直にネットイン。
DSCN3026.jpg

いいサカナです。

サカナが体力を回復する間、余韻に浸りながら眺める。
この時間がたまりません。


「おめでとう~」

「ありがとうございます~」

カラーはオリカラ、フックも手巻きのスイミングフック(バーブレス)。満足感もひとしおです。

その後、10時頃まで投げて一旦撤収。
車内で仮眠した後、14時過ぎに夕マズメ狙いで再開しましたが反応は得られず。
東山同様、この時期の夕方は活性が下がるのかも知れません。


12月16日 芦ノ湖
今シーズンラスト芦ノ湖。
インターボロンの飛距離に見切りを付け、キャスティングでモデルチェンジ直前半額セールになっていたBUNSUIRAY BSL-80Mを購入。
どうやら私の場合、たとえスプーンでも、スローテーパーで胴に乗せるキャストよりも、ファーストテーパーで初速を出してかっ飛ばす方が性に合っている様なので最適と判断。
なにより、前回の釣行時、インターボロンの5番目のガイドがラインで削れるというアクシデントが発生したため(クレーム扱いで直りました)、ロッドが無かったのです。

出遅れた事もあって釣果はありませんでしたが、とりあえず、ヘブン9gで50Mオーバーは記録できたので、今度はサクラマススプーン14g+8lbでテストの予定です(何処でやるかが問題ですが…) 

それにしても、イグジストの性能は凄まじいの一言。
DSCN3029.jpg

デビュー戦で延べ7時間投げましたが、ライントラブルどころか糸ヨレが皆無。
2回目にも同じラインをそのまま使ってみましたが、更に3時間ほど経過した時点で、ようやくティップに軽く絡む程度でした。
ウェーディング中のトラブルは泣くに泣けないので、その不安が無いだけでもメリットは計り知れません。

巻き心地の良さと感度は言わずもがな。
唯一の欠点といえば、他のリールが使えなくなることでしょうか(笑)

さて、そんなこんなで今年も残り僅かとなりました。
本日(30)夜に帰省するのですが、途中でKFSによる予定です。目的はもちろん、BUNSUIRAYの入魂&練習。

ロッドの長さで言えば東山なのでしょうが、確実に放流魚が相手をしてくれるという点でKFSです。
二ヶ月掛けてやっとまとまったお気軽管釣りタックル&ルアーも試す予定です。
更に、夜は近くの海でメバルも狙う予定。すっかりご無沙汰していたメバルロッドも、KIX共々復活です。

それでは、皆様良いお年を!


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
10月某日
平日休みを貰って、埼玉水上公園へ(写真が無くなってしまったので、日付失念)

朝イチはインターボロンでベスパ32を投げ、すそパを彷彿とさせる体高のあるメタボな30upをキャッチ。
午前中後半からは管釣りタックルで挑むも、アタリは多々あるもなかなか乗らず。2キャッチのみ。午後はアタリすら無し。
トータル3キャッチで終了。
この時、インターボロンで思ったより飛距離が出ないのが気になっていました。


10月27日 東山湖
けんたさんと、.comが行われる東山湖へ「プレッシャーで逃げたサカナで桟橋はウハウハ」を目論んで出撃。

大会開始前は、レストラン前から切れ目までをランガン。
ベスパ7.4gで色々とアクションを工夫して捻り出す様に1キャッチ。
DSCN2992.jpg


大会中は狙い通り桟橋付近はかなりの高活性で、ヘブン7gの早めのリトリーブのみで10匹程キャッチ。
ベスパ32も含め、アワビ張りのオリカラ全てでキャッチ出来、トータル18匹で終了。
DSCN2995.jpg


台風直撃で15時に撤退。
帰りの車中でも、けんたさんより飛距離についてのご指摘。キャストフォームの見直しに着手。


11月3日 寄居YGL
初の解禁YGL
が、行楽渋滞にはまり、見事に15分出遅れ。
既に駐車場には10台以上の車。
駐車場側がボコボコとのことで、実際、中央付近は昼まで半入れ喰い状態でした。

私は、ロッジ前の大きな立木の真横に陣取り。
この日もインターボロン+ヘブン5gというタックルだったので、唯一入れた&近くに他の人が入らない場所からロングキャスト。
結果、開始3時間で9キャッチ。
DSCN3002.jpg

2匹目に掛かった、年越しイワナ。

オリカラのブルーアワビ/銀と、芦ノ湖は黒金が最強という情報から仕込んだ黒/裏メキシコアワビ/サイド金が好反応。
DSCN3004.jpg

ベスパ32で1匹追加して、11時には納竿。

川水のイベントに行こうと思っていましたが、疲れから釣場の駐車場で爆睡していまいリタイヤ。


11月11日 芦ノ湖
ネオプレンウェーダーを購入し、芦ノ湖へ。
とりあえず、箱根湾方面のポイント開拓が目的。
某所一帯をランガンし、最後に良場所を発見。
ポイントの状況のみ把握し、この日は撤退。

6~8lbラインを巻けるリールを真剣に検討した結果、イグジスト2500を購入。
ラインも、これまで使っていた海平一号から、厳寒期でのトラブルを考えてバリバス・ゲーム6lbへ変更。


以上、エピローグです(笑)


11月25日 芦ノ湖
前回確認したポイントの近くに車を停め、開始時間まで仮眠。
準備を始めると、別の車が近くに停車。
ベテランの風格漂う、鯉狙いの御大。
とても穏やかな話し合いの結果、岩を挟んで左右にポイントを分け合うことになりました。
DSCN3025.jpg

コンナツリビトニワタシモナリタヒ

「こっちはまだ時合じゃないから」という御大のお言葉に甘えて、さほど領域を気にすることなくキャストしますが反応はありません。
投げているのは、ヘブン7g黒/裏メキシコアワビ/サイド金。
イグジストの感度の良さに「こりゃ反則だわ」と感服しつつひたすら投げます。

日が昇りはじめ、プライムタイム突入。
「ここで出ないと辛いなあ」と思いつつ、それまでのカウントダウンから、表層水温の上昇を信じて着水直後の数巻き目


コパン!


「おおお!」


沖でやたらとはね回る小ぶりな魚体。だがしかし、貴重な一匹!

「やったー!」とにやけながら、御大の方を振り返った直後









フッ









あ…







ナンデフリムイタカナ








ソレイゼンニ ナンデ ハネテルノニ ロッドタテテマイタノカナ




放心する間も惜しいので、直ぐにキャスト再開。
しかし、30分以上無反応。
途中、数投だけピンク銀にカラーチェンジしましたが、明らかに気持ちがぶれて丁寧さが無くなったのが分かったので直ぐに元に戻します。

「もうダメかなあ…」

明るくなってボートが動き始め、何台目かが通過したその引き波と、駆け上がりが交差する場所へ「居てくれ!」と打ち込んだ、またもや着水直後数巻き目






ゴン!





またもや沖で跳ね回る魚体は、明らかにさっきよりも大きい!

「いよっしゃ!絶対獲ったる!!」

ティップを水面に突っ込みながら、強引に追いアワセを2・3回叩き込みます。

「ドラグ触るな、過信するな、ロッド上げるな、テンション維持しろ、無理にせずいなせ、寄せても油断するな(2秒)」

心構えを完了してやりとり開始。今度は獲るまで振り向かん!

手前に思い切り跳ねられてテンションが抜けたときは「またか…」と覚悟しましたが、幸いにも魚は下に突っ込んで健在。

目視できる範囲に寄せてからも何度か潜られましたが、動きが止まった後は素直にネットイン。
DSCN3026.jpg

いいサカナです。

サカナが体力を回復する間、余韻に浸りながら眺める。
この時間がたまりません。


「おめでとう~」

「ありがとうございます~」

カラーはオリカラ、フックも手巻きのスイミングフック(バーブレス)。満足感もひとしおです。

その後、10時頃まで投げて一旦撤収。
車内で仮眠した後、14時過ぎに夕マズメ狙いで再開しましたが反応は得られず。
東山同様、この時期の夕方は活性が下がるのかも知れません。


12月16日 芦ノ湖
今シーズンラスト芦ノ湖。
インターボロンの飛距離に見切りを付け、キャスティングでモデルチェンジ直前半額セールになっていたBUNSUIRAY BSL-80Mを購入。
どうやら私の場合、たとえスプーンでも、スローテーパーで胴に乗せるキャストよりも、ファーストテーパーで初速を出してかっ飛ばす方が性に合っている様なので最適と判断。
なにより、前回の釣行時、インターボロンの5番目のガイドがラインで削れるというアクシデントが発生したため(クレーム扱いで直りました)、ロッドが無かったのです。

出遅れた事もあって釣果はありませんでしたが、とりあえず、ヘブン9gで50Mオーバーは記録できたので、今度はサクラマススプーン14g+8lbでテストの予定です(何処でやるかが問題ですが…) 

それにしても、イグジストの性能は凄まじいの一言。
DSCN3029.jpg

デビュー戦で延べ7時間投げましたが、ライントラブルどころか糸ヨレが皆無。
2回目にも同じラインをそのまま使ってみましたが、更に3時間ほど経過した時点で、ようやくティップに軽く絡む程度でした。
ウェーディング中のトラブルは泣くに泣けないので、その不安が無いだけでもメリットは計り知れません。

巻き心地の良さと感度は言わずもがな。
唯一の欠点といえば、他のリールが使えなくなることでしょうか(笑)

さて、そんなこんなで今年も残り僅かとなりました。
本日(30)夜に帰省するのですが、途中でKFSによる予定です。目的はもちろん、BUNSUIRAYの入魂&練習。

ロッドの長さで言えば東山なのでしょうが、確実に放流魚が相手をしてくれるという点でKFSです。
二ヶ月掛けてやっとまとまったお気軽管釣りタックル&ルアーも試す予定です。
更に、夜は近くの海でメバルも狙う予定。すっかりご無沙汰していたメバルロッドも、KIX共々復活です。

それでは、皆様良いお年を!


スポンサーサイト

【2007/12/30 02:12】 | もろもろ
トラックバック(0) |


ゴリ
5g台のスプーンで管釣りすか~.
こちらのエリアなら十分ありかもしれませんが,そっちでは漢すぎますね.
私は雨にも風にも負けず,東で放流があれば全力で叩き,西でペレットが撒かれれば必死に1gをキャストする俗物です.(笑)
来年はイグジスト!が性能を発揮する巨大な鱒族を待ってますよ!



たか@沼津
>ゴリさん
本日は、柿田で8fを振り回してきました(笑)

さすがの引き味を二桁以上味わえたおかげで、ランディングの練習もバッチリです。

PAL16の餌色を無理やり投げたのは、ここだけの話です、ハイ。



まこ@釣庵
お久しぶりです!お元気ですか?
なかなかお会いするチャンスがありませんが、
その際にはよろしくお願いいたします。m(_ _"m)

良いお年を!



たか@実家
>まこさん
お久しぶりです。
いつも読み逃げさせていただいておりますm(_ _)m

来年はご一緒できるといいですね。
トラウトでは大物に興味がおありとのことですが、芦ノ湖特別解禁はいかがですか?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
5g台のスプーンで管釣りすか~.
こちらのエリアなら十分ありかもしれませんが,そっちでは漢すぎますね.
私は雨にも風にも負けず,東で放流があれば全力で叩き,西でペレットが撒かれれば必死に1gをキャストする俗物です.(笑)
来年はイグジスト!が性能を発揮する巨大な鱒族を待ってますよ!
2007/12/30(Sun) 22:13 | URL  | ゴリ #aivYOXA.[ 編集]
>ゴリさん
本日は、柿田で8fを振り回してきました(笑)

さすがの引き味を二桁以上味わえたおかげで、ランディングの練習もバッチリです。

PAL16の餌色を無理やり投げたのは、ここだけの話です、ハイ。
2007/12/31(Mon) 00:06 | URL  | たか@沼津 #25OPJu36[ 編集]
お久しぶりです!お元気ですか?
なかなかお会いするチャンスがありませんが、
その際にはよろしくお願いいたします。m(_ _"m)

良いお年を!
2007/12/31(Mon) 16:51 | URL  | まこ@釣庵 #4KFPkfpQ[ 編集]
>まこさん
お久しぶりです。
いつも読み逃げさせていただいておりますm(_ _)m

来年はご一緒できるといいですね。
トラウトでは大物に興味がおありとのことですが、芦ノ湖特別解禁はいかがですか?
2007/12/31(Mon) 20:51 | URL  | たか@実家 #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。