上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板さん(仮名)さんからリクエストを頂きました、スイミングフックの制作方法です。
IMG_0423.jpg
素材
mat.jpg

オーナーばり 鯉スレ
バーブレスで、管釣りでも実績のあったフックに似た形のものを探して見つけたのがこれ。
太さによってテーパーの掛け方が異なるので、細い番手の方が刺さりが良いとは限らないのがミソ。
試した範囲では、12・15・17番が段差の無い鋭い針先を持っています。

極まれにですが、プレスが失敗したのか、あり得ないくらいワイヤーが凸凹に変形している物が混じっている事があるので注意。
しっかり針の形をしているので、一見すると気付かなかったりします。

よつあみ ザイロンX
ループ部分の素材として選択。現在使用しているサイズは12号。
とりあえず、近場で扱いがあった物の中から選んだのですが、特に不満はありません。
バッハスペシャルの様にスプリットリングのサイズが大きい場合は、リングの隙間に入らない様にもう少し太めが良いかもしれません。

道具類
tool01.jpg

グート ミニバイス
ハンダ付けの部品固定用の道具ですが、針を固定するために流用。

フライタイイング用のボビン
メインとなる道具なので、安すぎない、ある程度の物を購入しました。

カッター オルファ 特選黒刃(中型)
切れ味抜群。
あえてカッター本体には装着せず、刃を直接逆向きに持ち、刃の後側を使って切ると作業が楽です。

作成手順
IMG_0398.jpg
フックをバイスに固定し、折りたたんだザイロン(約3センチ)とタイイングスレッドをまとめて摘み、フックの背中側に一緒に押し当てます。
(2月3日訂正)フックの内側にした方が良いようです。(板さん(仮名)さんのご指摘より)

IMG_0401.jpg
フックの端から少しずつ巻きつつ、ザイロンの形を整えてアイを形成しながら巻いていきます。
スレッドを巻く勢いでザイロンがずれないようになったら、一気に巻き上げます。

このまま最後まで巻いてしまっても、ライトライン使用時には強度的に問題無いとは思いますが、万が一のすっぽ抜けが心配な場合は…

IMG_0405.jpg
ザイロンの端を少し折り返し、終点側から押さえつけるように巻き込みます。
ザイロンの毛羽立ちを無理矢理押さえ込むので、見た目は少々悪くなります。

IMG_0407.jpg
巻き終わったら、スレッドを切る前に瞬間接着剤で固めます。
塗り終わったらすぐにスレッドを切り(この時、カッター刃の逆さ持ちが活きます)、乾燥させて完成です。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
素材
mat.jpg

オーナーばり 鯉スレ
バーブレスで、管釣りでも実績のあったフックに似た形のものを探して見つけたのがこれ。
太さによってテーパーの掛け方が異なるので、細い番手の方が刺さりが良いとは限らないのがミソ。
試した範囲では、12・15・17番が段差の無い鋭い針先を持っています。

極まれにですが、プレスが失敗したのか、あり得ないくらいワイヤーが凸凹に変形している物が混じっている事があるので注意。
しっかり針の形をしているので、一見すると気付かなかったりします。

よつあみ ザイロンX
ループ部分の素材として選択。現在使用しているサイズは12号。
とりあえず、近場で扱いがあった物の中から選んだのですが、特に不満はありません。
バッハスペシャルの様にスプリットリングのサイズが大きい場合は、リングの隙間に入らない様にもう少し太めが良いかもしれません。

道具類
tool01.jpg

グート ミニバイス
ハンダ付けの部品固定用の道具ですが、針を固定するために流用。

フライタイイング用のボビン
メインとなる道具なので、安すぎない、ある程度の物を購入しました。

カッター オルファ 特選黒刃(中型)
切れ味抜群。
あえてカッター本体には装着せず、刃を直接逆向きに持ち、刃の後側を使って切ると作業が楽です。

作成手順
IMG_0398.jpg
フックをバイスに固定し、折りたたんだザイロン(約3センチ)とタイイングスレッドをまとめて摘み、フックの背中側に一緒に押し当てます。
(2月3日訂正)フックの内側にした方が良いようです。(板さん(仮名)さんのご指摘より)

IMG_0401.jpg
フックの端から少しずつ巻きつつ、ザイロンの形を整えてアイを形成しながら巻いていきます。
スレッドを巻く勢いでザイロンがずれないようになったら、一気に巻き上げます。

このまま最後まで巻いてしまっても、ライトライン使用時には強度的に問題無いとは思いますが、万が一のすっぽ抜けが心配な場合は…

IMG_0405.jpg
ザイロンの端を少し折り返し、終点側から押さえつけるように巻き込みます。
ザイロンの毛羽立ちを無理矢理押さえ込むので、見た目は少々悪くなります。

IMG_0407.jpg
巻き終わったら、スレッドを切る前に瞬間接着剤で固めます。
塗り終わったらすぐにスレッドを切り(この時、カッター刃の逆さ持ちが活きます)、乾燥させて完成です。
スポンサーサイト

【2009/01/31 02:23】 | タックル
トラックバック(0) |


板さん(仮名)
こんばんは。楽しみにしていました。
リクエストに応えていただき、ありがとうございます。

いろいろな疑問点が、かなり解消されました。
まず、フックですが、コイスレですか。
平打ちもされていて、強度的にも良さそうですね。研究成果も教えていただき、感謝します。
私は、マダイ用で考えていましたが、探してみますね。

それと、すっぽ抜け対策も参考にします。
あとは、瞬間接着剤で止めるんですね。
濡れても大丈夫なんですね。

ここで、一つ質問です。
ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。
(これしか知らないというのもあります。)

自作フックも凝り出すと深そうですね。





たか
>板さん(仮名)さん

ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。

作り始めた頃、両方を試してみて際に、単純にフックの動きが良さそうだったのでこちらにしたままだったのですが、改めて比較してみたところ、明らかに内側の方がフッキングパワーが逃げ難いようです。

ご指摘ありがとうございます。



板さん(仮名)
こんばんは。板橋です。

両方試されたのですね。
やってみる中での発見は多いものですよね。

私もとりあえず材料をゲットして初めて見たいと思います。
しかし、年度末にさしかかり、仕事がやや忙しくなってきたので、
少し先になるかも…です。

きっとやってみるとうまくいかない部分も
あるかと思ってます。
その際は、また教えて下さいね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。楽しみにしていました。
リクエストに応えていただき、ありがとうございます。

いろいろな疑問点が、かなり解消されました。
まず、フックですが、コイスレですか。
平打ちもされていて、強度的にも良さそうですね。研究成果も教えていただき、感謝します。
私は、マダイ用で考えていましたが、探してみますね。

それと、すっぽ抜け対策も参考にします。
あとは、瞬間接着剤で止めるんですね。
濡れても大丈夫なんですね。

ここで、一つ質問です。
ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。
(これしか知らないというのもあります。)

自作フックも凝り出すと深そうですね。


2009/02/02(Mon) 23:39 | URL  | 板さん(仮名) #mQop/nM.[ 編集]
>板さん(仮名)さん

ザイロンのセットはフックの外側なんですね。内側でない理由があるのでしょうか?
普通にハリスを結ぶときは、タタキに触れないよう、内側に結びますよね。

作り始めた頃、両方を試してみて際に、単純にフックの動きが良さそうだったのでこちらにしたままだったのですが、改めて比較してみたところ、明らかに内側の方がフッキングパワーが逃げ難いようです。

ご指摘ありがとうございます。
2009/02/03(Tue) 00:18 | URL  | たか #-[ 編集]
こんばんは。板橋です。

両方試されたのですね。
やってみる中での発見は多いものですよね。

私もとりあえず材料をゲットして初めて見たいと思います。
しかし、年度末にさしかかり、仕事がやや忙しくなってきたので、
少し先になるかも…です。

きっとやってみるとうまくいかない部分も
あるかと思ってます。
その際は、また教えて下さいね。
2009/02/03(Tue) 21:57 | URL  | 板さん(仮名) #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。