上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッド:CHMA Wise-Stream 76ML
TROUTIN'SPIN interBORON X TRBX-73SD
リール:EXIST 2500
ライン:ファイヤーラインクリスタル6lb+トラウトアドバンス8lb(ハンドル10回転)
    
ここのところ、さっぱり釣果の上がらない芦ノ湖。
正直、心は本栖湖に傾き掛けていたのですが、とりあえず解禁だからと出撃。
DSCN3363.jpg
特典?
しかし、前々日の温かさが嘘のような冷え込み。
しかも、解禁とはいえ大会なので、遊漁券は5千円。
チェックしていなかった私が悪いのですが、コンビニでも買えませんし、特別解禁から追加放流があったという情報も無いのにこの値段…少しテンションが下がります。

まあ、それでも良型が一匹でも釣れれば!と、いつもの三石へ。
DSCN3364.jpg

特別解禁では湖尻が好調だったようですが、シャローは余り好きではないのと、人が集中するのを避けました。
曇りなら日照の早い遅いは関係ないでしょうし、なにより、漁協で釣り券を買ったら湖尻には時間的に間に合いません。

予想通り(?)三石は無人。開始30分以前には、通過する車すらありません。
のんびりと準備してポイントへ。

気温約4℃・水温約6℃…ダダ下がりです。

今回は、久しぶりにインターボロンが復活。
これまで、「飛距離が出ない」という個人的な評価で半お蔵入りになっていたのですが、ひょんな事からロッドのベリーを活かすキャストに覚醒し、その実感を元に再度検討してみたところ、シーマに匹敵する飛距離が出せることが判明。
これまでは、ティップ側で弾き出して初速で飛ばす投げ方だったのですが(そのため、シーマの方が明らかに飛距離が出た)、バットのボロンまでを活かしたキャストは、これはこれで快適。
なにより、ロッド全体が無理なく曲がるため、10g前後ではシーマより飛ぶ印象。

もっとも、これこそがこのロッドの本来の使い方なのですが、シーマを購入するまでかなり投げ倒しても掴めなかったコツが、ショートロッドを振った感覚を元に突然得られるのですから面白いものです。

これに伴い、物は試しとチェリーベスパⅡ14.2gを投げてみれば、これまた相性バッチリ。
適正ルアー表記はMAX15gですが、全くストレス無く投げられました。
6lbではキャスト切れが起きたので、リーダーを8lbに変更。

タックルバランスの確認を兼ねてキャスト練習をした朝霞水門では、チェリーベスパに野鯉がヒットするというアクシデントもありましたが、バレる迄の数分間問題なくやりとりできたので安心感も確認。
さながらシーバスと勘違いするほどの引きでした。

同じ様な投げ方で、シーマの飛距離もアップ。
14.2gではインターボロンよりも飛びますが、圧倒的な差ではなく、こうなるとバラしにくさではインターボロンが有利。

以上の結果から、軽さのシーマはランガン用に置いておき、朝イチはキャッチ率優先で選んでみました。

ルアーは、スプーンを中心に、プラグも数種類。
スプーンは、ベスパの10gと14.2g、そして、ルアーマン701シェルの10g。
この3種類を、色も5~6色用意し、果たして使い分けで釣りに集中できるのかを試します。

開始の花火が上がると、ボートが沖を一斉に駆け抜けていきました。
粉雪が舞う中、今年の芦ノ湖ファーストキャスト!

















何も無し。


表層からボトムまで探りましたが、アタリすらありません。
フルキャストで約50M。着底までカウント60、約20Mといったところ。
ところが、30Mほど巻いてくると、目の前のブレイクに当たってしまいます。
どうやら、テンションフォールではかなり手前に流されてしまっている模様。

そこで、着水後に糸フケを取ったら、フリーフォールで落とすことに。
斜め向かいの風にラインが流されますが、大体カウント40で着底。
ルアーを泳がす距離も十分確保できたので期待を込めてボトムを探るも、やっぱり何も起きません。

根掛かりには注意したつもりでしたが、気を抜くとあっさり掛かります。
小ぽんちさんに教えて頂いた『ラインを弾く』メソッドで何度か回避できましたが、3個ほどロスト。
それでも、昨年の初日にボトムを探りきらなかったという反省から、色とサイズを変えてボトムトレースを繰り返しますが、魚からの返事はありませんでした。
DSCN3369.jpg
寒いッス

寒さも手伝って、9時前に一端撤収。
コンビニおでんで暖を取り、しばし休憩のつもりが爆睡。
目が覚めたのは昼過ぎでした。

天候は回復してきていたので、再び三石も考えたのですが、せっかくなので湖尻へ移動。
早川水門周辺は、見える範囲でボートが十数隻。ウェーディングもちらほらと。
DSCN3371.jpg

前回小ぽんちさんがサクラマスを掛けた岬周りには先行者が居たので、その奧の浜をシーマ片手にランガンしましたが、




DSCN3373.jpg
天気晴朗ナレド魚信無シ

でした。

岬に陣取っていた方はルアーと餌の両方をやっていて、餌の仕掛けの方に時々掛かっていましたので、近場に居ることは居る様子。
だがしかし、ボートの方々を含め、釣れているシーンを(私は)目にしませんでした。

16時頃に撤収。
大会特典の割引券を利用するつもりで温泉施設に向かいましたが、峠道を下りつつ「もっと安いところがあるんじゃ?」と思った瞬間に『日帰り温泉』ののぼりを発見。
滑り込んだのは、五彩館という小さな温泉宿。

源泉100%の完全掛け流しで、入浴料が650円という安さ。
湯船は大きくは無いですし、とても熱いお湯でしたが、先に入ってらした温泉巡りが趣味という御大のお話を伺いながらまったり。
体から硫黄の臭いを漂わせながらの帰路となりました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
しかし、前々日の温かさが嘘のような冷え込み。
しかも、解禁とはいえ大会なので、遊漁券は5千円。
チェックしていなかった私が悪いのですが、コンビニでも買えませんし、特別解禁から追加放流があったという情報も無いのにこの値段…少しテンションが下がります。

まあ、それでも良型が一匹でも釣れれば!と、いつもの三石へ。
DSCN3364.jpg

特別解禁では湖尻が好調だったようですが、シャローは余り好きではないのと、人が集中するのを避けました。
曇りなら日照の早い遅いは関係ないでしょうし、なにより、漁協で釣り券を買ったら湖尻には時間的に間に合いません。

予想通り(?)三石は無人。開始30分以前には、通過する車すらありません。
のんびりと準備してポイントへ。

気温約4℃・水温約6℃…ダダ下がりです。

今回は、久しぶりにインターボロンが復活。
これまで、「飛距離が出ない」という個人的な評価で半お蔵入りになっていたのですが、ひょんな事からロッドのベリーを活かすキャストに覚醒し、その実感を元に再度検討してみたところ、シーマに匹敵する飛距離が出せることが判明。
これまでは、ティップ側で弾き出して初速で飛ばす投げ方だったのですが(そのため、シーマの方が明らかに飛距離が出た)、バットのボロンまでを活かしたキャストは、これはこれで快適。
なにより、ロッド全体が無理なく曲がるため、10g前後ではシーマより飛ぶ印象。

もっとも、これこそがこのロッドの本来の使い方なのですが、シーマを購入するまでかなり投げ倒しても掴めなかったコツが、ショートロッドを振った感覚を元に突然得られるのですから面白いものです。

これに伴い、物は試しとチェリーベスパⅡ14.2gを投げてみれば、これまた相性バッチリ。
適正ルアー表記はMAX15gですが、全くストレス無く投げられました。
6lbではキャスト切れが起きたので、リーダーを8lbに変更。

タックルバランスの確認を兼ねてキャスト練習をした朝霞水門では、チェリーベスパに野鯉がヒットするというアクシデントもありましたが、バレる迄の数分間問題なくやりとりできたので安心感も確認。
さながらシーバスと勘違いするほどの引きでした。

同じ様な投げ方で、シーマの飛距離もアップ。
14.2gではインターボロンよりも飛びますが、圧倒的な差ではなく、こうなるとバラしにくさではインターボロンが有利。

以上の結果から、軽さのシーマはランガン用に置いておき、朝イチはキャッチ率優先で選んでみました。

ルアーは、スプーンを中心に、プラグも数種類。
スプーンは、ベスパの10gと14.2g、そして、ルアーマン701シェルの10g。
この3種類を、色も5~6色用意し、果たして使い分けで釣りに集中できるのかを試します。

開始の花火が上がると、ボートが沖を一斉に駆け抜けていきました。
粉雪が舞う中、今年の芦ノ湖ファーストキャスト!

















何も無し。


表層からボトムまで探りましたが、アタリすらありません。
フルキャストで約50M。着底までカウント60、約20Mといったところ。
ところが、30Mほど巻いてくると、目の前のブレイクに当たってしまいます。
どうやら、テンションフォールではかなり手前に流されてしまっている模様。

そこで、着水後に糸フケを取ったら、フリーフォールで落とすことに。
斜め向かいの風にラインが流されますが、大体カウント40で着底。
ルアーを泳がす距離も十分確保できたので期待を込めてボトムを探るも、やっぱり何も起きません。

根掛かりには注意したつもりでしたが、気を抜くとあっさり掛かります。
小ぽんちさんに教えて頂いた『ラインを弾く』メソッドで何度か回避できましたが、3個ほどロスト。
それでも、昨年の初日にボトムを探りきらなかったという反省から、色とサイズを変えてボトムトレースを繰り返しますが、魚からの返事はありませんでした。
DSCN3369.jpg
寒いッス

寒さも手伝って、9時前に一端撤収。
コンビニおでんで暖を取り、しばし休憩のつもりが爆睡。
目が覚めたのは昼過ぎでした。

天候は回復してきていたので、再び三石も考えたのですが、せっかくなので湖尻へ移動。
早川水門周辺は、見える範囲でボートが十数隻。ウェーディングもちらほらと。
DSCN3371.jpg

前回小ぽんちさんがサクラマスを掛けた岬周りには先行者が居たので、その奧の浜をシーマ片手にランガンしましたが、




DSCN3373.jpg
天気晴朗ナレド魚信無シ

でした。

岬に陣取っていた方はルアーと餌の両方をやっていて、餌の仕掛けの方に時々掛かっていましたので、近場に居ることは居る様子。
だがしかし、ボートの方々を含め、釣れているシーンを(私は)目にしませんでした。

16時頃に撤収。
大会特典の割引券を利用するつもりで温泉施設に向かいましたが、峠道を下りつつ「もっと安いところがあるんじゃ?」と思った瞬間に『日帰り温泉』ののぼりを発見。
滑り込んだのは、五彩館という小さな温泉宿。

源泉100%の完全掛け流しで、入浴料が650円という安さ。
湯船は大きくは無いですし、とても熱いお湯でしたが、先に入ってらした温泉巡りが趣味という御大のお話を伺いながらまったり。
体から硫黄の臭いを漂わせながらの帰路となりました。
スポンサーサイト

【2009/03/08 20:43】 | 未分類
トラックバック(0) |


t-fuku
釣果は残念でしたが、温泉はいいですね。

芦ノ湖は何回も通いましたから、いい温泉(あるかどうかは別)、知ってますよ~(笑)


たか
>t-fukuさん

通ってらしたのですね。
きっと、良い時代だったんでしょうねえ…(遠い目)

温泉、是非ともご教授下さい!


t-fuku
>良い時代
う~ん、どうでしょうか。
入るポイントにもよると思います。

であれば、東古屋湖の方が楽しめると思います。数は出ないにしても、年越しのスーパー級は多いと思いますよ。

>温泉
仙石原付近にもいいところあったんですが、さっきネットで調べてみたんですが、よくわかりませんでした・・・(汗)
芦ノ湖方面からきて、仙石原の交差点を左折してすぐだったように記憶してます。

仙石原には、美味い肉屋もあります(笑)

温泉に戻しますと、箱根湯本付近に”天山”というとこがあります。

露天で10種類くらいの湯船がありますよ。
ただ、熱いですが・・・(笑)


小ぽんち
お疲れさまでした。
おかげさまで完全ではありませんがだいぶ腰の調子もよくなりました。

なかなか厳しかったようですね。
29日は今から楽しみです。

独りで通っていたシーバス釣行で最初の頃に苦労したせいか
私はフィールドでは釣れなくて当たり前
釣れないのも釣りのうちと思ってますから
次回も気楽に楽しみましょう。


たか
>t-fukuさん
温泉&焼き肉情報ありがとうございます!
掛け流しは初めてだったのですが、熱さに驚きました。
件の御大は平気そうでしたが、「草津なんかは飛び出すほど熱い」そうで、足湯すら不安ですね(笑)

>小ぽんちさん
エスコートする身としては、やっぱり最初の一匹を期待してしまいますが、自分が連れなきゃ説得力ありませんね。

>釣れないのも釣りのうちと思ってますから

助かるお言葉です。
29日、本栖でへし曲がるコータックを期待します!


まこ@釣庵
芦ノ湖も厳しいですねぇ。
かつて通ってた頃に比べると、鵜の被害が拡大したとは聞きますが…。それにしても解禁直後からアタリも無いとは…。(^_^;)

ちなみに、今まで釣りをしてきて、最も寒かった釣りの一つが芦ノ湖の特別解禁でのウェーディングでしたね。確か気温氷点下3℃、水温4℃だった気が…。


たか
>まこさん
先日、仕事で知り合った方から10数年前の芦ノ湖のお話を伺いましたが、その方ですら2000頃には「釣れなくなって」行かなくなったそうですので、現状はかくやですね。

天候の影響もあるのでしょうが、ライズすら無いのはキツイです。

私が一番寒かったのは、何と言っても昨年の中禅寺湖解禁です。
気温よりも、吹雪による体感温度は相当なものでした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
釣果は残念でしたが、温泉はいいですね。

芦ノ湖は何回も通いましたから、いい温泉(あるかどうかは別)、知ってますよ~(笑)
2009/03/09(Mon) 12:30 | URL  | t-fuku #KGAhWzec[ 編集]
>t-fukuさん

通ってらしたのですね。
きっと、良い時代だったんでしょうねえ…(遠い目)

温泉、是非ともご教授下さい!
2009/03/10(Tue) 05:08 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
>良い時代
う~ん、どうでしょうか。
入るポイントにもよると思います。

であれば、東古屋湖の方が楽しめると思います。数は出ないにしても、年越しのスーパー級は多いと思いますよ。

>温泉
仙石原付近にもいいところあったんですが、さっきネットで調べてみたんですが、よくわかりませんでした・・・(汗)
芦ノ湖方面からきて、仙石原の交差点を左折してすぐだったように記憶してます。

仙石原には、美味い肉屋もあります(笑)

温泉に戻しますと、箱根湯本付近に”天山”というとこがあります。

露天で10種類くらいの湯船がありますよ。
ただ、熱いですが・・・(笑)
2009/03/10(Tue) 12:38 | URL  | t-fuku #KGAhWzec[ 編集]
お疲れさまでした。
おかげさまで完全ではありませんがだいぶ腰の調子もよくなりました。

なかなか厳しかったようですね。
29日は今から楽しみです。

独りで通っていたシーバス釣行で最初の頃に苦労したせいか
私はフィールドでは釣れなくて当たり前
釣れないのも釣りのうちと思ってますから
次回も気楽に楽しみましょう。
2009/03/10(Tue) 12:58 | URL  | 小ぽんち #-[ 編集]
>t-fukuさん
温泉&焼き肉情報ありがとうございます!
掛け流しは初めてだったのですが、熱さに驚きました。
件の御大は平気そうでしたが、「草津なんかは飛び出すほど熱い」そうで、足湯すら不安ですね(笑)

>小ぽんちさん
エスコートする身としては、やっぱり最初の一匹を期待してしまいますが、自分が連れなきゃ説得力ありませんね。

>釣れないのも釣りのうちと思ってますから

助かるお言葉です。
29日、本栖でへし曲がるコータックを期待します!
2009/03/10(Tue) 22:32 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
芦ノ湖も厳しいですねぇ。
かつて通ってた頃に比べると、鵜の被害が拡大したとは聞きますが…。それにしても解禁直後からアタリも無いとは…。(^_^;)

ちなみに、今まで釣りをしてきて、最も寒かった釣りの一つが芦ノ湖の特別解禁でのウェーディングでしたね。確か気温氷点下3℃、水温4℃だった気が…。
2009/03/13(Fri) 23:55 | URL  | まこ@釣庵 #.TtMBudA[ 編集]
>まこさん
先日、仕事で知り合った方から10数年前の芦ノ湖のお話を伺いましたが、その方ですら2000頃には「釣れなくなって」行かなくなったそうですので、現状はかくやですね。

天候の影響もあるのでしょうが、ライズすら無いのはキツイです。

私が一番寒かったのは、何と言っても昨年の中禅寺湖解禁です。
気温よりも、吹雪による体感温度は相当なものでした。
2009/03/14(Sat) 23:35 | URL  | たか #25OPJu36[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。