上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月5日(日)、朝霞ガーデンナイターにて再検討してきました。
先日の本栖湖でのテストでは、比較的硬いライン(海平0.8号)を、スプール一杯まで巻いたのがトラブルの一因ではないかと考え、今回はトラウティストエリア3lb(0.6号)を7割ほどの巻き数に抑えました。

ラインを巻いたのが、実釣当日のお昼過ぎ。
『PEにシュッ!』をラインとガイドに塗布して準備完了。

ロッドは、二年ほど前、チープなタックルに興味が傾きかけていた頃にタックルベリーで2000円で買ったトラウトワン5f。
すっかり存在を忘れていたのですが、テネシーグリップのため、ミッチェルの長いリールフットも問題無く装着。
ロッド自体は張りが少なく、しかもパラボリックなアクションなので正直好みではないのですが、とりあえずリールとの重量バランスは良好。

18時前に到着して釣場に向かうと、ここにも不況の影が…としか思えないような空き具合。
1号池には5人ほどしか居ません。ルアー池もガラガラ。大丈夫かいな。

1号池の水面はライズでお祭り状態。
ここはトップで…という気持ちをグッと抑え、まずは前回の検証。
L・E-ON25オリカラブルーを






キャストー





キャストー





キャストー













あ、喰った。

いきなり40up近い魚体がヒットし、ギリギリとけたたましい音を立てながらドラグがブン回ります。
ドラグには、これまたチープタックルで釣ってみようと、やっぱりタックルベリーで新品1800円だったミッチェルのアボセットC(鱒レンジャーとの組み合わせでイトウをキャッチしたりもしましたが、いじりすぎて壊してしまった)からドラグワッシャーだけ移植したのですが、これが良かったのか、思ったよりもラインがどんどん出て行きます。
かといって、流石に管釣りレベルでの微妙な調整が出来る構造にもなっていないので、やや堅めに締め、ハイギアに任せてゴリ巻き。
この日はデジカメもネットも忘れてきたので、とりあえずやりとりの限界を確かめるべくやや強引に寄せたところ、足元でフックアウト。

とりあえず、慎重にすればやりとりは問題無さそう。
とはいえ、トラブったら意味がないので、とにかく検証!




キャストー






キャストー





キャストー










何も起こらないよママン!

意外にも、バックラッシュどころかピョン吉すら発生しません。
ただ、ティップへの糸がらみは頻繁に起こるので糸ヨレ自体は発生しているようですが、それさえ解けば実に快適。

ちなみに、インスプール&オートリターンでは私の様な右投げ右巻きではサミングが困難なので、ハンドルを早めに回してベールを返すことでサミングの代わりにしました。

暗くなってきた時合で、PAL16とウィーパー09の手塗りGROWで3匹ほどキャッチ。
全てチビ鱒でしたが、ハイギアのためか、アタリの瞬間にタックルバランスからは想像できない程の重みでハンドルが止まり、その瞬間にフッキングすればあっさり乗ります。
ハイギアなので巻きアワセがスパッと決まります。これは楽しい!

但し、これはミッチェル推奨のクラッチフリー状態でリトリーブした場合。
クラッチをオンにすると、ギアのゴリ感も相まって機械的な抵抗でアタリがぼやけます。
結局、この日は全て、フリーでリトリーブ→魚が掛かったらクラッチオンという手順で釣り上げました。

フライ池解禁直前まで投げてもノートラブルだったので、そのまま移動。

フライ池では、私にも周囲にもフィーバーは起こらず。5分で移動。
少しだけ2号池で投げた後、ルアー池へ。

最初は私を含めて3人でしたが、徐々に人が増え始め、後から来た常連さん達がボコスカ釣り始めるといういつものパターン。

私もポツポツと数匹釣れたのですが、パターンはさっぱり分かりません。
30分ほど悶絶した後、ようやく『PAL16オリカラブルーを池奧まで遠投、カウント3でゆっくり』のパターンで連荘開始。

5・6匹追加してツ抜け達成したところで、再びフライ池へ。
今度は、こちらが数人しかいません。
対岸近くまでの遠投で2匹ほど追加した後、またしてもL・E-ON25に1発目と同じ位のサイズが掛かりましたが、全く同じパターンでバラシ。

最後は2号池で2匹追加し、とりあえず全池で釣って終了。


結果としては、「十分に使える」という印象。
今回のロッドではキャスト時のコントロールがどうにも上手くいきませんでしたが、昨年末に定価の半額以下の中古品にリアクションバイトしてしまったプレッソ58ULに改めて装着してみたところ、ロック部分の隙間は少々大きいものの問題なくフィット。

また、この竿に合わせてさんざん悩んで買った07ルビアス2004が、使い勝手は悪くないものの、やっぱりフィーリングが合わなかっただけに、今後はこの組み合わせが管釣りタックルのメインになりそうです。

しかも、実釣時に最大の難点だったギアのゴリ感(それに伴うメインギアの摩耗=真鍮粉の発生)も、後日、メインギアハンドル側のワッシャーを砥石で少し削っただけで、かなり解消されました。
スプールの回転ブレも、カウンターウエイトの右側に板オモリを重ね貼りすることで半減。

こうなってくると、このリールの機械的なノイズがむしろ心地よく、現行リールの滑らかな回転が物足りなく感じるほど。

もちろん、PEメイン&過酷な環境下の湖での使用は少々辛いところですが、単なる釣果以上の楽しみ方に行き詰まっていた管釣りに新たな光明が差してきたのは確か。
今期のナイターがとても楽しみです。

参考サイト
TAKE'S REEL ROOM

以前より、そのリールに対する深い考察や本質的な視点には勉強させて頂いていましたが、まさかメインとなるミッチェルの記事をこれほどむさぼり読む日が来ようとは…
竹中氏の誠実なお仕事に、改めて感謝感謝です。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
先日の本栖湖でのテストでは、比較的硬いライン(海平0.8号)を、スプール一杯まで巻いたのがトラブルの一因ではないかと考え、今回はトラウティストエリア3lb(0.6号)を7割ほどの巻き数に抑えました。

ラインを巻いたのが、実釣当日のお昼過ぎ。
『PEにシュッ!』をラインとガイドに塗布して準備完了。

ロッドは、二年ほど前、チープなタックルに興味が傾きかけていた頃にタックルベリーで2000円で買ったトラウトワン5f。
すっかり存在を忘れていたのですが、テネシーグリップのため、ミッチェルの長いリールフットも問題無く装着。
ロッド自体は張りが少なく、しかもパラボリックなアクションなので正直好みではないのですが、とりあえずリールとの重量バランスは良好。

18時前に到着して釣場に向かうと、ここにも不況の影が…としか思えないような空き具合。
1号池には5人ほどしか居ません。ルアー池もガラガラ。大丈夫かいな。

1号池の水面はライズでお祭り状態。
ここはトップで…という気持ちをグッと抑え、まずは前回の検証。
L・E-ON25オリカラブルーを






キャストー





キャストー





キャストー













あ、喰った。

いきなり40up近い魚体がヒットし、ギリギリとけたたましい音を立てながらドラグがブン回ります。
ドラグには、これまたチープタックルで釣ってみようと、やっぱりタックルベリーで新品1800円だったミッチェルのアボセットC(鱒レンジャーとの組み合わせでイトウをキャッチしたりもしましたが、いじりすぎて壊してしまった)からドラグワッシャーだけ移植したのですが、これが良かったのか、思ったよりもラインがどんどん出て行きます。
かといって、流石に管釣りレベルでの微妙な調整が出来る構造にもなっていないので、やや堅めに締め、ハイギアに任せてゴリ巻き。
この日はデジカメもネットも忘れてきたので、とりあえずやりとりの限界を確かめるべくやや強引に寄せたところ、足元でフックアウト。

とりあえず、慎重にすればやりとりは問題無さそう。
とはいえ、トラブったら意味がないので、とにかく検証!




キャストー






キャストー





キャストー










何も起こらないよママン!

意外にも、バックラッシュどころかピョン吉すら発生しません。
ただ、ティップへの糸がらみは頻繁に起こるので糸ヨレ自体は発生しているようですが、それさえ解けば実に快適。

ちなみに、インスプール&オートリターンでは私の様な右投げ右巻きではサミングが困難なので、ハンドルを早めに回してベールを返すことでサミングの代わりにしました。

暗くなってきた時合で、PAL16とウィーパー09の手塗りGROWで3匹ほどキャッチ。
全てチビ鱒でしたが、ハイギアのためか、アタリの瞬間にタックルバランスからは想像できない程の重みでハンドルが止まり、その瞬間にフッキングすればあっさり乗ります。
ハイギアなので巻きアワセがスパッと決まります。これは楽しい!

但し、これはミッチェル推奨のクラッチフリー状態でリトリーブした場合。
クラッチをオンにすると、ギアのゴリ感も相まって機械的な抵抗でアタリがぼやけます。
結局、この日は全て、フリーでリトリーブ→魚が掛かったらクラッチオンという手順で釣り上げました。

フライ池解禁直前まで投げてもノートラブルだったので、そのまま移動。

フライ池では、私にも周囲にもフィーバーは起こらず。5分で移動。
少しだけ2号池で投げた後、ルアー池へ。

最初は私を含めて3人でしたが、徐々に人が増え始め、後から来た常連さん達がボコスカ釣り始めるといういつものパターン。

私もポツポツと数匹釣れたのですが、パターンはさっぱり分かりません。
30分ほど悶絶した後、ようやく『PAL16オリカラブルーを池奧まで遠投、カウント3でゆっくり』のパターンで連荘開始。

5・6匹追加してツ抜け達成したところで、再びフライ池へ。
今度は、こちらが数人しかいません。
対岸近くまでの遠投で2匹ほど追加した後、またしてもL・E-ON25に1発目と同じ位のサイズが掛かりましたが、全く同じパターンでバラシ。

最後は2号池で2匹追加し、とりあえず全池で釣って終了。


結果としては、「十分に使える」という印象。
今回のロッドではキャスト時のコントロールがどうにも上手くいきませんでしたが、昨年末に定価の半額以下の中古品にリアクションバイトしてしまったプレッソ58ULに改めて装着してみたところ、ロック部分の隙間は少々大きいものの問題なくフィット。

また、この竿に合わせてさんざん悩んで買った07ルビアス2004が、使い勝手は悪くないものの、やっぱりフィーリングが合わなかっただけに、今後はこの組み合わせが管釣りタックルのメインになりそうです。

しかも、実釣時に最大の難点だったギアのゴリ感(それに伴うメインギアの摩耗=真鍮粉の発生)も、後日、メインギアハンドル側のワッシャーを砥石で少し削っただけで、かなり解消されました。
スプールの回転ブレも、カウンターウエイトの右側に板オモリを重ね貼りすることで半減。

こうなってくると、このリールの機械的なノイズがむしろ心地よく、現行リールの滑らかな回転が物足りなく感じるほど。

もちろん、PEメイン&過酷な環境下の湖での使用は少々辛いところですが、単なる釣果以上の楽しみ方に行き詰まっていた管釣りに新たな光明が差してきたのは確か。
今期のナイターがとても楽しみです。

参考サイト
TAKE'S REEL ROOM

以前より、そのリールに対する深い考察や本質的な視点には勉強させて頂いていましたが、まさかメインとなるミッチェルの記事をこれほどむさぼり読む日が来ようとは…
竹中氏の誠実なお仕事に、改めて感謝感謝です。
スポンサーサイト

【2009/04/08 23:16】 | タックル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。