上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果:10匹(ニジマス:20~30センチ台 サクラマス:30センチ台)
これまでのトータル:318匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

仕事が忙しくなる前の釣行だったのですが、案の定忙しすぎて更新できなくなってしまいました。
ダイジェスト版で失礼します。
渓流解禁の影響か(3月になって初めてだったので)、時間にしては空いているガーデン。
いつも通りルアー池で開始するも、とにかく反応が悪く、スティックルアーの人すら20分に1匹位の激渋ペース。
そんな中、対岸の方が30分で3匹。
10時半頃、ウィーパー1.5gネガティブブルーで何とかファーストヒット。

渋い時は、やはり青。

人が増えてきて、池全体でほぼ1M間隔。
まだかまだかと待っていた放流車が10時40分頃にようやく到着するも、一番離れた地点での放流。
しかし、放流ポイント周辺でも大して活性は上がらず。数人が1~2匹釣った程度。
こちら側は言わずもがな。対岸のあの方すら1匹も釣れず。

先日仕込んだブレードクラピー赤金を試して見るも、ある程度遠投して泳がせるとバランスが悪いことが判明。動きがカクカクになってしまう。
ウエイト調整用の糸オモリを外せば改善される可能性もあるけれど、ブレードの着脱がウリだったので保留。
ノーマルのクラピーを投げても反応無し。むしろ逃げるくらい。

シードSTでの超デッドスロー(ハンドル1回転4秒)にようやくバイトがあったもののバラシ。その後も2回すっぽ抜け。

12:40頃に2回目の放流。今度は近かったものの相変わらず動きは鈍く、超ショートバイト。
プリズムリーフ1.7gオレ金で1匹がやっと。


粘ったために3時間券がタイムオーバー。気分的にも更に3時間延長。

「2号池にしろ」という声が聞こえるので移動。
とはいえ、疲れがどっと出てきたため、座りながら、半分目を閉じながらファーストミノーブラウンヤマメをじっくり沈めてゆ~くりと巻いているとヒット。

半分寝てました。

その後は無反応のため、しばらくして1号池へ移動。

1号池も混み合っていたため、奧の短辺側の人家側で、ラインクロスしない様に壁際をトレースするもアタリすら無し。
3回目の放流に至っては、5分経過してもフライの人すら釣れない有様。

道路側に空きが出来たので移動。
スプーンに見切りをつけ、トラウトチューン3.5gをトゥイッチ。
今日は上手なミノー使いの方々の技を間近で見る機会に恵まれたたため、そのイメージを思い出しながら試行錯誤。
無理にルアーを引っ張らず、ソリッドティップの弾力を活かすロッドアクションと、ラインが緩まない様な素早いリーリングを組み合わせると好反応。その数投後にサクラマスが初ヒット!

独特の引きでした。

続いて数投目の着水直後にヒットするもバラシ。
カラーチェンジをしても後は続かず。

と、先ほどの放流から15分ほどしか経っていないにも関わらず連続放流。
放流場所は近く、しかも4度目の正直で遂に活性の高い連中が到来。
プリズムリーフ1.7gオレ金でガーデン放流魚自己記録の6連発。

何とか10匹目。

ラスト5分、あと1匹を狙おうとしたところで、スタッフさんのチケット確認により中断。
すぐに再開するも時合終了。そのままタイムオーバー。

今日のヒットルアー





スポンサーサイト


追記を閉じる▲
渓流解禁の影響か(3月になって初めてだったので)、時間にしては空いているガーデン。
いつも通りルアー池で開始するも、とにかく反応が悪く、スティックルアーの人すら20分に1匹位の激渋ペース。
そんな中、対岸の方が30分で3匹。
10時半頃、ウィーパー1.5gネガティブブルーで何とかファーストヒット。

渋い時は、やはり青。

人が増えてきて、池全体でほぼ1M間隔。
まだかまだかと待っていた放流車が10時40分頃にようやく到着するも、一番離れた地点での放流。
しかし、放流ポイント周辺でも大して活性は上がらず。数人が1~2匹釣った程度。
こちら側は言わずもがな。対岸のあの方すら1匹も釣れず。

先日仕込んだブレードクラピー赤金を試して見るも、ある程度遠投して泳がせるとバランスが悪いことが判明。動きがカクカクになってしまう。
ウエイト調整用の糸オモリを外せば改善される可能性もあるけれど、ブレードの着脱がウリだったので保留。
ノーマルのクラピーを投げても反応無し。むしろ逃げるくらい。

シードSTでの超デッドスロー(ハンドル1回転4秒)にようやくバイトがあったもののバラシ。その後も2回すっぽ抜け。

12:40頃に2回目の放流。今度は近かったものの相変わらず動きは鈍く、超ショートバイト。
プリズムリーフ1.7gオレ金で1匹がやっと。


粘ったために3時間券がタイムオーバー。気分的にも更に3時間延長。

「2号池にしろ」という声が聞こえるので移動。
とはいえ、疲れがどっと出てきたため、座りながら、半分目を閉じながらファーストミノーブラウンヤマメをじっくり沈めてゆ~くりと巻いているとヒット。

半分寝てました。

その後は無反応のため、しばらくして1号池へ移動。

1号池も混み合っていたため、奧の短辺側の人家側で、ラインクロスしない様に壁際をトレースするもアタリすら無し。
3回目の放流に至っては、5分経過してもフライの人すら釣れない有様。

道路側に空きが出来たので移動。
スプーンに見切りをつけ、トラウトチューン3.5gをトゥイッチ。
今日は上手なミノー使いの方々の技を間近で見る機会に恵まれたたため、そのイメージを思い出しながら試行錯誤。
無理にルアーを引っ張らず、ソリッドティップの弾力を活かすロッドアクションと、ラインが緩まない様な素早いリーリングを組み合わせると好反応。その数投後にサクラマスが初ヒット!

独特の引きでした。

続いて数投目の着水直後にヒットするもバラシ。
カラーチェンジをしても後は続かず。

と、先ほどの放流から15分ほどしか経っていないにも関わらず連続放流。
放流場所は近く、しかも4度目の正直で遂に活性の高い連中が到来。
プリズムリーフ1.7gオレ金でガーデン放流魚自己記録の6連発。

何とか10匹目。

ラスト5分、あと1匹を狙おうとしたところで、スタッフさんのチケット確認により中断。
すぐに再開するも時合終了。そのままタイムオーバー。

今日のヒットルアー





スポンサーサイト

【2006/03/18 00:13】 | 朝霞ガーデン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。