上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果:6匹(ニジマス:20センチ台 ブラウン:30センチ台)
これまでのトータル:440匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb

放流があるという川越水上公園へ。
過去の放流翌日釣行ではその効果を実感できなかったのと、未だに良型に巡り会えていないフラストレーションを払拭すべく、放流当日にお休みをもらって行ってきました。

放流漁は平均して1回につき300kg
プールが3つあるとはいえ、メインの多目的プールにその半分が放流されれば、1匹300gとして約500匹!平日の人出を考えれば、かなり美味しい思いが出来るのでは?と淡い期待を抱いていました。とは言っても、5連発ぐらいは期待してもバチは当たらないだろうという、控えめな希望だったんですよ。それが、まさかあんな結果になるとは…
10時丁度に入場すると、既に数人の釣り人の姿。前回好釣果を上げたプールサイド際が空いていたのでおじゃまします。
ちなみに、受付の方によると、放流は14~15時位とのことでした。

水は相変わらずの真っ茶色。何も見えません。
時折ライズがあり、水面に「ヌモッ」と背を見せる魚の姿もちらほらと。

まずはPAL2.5gの蛍光イエローで探りを入れますが無反応。同ライトブルーの早巻きにチェイスがあったのもの追いつけず。その後も数種類のスプーンを試しても効果無し。ルアーを変えた直後に時々反応があるものの、それっきりという状況が続きます。

20分ほど過ぎたところで「もう陽も高いけれど、もしかして…」と、いつもなら最初に投げることの多いプリズムリーフ1.7gオレ金をキャスト。その一投目、

ビンゴ!

でも、やっぱりこれっきり。
水上公園といえばプールサイドトレースが効果的なのですが、今日は何度やっても効果無し。足元に何も度も魚影が見えるのですが、プチテクトロをやっても何も出ませんでした。
「でも、やっぱり居るよねえ?」という思いを捨てきれず、フラットクラピーMRストロベリーシェイクで壁際をトレースすると、

出た~!

にしても、相も変わらずチビ鱒ばかりです。
いい加減サイズアップしたいところ、それも出来ればニジマス以外で。
そこで、もはやメインルアーとなりつつあるファーストミノーSPブラウンヤマメをキャスト。
最近研究している複合トゥイッチを試します。

トゥイッチ、タダ巻き、トゥイッチ、ダート、ティップを振りつつ早巻き、軽く誘ってタダ巻…

ゴポンッ

「ゥオラ出た~」


水上公園初ブラウン!

サイズはそこそこですが、嬉しい一匹。
それに、初ヒットから10分おきに釣れています。
結構今日は良いかも知れないと期待したのも束の間、その後1時間以上アタリすら出なくなりました。
ポイントに名残はあるものの、とうとう耐えかねて移動。

波のプールは全く釣れる気がしなかったので、流れるプールへ。
好ポイントの船首付近には人が多かったので、もう少し奧の水車の近くへ。

ここはやっぱりシンキングミノー。トラウトチューン黒銀を流れに沿ってロングキャスト。
さーてトゥイッチ…って、重!
さすがは流れるプール、水流が強すぎてトゥイッチするだけで指が痛くなってしまいます。
「つーか、これじゃ魚も追いつけないだろうな。」とタダ巻きに変更したその直後に、水流と判別しにくい重さが乗りました。
「お?お?」

デカ鱒は何処に?

ならば底をスローに探ってやろうと、ファーストミノー+ガン玉でボトムトレース。
これは結構前に試してみたのですが、止水のタダ巻きでは動きがいまいちだったのでしばらく忘れていました。ところが、先日のすそパで底が思うように取れなかったことや、トゥイッチならば重量オーバーによる前傾姿勢が武器になると思い直して仕込み直しておいたのです。

Mリグのことは後から知りました。

色はもちろんブラウンヤマメ。ロングキャストして竿を水中に突っ込み、流れを利用して超低速リトリーブ…

ゴン!

おっしゃ!来た~!!


グイグイとした、なかなかの良型の引き。しかし、スレ掛かりを連想させるやや不自然な引き応え。
「ヤバイ、かなりの横掛かりだ」
一瞬見えた魚影は、30センチ後半位。慎重にやりとりしたつもりだったのですが、

スン…

ぬ~け~た~


どうして、水上公園では切ないバラシが起こるのでしょうか。

結局、流れるプールではこれ以上釣果は上がらず、再び多目的プールの同じ場所へ戻りました。
しかし、相変わらずの渋い状況。受付で買ったカップ麺をすすりつつ、まったりと放流を待ちます。
時間は既に14時を回りました。ウィーパー0.9gブラウンクリケットでの表層攻めに切り替えた直後、「まだかな~?」と時計に目をやりながら巻いているとヒット!

よそ見とバイトの関連性は、とても重要な研究課題です。

その後、また1時間ほど無反応。15時を回って、そろそろ明るい中間色はどうだろうと思い、マーシャルトーナメント0.9gのキャスティング鶴ヶ島店オリカラ「パールピンク+水色」で水面直下を引いていると、

一発で喰いました。

そして、再び1時間近くノーヒット。残りも1時間ほどなので場所を移動しようかと思いましたが、その前に確認しなければなりません。
「すいませーん、今日は放流無いんですか?」と訪ねると、受付の方の顔が瞬時に曇ります。
「すいません、実は、放流の車が事故っちゃったみたいで、今日はもう無理みたいなんです。

なんてこった~い
まあ、仕方がないです。気にしませんよ、しませんってば!

最後は流れるプールで粘りましたが、結局ノーヒット。
船首付近でのBux1.5gとフラットクラピーによるボトム攻めに2バラシのみでした。

今日のヒットルアー

大物獲りたかったよ
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
10時丁度に入場すると、既に数人の釣り人の姿。前回好釣果を上げたプールサイド際が空いていたのでおじゃまします。
ちなみに、受付の方によると、放流は14~15時位とのことでした。

水は相変わらずの真っ茶色。何も見えません。
時折ライズがあり、水面に「ヌモッ」と背を見せる魚の姿もちらほらと。

まずはPAL2.5gの蛍光イエローで探りを入れますが無反応。同ライトブルーの早巻きにチェイスがあったのもの追いつけず。その後も数種類のスプーンを試しても効果無し。ルアーを変えた直後に時々反応があるものの、それっきりという状況が続きます。

20分ほど過ぎたところで「もう陽も高いけれど、もしかして…」と、いつもなら最初に投げることの多いプリズムリーフ1.7gオレ金をキャスト。その一投目、

ビンゴ!

でも、やっぱりこれっきり。
水上公園といえばプールサイドトレースが効果的なのですが、今日は何度やっても効果無し。足元に何も度も魚影が見えるのですが、プチテクトロをやっても何も出ませんでした。
「でも、やっぱり居るよねえ?」という思いを捨てきれず、フラットクラピーMRストロベリーシェイクで壁際をトレースすると、

出た~!

にしても、相も変わらずチビ鱒ばかりです。
いい加減サイズアップしたいところ、それも出来ればニジマス以外で。
そこで、もはやメインルアーとなりつつあるファーストミノーSPブラウンヤマメをキャスト。
最近研究している複合トゥイッチを試します。

トゥイッチ、タダ巻き、トゥイッチ、ダート、ティップを振りつつ早巻き、軽く誘ってタダ巻…

ゴポンッ

「ゥオラ出た~」


水上公園初ブラウン!

サイズはそこそこですが、嬉しい一匹。
それに、初ヒットから10分おきに釣れています。
結構今日は良いかも知れないと期待したのも束の間、その後1時間以上アタリすら出なくなりました。
ポイントに名残はあるものの、とうとう耐えかねて移動。

波のプールは全く釣れる気がしなかったので、流れるプールへ。
好ポイントの船首付近には人が多かったので、もう少し奧の水車の近くへ。

ここはやっぱりシンキングミノー。トラウトチューン黒銀を流れに沿ってロングキャスト。
さーてトゥイッチ…って、重!
さすがは流れるプール、水流が強すぎてトゥイッチするだけで指が痛くなってしまいます。
「つーか、これじゃ魚も追いつけないだろうな。」とタダ巻きに変更したその直後に、水流と判別しにくい重さが乗りました。
「お?お?」

デカ鱒は何処に?

ならば底をスローに探ってやろうと、ファーストミノー+ガン玉でボトムトレース。
これは結構前に試してみたのですが、止水のタダ巻きでは動きがいまいちだったのでしばらく忘れていました。ところが、先日のすそパで底が思うように取れなかったことや、トゥイッチならば重量オーバーによる前傾姿勢が武器になると思い直して仕込み直しておいたのです。

Mリグのことは後から知りました。

色はもちろんブラウンヤマメ。ロングキャストして竿を水中に突っ込み、流れを利用して超低速リトリーブ…

ゴン!

おっしゃ!来た~!!


グイグイとした、なかなかの良型の引き。しかし、スレ掛かりを連想させるやや不自然な引き応え。
「ヤバイ、かなりの横掛かりだ」
一瞬見えた魚影は、30センチ後半位。慎重にやりとりしたつもりだったのですが、

スン…

ぬ~け~た~


どうして、水上公園では切ないバラシが起こるのでしょうか。

結局、流れるプールではこれ以上釣果は上がらず、再び多目的プールの同じ場所へ戻りました。
しかし、相変わらずの渋い状況。受付で買ったカップ麺をすすりつつ、まったりと放流を待ちます。
時間は既に14時を回りました。ウィーパー0.9gブラウンクリケットでの表層攻めに切り替えた直後、「まだかな~?」と時計に目をやりながら巻いているとヒット!

よそ見とバイトの関連性は、とても重要な研究課題です。

その後、また1時間ほど無反応。15時を回って、そろそろ明るい中間色はどうだろうと思い、マーシャルトーナメント0.9gのキャスティング鶴ヶ島店オリカラ「パールピンク+水色」で水面直下を引いていると、

一発で喰いました。

そして、再び1時間近くノーヒット。残りも1時間ほどなので場所を移動しようかと思いましたが、その前に確認しなければなりません。
「すいませーん、今日は放流無いんですか?」と訪ねると、受付の方の顔が瞬時に曇ります。
「すいません、実は、放流の車が事故っちゃったみたいで、今日はもう無理みたいなんです。

なんてこった~い
まあ、仕方がないです。気にしませんよ、しませんってば!

最後は流れるプールで粘りましたが、結局ノーヒット。
船首付近でのBux1.5gとフラットクラピーによるボトム攻めに2バラシのみでした。

今日のヒットルアー

大物獲りたかったよ
スポンサーサイト

【2006/04/16 23:54】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。