上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果:零匹
これまでのトータル:447匹

使用タックル
ロッド:ベイライナーメタルRF BLM-68UML/RF(メバルロッド)
リール:カルディアKIX2004
ライン:スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb


春なの~に~零匹です~か~♪

春なの~に~デコって帰ります~♪

春なの~に~

春なの~に~




……

………


12時間ノーキャッチorz
※ノンフィクションです。
今期最後の寄居YGL釣行へ。
「暖かくなってきたし、プチナイターも出来るし、せめて5匹位は…」という淡い期待は、これまでになく激しく打ちのめされました。

確かに、水温が高めだったので魚達は見るからにへばっていました。水面に数匹が同時に顔を出す光景もありましたが、やる気無さそうに漂うだけ。
フライの方ですら連発している人は皆無(見た限り)。特に日中は、フライの方を含めても池全体で時速数匹(見た限り)。

しかしながら、最も連発していたのはルアーの方。ミノーかクランクか判別できませんでしたが(シャッド?)、半透明のプラグのスロー引きで連発。
で、真似した私のファーストミノーSPブラウンヤマメにこの日唯一のヒットがあったものの、寄せ切れずに走られ、ジャンプ一発フックアウト。
その後は全くのノーヒット。

反応があったのは、
岸辺の木陰を探っていた際に、ポイントを移動した第一投に飛び込むようなバイトが2回(ファーストミノーSPブラウンヤマメとチーターカラシ色)。
Pioのテロテロ引きにつつく様なご挨拶1回。
ペレスプFLカラシのピックアップ寸前に足元から飛び出したのが1回。
以上。


何より、今日の釣りの最大の敵は

クヌギからの物体X

花房と言うそうです。

表層を引くと、

釣れます。


水面下を引いても、

大漁です。


それでも、私が諦めた木陰のポイントで、大量に漂う花房の中をスプーンの表層引きで魚を引き出した方もいました。

改めて感じたのは、本当に気が抜けないフィールドだということ。
魚を警戒させないこと。第一投の大切さ。尚かつ、ねちっこく攻める事の必要性。それらを確かな技術で完遂できた時にしか釣れないのだと感じました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今期最後の寄居YGL釣行へ。
「暖かくなってきたし、プチナイターも出来るし、せめて5匹位は…」という淡い期待は、これまでになく激しく打ちのめされました。

確かに、水温が高めだったので魚達は見るからにへばっていました。水面に数匹が同時に顔を出す光景もありましたが、やる気無さそうに漂うだけ。
フライの方ですら連発している人は皆無(見た限り)。特に日中は、フライの方を含めても池全体で時速数匹(見た限り)。

しかしながら、最も連発していたのはルアーの方。ミノーかクランクか判別できませんでしたが(シャッド?)、半透明のプラグのスロー引きで連発。
で、真似した私のファーストミノーSPブラウンヤマメにこの日唯一のヒットがあったものの、寄せ切れずに走られ、ジャンプ一発フックアウト。
その後は全くのノーヒット。

反応があったのは、
岸辺の木陰を探っていた際に、ポイントを移動した第一投に飛び込むようなバイトが2回(ファーストミノーSPブラウンヤマメとチーターカラシ色)。
Pioのテロテロ引きにつつく様なご挨拶1回。
ペレスプFLカラシのピックアップ寸前に足元から飛び出したのが1回。
以上。


何より、今日の釣りの最大の敵は

クヌギからの物体X

花房と言うそうです。

表層を引くと、

釣れます。


水面下を引いても、

大漁です。


それでも、私が諦めた木陰のポイントで、大量に漂う花房の中をスプーンの表層引きで魚を引き出した方もいました。

改めて感じたのは、本当に気が抜けないフィールドだということ。
魚を警戒させないこと。第一投の大切さ。尚かつ、ねちっこく攻める事の必要性。それらを確かな技術で完遂できた時にしか釣れないのだと感じました。
スポンサーサイト

【2006/05/01 23:46】 | その他の管理釣り場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。