上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よーこちんさんからバトンが回って参りました。
バトンと言えば、ゴリさんからのカバンバトンがほったらかしのまま既に2ヶ月以上…不義理をしております。
こちらの方は何れ必ずアップ致しますので、もうしばらくお待ち下さい。

さて、本題です。
Q1.今シーズンの思い出深い釣行は?
ゴリさんと行った柿田川と、けんたさんと行った東山湖。
どちらも、自分とは異なった釣りスタイルを目の当たりにすることで、大いに刺激を受けました。

Q2.最近のお気に入りの道具は?
ロッド:購入したばかりですが、『TENRYU AREAS AS63UL(Type-Ⅱ)』。
グリップが少し細いのが気になりますが、全般に良好です。

ライン:色々試している最中ですが、これまでの実績で言えば『スーパートラウトアドバンス スーパーメッシュVEP 3lb』。
強度とライントラブルの少なさ(太さ)のバランスが、これまで使った中では一番良いです。

ルアー:ドーナ2g赤金・フラクラMRダークカニミソ&手塗りの蛍光ピンク。
ドーナは、放流時での強さを見せつけられました(主に受動形)。
フラクラMRは、今や最も信頼できるクランクです。

Q3.自分をひとことで言うなら、どんな人?
『考えすぎて自滅。』
もっと、実践を先立たせなくてはなりません。
その点、釣りは良いですね。結果は行動でしか出ません。

Q4.これから先、行ってみたい場所、釣ってみたい魚種は?
管釣りなら自然渓流タイプ。ヤマメを釣ってみたいです。
優先順で言えば、荒川のシーバス。

Q5.一人でも複数でもイイので、Batonを渡すブロガーを紹介してください。
ここは一つ、リハビリも兼ねてgomaさんよろしくお願いします!


追記を閉じる▲

【2006/11/12 21:36】 | もろもろ
トラックバック(0) |


よーこちん
たかさん、バトンを受け取って頂いてありがとうございました(^^)

やっぱり私よりも遥かに経験なされている分、説得力があって参考になります!
ラインとフラクラ、実はすごく気になっているものでした。
たかさんのお気に入りという事ですので試してみたいと思います(^^)

ありがとうございました♪

参考になれば幸いです。
たか
■よーこちんさん
フラクラはオススメです。
クラピーと違って限定カラーが少ないので、迷いが出にくい点も(笑)
ラインに関しては、なにげにアマゾンが安いですよ。
1500円以上で送料無料です。
色々含めて1万円以上なら、トラウトアイランドも無料になります。
などと言いながら、私はもっぱらオオツカとキャスティングのお世話になってますが。

コメントを閉じる▲

そりゃ買いますよ、昭和49年生まれですもの。

立ち読み常習犯の私ですが、30秒で即買いしました。

アニメの放送は小2の頃だったでしょうか?放送当時、キャスティング勝負の話を観て近所の公園で練習したのが、この年になって本格的に釣りを始めた時にも助けとなりました。

先日、三平ルアーコレクションをダイソーで見かけたのですが、元々は別ルートの商品なんでしょうか?記事を読む限り、100円で売られるような企画ではないような…
興味はあったのですが、トラウト用には大きすぎました。

【2006/04/29 01:10】 | もろもろ
トラックバック(0) |


ゴリ
懐かしいです。
私の実家にも全巻あったので、多感な少年時代はこれを見てあれこれ妄想してました。
その影響で、イトウや赤目に未だに憧れが・・・・・・
本当にどうでも良い話なのですが、フランスで、学校にも行かず仕事もしない日本で言うニートのことを『サンペイ』と呼んだりするそうです。
漫画の三平は学校も行ってる様子も無く釣りばっかりしてるところからそう呼ばれるようになったとか。



たか
>ごりさん
全巻ありましたか~いいなぁ…私は最初はアニメでしか知りませんでした。魚紳さんの「タオル取り込み」が強烈に印象に残っています。
あの『キャプテン翼』がヨーロッパ諸国で愛読されているという話は聞いていましたが、三平までもが…変な誤解されてなけりゃいいんですが。


コメントを閉じる▲
自分のロッドでは小型のスプーンが飛ばないとのことを同僚に相談したところ、
キャスティングのフォームの問題ではないかとの指摘。

指摘の通り、自分は腕全体で大きく振りかぶってのキャスティング。
これは、子供の頃の海釣りでの癖。釣キチ三平の影響とも(砂浜での遠投勝負)。
対して、トラウトロッドでのキャストは手首のスナップを効かせるのだとか。
昨日の釣行でも色々とキャストの方法は試したつもりだったけれど、根本的な部分で間違っていたのですね。
と言うわけで、先ほど表で振ってみたところ、なるほど明らかに振りが早い。これなら飛びそう!
とはいえ、同じく指摘された通り、長いロッドだけに腕が疲れやすい。
それに、バランス的にリールが軽い気がする。
そもそも、自分は道具に対しては軽くて取り回しの良いのが好きだし。
(でも、もし最初に細いロッドを買っていたら、ミノーは操れなかったろうし、スレ掛かりの60センチオーバーもどうにもならなかった。)

手元にあるもう一本のロッドは、師範代見習いに貰ったグラスソリッドの130センチ。
管釣りに慣れてきた今の自分には、むしろこちらの方が好ましい気もする。
(万が一大物が掛かったときの不安はあるけれど。)
グラスソリッドも視野に入れてもう少し探してみよう。



追記を閉じる▲

【2005/09/21 00:14】 | もろもろ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。